「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
日本事務器ビジブルレコーダーシステムVIDEX、ほか入荷。
梅雨らしくむしむしします。土が軟らかくなってるうちに草むしり、です。以下、入荷商品の紹介つづき。




DSCN4149.jpg DSCN4150.jpg
DSCN4151_20170609173613651.jpg DSCN4152.jpg
昭和14年のレベル(水準器)15インチ。本体に、筆記体の英文字でTamaya&Co.Ltd Tokyo Ginza とあります。Ginzaにグッときますね。この会社、創業が延宝3年 (1675)ですが、会社の設立は明治34年。玉屋の屋号でメガネを販売したのが始まりだそうです。その後玉屋商店として、それまで輸入品に頼っていた測量機器の国産化を成し遂げた素晴らしい会社ですね。
DSCN4147.jpg DSCN4153.jpg
DSCN4155.jpg DSCN4154.jpg
先日掲載していた木製の三脚にちょうど収まります。





DSCN4183.jpg DSCN4161.jpg DSCN4178.jpg
日本事務器のスチール製12段引き出し、VIDEX(バイデキス)。1950年代頃のものです。これ、ただの引き出しではなくてまず、重さがすごい。男性でも一人では持ち運ぶのが難しいくらいの重さです。金庫並み。ビジブルレコーダーシステムという大仰な名前の付いたものですが、ただの書類入れではなく大事な顧客台帳管理をするための引き出しです。

DSCN4158.jpg DSCN4182.jpg
60センチほどある長い引き出しを目一杯引き出すと、だらりと下へ折れ曲がります。またすべての段がファイルを挟む板バネのような構造です。ホゾがあるので上に積み重ねられるようにもなっています。


DSCN4177_20170611143542c41.jpg DSCN4181_20170611143505ced.jpg
引き手の上にある真鍮色の部分をピコンと押すと、ピョコンと飛び出てきます。ヌラヌラした金属味が素敵です。サイズ横幅27センチ高さ42センチ奥行き61センチ。







DSCN4194.jpg DSCN4193_20170611144512067.jpg
木製12杯引き出し。杉材です。横4列縦3段の12杯。昭和27年ごろのものです。横幅90センチ高さ51センチ奥行き30センチ。





DSCN4195.jpg
琥珀色のガラスポット。ポプリなど入れても置くと蓋があるので長持ちします。来客時など香らせたいときだけ蓋をとればお香などより手間いらずです。





DSCN4199.jpg DSCN4201_20170611144927696.jpg DSCN4202_201706111449292b9.jpg
ポールハンガー。ナラ材です。昭和初期のもの。横幅約50センチ高さ173センチ。スリムで場所を取らないタイプです。






DSCN4203_2017061114493197c.jpg DSCN4206_201706111449328b9.jpg
標本ケース。横幅64センチ高さ18センチ奥行き33センチ。






DSCN4218_20170611145238ddd.jpg DSCN4221_20170611145239990.jpg
平置きのガラスケース。横幅55センチ高さ13センチ奥行き49センチ。
DSCN4231_201706111456033ae.jpg
時計など平たく並べて飾るものに最適なガラスケースです。





DSCN4233.jpg DSCN4236_20170611145605d10.jpg DSCN4238_20170611145606e4f.jpg
伝票整理棚。高さは同じで横幅の違うものが2種です。大きい方が横幅53センチ、小さい方が40センチ。高さはともに52センチ、奥行きも同じく19センチ。


page top
木箱いろいろ、ほか入荷。
全国的に梅雨入りですね。シーズンオフで石油ストーブのメンテナンスの依頼もちらほらとあります。几帳面な人はシーズン中も自分でお手入れしつつシーズンオフには点検も含めてメンテナンスに出してくださいます。冬には安心して使えるように、きちんとお手入れしてから仕舞いましょう。

以下、本日までの入荷分の一部です。


DSCN4105_20170607153712465.jpg DSCN4106.jpg
クリップ各種。メーカーもいろいろ。




DSCN4108_20170607153717496.jpg DSCN4107_201706071537153ec.jpg
細かい仕切りのある木箱、2種。30から40センチくらいの大きさです。





DSCN4109_20170607153718ccf.jpg DSCN4170.jpg
DSCN4110.jpg DSCN4111.jpg DSCN4171.jpg
不学なので名称などわからないのですが、真鍮製の測量に使う機器だと思います。明治44年購入ということは…106年前。TOKIOとありますが、これは溶接もできるアイドルのことではなくて、東京のタマヤ計測システムの製品だと思います。ここの創業は延宝3年(1675)です。





DSCN4172_20170607153927db0.jpg DSCN4173.jpg
これもさっぱり何の道具だかわかりませんが、光り輝く真鍮がそそります。






DSCN4114_20170607184859408.jpg DSCN4115_20170607184901c5f.jpg
ステンレス製の舌圧子。







DSCN4118.jpg DSCN4119.jpg DSCN4120.jpg
DSCN4121.jpg DSCN4122.jpg
柴田化学工業株式会社の残留塩素測定器。






DSCN4123.jpg DSCN4124.jpg DSCN4125.jpg
再び木箱。蝶番で片開きになる蓋ですが、宝箱みたいに天井に丸みがあります。60センチくらい。







DSCN4126_201706071857164cb.jpg DSCN4127.jpg
細長い机。杉材です。横幅137センチ高さ75.5センチ奥行き34センチ。






DSCN4129.jpg DSCN4130_20170607190041bfa.jpg
電話台、のようなもの。






DSCN4131.jpg DSCN4132.jpg
扉が差し込み式の木箱。No,645がふってあります。30センチくらい。





DSCN4133.jpg DSCN4134.jpg
DSCN4135.jpg DSCN4136.jpg
くどいようですが、木箱。50センチくらいあります。引っ掛け式の金具。昭和14年12月購入…昔は買ったものに買った日時や名前を書いてましたよね。無くなってしまった習慣かもしれません。






DSCN4137.jpg DSCN4138.jpg
まだまだ木箱。昭和34年製造の爆薬用木箱。これも50センチくらい。蓋なしです。






DSCN4141.jpg DSCN4140_20170608172920a51.jpg DSCN4139.jpg
そろそろ胸焼けがしそうですが、40センチくらいの縦に細かい仕切りのある、木箱。





DSCN4142.jpg DSCN4143.jpg
木箱酔い、しそうな勢いですが、深さ5センチくらいの浅ーい木箱。






DSCN4145.jpg DSCN4146.jpg
最後のデザート、50センチ幅くらいの蓋つき木箱。




木箱はなぜか需要が多いため、すでに売り切れているものもあるかと思います。ご了承くださいませ。
page top
プリモフレックス、ほか入荷。
今日は全国的に運動会なのですね。早朝から庭の草取りしてたら、あちこちでお弁当を作る気配がしてました。お母さんは大変だね。以下、本日までの入荷分です。







DSCN4005.jpg DSCN4007.jpg
DSCN4008.jpg
全面ガラスケース。横幅61センチ高さ41センチ奥行き30センチ。中板2枚なのでたっぷり収納できます。








DSCN4018.jpg DSCN4019.jpg DSCN4020.jpg DSCN4024.jpg DSCN4025.jpg
小さきものたち。紫のシマシマ猫は水森亜土。耳のとんがった猫はJAPANの刻印あり。浮世絵の猫みたいな顔をしてます。






DSCN4022.jpg DSCN4023.jpg
1964年の東京オリンピックの時の記念メダル。ナショナルテレビ、バカみたいに売れたんでしょうね。次の東京オリンピックにこの時ほどの魅力があればいいですね。ハーモニイのイがィじゃないところが個人的にツボ。






DSCN4026.jpg DSCN4028.jpg
カメラ好きのおじさんに聞きましたけど、なんだかテレビで芸能人の方が「今、二眼にハマってて」て言うてから爆発的に売れてるらしいですね。妻夫木さんあたりが「今、石炭にハマってて」て言うてくれませんかね…







DSCN4032_20170528145116af4.jpg DSCN4036_2017052814511872b.jpg DSCN4037_20170528145119f13.jpg
ポールハンガー。傘立て、コート掛け、帽子掛を兼ね備えます。ナラ材の1960年代製。フックは銅製です。高さ1810センチ横幅51センチ。







DSCN4077.jpg
医療用ハサミやピンセット。未使用品です。









DSCN4079.jpg DSCN4080.jpg
杉箱。書類入れに。横幅34センチ高さ19.5センチ奥行き29センチ。これ、開けようとする女性に「開けると白い煙が出て年取りますよ」て言うと皆そっと離れます。






DSCN4083_201705281457027ab.jpg DSCN4084_20170528145704d27.jpg
みどりの金庫。横幅が40センチくらいの大きな手提げ金庫です。




最近の運動会では父兄はビール飲んだらダメなんですってね…

page top
田川市伊田の石炭、ほか入荷。
田川市、頑張ってるなぁとここ最近思ってます。パン博とかやってるのご存知でしょうか?博多駅前じゃないですよ。田川郡川崎町民会館でやってるやつです。町には通常営業しているパン屋は1軒しかないそうですが、川崎町の人口が一万七千人なのに、お客さんが二万五千人て。あとは福岡五大祭のひとつにもなっている川渡り神幸祭も先週末に終わったばかりです。夫は子供の頃毎年神輿を担いでたみたいですけど、私はまだ見に行ったことがないのでいつか連れて行って欲しいなぁと思っています。それにやっぱり炭鉱の町ですからね、炭坑節をバックに夜通し本場で本気の盆踊りもいいですよね。夫が子供の頃は、運動会の時の炭坑節の時間(筑豊地区以外では運動会に炭坑節踊らないと思う)に応援に来ている家族も参加する中、毎回数人はヘルメットにカンテラ、顔には煤を塗って炭鉱夫のコスプレをして参加していたといいます。畏敬の念を抱きます。






DSCN4073.jpg DSCN4071.jpg DSCN4064.jpg
店主の生まれ故郷であります、筑豊は田川伊田産の炭層標本です。

DSCN4070.jpg DSCN4069.jpg 
DSCN4068.jpg DSCN4067.jpg 
いつも自宅の庭先で仕入れてきた家具などの整備をしていますが、この炭層標本を綺麗にしているときに、お隣にお住まいの満島ひかり似の美人妻が「わー、これ、石炭ですよね。ちょーかわいい。あわ、ぐぅ、あー、ほんと素敵」と身悶えしてましたからね、これは石炭ブーム来るな、と確信しています。

DSCN4063_20170527174347df3.jpg DSCN4062.jpg
同じ大きさのケースが二つあります。ケースのサイズは横幅64センチ高さ18.5センチ奥行き33.5センチ。ケースのみの販売はいたしません。石炭込みです。






DSCN4052.jpg DSCN4057_201705271747204b5.jpg DSCN4059_20170527174722aca.jpg DSCN4060.jpg DSCN4053.jpg DSCN4061.jpg
大きな大きな木製三脚。全部で3つあってそれぞれ高さ125センチ、121センチ、136.5センチ。FUJI TOKYO製。足先がかなり尖ってて、これで足を踏まれたらと思うとゾワゾワします。





DSCN4047.jpg DSCN4042.jpg
相当な珍品です。筑豊風景、三井伊田の欄間。

DSCN4050.jpg DSCN4044_20170527175245ef2.jpg
もくもくと煙の出る煙突、竪坑櫓、香春岳に英彦山鉄橋。炭住と思しき家々もあります。横幅1865センチ高さ455センチ。

DSCN4082_20170527175250c76.jpg
2枚で1対です。






DSCN4090_20170527175815964.jpg DSCN4089.jpg
六角灯籠型銅吊ガラス照明。昭和12年ごろのものです。横幅40センチ高さ25センチ、ソケット部も含めて全長87センチ。
DSCN4094_201705271758173f5.jpg DSCN4095_2017052717581882a.jpg
重厚さと風情を兼ね備えた一品です。
page top
クリスタルの秋田犬、ほか入荷。
先日掲載していたコッパーランプはすべて1灯吊りのものでしたが、3灯吊りのものも入荷してますので合わせておしらせします。




DSCN3986.jpg
3灯吊りのコッパーランプ。
DSCN3990.jpg
左は1灯吊り。

DSCN3969.jpg
ちなみに先日の点灯してないときはこんな感じです。

DSCN3987.jpg
点々と空いたところから柔らかな光が漏れます。広範囲を照らす照明ではなく、ランプのした直径1メートルくらいをスポット的に照らしますので、暗めの空間、落ち着いた雰囲気の喫茶店であるとかBarには最適だと思います。

DSCN3976.jpg
実際に光が当たった部分を見てもらうとよくわかるのですが、普通の白熱球でもものすごく温かみのある食べ物が美味しそうな色合いに映ります。照明の内側にはコッパー(銅)本来の色ではなく柿色の塗装が施してありますので、この色を反射してより温かみのある色合いに照らします。

DSCN3983.jpg
一般家庭でもくつろぎの場所などに設置してもらうと、びっくりするほど昼と夜の雰囲気が変わると思います。





DSCN3997.jpg DSCN3998_20170519165437f53.jpg
クリスタルの秋田犬。語感的に縁のなさそうな「クリスタル」と「秋田犬」が並ぶとグッときますね。






DSCN3999_20170519165438ab1.jpg
夏らしいコップ。





DSCN3994.jpg DSCN3995.jpg
ファンシーな花柄プリントコップとピッチャーのセット。デッドストックです。



page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ