「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
DATE: 2010/12/11(土)   CATEGORY: お知らせ
本日より「漆器まつり」開催!
さてさてあわただしい師走を迎え、お正月の準備もそろそろ…という時期になりました。本日12月11日より19日(日)まで、当店におきまして「漆器まつり」を開催いたします。

実用的な布着本堅地の輪島塗製品各種、汁椀、飯椀をはじめ、お正月用の屠蘇器や重箱、工芸品としても楽しめる絢爛な金蒔絵椀など幅広く品揃えしております。扱いの煩雑さを理由に敬遠されがちな漆器ですが、品質の良い漆器は堅牢です。普通にお使いの食器と同等に扱っていただいて何ら問題ありません。というより、実際は割れものの陶器や磁器よりも丈夫です。ぜひともわたくしども日本人の日常の食卓に本物の漆器を取り入れてほしいという願いを込めまして、前回の「和食器まつり」同様に100円からのお求めやすい価格帯にてご提供いたします。デパートの漆器売り場をご覧になった後にでも是非お立ち寄りくださいませ。

追々商品はご紹介してまいりますが、一部抜粋。

RIMG0180.jpg
輪島塗の鯉が金蒔絵で描かれている汁椀。

RIMG0141.jpg
可愛らしい千鳥の朱塗りの汁椀。一客300円也。

RIMG0065_20101211135815.jpg
外側が緑色、内側が朱塗りの輪島塗3段弁当箱。ぴったり入る木綿の共袋付でひと揃い2000円なり。

RIMG0091.jpg
デパートでよく見かけるピカピカすぎる合成漆器のお屠蘇セット。

RIMG0043_20101211135349.jpg
誰でもお殿様気分が味わえる箱膳。

RIMG0174.jpg
謡(うたい)の本が蒔絵された絢爛な汁椀の一部。10客ありますが、その椀の蓋と本体にはそれぞれすべて異なった蒔絵が施されています。


RIMG0209.jpg
ニセモノからホンモノまで幅広く品揃え。本来その手間隙を考えるととても高価な漆器ですが、ここは古いものゆえのお求めやすい価格帯にてご用意しております。何かと忙しい時期ですが、どうぞお誘い合わせのうえお立ち寄りくださいませ。



「漆器まつり」

日時   平成22年12月11日(土)?19日(日)

会場   古道具のささや
      福岡市中央区平尾1?12?2

電話   092?531?4373(午後2時より8時まで)


関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ