「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
ひとり暮らし用水屋箪笥、ほか入荷
あれだけお早めにと言っておいたのに、こうして寒くなってからストーブを探しに来る方があとを絶ちません。アラジンストーブは今のところ完売です…

以下、昨日までの入荷分です。





CIMG0404.jpg
「暮しの手帖」に載っていそうな、コンパクトながら実用的な水屋箪笥。当店でよく扱っている2段タイプとは違いセパレート式ではありませんが、女性ひとりでも動かせる大きさです。

CIMG0403.jpg
かなり小ぶりですが、ひとり暮らしの方には最適な大きさです。ひとりだから食器棚はいらない…と思っていても、数年経つうちには少しずつ食器は増えていきますし、あちこちに食器を収納したりその辺に置きっぱなしにしてしまってはホコリをかぶってしまいます。やはりきちんとした毎日を送るためには潔く食器専用の収納棚を持ったほうが得策です。

CIMG0406.jpg
左上の引き戸はモールガラス。

CIMG0407.jpg
右上はダイヤガラス。

CIMG0405.jpg
便利なフリースペースもあり。その下にはさらに引き出しが3つ。

CIMG0408.jpg
そして引き戸の中は2段。さらに最下部には引き出し2段です。寸法は高さ133.5?、奥行き38?、横幅88?です。







CIMG0409.jpg
普通の丸いケトルを冷蔵庫に入れてしまうと必要以上に場所を占めてしまいますが、最初から冷やすことを前提とするならこうした四角いケトルが便利です。

CIMG0410.jpg
夏の麦茶にポスト印。







CIMG0412.jpg
窓の柵。

CIMG0413.jpg
サビサビです。






CIMG0414.jpg
大きな金属製脚立。

CIMG0417.jpg
工業系古道具のかおり…これもサビサビです。






CIMG0419.jpg
黄と緑の大きなツートンガラス皿。





CIMG0420.jpg
堅牢な三脚。

CIMG0423.jpg
旧西ドイツ製。





CIMG0427.jpg
黒羊の温度計。

CIMG0429.jpg
金色のモヒャモヒャがフサフサです。








CIMG0430.jpg
アルマイト弁当箱。







CIMG0431.jpg
お姫様用の手鏡。

CIMG0432.jpg
映り良し。個人的には歯磨きの時に使うのがおすすめです。鏡を見ながらみがくのと、そうでないのとは歯垢除去率が全然違うから。





CIMG0433.jpg
紫のガラス小鉢。






CIMG0434.jpg
講談社のクッキングカード、12ヶ月。表紙もグッドデザインです。

CIMG0437.jpg
和洋中、なんでもござれ。

CIMG0438.jpg
豚肉と栗、松茸の煮込み…秋の贅沢メニューです。

CIMG0439.jpg
これから美味しい、牡蠣のベーコン巻き揚げ。

CIMG0440.jpg
クジラ肉レシピもあり、時代を感じますね。

CIMG0441.jpg
目からうろこの料理の基礎、付。








CIMG0442.jpg
微妙な小ささが愛らしい、ガラスコップ。

CIMG0443.jpg
赤と白は、最も日本人の心に響く色だそうです。日の丸然り、いちごのショートケーキ然り…





CIMG0448.jpg
同じく小ぶりな切子コップ。







CIMG0445.jpg
棚受け。大が4つ、小がひとつ。

CIMG0447.jpg
壁に打ちつけて、その上に板を渡せば棚の出来上がり。







CIMG0451.jpg
エキスポ、ファミリー皿。

CIMG0449.jpg
非実用的なデザインとチープなプラスチック素材の皿。エキスポみやげならなんでも売れるだろ的な浅はかさが懐かしいのです。

CIMG0450.jpg
この時代に象徴される「ファミリー」とは現在の日本ではすでに崩壊したのではないでしょうか。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ