「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
レコメンドレイ

昨日から「土鈴まつり」好評開催中でございます。

さて、これまで前夜祭にて産地のわかる土鈴、作者のわかる土鈴をご紹介してまいりましたが、そのような土鈴はごく一部なんですね。そのほかの有象無象の土鈴たちの中から、わたくしこけしのおすすめ土鈴をご紹介したいと思います。店頭にて売り切れの際はご容赦を。





DSC08717.jpg
「ひょっこりひょうたん島土鈴」。

英彦山土鈴の作者の方が、パーマンやドラえもんの土鈴などキャラクターものを作っておられましたが、こうしたキャラクターものの土鈴は消費者に媚びた堕落した土鈴だ!と否定的な意見も多いです。しかし、この「ドン・ガバチョ鈴」と「トラヒゲ鈴」は作が良い。純粋にカワイイ!欲しい!という欲求をかきたてる土鈴です。




DSC08748.jpg
先のブログで岐阜県代表として載せようと思っていた「松茸おかめ土鈴」。

写真がどこに行ったかわからなくなっていたので、夫に頼んで店頭で写真をとってきてもらいました。して、夫「写真撮って来たよ。おかめシイタケの。」って…おかめちゃんの本当に幸せそうな顔が愛嬌満点です。






DSC08713.jpg
みかんか…りんごか…被りものの女の子の土鈴。子供らしい福々しさと、前髪までちゃんと付いている作りの良さが際立って、レコメンド。





DSC08716.jpg
鹿児島みやげでしょうな、「西郷どん土鈴」。実はあんまりレコメンドじゃない。





DSC08714.jpg
古風な色合いの赤に白い鼠が映えるとても美しい土鈴です。

DSC08715.jpg
裏面には大きく「雪舟」とありますので、あの有名な「涙で描いたネズミ」の伝説に因んだものかもしれません。ネズミは干支にありますのでネズミの土鈴も数多くありますが、西洋ではペストを媒介するなど悪魔的イメージであるのに対し、日本では大黒様のお使いになったりと神聖視する部分もあり、このように愛らしく玩具化したものは特に日本人好みであります。







DSC08648.jpg
「おさるの土鈴」いろいろ。

土鈴といえば、干支土鈴を思い浮かべる人が一番多いかもしれません。干支人形でなくとも申(さる)の土鈴は豊富です。なぜならばわが国では古来よりサルと信仰とに深い関係があるからです。近江の国の日枝神社の神様のお使いはサルですし、ニニギノミコト降臨の際に道案内をした猿田彦もサルを人格化したものではないかという説もあるようです。またサルを疱瘡(ほうそう)除けのお守りにする地域もあれば、奈良では門口にくくり猿をぶら下げる地域がありますし、ここ福岡でも土でできた猿面を玄関に飾る家がたくさんありますね。とにかく日本人とサルとは切っても切れない縁のようです。

DSC08649.jpg
大分県別府の高崎山は「ガラガラ猿」。高崎山自然動物公園には約1200頭のニホンザルがおります。あっちもこっちも見渡す限りサル!サル!サル!です。こけしも子供のころ母に連れられて行ったことがありますが、「絶対にサルの目を見たらダメ!」と言われたのが恐ろしく、しかもそう注意した母のほうがサルに睨まれて包囲されるという憂き目にあいました。

DSC08650.jpg
こういう人、いますね。

DSC08651.jpg
おでこのしわが憎たらしいと思うのは私だけでしょうか?太宰府天満宮の土鈴です。

DSC08652.jpg
桃を抱くサル。作が良いです。

DSC08654.jpg
大分の日田土鈴、「角猿」。

DSC08655.jpg
個人的に好きな土鈴です。素焼きのサルで、名古屋は西尾の「八ッ面きらら鈴」のサル鈴2種。松田実さん作と思われます。何しろつぶらなおめめがキュートです。

DSC08656.jpg
頬のこけたサル土鈴。

DSC08657.jpg
これがいわゆる「くくり猿」です。通常は布に綿を入れて作りますね。お守りにしたり、念願成就を祈ったりするものです。







DSC08659.jpg
馬の土鈴、いろいろ。

DSC08660.jpg
馬子唄の土鈴。馬子唄は民謡のひとつで、馬を引く馬子(まご)、馬方(うまかた)が馬を引くときに歌う唄です。

DSC08661.jpg
大ぶりな馬の土鈴。底が丸いにもかかわらず安定がよく、上品で良い作です。音も素晴らしい。






DSC08662.jpg
虎の土鈴、いろいろ。

DSC08663.jpg
かなりのビッグサイズ。のびやかな絵付けが異彩を放ちます。

DSC08665.jpg
表情豊か。神奈川県は浦賀の「虎踊り土鈴」。

DSC08667.jpg
大分の日田土鈴、「虎鈴」。マヌケな感じが愛らしいです。

郷土玩具に「首振り虎」という張り子の人形がありますが、左手前の首振り虎は土鈴で、京都の嵐山虚空蔵法輪寺の「虎像」にちなんだもののようです。






DSC08668.jpg
犬の土鈴。

DSC08669.jpg
見るからに心根のやさしそうな表情と手作りの質感が素晴らしい。

DSC08670.jpg
コリー犬?のような洋風の細面の土鈴。化粧まわしのような絵柄が書いてあるようなので土佐の闘犬かと思いつつも、闘犬は普通もっと横っぴろいどっしりした犬だし…よくわからない土鈴です。型ではなく手びねりの成形で趣があります。通好み。

DSC08671.jpg
左の一風変わった犬は狛犬(こまいぬ)です。一般的にイメージする狛犬とは全く違うまるでモダンアートな狛犬です。

福岡県筑後市の菅原道真を祭神とする「水田天満宮」に慶長15年4月25日銘(1610年)で、 肥前国住長安 境内末社の玉垂命神社の守護狛犬として一対鎮座している狛犬です。最近では同じく境内末社の恋木神社(こいのきじんじゃ)が縁結びの神社として有名ですが、その歴史は古く嘉禄2年(1226年)創建といわれる太宰府に次ぐ九州第二の天満宮です。

DSC08718.jpg
おまけ。鈴にブチの犬がしがみついている大変可愛らしい構図の干支鈴です。残念ながら犬の顔半分が欠損。太宰府天満宮の鈴ですが、惜しい。






DSC08672.jpg
さかな系土鈴、いろいろ。

DSC08673.jpg
あたまぽっこりは、「こぶ鯛土鈴」。↑の狛犬の水田天満宮授与。

DSC08674.jpg
博多土鈴の「鯛鈴」。おでこにあたる部分に鈴口がある珍しい形です。

DSC08676.jpg
ダブルタコ。小さいほうのタコは2列目右端の2匹とセットで大分は別府土鈴の「魚鈴」。金属製の鈴のように高く澄んだ美しい音色が秀逸!強力にレコメンド。大きなほうのタコは産地不明。タコは「多幸」の文字を当てて縁起物とすることもあります。

集合写真の上段真中の黒っぽい魚の土鈴は、長崎の崇福寺(そうふくじ)の「カイパン土鈴」。水着じゃないです。「開梆(かいぱん)」というお寺の日常の行事や儀式の刻限を報じる魚のかたちの法器で、京都の萬福寺のものが有名ですが、長崎の崇福寺にもあります。また開梆は今日の木魚の原型となっているそうです。






DSC08688.jpg
タヌキの土鈴、3種。

それぞれ個性的な狸です。真中のタヌキはカラス峠と書いてありますが、飯塚から田川に向かう峠のことですかね?







DSC08677.jpg
天狗鈴、いろいろ。怖い!という意見が多数ですが、縁起鈴です。

仏教でいう天龍八部衆の一天、迦楼羅(カルラ)がボルネオの天狗猿と混同されて、人の姿をし、顔が赤く、鼻が長く、翼があって飛行自在、羽団扇をもち、神通力のある魔人を天狗と想像するようになったと言われています。密教では梵天が衆生を救うために化身したといわれているために、天狗が衆生済度(仏・菩薩が衆生を迷いの句会から救済して彼岸に渡すこと)の守り神のように思われ、天狗土鈴が縁起鈴として信仰されています。

DSC08678.jpg
いかにも、天狗。

DSC08681.jpg
魔除けです。

DSC08679.jpg
一番鼻が高い、しかも若干そり返っている勢いの良さ。霧島神宮の九面太鼓の時の猿田彦がつける天狗面に似ています。

集合写真左側の黄緑の天狗たちは鳥取の大山天狗と和歌山の那智天狗。ほぼ同じです。






DSC08683.jpg
福神鈴。見るからに縁起のいい、恵比寿や大黒なども数多く土鈴になっています。

DSC08684.jpg
一番手前は、若松恵比寿。

DSC08686.jpg
恵比寿、大黒の両神の御利益を授かろうと、その両面を備えた鈴もあります。欲張りすぎて逆に罰があたりそうです。

DSC08687.jpg
これは観音様。京都清水焼の「観音土鈴」。大山保秀さん作ですが、廃絶土鈴です。

作者の他界や廃業、そのほか後継者不足など様々な理由で現在では作られていない土鈴は「廃絶(はいぜつ)土鈴」と呼ばれています。戦前のものですと、廃絶して居るものが大半です。今回の土鈴まつりにおいても現在でも同じ形のものが手に入る土鈴というのはごく一部となっております。






DSC08690.jpg
土鈴の真打ともいえる、鬼の土鈴いろいろ。

鬼はむかしから怖い存在です。天上のの邪神で、姿が見えないので「隠(おに)」と呼ばれていましたが、陰陽道の影響で大きな角、鋭い牙、剥きだした目、怪力。しかも無慈悲で残忍、人を食べたりする。里人たちにとってはまさに恐怖の的となりました。しかし、そういう恐ろしい存在も逆手にとって、魔を追い払うのに利用するのが「鬼鈴」です。鬼瓦も同じ意味ですが、家にも鬼がいるのを示すことで、天上の鬼が家の中に入るのを防ぐのです。これを鳴らせば悪霊退散、邪気追放!

DSC08691.jpg
今回の370点あまりの土鈴のうちで最も大きく、最も重い土鈴です。

DSC08692.jpg
しかも鬼とお多福の両面。両面の土鈴は阿蘇土鈴でよく見かけますが、阿蘇一の宮の土鈴とは思えないほど作りが良い。迫力の土鈴です。大厄の人、お守りにいかがでしょうか?

DSC08693.jpg
これもなかなかに恐ろしい顔です。弘前の土鈴に似ていますがはっきりわかりません。

DSC08694_20100806171027.jpg
裏面には「マヨケ」。イマドキの若者はマヨネーズとケチャップだと勘違いするとおもいます。表のコワモテとのギャップで強力レコメンド。

DSC08695.jpg
これは博多土鈴で、箱崎宮の「厄除鬼瓦鈴」。

DSC08697.jpg
これも弘前の下川原焼の赤鬼土鈴にも見えるし、伊賀上野の魔除鬼鈴にも似ています。詳細不明。

DSC08696.jpg
別府のおみやげ土鈴。駄モノではあるけれど、愛らしいです。

DSC08702.jpg
同じ鬼でもこちらは佐賀の「面浮立」の浮立面土鈴のようです。のごみ人形でしょうか。

DSC08698.jpg
ちいさなちいさな鬼鈴。栃木県の足利ばんな寺(鑁阿寺)の授与鈴のミニチュア版のようです。小さくとも土鈴ですからチリチリと美しい音がします。土鈴界の長老、相沢市太郎さん作でしょうか。





鬼にひきつづき、仁王系に参ります。

DSC08703.jpg
これも作は良く、両面で口を開けた阿形(あぎょう)と口を結んだ吽形(うんぎょう)です。顔つきは下川原焼に似ています。

DSC08707.jpg
これも両面の仁王面鈴。山口県の防府にある阿弥陀寺の「阿弥陀寺仁王面」に似ています。






DSC08711.jpg
そして最後はおかめ土鈴、いろいろ。

「おかめ」は仮面の一種で、お多福、お福ともいいます。顔が丸く、鼻が低い女性のことを言ったものです。醜女(しこめ)といった侮蔑の意味が含まれているわけですが、たしかに美人とは言い難いが愛嬌のある福々しさで、幸せそうな顔が良いと思います。







以上、個人的なレコメンドレイをご紹介してみました。なにぶん土鈴に関して知識が乏しいものですから十分な説明はできませんでしたが、お好みの土鈴を探すきっかけになれば幸いです。玄関や自分のお部屋にひとつ置いて、良いことがあったとき、嫌なことがあったとき、ちょっと立ち止まってチリチリと土鈴を振ってみてください。きっとその効能に驚くはずです。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ