「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
戦前の置時計入荷
重たい時計たちいろいろ入荷してます。



DSC06853.jpg
ライオンの鎮座ます時計。

DSC06854.jpg
戦前の精工舎製。

DSC06855.jpg
立派なライオン。これ一つでセレブリティなお部屋に。






DSC06856.jpg
帆船の置時計。

DSC06857.jpg
同じく精工舎製。

DSC06858.jpg
ライオンに負けず劣らず重厚な帆船。







DSC06859.jpg
欧州の香り漂う童の時計。

DSC06860.jpg
精工舎製。目の前にしてモノの放つ威光にただ感服。

DSC06861.jpg
精巧な童ふたり。






DSC06862.jpg
国会議事堂?の時計。

DSC06863.jpg
東京時計。

DSC06864.jpg
ドアストッパーよりも重い、アンチモニー製。






DSC06865.jpg
ユンハンスの目覚まし時計。

DSC06866.jpg
特筆すべきはその機能。この手の目覚ましは音の大きさも随一ですが、それが嫌だという人も多いです。そこで、大きく音が鳴る前に、もうすこしで鳴りますよ、大きい音が鳴りますよ、というお知らせ機能がある。ジ、ジ、ジ、ジ、ジリリリリーっと、鳴るわけです。知らせてくれるのは良いが、まるで時限爆弾のような不穏な音で神経質な人は神経を病む恐れあり。


DSC06868.jpg
さすがユンハンス、細かなところも洒落てます。







DSC06869.jpg
こちらも戦前の掛け時計。

DSC06872.jpg
いかにもな木調アンティーク風ですが、全体に洋風のデザインなので嫌味がなく姿良し。

DSC06871.jpg
精工舎製。手巻きです。






DSC06844.jpg
こちらは戦後の時計ですが、大理石が立派な時計。

DSC06845.jpg
東京時計製で8日巻き。





以上の時計はオーバーホール済みです。誠実な職人さんが一点一点を嫁に出すつもりで丁寧に修繕されています。お気に召します時計がございましたら嫁にもらうつもりで、どうぞ安心してお求めくださいませ。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ