「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
商品入荷のお知らせ
冬が戻ってきたような寒さですが、灯油の残量が気になりますね。余らせぬように少しづつ買い足すほうがよろしいかと…。以下、本日入荷分です。




DSC06426.jpg
竹編みの花器。トップバンブー。夏向きのさわやかな花器ですね。水仙や菖蒲、山野草などが映えそうです。





DSC06428.jpg
蓋付小瓶。

DSC06429.jpg
歯医者さんでよく見かけるやつですね。






G4
非常に珍しいです。別冊太陽などで見かけることはあっても、オリジナルを手に取ったのは初めてです。緑被せの切り子電傘。

G3
以前に台湾産のレプリカが初めて出まわったとき、とても精緻に作られていたので話題になったことがあります。ホコリを被せて古色をつければ国産の古いものと見わけがつかないということで割とたくさんの業者さんが購入したようです。それ以後作られた台湾産は質が落ちたので色や細工等ですぐに見分けがつきますが、作りのよかった初期のものは数年寝かせて今頃アンティークとして売られているものもたくさんあるでしょう。確実に国産の古いオリジナルのものを手に入れようと思うならば、信頼のおける人間の営む古物店で求めるのが一番確実でしょうね。そのためにはものを見る目と同時に、人を見る目を養う事、関係性を時間をかけて作っていく根気、が必要でしょうか。






DSC06437.jpg
おなじみの丸イス。






DSC06439.jpg
木製脚立。

DSC06440.jpg
ちゃんと強度があるので使えます。

DSC06442.jpg
意外と、アパレル関係でのディスプレイにも需要があります。







DSC06443.jpg
錆朱に白菊が上品なお湯呑。

DSC06444.jpg
この色使いはノリタケの十八番。

DSC06446.jpg
取っ手付きのマグカップタイプもあります。

DSC06445.jpg
定番の色柄ながら、やっぱりうっとりするほど美しいです。日本人の肌を白く、美しく見せる色ですね。







DSC06447.jpg
琥珀色のガラス小鉢。

DSC06448.jpg
ぴっちりスタッキングできるので収納が楽です。





DSC06449.jpg
菓子型。真っ白のブランマンジェがいいでしょうねぇ。出まわり始めた新鮮ないちごでソースを。菓子型は何と言っても金属製のものが身離れが良く扱いやすいですね。特にプリンやゼリーなど冷たいお菓子は失敗なく作れます。






DSC06450.jpg
まんまるの乳白色ガラスシェード。

DSC06452.jpg
こちらはスリガラスのシェード。目の下のちりめんジワのような文様が憎たらしいですが、明かりをともすときれいです。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ