「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
商品入荷のお知らせ
今月はにゃんにゃんの日(2月2日)からずっと怒涛の忙しさでゆっくりと猫にブラシをしてあげる暇もないほどでしたが、今朝ひざの上に乗ってきたおいなりさん、冬毛がどっとぬけて全身春毛になりました。やわらかく真っ白な和毛(にこげ)に春の兆しを感じます。



DSC05986.jpg
簡易本立て。

DSC05987.jpg
うさぎさん。






DSC05991.jpg
大きな鏡。





DSC06121.jpg
小さなビクター犬。鼻がない、鼻先まっしろで可愛い顔。

DSC05989.jpg
洗濯バサミと対比。おチビさんです。






DSC05993.jpg
醤油差し。

DSC05995.jpg
おそろいですが、ガラスの色が若干異なるところが不揃いでキレイ。







DSC05996.jpg
切子デキャンタ。おそろいのコップのほうはわたしが割りました。ハイ、ごめんなさい。





DSC06144.jpg
エルメスのウイスキーの瓶。

DSC06145.jpg
エルメス?

DSC06146.jpg
エルメスのウイスキーなんて飲んでみたいものです。





DSC06000.jpg
モダーン漆器丸盆。渋い配色が何とも江戸好みです。





DSC06001.jpg
鋳物の灰皿。

DSC06002.jpg
博多鋳物。博多鋳物、博多絞りなど博多を冠して特産的に技術を発揮していた商品を見つけるとうれしくなります。博多鋏もそうですが、かろうじて残っている技術も近いうちに絶えるのをわかっていて傍観するのも情けなく悔しい思いです。






DSC06006.jpg
木製小箱。






DSC06008.jpg
ファンシーな新品のフォトフレームを買ってきて写真を飾るとあまりにも写真が主張しすぎてちょっと気恥ずかしくなるので、フォトフレームは古いものに限る、と思っています。鄙びたくらいのほうがわざわざ飾った感が緩和されてお部屋になじみやすくなります。外国のインテリア雑誌にあるように、大きさの違うテイストの似通った古い額を数枚まとめて飾ると雰囲気が出て洒落てますね。






DSC06010.jpg
ハトさんの飾り皿。

DSC06098.jpg
とぼけたような顔のハトの皿ですが、立派な銘の入った桐の共箱に入っています。







DSC06014.jpg
かぼちゃ型の蚊遣り。





DSC06023.jpg
サビの塊ではなく栓抜き。







DSC06018.jpg
寄木細工の小箱。






DSC06016.jpg
無駄に豪華な蓋付容器。

DSC06017.jpg
ピカピカ。






DSC06024.jpg
トリスウイスキーのショットグラス。






DSC06026.jpg
マルティグラスの深鉢。小物入れにも、花瓶にも、灰皿にも。用途が幅広いためか、マルティグラスの小ぶりのものは誕生日プレゼントにと買っていく人が多いのです。





DSC06029.jpg
同じ赤と白の配色の灰皿。

DSC06030.jpg
ナルミのボーンチャイナ。パテントナンバー入り。






DSC06032.jpg
3つのパーツに分かれるちろり型容器。

DSC06033.jpg
引っぱると、コップの形に。ごく小さなサイズなので旅先で使うのにおすすめ。湧き水など掬って飲みたい。






DSC06034.jpg
蓋付ガラス容器。






DSC06038.jpg
味の素ガラス容器。




DSC06040.jpg
プラスチックふぐ。

DSC06041.jpg
醤油を入れるのもいいけれど、眠った猫の耳にフーフーして遊びたい。





写真がおいつかなくて、すでに売れているものもあるかと思いますがどうぞご了承くださいませ。続きはまたのちほど・・・
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ