「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
DATE: 2010/01/28(木)   CATEGORY: 雑文
針供養
毎日の家事労働に着物で立ち向かうと、あちこちに出てくるホツレやホコロビやスリキレなどと向き合わねばなりません。いままでは小学生のころに培った拙い裁縫の技術を駆使してがんばってきましたが、やはり着物の構造や独特の縫い方など、本を見ただけではどうしてもわからないところがあり一念発起して去年から和裁を習い始めました。

先日初めての針供養神事に参加。

DSC05711.jpg
長年通っておられる諸先輩方はご自分で縫った着物をお召しになって。いつかはわたしも家の中で着るものは自分で縫えるようになりたいものである。

DSC05716.jpg
何度かテレビ等で目にしたことはあれども、自分で豆腐に針を刺すのは初めての体験で初めての感触。当たり前ながらやわらかい。針さん、折れるまで働いてくれてどうもありがとう。そして和やかな懇親会の中で、とある先輩に以下のような話を聞きました。

「人から預かった着物とか縫う時は根を詰めて何時間も夜中まで縫うことも多くて、自宅で縫う時は居間で縫うから、たまに夫がいつも運動するマットの上に針が落ちてたりして、ハッと思って急いで取るけど、今まで一度も刺さったりとか怪我がないのはやっぱり針供養してるからだと思う」

一般的にこういう場合は自分の不注意で針を落としてしまった、で片づけてしまうところですが、神様のおかげで守られているのだという自分の身辺のものへの感謝の気持ちを持てることが素晴らしいとおもう。ともすると自分の力だけで生きているように錯覚しがちな私共が他への感謝の気持ちを培うという意味で日本のやおろずの神様は存在意義があるのだなぁと、いたく感心いたしました。




ああ、針の神様。こけしも早くまっすぐ運針できるようになりますように。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ