「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
桐箪笥入荷
DSC05544.jpg
小さな桐のタンス入荷してます。しかも総桐。ひとくちに桐箪笥といっても、表面や側面が桐製で引き出しの中や背面が杉板で作られているものも多いです。一般的に桐箪笥は防虫剤がいらないといいますが、一部分でも桐以外の素材が入っている箪笥には防虫剤が必要です。そしてもちろん総桐のものなら防虫剤は必要ありません。

DSC05540.jpg
着物はとても入らない小さなサイズですのであちこちに散らばりがちな小物類をまとめて入れるのにちょうど良さそうです。


DSC05542.jpg
上段の開き戸のつまみ。


DSC05541.jpg
引き出しの取っ手。

当店では通常、こうしたいかにも和風な家具は取り扱っておりませんが、これは(後付けでなくオリジナルで)つまみや取っ手が不思議なほど洋風でモダンなものがつけてありますので面白いと思います。

さあ!着物を着ようという時にきものと帯の組み合わせはすぐに決められても、意外と迷ってしまうのが、帯揚げ、帯締めの2点です。実際にきものと帯に乗せて考えるのが一番楽なので、この2種類を近しい場所に収納していれば、その作業が簡単にできます。あまり小物の数を持たない人は、この引き出し一段いっぱいにいろいろな色の帯揚げをグラデーションに並べるのだ!という野望がむくむくとわいてくるでしょう。逆にたくさん持ち過ぎている人でも意外といつも使うのは同じ色ばかりということもありますので潔く、ここに収納できるだけのものを厳選して持つのだと思うと色選びにも気合が入ります。

お気に入りの紙箱などに収納するのもよいですが、女ですもの、いつかは桐箪笥。いかがでしょうか?


関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ