「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
ストーブ3種入荷のお知らせ
アラジン、パーフェクション、バーラーの3機種が追加で入荷してます。店頭に各機種揃っているこの時期に、ぜひ実物を見て触って使ってみてあなたにピッタリの一台を見つけてください。


DSC04751.jpg
アラジン39型のグリーン。

DSC04752.jpg
状態良好。

DSC04753.jpg
いろいろなストーブの説明を聞いてみてやっぱりアラジンに決めたという方も、ではグリーンとアイボリーどちらの色にするかで迷う方も多いです。どちらも日本の住宅になじみの良い色なのでますます迷うようです。人気の比率は・・・鯛焼きの黒あんと白あん並の五分。いい勝負です。ただし男女比率で言うと、男性はグリーン女性はアイボリーを好む方が多いです。







DSC04745.jpg
バーラー。

DSC04747.jpg
天板の状態もまずまず。

DSC04746.jpg
先日あるお客様に、アラジンよりバーラーのほうが暖かいんですよね?と言われましたが実際はアラジンのほうが暖かいです。別の店でそういった説明を受けたというのですが、実際に両方に点火してみればやはりアラジンのほうが暖かいことを体感できます。着火してからの暖まり方の早さもアラジンは秀逸です。エアコンや石油ファンヒーターしか使ったことのない方は店頭で実際に着火してみて、こんなに早く暖かくなるのか!と驚く方も多いです。






DSC04755.jpg
パーフェクションの天板フラットタイプ。

DSC04758.jpg
美品です。

DSC04754.jpg
バーラーとパーフェクションは胴体がガラスです。ネットオークションでたまにガラスにひびが入っているものが出品されていますが、これはなぜかというと上に乗せたヤカンの吹きこぼれなどによるものです。ガラスですから熱くなった所に水などがかかると一気にパリンとひびが入ることがあります。天板の琺瑯自体も傷みますし、特にパーフェクション、バーラーの場合は天板が狭くおまけに角が丸みをおびているので乗せているものが落ちる危険性が高いです。やはりガラスパーツの入ったストーブの場合は鍋やヤカンを乗せるのはやめたほうが賢明です。

ちなみにアラジンなどの場合は吹きこぼれても問題ないように見えますが、そのままにしておくと水の中のカルシウム分が結晶して白く粉をふいたようになってしまったりします。これはピカールや過酸化水素水などでも取るのが困難になりますのでヤカンを乗せる際には水を満タンに入れないなどのひと工夫を。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ