「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
アラジン15型と16型入荷
さらにアラジン各種追加で入荷してます。





DSC04483.jpg
アラジン15型のグリーン。

DSC04484.jpg
状態良好。芯はもちろん新品に交換済み。

15型の芯は生産中止になってからは手持ちの在庫芯がネットオークションで高値取引されるようになってきました。しかも本国イギリス国内においても販売は中止になっているようでいよいよ入手が困難になりましたね。だれか作ってくれないかしら?

また、15型に関しては、芯を上下させるノブ(ウイッグレギュレーター)が経年劣化で駄目になり、空回りしてまうことがあります。外側からは状態をはかり知ることができないのでいつ壊れるかは未知。現在使えていても購入後すぐに壊れてしまうということもありうるわけです。しかも修理の効かないパーツなので、本当に寿命がきたのだと諦めるしかありません。その辺りまで含めて古いものを使う楽しさは余りあるわけですが、新品を購入するのとは違うということを理解したうえで買わないといけません。





そしてあと2台はアラジン16型の前期型と後期型。

DSC04480.jpg
前期型
DSC04477.jpg
後期型


もはや間違い探しの域ですが、数か所にモデルチェンジがあります。天板の形や開閉時の金具の形や枠のクロームメッキなど・・・主観ですがやはり後期より前期のほうが格好がよいです。この型に共通しているのは、オリジナルの状態で本体と底板の色が微妙に違うこと。なぜ一緒の色でないのか甚だ疑問です。

2台とも芯は新品に交換済み、分解清掃整備済みです。ストーブを安全に使うには外側の状態だけでなく、タンク内に穴やさびがないか、部品の金具が湾曲していないかなど中身の問題も重要です。ネットオークションでは実物を確認することができませんし、整備済みといっても整備する人の技術がどの程度なのかは判断がつきませんので用心したほうがいいと思います。

タンク内に錆が発生していると正常な燃焼ができませんし、アラジンは部品の数が異様に多いので分解後、組み立て時にねじの締め具合やほんの少し部品が曲がってしまうだけで動作に影響が出ることがあります。また、タンクに目に見えないほどの穴が空いていてじわじわと灯油が漏れ出すこともたまにあります。当店ではすべての部品のチェックを行い安心してお使いいただける商品を提供しております。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ