「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
商品入荷のお知らせ
ひきつづき商品入荷のご案内です。





DSC03485.jpg
むふふの木箱。

DSC03481.jpg
中華料理の出前のように戸を上に引っ張ると中身出現。

DSC03482.jpg
麻雀パイです。

DSC03484.jpg
サイコロも専用の小さな小さな箱に。

DSC03486.jpg
持ち手もクローバーのような柄で格好良く。

DSC03483.jpg
ちなみに裏面が竹。






DSC03487.jpg
ホットサンドメーカー。箱付きデッドストックです。

DSC03488.jpg
その名も「バウルー」

DSC03489.jpg
ちゃんと専用スタンド付き。

DSC03490.jpg
説明書のお嬢さんの花柄ブラウスが素敵です。






DSC03491.jpg
鯛の木版木。立派。顔くらいの大きさです。





DSC03493.jpg
なんてことのないシンプルな水筒。箱付きデッドストックです。




DSC03494.jpg
卓上蛍光スタンド。

DSC03495.jpg
三菱製。鮮やかなグリーンがキレイ。








そういえば、先の説明書つながりで・・・昔の商品説明書って面白いものが多いので好きなのです。
DSC09964.jpg
一例。かの有名なタッパーウェアの説明書に高峰秀子さんが起用されています。

DSC09965.jpg
丸いボウル状のタッパーウェアにスパゲッティを山盛りに盛ってそのまま食卓に・・・って。かなり食欲を減退させる気がします。
DSC09966.jpg
上段の薄型ケースはおせち用に。下段のスナックケースはお魚を入れるのに最適です。

日本には重箱というものがありますのでプラスチックケースにおせちは入れないだろうと思うし、下段の魚は入れ過ぎだ。絶対ふたが閉まらない。
DSC09968.jpg
そしてタッパーウェアーのホームパーティーといえばある程度の年齢以上のご婦人はみな一度は誘われたことがあるでしょう。ぶつぶつ言いながらもみな自宅に大量のタッパーウェアを持ち帰ったものです。適宜に使えば便利な商品だと思いますが、当時のカタログでは圧倒的な物量で日本人を瞠目させ、日本とアメリカの文化の違いを強引にすり寄せようとしているところが笑えます。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ