「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
ストーブ追加で入荷
ストーブ2台、入荷してます。



DSC08841.jpg
アラジンの38型、アイボリー。天板に傷みがあるので格安にて。価格重視の方に。




DSC08842.jpg
フジカ。ちょっと変わったデザインです。芯は新品に交換済みです。

DSC08843.jpg
上から見てもちょっと不思議。ぼんやりした配色のツートンカラーです。やさしい感じ。炎はブルーファイヤーです。







最近お問い合わせがあった話なんですが、去年購入したストーブの芯がなくなってしまったので交換したいということで、お電話がございました。しかし、まともに使っていれば一年で芯が燃え尽きてしまうことは考えにくいわけです。そこで、「空焚きとかしてませんか?」とお伺いしたところ「してません」とのお答え、うーん。そこで、

「火をつけたまま、灯油がなくなっていつの間にか火が消えてしまっていたことがありませんか?」

と質問を変えてみたところ、「あー、3回ほどあります」 と。


それが、空焚きですから

空焚きしてしまうと、1センチほど芯を消耗します。まともにワンシーズン使っても1センチほどの消耗ですので、たった1回の空焚きで一年分の芯を使ってしまうわけです。新品の状態の芯はおおよそ4センチほどありますので、ワンシーズン使用でマイナス1センチ、空焚き3回でマイナス3センチ、よって一年の使用で芯が燃え尽きてしまったというわけです。あなおそろしや、空焚き。みなさまも気をつけて。



関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ