「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の「古道具のささや」の旧ブログです。つづきは furudougunosasaya.com へどうぞ。
アラジンストーブの修理と整備、15型デラックス編。
本日のストーブは、アラジンの15型デラックス。覗き窓が両側にあるタイプです。これは2011年の消費生活用品安全法が施行される前に弊店でお買い上げ頂いたストーブです。


DSCN5398.jpg DSCN5399.jpg DSCN5400.jpg DSCN5401.jpg DSCN5402.jpg
3年ほど使っていなかったそうですが…結構状態は悪いですね。マイカは何かにぶつけたりすると屈折して中がよく見えなくなりますから気をつけてください。タンクも凹んでますしね。

DSCN5403.jpg DSCN5404.jpg DSCN5405.jpg
DSCN5406.jpg DSCN5407_2017111714122695d.jpg DSCN5408_2017111714122742a.jpg
中もこの通り。ススとタール状の汚れがべったり。ペットを飼ってておられるようで、案の定筒の中には動物の毛。

DSCN5412_20171117141228ca6.jpg DSCN5419.jpg
タンク内には黄色く変色した古い灯油。右の写真はタンクの底側ですが、ペットの毛に給油時の灯油の漏れたものがくっついて焦げています。給油時に灯油が垂れたら、雑巾などでこまめに拭いてくださいね。ポリタンクの横にでも専用の雑巾を置いておくとお掃除が楽です。


DSCN5417.jpg P_20171104_092224.jpg
全てのパーツを分解して洗浄。タンク内も特殊な薬剤で洗浄。そしてマイカと芯は新品に交換。


DSCN5422.jpg
再度組み立てて、完成。正常燃焼です。今回の整備代金は合計で12300円です。日頃こまめにお掃除してくださればここまで汚れることもないので、ぜひ芯回りのホコリ取りと外観の拭き掃除は習慣化していただきたいです…




関連記事
                                             
furudougunosasaya               
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ