「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
書斎机、ほか入荷。
今年はタケノコが裏年だそうで。真竹を1回、破竹を1回、食べたきりでした。来年に期待します。以下、本日までの入荷分です。




DSCN4384_20170627153954f86.jpg DSCN4385_20170627153956af3.jpg
一本足の丸テーブル。直径84センチ高さ50センチ。天板が厚いので安定感があります。






DSCN4389_20170627153957c50.jpg DSCN4391_20170627153958c78.jpg
書斎机。引き出しが6つ。横幅91センチ高さ78センチ奥行き58センチ。




DSCN4392.jpg
水色のガラス灰皿。





DSCN4393.jpg
梅の季節ですね。最近は、大気汚染物質を気にして土用干しをしない梅干しの作り方がたくさん出回ってますね。PMなんかは本当に微粒子なのでザルや網を被せたくらいでは防げませんのでね。そんな人は透明の丈夫な食品用ポリ袋や、このような透明のガラス瓶などに漬けて、そのまま日光に当てるようです。






DSCN4396_20170627154003946.jpg DSCN4397.jpg
桑材の姿見。墨流しのような模様が美しいです。鏡の角度が変えられるタイプなのでより便利。横幅60センチ高さ146センチ奥行き33センチ。ところで一昔前までは、三面鏡や姿見など、鏡の付いているものに総じて手作りの掛け布をつけていましたね。着物の解いたのなんかで。使うときだけ掛け布を外して、使わないときはきちんと掛け布をかける。子供の頃、鏡を使いっぱなしで掛け布を掛け忘れていたらとても叱られた覚えがあります。ゆかしい習慣です。






DSCN4398.jpg DSCN4399.jpg
DSCN4400.jpg DSCN4402.jpg
久々の蓄音機。コロンビアのモデルG-208、Glanfonola。蓄音機も一時期に比べると聞く人が増えたそうで。NHKのラジオ番組でもたまにレコード音源のみをかける番組をやってますね。試聴したいかたは店主へ一声お掛けください。


関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ