「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
日本事務器ビジブルレコーダーシステムVIDEX、ほか入荷。
梅雨らしくむしむしします。土が軟らかくなってるうちに草むしり、です。以下、入荷商品の紹介つづき。




DSCN4149.jpg DSCN4150.jpg
DSCN4151_20170609173613651.jpg DSCN4152.jpg
昭和14年のレベル(水準器)15インチ。本体に、筆記体の英文字でTamaya&Co.Ltd Tokyo Ginza とあります。Ginzaにグッときますね。この会社、創業が延宝3年 (1675)ですが、会社の設立は明治34年。玉屋の屋号でメガネを販売したのが始まりだそうです。その後玉屋商店として、それまで輸入品に頼っていた測量機器の国産化を成し遂げた素晴らしい会社ですね。
DSCN4147.jpg DSCN4153.jpg
DSCN4155.jpg DSCN4154.jpg
先日掲載していた木製の三脚にちょうど収まります。





DSCN4183.jpg DSCN4161.jpg DSCN4178.jpg
日本事務器のスチール製12段引き出し、VIDEX(バイデキス)。1950年代頃のものです。これ、ただの引き出しではなくてまず、重さがすごい。男性でも一人では持ち運ぶのが難しいくらいの重さです。金庫並み。ビジブルレコーダーシステムという大仰な名前の付いたものですが、ただの書類入れではなく大事な顧客台帳管理をするための引き出しです。

DSCN4158.jpg DSCN4182.jpg
60センチほどある長い引き出しを目一杯引き出すと、だらりと下へ折れ曲がります。またすべての段がファイルを挟む板バネのような構造です。ホゾがあるので上に積み重ねられるようにもなっています。


DSCN4177_20170611143542c41.jpg DSCN4181_20170611143505ced.jpg
引き手の上にある真鍮色の部分をピコンと押すと、ピョコンと飛び出てきます。ヌラヌラした金属味が素敵です。サイズ横幅27センチ高さ42センチ奥行き61センチ。







DSCN4194.jpg DSCN4193_20170611144512067.jpg
木製12杯引き出し。杉材です。横4列縦3段の12杯。昭和27年ごろのものです。横幅90センチ高さ51センチ奥行き30センチ。





DSCN4195.jpg
琥珀色のガラスポット。ポプリなど入れても置くと蓋があるので長持ちします。来客時など香らせたいときだけ蓋をとればお香などより手間いらずです。





DSCN4199.jpg DSCN4201_20170611144927696.jpg DSCN4202_201706111449292b9.jpg
ポールハンガー。ナラ材です。昭和初期のもの。横幅約50センチ高さ173センチ。スリムで場所を取らないタイプです。






DSCN4203_2017061114493197c.jpg DSCN4206_201706111449328b9.jpg
標本ケース。横幅64センチ高さ18センチ奥行き33センチ。






DSCN4218_20170611145238ddd.jpg DSCN4221_20170611145239990.jpg
平置きのガラスケース。横幅55センチ高さ13センチ奥行き49センチ。
DSCN4231_201706111456033ae.jpg
時計など平たく並べて飾るものに最適なガラスケースです。





DSCN4233.jpg DSCN4236_20170611145605d10.jpg DSCN4238_20170611145606e4f.jpg
伝票整理棚。高さは同じで横幅の違うものが2種です。大きい方が横幅53センチ、小さい方が40センチ。高さはともに52センチ、奥行きも同じく19センチ。


関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ