木箱いろいろ、ほか入荷。

全国的に梅雨入りですね。シーズンオフで石油ストーブのメンテナンスの依頼もちらほらとあります。几帳面な人はシーズン中も自分でお手入れしつつシーズンオフには点検も含めてメンテナンスに出してくださいます。冬には安心して使えるように、きちんとお手入れしてから仕舞いましょう。

以下、本日までの入荷分の一部です。


DSCN4105_20170607153712465.jpg DSCN4106.jpg
クリップ各種。メーカーもいろいろ。




DSCN4108_20170607153717496.jpg DSCN4107_201706071537153ec.jpg
細かい仕切りのある木箱、2種。30から40センチくらいの大きさです。





DSCN4109_20170607153718ccf.jpg DSCN4170.jpg
DSCN4110.jpg DSCN4111.jpg DSCN4171.jpg
不学なので名称などわからないのですが、真鍮製の測量に使う機器だと思います。明治44年購入ということは…106年前。TOKIOとありますが、これは溶接もできるアイドルのことではなくて、東京のタマヤ計測システムの製品だと思います。ここの創業は延宝3年(1675)です。





DSCN4172_20170607153927db0.jpg DSCN4173.jpg
これもさっぱり何の道具だかわかりませんが、光り輝く真鍮がそそります。






DSCN4114_20170607184859408.jpg DSCN4115_20170607184901c5f.jpg
ステンレス製の舌圧子。







DSCN4118.jpg DSCN4119.jpg DSCN4120.jpg
DSCN4121.jpg DSCN4122.jpg
柴田化学工業株式会社の残留塩素測定器。






DSCN4123.jpg DSCN4124.jpg DSCN4125.jpg
再び木箱。蝶番で片開きになる蓋ですが、宝箱みたいに天井に丸みがあります。60センチくらい。







DSCN4126_201706071857164cb.jpg DSCN4127.jpg
細長い机。杉材です。横幅137センチ高さ75.5センチ奥行き34センチ。






DSCN4129.jpg DSCN4130_20170607190041bfa.jpg
電話台、のようなもの。






DSCN4131.jpg DSCN4132.jpg
扉が差し込み式の木箱。No,645がふってあります。30センチくらい。





DSCN4133.jpg DSCN4134.jpg
DSCN4135.jpg DSCN4136.jpg
くどいようですが、木箱。50センチくらいあります。引っ掛け式の金具。昭和14年12月購入…昔は買ったものに買った日時や名前を書いてましたよね。無くなってしまった習慣かもしれません。






DSCN4137.jpg DSCN4138.jpg
まだまだ木箱。昭和34年製造の爆薬用木箱。これも50センチくらい。蓋なしです。






DSCN4141.jpg DSCN4140_20170608172920a51.jpg DSCN4139.jpg
そろそろ胸焼けがしそうですが、40センチくらいの縦に細かい仕切りのある、木箱。





DSCN4142.jpg DSCN4143.jpg
木箱酔い、しそうな勢いですが、深さ5センチくらいの浅ーい木箱。






DSCN4145.jpg DSCN4146.jpg
最後のデザート、50センチ幅くらいの蓋つき木箱。




木箱はなぜか需要が多いため、すでに売り切れているものもあるかと思います。ご了承くださいませ。
関連記事
妻こけし
Posted by妻こけし