「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
アラジンストーブの修理
ストーブ修理の実例、第3弾です。去年の年末に承ったアラジンストーブですが、これは手強かったです。

P_20161121_091252.jpg P_20161121_091328.jpg P_20161121_091421.jpg
タンクに灯油を入れたまま倉庫で10年放置。使ってみようかなと思って取り出したものの、レバーを回しても芯が全く動かないという状態です。古い灯油を入れたままの状態で長期間置いておくと、いわゆる芯と筒の固着が起きます。一番右の写真のように芯と金属部分がべったりとくっついたまま取れなくなってしまう現象です。


P_20161121_092524.jpg P_20161121_093225_1.jpg P_20161121_093455.jpg
特殊な溶剤で固まった油を溶かしてから、専用のナイフで物理的に剥がしていきます。ここでかなりの時間を要します。力任せに剥がすと筒が歪みますので慎重に…

P_20161121_093652.jpg
左が新品の芯、右が固着していた芯。真っ黒です。


P_20161121_094029.jpg P_20161121_094523.jpg P_20161121_094819.jpg
芯の繊維がこびりついているので、ヤスリをかけます。

P_20161121_095106.jpg P_20161121_101137.jpg
左の写真の茶色い液体はタンク内の古い灯油です。新しい灯油を入れて何度も洗浄します。右側の写真、下から1回目、2回目、3回目、4回目でやっと無色透明の灯油になります。



P_20161121_093851.jpg P_20161121_094838.jpg P_20161121_100059.jpg
ブラシでタンク内を丁寧に洗います。ちなみに今回はタンク内から写真上のような物体が出てきました。給油ポンプの先っちょです。タンク内への異物混入は案外多いです。皆さんも気をつけましょう。


P_20161121_092229.jpg
そのほかのパーツも全部バラして洗剤で丁寧に洗い、丁寧に乾かします。


P_20161121_091300.jpg→→→P_20161121_120057_20170114160650598.jpg
白っぽくなったマイカも新品に交換。


P_20161121_114539.jpg
芯も新品に交換。


P_20161121_091328.jpg→→→P_20161121_122555.jpg
こんなに綺麗になります。


P_20161122_134011.jpg P_20161122_134025.jpg
全部組み立てて終了。完全燃焼です。



芯が上がらすにっちもさっちもいかない、という場合でも諦めずご相談ください。アラジンストーブはいままで長く使われてきただけあって非常に合理的に作られています。きちんとメンテナンスすれば末長くお使いいただけます。

関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ