「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
小引き出し、ほか入荷。
早い事で今年もあと二十日あまり。以下、入荷商品のご案内です。





DSCN2905.jpg
コーヒーテーブル。横幅69センチ高さ50センチ奥行き42センチ。






DSCN2912.jpg
ラワン材の大きな本棚。横幅86センチ高さ158センチ奥行き25センチ。







DSCN2970.jpg DSCN2971.jpg
DSCN2972.jpg DSCN2973.jpg
袖机。横幅36センチ高さ70センチ奥行き59センチ。引き出し5段です。電話台としても省スペースで使いやすいです。






DSCN2974.jpg DSCN2975.jpg DSCN2976.jpg
しっかりした作りの回転椅子。横幅45センチ高さ67センチ。経年感がそのまま貫禄に。






DSCN2977.jpg DSCN2978.jpg
DSCN2979.jpg DSCN2980.jpg
黒柿の5段小引き出し。横幅31センチ高さ43センチ奥行き33センチ。黒柿はタンスや裁縫箱などに使われますが、肌触りがスベスベしていてとても触り心地のよい木です。






DSCN2981.jpg DSCN2982.jpg
DSCN2983.jpg DSCN2984.jpg
梻(タモ)材の7段小引き出し。細かな柾目が美しいです。横幅36センチ高さ52センチ奥行き35センチ。






DSCN2898.jpg DSCN2899.jpg
ナラ材の本棚。横幅84センチ高さ70センチ奥行き23センチ。3段で上に行くに従って幅が細くなっているモダンデザインです。





DSCN2913.jpg DSCN2914.jpg DSCN2915.jpg
カモ?の靴べら。紳士向け。






DSCN2916.jpg DSCN2917.jpg DSCN2918.jpg
寄木細工のタバコ入れ。灰皿部分には青いガラスが入っています。






DSCN2919.jpg
故岩田糸子氏のガラス鉢。生まれも育ちも恵まれてなおかつ才能にもっていう点がすごいです。






DSCN2920.jpg
潔い真鍮の文鎮。






DSCN2921.jpg DSCN2922.jpg DSCN2925.jpg
I.K.Kの双眼鏡。私?の刻印あり…





DSCN2929_20161210162616bec.jpg DSCN2926_20161210162614028.jpg
桜皮の八角茶筒。デッドストックです。





DSCN2931_20161210163222d42.jpg DSCN2932_20161210163224d74.jpg
なんとなく卑猥な形状の鈴。石村萬盛堂の仙厓最中(もなか)にも似ています。

余計な話ですが、土鈴まつりの時に二十代くらいのお嬢さんが男性器を模した白い土鈴を手に乗せて真顔で「この土鈴は、にんにくですか?」と聞いてきた時に絶句したのを思い出しました…






DSCN2933_20161210163225470.jpg DSCN2934.jpg 
型吹きガラスのコップ。真ん中のグラスは底面の厚みにかなり偏りがあります。








DSCN2936_201612111506221a6.jpg DSCN2937_20161211150624007.jpg
みどり牛乳でおなじみの九州乳業、デカのプリントコップ。デカは牛乳でなくて乳飲料なんですね。脂肪分多め。「でっかい」からデカ、と安直なネーミングですが、わたしが初めて飼った犬の名前もデカという小型犬でした。同じような思考回路でうれしいです。ちなみに、みどりコンクって知らないわぁと思ったら、ヤ◯ルトにそっくりな小さな乳酸菌飲料の事でした。







DSCN2938_20161211150625ae1.jpg DSCN2939_20161211150627e83.jpg
昭和33年頃の家庭画報、たくさん。今現在の高級感あふれる家庭画報からは想像もつかないほどに家庭的な表紙です。この路線変更はクウネルどころじゃないぞと思いますが、みずみずしい白菜の漬物や蕪、干物に秋刀魚の塩焼き、これこそ家庭画報の本来の姿です。

DSCN2940_20161211150628672.jpg DSCN2941_20161211152136f84.jpg
国際文化画報と日本大観もあり。

関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ