「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
Arzbergの白磁、ほか入荷。
わわわ、もう週末です…以下、入荷商品お知らせのつづき。






DSCN5050.jpg DSCN5051.jpg
Arzbergのポット。 Arzberg(アルツベルグ)はドイツの120年以上の歴史を持つ磁器メーカーです。無駄を削ぎ落としたミニマムデザインは日本でも好まれていますが、輸入量が少ないため知る人ぞ知るブランド、でしょうか…普通にカラフルな食器もあるのですが、日本ではとくに真っ白で穢れのない白磁が好まれるようです。このモデルは既に廃盤のようです。








DSCN5047.jpg DSCN5046.jpg DSCN5048.jpg
おなじく Arzbergのラウンドボウル。大きい方が直径約25.5センチ高さ11センチ、小さい方が直径22センチ高さ9センチで、ちょうど入れ子にもなります。洗面器のような不思議な器です。買ってきたお野菜を、お花のように生けておくのにも良さそうです。






DSCN5043.jpg DSCN5044.jpg
こちらも白磁ですが、日本製。20センチ超の大きな深い片口ボウルです。オーブン可。








DSCN5049.jpg
白磁の持ち手付き皿。まず、野菜をレンジでチンしてそこへ生卵をポトリ、そのままオーブンで数分。ココット焼きのように使えます。お野菜とタンパク質を両方、朝食に最適です。しかも、ココット皿と違って持ち手が付いてる!これ便利!の日本製。








DSCN5052.jpg DSCN5053.jpg DSCN5055.jpg
また白磁か!と思いきや、イタリア製のプラスチック片口ボウル、デッドストック。実物でもだまされる人続出です。








DSCN5056.jpg
同じくイタリア製プラスチックのフライ返しとヘラ、デッドストック。お玉と呼びたいが、「イタリア製お玉」って語呂が変…








DSCN5059.jpg DSCN5060.jpg
米国製チョッピングブロック。お洒落まな板です。楓の組木になっていて、チーズなどこのままテーブルの上に、見せるまな板として使えます。デッドストック。











DSCN5033.jpg DSCN5034.jpg
イタリア陶器の大皿、約30センチ。陽気です。







DSCN5035.jpg DSCN5036.jpg
さらにいい加減じゃなくて…陽気なお魚柄の、イタリア陶器飾り皿。約26センチ。








DSCN5037.jpg
イタリア人てお魚好きなのね…33センチ。







DSCN5040.jpg DSCN5041.jpg DSCN5042.jpg
次は、スペインに参ります。アヒージョ鍋。オリーブオイルとニンニクで、様々な食材を煮込んだ料理の総称が「アヒージョ」です。オイルがグラグラするまで煮るので、ただのお皿では熱くて掴めませんね。ヤットコで引っ掴んだところで手を滑らせて皿ごとひっくり返し、台所中に煮えたニンニク風味の油をまき散らすという地獄絵図が待っています。ここはやはり、持ち手付きのお皿を使いましょうね。












DSCN5038.jpg DSCN5039.jpg DSCN5063.jpg
Gustavsberg(グスタフスベリ)の花瓶。というか壷。公衆トイレの女性用マークと鳥の串刺し、のような絵柄が大変キュートです。Gustavsbergは1825年にスウェーデンのストックホルムに設立されたメーカーで、日本でも大人気のリサラーソンなどを輩出しています。

関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ