「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
分銅引き掛け時計、ほか入荷。
福岡は8月に入ってから雨ばかり…お盆過ぎてからはグッとお野菜の値段が上がりました。これだけ雨が多いと露地物のキュウリなんか全滅ですよね…以下、本日までの入荷分です。




DSCN2320.jpg DSCN2321.jpg DSCN2322.jpg
アフリカ製の木彫スコップ。ザックリ掬えます。





DSCN2323.jpg DSCN2324.jpg
全長55センチの鯉の置物。昭和初期頃の作品です。作者不明。鋳物で重いので、抱えるときは両手で…


*山田さん笑わないで!




DSCN2329.jpg DSCN2330.jpg DSCN2331.jpg
錫(すず)の盃洗。共箱付。真夏の猫の水飲みにも…








DSCN2332.jpg DSCN2333.jpg
緑色のガラスひょうたん瓶。これも昭和初期頃のものでコルク栓が付いてます。







DSCN2334.jpg DSCN2335.jpg
恐ろしく透明な池、みたいな色のガラス灰皿。殴られたときに打ち所が悪ければ死ぬかもしれないと不安になるくらいのムッチリした手触りです。





DSCN2337.jpg DSCN2338.jpg
錫のピューター皿。噂によると…戦前のオランダ製。






DSCN2339.jpg DSCN2340.jpg
右、真鍮の計量カップ。

DSCN2341.jpg DSCN2342.jpg
左はアンチモニ製のラッパを吹くロバのペン立て。昭和初期頃。後ろ姿がいじらしいのです。






DSCN2343.jpg DSCN2344.jpg
桐のくりぬき煙草入れ。





DSCN2346.jpg DSCN2347.jpg DSCN2348.jpg
沈黙の提督、東郷平八郎のプレスガラス皿。レプリカが出回っていますが、これは明治後期のもの。A good name is better than riches. 名声は富に勝る、のことわざとともに意外と克明な表情で元帥がプレスされています。若かりし頃はホントに男前なんですよね…貴重な無傷6枚組。







DSCN2349.jpg DSCN2351.jpg
ボックス形の本立て。幼稚園に通った人ならおなじみのチャイルドブックを入れるための本立てです。






DSCN2355.jpg DSCN2356.jpg DSCN2357.jpg
1970年代の分銅引き掛け時計。ゴテゴテの外装はオランダ製。さすがアメリカに次ぐ世界第2位の農業生産物輸出国!月齢表付。野暮ったさが土臭い感じで可愛いです。
DSCN2358.jpg DSCN2359.jpg
天使に人魚。

DSCN2353.jpg DSCN2360.jpg
分銅、ぶら下がってます。表は野暮カワイイですが、肝心の中身はドイツ製のしっかりした機械が入ってます。時間になるとチーン!とベルの音色が鳴ります。8日巻き。

DSCN2354.jpg
鎖が超ロング。たたみスレスレです。

関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ