「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
焼締めのすり鉢、ほか入荷
九月も残り少なくなって参りました。これから過ごしよい季節、秋には何をして遊ぶか考えるだけでも楽しみですね。以下、本日までの入荷分の一部です。





03_20130927165008379.jpg 04_2013092716501008a.jpg 
05_20130927165012c5e.jpg 06_201309271650135ae.jpg
日本と世界の旅。山と渓谷社から出ていた雑誌です。1971年創刊ですから、まさに旧国鉄の「ディスカバー・ジャパン 」キャンペーンに見事に乗っかった雑誌ですね。今では女性の一人旅など珍しくも何ともありませんが、昔は辺鄙な田舎の旅館に女性一人泊まるとなると、それとなく自殺志願者ではないかと探りをいれられたりしたものですよね…時代も変わるものです。70年代の懐かしのファッションが相当に楽しめます。豪華ハードカバーセットです。







08_20130927170145296.jpg
乳白色ガラスの電気シェード3種。コードと金具部分は、お好みの長さで作ることができます。店頭にてお問い合わせください。








07_20130927170144881.jpg
宙吹きのガラス金魚鉢。







22_2013092717014384c.jpg
亀井ガラスのガラス銚子・猪口のセット。夏の間はビール一辺倒なのに、朝晩が涼しくなると、とたんに冷酒が飲みたくなりますね。







21_20130927170141171.jpg
クラタガラスのハト置きもの。







20_20130927170140e6a.jpg
白磁のねこ、置物。








01_201309271709093c7.jpg
35センチほどの大ぶりな蓋付ガラス瓶。梅干しなど酸気のあるものでも安心なガラス蓋付です。







11_20130927170906919.jpg 12_2013092717090775f.jpg
玉子形の爪楊枝入れ。玉子かと思いきや、鶴乃子という新鮮な驚き。






02_201309271709114c5.jpg
釉薬のかかってない焼締めのすり鉢。実は探している料理人の方が多いんですね。まずは、とにかく使いよさ、味が変わるほど上手に摺れます。現行品と比べてみるとよくわかりますが、筋目が多く深くほんの少し不揃いです。ごまから自然薯まで、自在に摺ることができます。そして、洗ってみて驚く水切れのよさ。昔のすり鉢を使うともう今モノには戻れないという気持ちもわかります。






17_20130927172034848.jpg 18_20130927172035175.jpg 19_20130927171857ca2.jpg
プレスガラスの小皿。緑色と水色の2種あります。




10_20130927170905364.jpg
陶製のパンダ、置物。






23_20130927171858186.jpg
歩くミッキーマウス。







15_20130927171901873.jpg 13_20130927171900907.jpg 14_2013092717234958c.jpg
ドラえもん提灯。盆提灯の主流になってしまうのではないかと危惧するほど普及してきているキャラクター提灯です。個人的には「故人の好物シリーズ」のロウソクも気になります。日本の仏間はこれでいいのでしょうか…
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ