「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
DATE: 2013/04/26(金)   CATEGORY: お知らせ
第5回「和食器まつり」開催のお知らせ
今年で5回目となります、「和食器まつり」を下記日程で開催いたします。そして、いきなり重要なお知らせ…今回が最後の「和食器まつり」となります。



回を重ねるごとに、お客様が増えるのはいいことなのでしょうが、必然と通常は弊店に縁のない方々がお見えになります。つまりは古いものに興味のない人ですね。こうした方々は、常々「新品が一番」と思っているので、古伊万里だろうが初期伊万里だろうが、誰が使ったかわからない中古品よりも、その辺の雑貨屋に売ってある新品の皿のほうがより価値のあるものだと信仰していらっしゃいます。弊店は言うまでもなく古道具屋ですから、「上質な古いもの」は「上質な新品」よりも上だと思っています。モノ自体の力に加え、それを大事に使うことで親子代々受け継がれるうちに備わる経年の力、というのは何物にも代え難い価値がある、と。ですので、和食器まつりの商品は幕末から昭和初期までの実用品として使える骨董品の一歩手前、今から大事に育てて行ってちょうだい!といった商品が中心ですが、それらへのアンチテーゼとして現代物の質の伴っていない深川製磁や香蘭社製品は破格の値段で供出しています。通常弊店でお買い物をしてくださる方は、その辺をきちんと理解した上で新旧混交の中から楽しんでお買い物をしてくださっていると思います。ところが「古いものに興味のない方」は、ただ単に新しいものが安いから…という理由でお買い求めになるわけです。価値観の違いと言ってしまえばそれまでですが、回を重ねるたびにそうしたことへ違和を感じてきたというのが正直なところです。従いまして、今回を持ちまして、現在のような新旧混交の商品構成での「和食器まつり」は終了したいと思っています。

今年は古典的な色絵、染付の伊万里を中心に品揃えしております。軽くて丈夫な磁器食器を存分にお楽しみくださいませ。また番外編として小石原焼や小鹿田焼の大皿と甕も一部ご用意しております。去年よりもさらにお求めやすく!の心意気でお待ちしておりますよー。どうぞ足をお運びくださいませ。

RIMG0899.jpg  第4回「和食器まつり」

期間は4月27日(土)から5月5日(日)まで


マイバッグ御持参のお客様は100円引き、Facebookでチェックインしてくださった方はさらに100円引き(会計時に自己申告してください)。期間中は4月29日(月)は定休日なのでお休み、営業時間は通常通りの午後2時から午後8時まで。なお4月26日(金)は什器搬入のためお休みさせていただきます。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ