「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
小さきモノ、入荷
みなさんね、肩コリって簡単に言いますけれど、わたしの肩の痛みとあなたのその肩コリが同じものだって言う確証はどこからきてるんですか?と思う今日この頃です…すみませんね、意味の無い前振りで…


以下、小さきモノたち集合です。
RIMG0296_20120516144658.jpg







RIMG0294_20120516144700.jpg RIMG0295_20120516144700.jpg
年賀状の干支モチーフの中で最も難しいとされるのが、巳(へび)ですね。ヘビが好きな人っているのも少ないですし、愛嬌あるモチーフに仕立て上げるのは至難の技です。ぱっくり開けた口が愛らしい楊枝入れ。






RIMG0297_20120516144659.jpg
桜の枝で作ってある夫婦こけし。2人そろって切れ長の目に高雅な殿上眉、棒立ちながら高貴なこけしです。体長5センチほど。






RIMG0298_20120516144657.jpg RIMG0299_20120516144656.jpg
鳩笛とフグ笛。サイケデリックなハトです。







RIMG0301_20120516145917.jpg RIMG0302_20120516145916.jpg
紙張り子のウサギさん。後ろ姿の尻尾がブラックホールのように漆黒で印象的です。体長5センチほど。





RIMG0303_20120516145915.jpg
正面から見ると、さっぱりなんだか分からない置物。
RIMG0305_20120516145914.jpg
上から見ると、親子ワンコ。小ワンコは1センチほど。手びねりの素朴な味わい。







RIMG0306_20120516145913.jpg
達磨、え、だるま?耳があるけどね…
RIMG0307_20120516145912.jpg
後ろ姿は抱きしめたくなるほどの愛らしさ。






RIMG0309_20120516150846.jpg
江戸玩具でおなじみの、「飛んだり跳ねたり」(とんだりはねたり)の3人衆。
RIMG0312_20120516150712.jpg RIMG0313_20120516151324.jpg RIMG0311_20120516150711.jpg
花魁、お侍、おさる。通常の飛んだり跳ねたりは6センチくらいありますが、この御三方は全長約1.5センチ。竹と木綿で出来たバネ細工に張り子人形が載っていて、衣裳まで本当にきれいに描いてあります。おさるの手は恐ろしいほどです。
RIMG0314_20120516150710.jpg
後ろ姿も抜かりなく。






RIMG0316_20120516151907.jpg
木製の糸巻き。5センチほど。






RIMG0318_20120516151906.jpg RIMG0319_20120516151905.jpg
フィンランドから木製にわとり。1972年より日本でも親しまれてきたユシラ社の木製玩具。


関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ