「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
香蘭社と深川製磁
今年で4回目の和食器まつりも、第1回目は深川製磁の薔薇柄の器10客ほどで何となくはじめました。それからも毎年、深川製磁と香蘭社のものを中心に新旧織り交ぜて商品構成するようにしています。現代有田焼の名実ともにトップブランドであるこの2社ですが、九州北部にお住まいでも御存じないという方もいらっしゃいますので、参考までに書きとめておきます。


まずこの2社の成立はどちらが古いのかと言うと、香蘭社のほうです。

江戸文化が華麗に花開いた元禄のころから初代が有田で磁器の製造を始めた由緒ある深川家。その8代目となる深川栄左ヱ門が中心となり、当時の絵入りすぐった陶工や絵付け師、それに陶商達をひとつにまとめ明治12年に結社を作りました。それが「香蘭社」です。その後、相次いで世界各国で行われた万国博覧会で数々の名誉金牌を受賞。海外でもその評価を高めるとともに、明治29年には宮内省御用達の栄にも浴し、今日に及んでいます。香蘭社の製品は、有田磁器特有の、白く硬い透明な生地の上に、優雅な染付と華麗な赤絵を配した典雅な文様、18世紀フランスのセーブルを中心にヨーロッパで愛好された金銀彩のルリ釉もの、アイボリー色を基調にした新しいスタイルのボーンチャイナ製品など、多彩を極めています。香蘭社の製品は、伝統を誇る有田色絵磁器の多様な文様を集大成であり、格調高く気品溢れる製品は広く親しまれています。

そして、その「香蘭社」を設立した深川栄左ヱ門の次男である深川忠次によって明治24年に設立されたのが「深川製磁」です。世界の工芸磁器の極みを目指し、富士流水のマークを冠した深川製磁は、明治33年のパリ万国博に数々の作品を出展。そして最高名誉メダーユドールを獲得。深川忠次の芸術思想は「透けるような白磁」を生み、「トンボ窯」として気韻ある独自の官窯様式である深川スタイルを生みだしました。「陶磁の完全性は高温焼成によるものである」という磁器工芸哲学を守ってきた賜物です。1350度の高温焼成による、青い花のような染付「フカガワブルー」、「深川様式」として広く親しまれています。香蘭社と同じく宮内庁御用達には明治43年に指定されています。


そしてこの2社は、特徴ある裏印を持っています。

DSC07243.jpg
この蘭の花を模したマークが「香蘭社」

DSC07258.jpg
富士山に流水のマークが「深川製磁」

ともに年代によりマークもいろいろ変わっていますが、現行品はともに「マーク+社名」となっています。○○右衛門などと違い、誰が見てもすぐわかる、素晴らしいマークだと思います。そして先にダラダラと述べましたように、品質が非常に高いです。実際今まで使っていてこの2社の製品はコツンとあてたくらいではチップしたことがありません。非常に薄く繊細な作りにもかかわらず強度があります。実用品として本当に素晴らしいと思います。






以下、深川製磁と香蘭社製品を一部ご紹介。

RIMG0293_20120501171631.jpg
格調高い牡丹柄の花器、2種。香蘭社製、各3500円也。

RIMG0298_20120501171630.jpg RIMG0299_20120501182548.jpg
これぞ深川ブルー、の美しい茶器。ともに深川製磁製。土瓶は各1000円、蓋付湯呑は1客200円から。

RIMG0305_20120501171630.jpg
若松の繊細な染付の酒器、800円。

RIMG0306_20120501171629.jpg RIMG0307_20120501171628.jpg
全く同じ形状のものですが、左側は深川製磁製。右側は抱き茗荷(だきみょうが)紋の鍋島(鍋島焼)製。昔は境がないというか、ひとつの意匠、文様をさまざまな作り手が取り入れることができたのでしょう。深川製磁の製品に、柿右衛門様式に見られる鳳凰文と同じ柄付けの器があったりします。

RIMG0308_20120501171627.jpg
昭和30年以降になると両社とも新しい作風の器がたくさん出てきます。こちらは花や葉をかたどった白磁の銘々皿。香蘭社製。

RIMG0312_20120501172820.jpg
量産品になっても品格を失わない美しさのお湯呑。香蘭社製。

RIMG0301_20120428100901.jpg
そのほか、ラピスラズリに似た深い青のルリ釉の小皿や香蘭社定番のオーキッドレースシリーズは小皿、中皿、大皿までデッドストックのものが100円から多数揃っています。

第4回「和食器まつり」

期間は4月28日(土)から5月6日(日)まで

どうぞお出かけくださいませ。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ