「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
変わり種時計各種入荷
じゃこじゃこと雨が降っておりますが、わたくし見事な雨女です。ちょっと外出する用事がある日は雨が降ります。いつも夫にどやされています。以下、本日までに入荷した時計もろもろです。



RIMG0134_20120119170100.jpg RIMG0135_20120119170100.jpg RIMG0142_20120119170059.jpg
1930年代(昭和初期)の石原時計、CRESENT(クレセント)8日巻の置時計。テンプ式で土台はベークライト。ガラスにはカットが入っていてアールヌーヴォーの香り漂う高級機です。




RIMG0136_20120119170058.jpg RIMG0144_20120119170058.jpg RIMG0143_20120119170057.jpg
同じく1930年代(昭和初期)の総体振り置時計。女神さま付。総体振というだけに時計自身が振り子となっています。愛知時計の輸出用のようです。





RIMG0138_20120119172230.jpg RIMG0146_20120119172230.jpg RIMG0147_20120119172229.jpg
童子2人でささげ持つ時計。昭和初期の国産の置時計だと思われます。素材はアンチモニーの上に銅メッキ。文字盤は琺瑯。




RIMG0173_20120119172229.jpg RIMG0219_20120119172228.jpg
これもおそらく昭和初期、戦前の米国製アンソニアの大理石置時計。厚みもスゴイが重さもスゴイです。確実に当店で今まで入荷した時計の中で最も重量があります。
RIMG0175_20120119172228.jpg RIMG0218_20120119173049.jpg
重厚で豪華そして何より重い、民族の違いを痛感します。





RIMG0229_20120119173330.jpg RIMG0227_20120119173330.jpg
精工舎の船時計。揺れに強いテンプ式です。
RIMG0231_20120119173329.jpg RIMG0232_20120119173329.jpg
風防ガラスがこのようにパコッと開きます。

以上の本日ご紹介の時計は、すべてオーバーホール済みです。

古道具屋で売ってる時計は動かないものだと思っている人も多いようです。動かない時計はただの飾りですから、当店の時計は一部をのぞき、オーバーホール修理を行ってから店頭にお出ししております。古い時計だから時間があわなかったり調子が悪いのは当たり前だと思っていらっしゃる方も多いですが、腕の確かな職人の技術があれば、機械としての寿命があるものは正確に時を刻みます。当店でオーバーホール済みの時計をお求めいただいた方には、6か月間無償修理の保証書をお付けしています。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ