「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
膳と盆の使い道…
今日は北部九州、今年一番の寒気だとか。寒いはずですね。第2回「漆器まつり」も今日を含めあと3日間となりました。すでに2度3度と足を運んでくださった方もありうれしい限りです。


今日は「お盆とお膳」のご紹介です。ご参考くださいませ。





RIMG0238_20111216151627.jpg RIMG0239_20111216151627.jpg RIMG0454_20111216170311.jpg
一番人気の本堅地、黒無地の脚なし膳、800円。毎日の自分の食事をのせるために、と年齢を問わずひとり暮らしの女性に人気です。



RIMG0246_20111216151626.jpg RIMG0448_20111216170310.jpg
3㎝ほどの脚のついた朱塗りのお膳、300円。一汁一菜でちょうど良いサイズです。また、赤い色は食欲増進の効果もありますのでダイエット中の方は黒のほうをおすすめします。




RIMG0248_20111216151626.jpg RIMG0249_20111216151625.jpg
四方の縁が3㎝ほど高くなっている会席膳。本手家具師の作った上質な会席膳です。黒塗りですが、内側だけが茶の梨子地(なしじ)。






RIMG0252_20111216160724.jpg RIMG0253_20111216160724.jpg
同じ本手家具師、石井重武作の黒無地会席膳800円もあります。
RIMG0453_20111216171932.jpg RIMG0447_20111216171931.jpg RIMG0446_20111216173221.jpg
黒地の漆器は、ガラスとも大変に相性の良いものです。当店でも取り扱っている明治、大正頃のプレスガラスなどは手ごろな値段で趣がありおすすめです。






RIMG0254_20111216160723.jpg RIMG0255_20111216160720.jpg
こちらは愛媛県の長井時松作、布着せつや消し会席膳。松竹梅の上品な金蒔絵でお正月に重宝です。






RIMG0250_20111216160719.jpg RIMG0251_20111216160719.jpg
薄(ススキ)に桔梗の金蒔絵お膳。お月見の時に最適です。強固無比、2度塗り本仕立て、熊井通博造。






RIMG0258_20111216161547.jpg RIMG0259_20111216161546.jpg
富士山を望む風景が沈金、沈黒で上品に描かれているお膳。美術漆器、山田金吉造。




RIMG0452_20111216171109.jpg RIMG0457_20111216171109.jpg
小ぶりなタイプのお膳は、折敷として直接お料理を盛ってもとても映えます。






RIMG0291.jpg RIMG0292.jpg
刀の鍔(つば)と桜が意匠化された珍しい文様の会席膳。多少キズがあるので100円。





RIMG0322.jpg RIMG0323.jpg
掛け軸などでよく見かけるこの絵柄ですが、大掃除をほっぽり出して酒盛りを始めた老夫婦のように見えてしまいます。100円。







RIMG0287.jpg RIMG0288.jpg
もっと気軽に使えるものでしたら春慶塗の立涌(たてわく)会席膳300円を。軽いので、膳としても盆としても使い良いです。
RIMG0431_20111216170312.jpg RIMG0439_20111216170615.jpg RIMG0451_20111216170742.jpg
お椀との組み合わせで普段の食卓にいろいろとご活用ください。










RIMG0293.jpg RIMG0294_20111216162707.jpg
半月盆もあります。




RIMG0403_20111216163106.jpg RIMG0404_20111216163105.jpg
両面使える松唐草の半月盆は合成漆器。素地はユリア樹脂で塗はウレタン。1枚で2倍お得、未使用品200円。


そのほか丸盆、角盆など大小いろいろあります。
RIMG0428_20111216171530.jpg RIMG0449_20111216171529.jpg
丸盆で汁ものを主役に…
RIMG0430_20111216171529.jpg RIMG0433_20111216171528.jpg
お気に入りの陶磁器と合わせて晩酌に…
RIMG0432_20111216172234.jpg
この時期はひとりおでんにも…
RIMG0456_20111216171528.jpg RIMG0455_20111216171527.jpg
漆器同士はもちろんのこと、陶磁器とも大変相性が良いので漆器を特別視せず是非普段にお使いいただきたいと思います。








RIMG0290_20111216163516.jpg
脚付黒無地お膳も状態に応じて100円からご用意。地附き堅極漆器、真砂為次郎造。





RIMG0256_20111216163432.jpg RIMG0257_20111216163432.jpg
本堅地塗師造の朱と黒の脚付膳、1500円。

我家も元旦だけは、座卓をしまって毛氈を敷き、脚付のお膳でおせちをいただきます。夫婦といえどもきちんと居住まいを正して年頭のあいさつをするのは大事なことだと思います。昔は当たり前だった行為でも現在は何でも簡略化されてしまいますね。





RIMG0277_20111216163431.jpg RIMG0278_20111216163431.jpg
省スペースな3段の入れ子膳。沈金で宝物が描かれています。




RIMG0281_20111216163430.jpg RIMG0282.jpg
松竹梅沈金の5段入れ子膳。

お鏡餅や屠蘇器を置いたり、付随する昆布やあたりめをのせたり、飾り花をのせたりと活用範囲は広いです。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ