インゴット、ほか入荷

いよいよ連休も最後です。3連チャンの旗日も今日が最後。どうぞ良い休日を…以下、本日入荷分です。






CIMG1802.jpg
電力不足のせいで今年はあちこちでクールビズの早期実施が行われているそうですが、ご家庭にも一足早く涼を呼びこみましょう。
CIMG1804.jpg
焼き杉の一刀彫フグ風鈴。極上の涼音。是非一聴を。






CIMG1805.jpg
竹の団扇(うちわ)立て。






CIMG1808.jpg
ガラスのスタンドのランプシェード。
CIMG1809.jpg
ムラーノガラスを思わせる美しいスタンド部分です。





CIMG1812.jpg
真鍮製のインゴット。ingotとは溶融した金属を型に鋳込んで固化させたもののことです。
CIMG1813.jpg
これはもうまさに、金の「のべ棒」そのものを模して作ってあります。さりげなくダイニングテーブルに置いて財力をアピールするとか、いつも持ち歩いてなにげなく鞄からちらつかせるとか…いろいろ用途はありそうです。






CIMG1818.jpg
陶製のフック。
CIMG1819.jpg
随分と変わった形状です。
CIMG1820.jpg
裏面。黒っぽいメタリックな釉薬がかかっているので一見金属風です。







CIMG1814.jpg
フクロウ型の陶製フック。
CIMG1815.jpg
こちらも陶製なのであまり重いものはかけられません。帽子とか、ちょっとしたものを。
CIMG1816.jpg
裏面。こちらは赤銅色のメタリックな釉薬。







CIMG1821.jpg
掲げているものの大きさと人物の大きさの比率が妙でおかしみのある燭台?
CIMG1822.jpg
なんだか威張った感じです。






CIMG1824.jpg
困った顔のサル一対。
CIMG1825.jpg
猫背具合がなんとも…狛犬ならぬ狛サルとして飾っても、ブックエンド(本立て)として使っても。
CIMG1826.jpg
困った顔。






CIMG1827.jpg
鉄製の鹿?もしくはトナカイ。
CIMG1828.jpg
それらしいお店にそれらしく飾ってあるととても雰囲気あるものに見える類の商品ですね。






CIMG1832.jpg
珍妙な形の多用途容器。
CIMG1831.jpg
籃胎漆器(らんたいしっき)のような質感ですが、見れば見るほど鳥肌が立ちそうな肌合い。緻密な手仕事です。







CIMG1833.jpg
寄りそう男女をかたどったスマートな木製こけし。
CIMG1834.jpg
左のとんがったのは、女性のロングヘアーですね。





CIMG1836.jpg
若々しさあふれるテリアの置物。
CIMG1835.jpg
背のそり具合が若いですね。1歳半くらいの遊び盛り、といった雰囲気です。写真で見るより大きいです。店頭でご確認を。






CIMG1837.jpg
鮮やかなレモンイエローの陶製灰皿。
CIMG1839.jpg
エキゾチックな文様。
CIMG1840.jpg
日本製。






CIMG1841.jpg
折りたたみ式の裁縫台。
CIMG1842.jpg
正座をして作業をするのにちょうどよい高さ。同じ大きさをふたつ縦に並べると通常の裁ち台サイズになります。
CIMG1843.jpg
脚、収納時。「Missパール」製オリジナルのデッドストックです。
関連記事
古道具のささや
Posted by古道具のささや