「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
香蘭社もろもろ…
今日は香蘭社製品のご案内を…



まず「香蘭社(こうらんしゃ)」について。昨日の「深川製磁」とも関連が深いのですが、この深川家は江戸初期の慶安年間に窯元としてある由緒あるお家柄です。その8代目となる深川栄左ヱ門によって明治12年に設立されたのが香蘭社です。そしてその栄左ヱ門の次男である深川忠次によって設立されたのが「深川製磁」です。ちなみに宮内庁御用達には明治29年に指定されています。作風は、香蘭社のほうが伝統的な色絵磁器が多いのに対し、深川製磁はそれを生かした現代的な感覚の作品となっています。

RIMG0120_20110428112359.jpg
初期のころの裏印は、社名の蘭を模した花のマークのみのものが多く見られます。
RIMG0121 (2)
くずした書体で読みづらいかもしれませんが、香蘭社。
RIMG0147_20110428112358.jpg
現在では横書きで分かりやすくなったものが主流です。
RIMG0139_20110428112358.jpg
作品に応じて文字の色も異なります。







RIMG0118_20110428112712.jpg
これはちょっと異色の作品ですが、カップ&ソーサー。
RIMG0119_20110428112712.jpg
確かな技術と鍋島を思わせる大胆な色柄。カップ自体も大変薄く上質なものです。






RIMG0123_20110428112712.jpg
これも迫力ある蒸し茶碗。
RIMG0124_20110428112712.jpg
鮮やかな赤い龍と青い花唐草で威風堂々です。1客1000円→600円に値下げ。
これら2点は明治~大正の古手の作品です。





RIMG0117_20110428112713.jpg
おなじみの蘭の柄のお茶碗。50円~。

RIMG0120 (2)
四角の大皿。

RIMG0133_20110428113412.jpg
深川製磁と同じく金銀彩の瑠璃釉シリーズも有名です。銀絵付けのものも多くありますが、これらは漂白剤を使わないほうが良いです。銀製品と同じく経年で酸化して黒ずんできますので、たまに歯磨き粉などで磨いてあげるとぴかぴかになります。

RIMG0137_20110428113412.jpg
蓋付お湯呑50円~。

RIMG0138_20110428113412.jpg
松竹梅お湯呑。

RIMG0149_20110428113412.jpg
日本酒は薄手の磁器に限るという酒飲みも多いことでしょう。口当たりの良さは香蘭社ならではです。

RIMG0150_20110428113412.jpg
猪口100円。

RIMG0152_20110428113916.jpg
唐子猪口。

RIMG0151_20110428113915.jpg
菊を現代的に意匠化したシリーズ。

RIMG0163.jpg
柿右衛門様式の上品な角深鉢。

RIMG0173.jpg
縁起もののブドウ柄角皿。

RIMG0198.jpg
お揃いの徳利と猪口。






などなど5月1日(日)まで第3回「和食器まつり」好評開催中でございます。ちなみに明日、追加商品が入荷します。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ