「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
陶枕、ほか入荷
今年の桜はとくに印象深いものとなりました。例年どおりにお花見をした人、今年はそんな気分になれなくて素通りした人、被災した地域のお酒を買ってきて宴会をした人…他人がどうと言うよりも、それぞれが思い思いに行動することが大事なのだと思います。


以下、昨日までの入荷分ご案内。


CIMG1606.jpg
蓋付ガラス瓶。

30㎝くらいありますね。大きめです。梅干しを隙間なく詰めてもいいでしょうし、猫の抜け毛を溜めておいてフェルトグッズにするのにも重宝です。






CIMG1612.jpg
上等の姿見(すがたみ)。姿見とは、身なりを整えるために全身を写す大型の鏡、のことを言います。
CIMG1613.jpg
細かな細工で囲まれています。
CIMG1614.jpg
和服を着るときに重宝しますが、もちろん洋装の時にも後ろ姿含め全身のバランスをチェックするのに必需品です。和風の造りのものが多い中、上質で小洒落た洋風の姿見は珍しいです。






CIMG1627.jpg
長い鶴に亀が乗った置物。筆置きでしょうか?長生きしそうです。






CIMG1649.jpg
ビッグサイズのポット。
CIMG1650.jpg
米国のスターバックスで長靴のように大きなサイズの飲料を老若男女が飲んでいる映像を見ることがありますが、なぜあのようにたくさんの容量を一時に飲むことができるのか不思議です。米国仕様のノリタケ製。





CIMG1652.jpg
キーボードではありません。陶枕(とうちん)。
CIMG1648.jpg
サイコロのような陶片をつなぎ合わせてあります。枕自体が陶磁器でできたものも良く見かけますが、これはお手持ちの枕に巻きつけられるようになったひも付きタイプです。電気を使わずに涼がとれる陶枕、今年の夏は関東方面のみなさまにもおすすめです。






CIMG1642.jpg
コルク栓各種。
CIMG1643.jpg
大から小までサイズ各種取り揃え。必要無い人には何の役にも立ちませんが、栓が紛失してしまったものをお持ちの方はのどから手が出るほど欲しいはず…きっと、いや、多分…お手持ちの「栓をしたいもの」を持ってご来店くださいませ。ぴったりサイズの栓をお探しします。






CIMG1653.jpg
マルティグラスの鉢。
CIMG1654.jpg
サイケデリックのひとこと。






CIMG1657.jpg
アンカーコップのような蓋物。
CIMG1658.jpg
ガラスの厚みがあって相当に重いです。黒い蓋に金属のツマミ付。






CIMG1661.jpg
タッパーウェア、追加で入荷。
CIMG1662.jpg
現在では一般的にプラスチック容器を「タッパー」と総称しますが、やっぱり元祖は根強い人気、ブランド力があります。
CIMG1663.jpg
茶は深さのあるものと浅いもの、2種。絶妙なカラーリングがお洒落。お弁当箱として手作りお弁当派のOLさんに人気です。







CIMG1664.jpg
おなじみのグッドデザイン醤油差し。
CIMG1665.jpg
白山陶器製。








CIMG1666.jpg
肌色の鉛筆削り。

肌色、という呼称に関していつのころからか差別的であるという指摘がありますね。しかしなじみ深いこの呼称が薄橙(うすだいだい)やペールオレンジにかわってしまうのは寂しいものがあります。それならいっそ、和名の「宍色(ししいろ)」のほうがしっくりくると感じます。




CIMG1668.jpg
リヒトのパンチ。
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ