「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
懐中時計2種、追加で入荷
先日入荷しました懐中時計、意外とご要望が多くありまして男性向きタイプを2種追加で入荷しました。2点ともオーバーホール済み。安心してそのままお使いいただけます。




RIMG0122_20110215144121.jpg
ウォルサムの1930年ごろの懐中時計。

RIMG0123_20110215144121.jpg
WALTHAM(ウォルサム)は、時計好きな人なら知らない人はいない有名メーカーです。時計に全く興味のない私でも名前だけは聞いたことがあるんですもの。

RIMG0124_20110215144121.jpg
瞬時に見やすいアラビア数字の文字盤で秒針付。そして素人目にも針がとても美しい。青く輝いております。

RIMG0128_20110215144120.jpg
機械部分。

RIMG0130_20110215144120.jpg
蓋を開けないと見えない部分にこれだけの装飾があるってすごいことだと思います。インディアンアートを思わせる素敵な彫刻です。

RIMG0131_20110215144115.jpg
やはり、見えないところに凝るというのがお洒落の真髄なのでしょうね。








RIMG0116_20110215150407.jpg
ゴールドベースながら上品な輝きの、シチズンの懐中時計。

RIMG0117_20110215150408.jpg
控えめな印象がやはり日本製の持つ良さでしょうか。

RIMG0115_20110215150407.jpg
昭和40年ごろのものです。

RIMG0125_20110215150407.jpg
機械部分。

RIMG0127_20110215150826.jpg

2点ともに機械式で手巻きタイプです。常に携帯するものですし、置き時計や掛け時計の手巻きタイプよりも巻く手間は煩わしくないです。ちょっとした移動時間などに巻けば良いので…しかもこのチリチリというささやかな抵抗が指先に心地よく、こけしが子供のころは父の手巻き時計を巻かせて!巻かせて!とよく駄々をこねた覚えがあります。


そして懐中時計はそのまま持ち歩くとi-phoneのようにつるりと落としてしまいますので男性の場合はほとんどの方がチェーンをつけると思います。チェーンも2種ご用意。
RIMG0120_20110215150825.jpg
ズボンのポケットに時計を入れる方はこちらのタイプを。一端の輪をベルトループにつけます。

RIMG0119_20110215150826.jpg
スーツの内胸ポケットに入れる方はこちらを。棒状のほうをボタンの穴に引っ掛けてつけます。


新品のものなら様々にカスタマイズできますし、手芸用品店に行けば目移りするほどのアクセサリーパーツで自作するのも楽しいでしょう。また骨董市などでアンティークのチェーンを探すのも一つの楽しみとなります。なにも手のかからないクォーツは便利だけれどもイマイチ物足りなさを感じるという方、忙しい毎日をすこし立ち止まって自分を見つめ直す時間をくれる手巻き懐中時計をおすすめいたします。



ちなみに、こけしの私物の懐中時計は…
RIMG0112 (2)
すでに取り壊された渡辺通りの「電気ビル30周年記念」のもの。見やすさ、時間の正確さを第一としますのでクォーツ愛用です。和服姿の時は帯にはさむのが一番便利なので根付紐をつけています。

RIMG0115 (2)
根付紐と根付は別売りのものが多いので、何でもつけられます。その日のお召し物に合わせていろいろ付け替えられますし、洋服しか着ないという女性でも、カルティエの3連リングをつけるとか(これは実際に見た!)片方なくしたピアスを根付代わりにするとか…さまざまに楽しめます。


そして世の中は腕時計派のほうが圧倒的ですので、ちょっと時間を確認という時には「え、あなた懐中時計なんだ!」という驚きとともに話題も広がることうけあいです。みなさまも初めての懐中時計、いかがでしょうか?
関連記事
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ