古道具のささや

Archive2017年11月 1/1

石油ストーブの修理と整備、バーラー編。

あっという間に11月も終わりです。今日のストーブは、英国製のバーラー207です。10年ほど前に某アンティークショップでご購入後、点火すると匂いがかなりきつい為そのまま10年放置。灯油は入ったまま…という状態のストーブです。 クリーム色の外観が珍しいですね。10年放置というだけあってなかなかに…   かなりのホコリとススとサビ。しかしもっと怖いのはタンクの中。タンク洗浄時に出てきた灯油は黄色を通り越して緑色。さ...

  •  -
  •  -

アラジンストーブの修理と整備、39型編。

師走も近づいて寒くなってきました。マンション住まいの方もそろそろ石油ストーブの準備を…  本日整備でお預かりのストーブは、アラジンの39型アイボリーです。ご自分で芯交換をされたあと、うまく燃焼しないのでお持ち込みと相成りました。外観はけっこうなホコリ汚れ、マイカに傷み、燃料メーターの不具合、つまみの空回りなど問題山積です。タンク右側のホコリべったりは、説明書きのシールをはがした後にホコリがくっついた...

  •  -
  •  -

第6回「漆器まつり」開催のお知らせ

No image

不定期開催となりました「漆器まつり」2年振りの開催です。毎日使えるシンプルな器から、お正月など晴れの日の什器まで、古道具ならではのお求めやすい価格にてご提供いたします。次回の開催は未定ですのでこの機会をお見逃しなく…   第6回『漆器まつり』期間 平成29年12月2日(土)から10日(日)まで場所 古道具のささや   福岡市中央区平尾1−12−2   (期間中も月曜定休)電話 092−531−4373 ...

  •  -
  •  -

アラジンストーブの修理と整備、15型デラックス編。

本日のストーブは、アラジンの15型デラックス。覗き窓が両側にあるタイプです。これは2011年の消費生活用品安全法が施行される前に弊店でお買い上げ頂いたストーブです。 3年ほど使っていなかったそうですが…結構状態は悪いですね。マイカは何かにぶつけたりすると屈折して中がよく見えなくなりますから気をつけてください。タンクも凹んでますしね。    中もこの通り。ススとタール状の汚れがべったり。ペットを飼っててお...

  •  -
  •  -

石油ストーブの修理と整備、ニッセン編。

立冬を過ぎたものの、まだまだ日中は暖かい日が続いております。15日の水曜日からぐっと寒くなるそうですが…本日は、ニッセンの石油ストーブKS-5の整備についてのご紹介です。ヤフーオークションでお求めになったそうで、外側は綺麗にしてあります。逆に綺麗に見える物ですから、下手したらこのまま使ってしまう人もいるかもしれません。 ほやの内側が真っ黒ですからススがかなりでてます。不完全燃焼してます。 これも一見綺麗...

  •  -
  •  -

「きものまつり」開催中

ポッキーの日であり、もやしの日であり、チンアナゴの日でもある、11月11日より「きものまつり」好評開催中でございます。  普段着用の紬や小紋から作家物の訪問着まで幅広く取り揃えております。見事な辻が花のお振袖、友禅の黒留袖や時節柄、七五三用の四つ身(男児用、女児用)のお着物などもございます。寸法の良し悪しや帯合わせなどわからないことがありましたらご遠慮なくお尋ねくださいませ。またゆったりとした試着スペ...

  •  -
  •  -

アラジンストーブの修理と整備、39型編。

朝晩が冷えるようになり、全国から続々と石油ストーブの修理のご依頼をいただいております。今現在、一番たくさん出回っているであろうアラジンストーブの39型の整備です。 古いものではないので外観の状態は良いのですが、タンクに灯油が入ったまま3年ほど放置してあったそうで、芯が固着してしまい、レバーが回らない状態です。たとえ新品のストーブを購入してもタンク内に灯油を入れたまま1年以上置いておくと、芯を交換しなけ...

  •  -
  •  -

日本楽器の折畳みテーブル、ほか入荷。

今年もあとふた月を残すところとなりました。今月からは「きものまつり」、12月には2年ぶりの「漆器まつり」。やることがありすぎて、猫の手を借りるつもりですが、今年は猫が3匹に増えたので猫の手も3倍に…以下、本日までの入荷分です。 プレスガラス鉢、2種。 宙吹きのガラス平鉢、2種。マルティグラスはぽってりとした厚みとカラフルな色合いで、ガラスだけれど温かみがあるので冬でも目に美しいです。 日本楽器(現、ヤマハ...

  •  -
  •  -