「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
トヨトミRAINBOW!
もうそろそろ石油ストーブのシーズンも終わり…寒いのは苦手なので、今月末の寒波が最後であってほしいです。


先日、はじめて実物にお目にかかったストーブがあります。

DSCN3292.jpg
トヨトミのRAINBOW RB-2。対流式ですがアラジンなどと比べると、とてもコンパクトなストーブです。1980年製で、デッドストックではありませんがとても良い状態で保管されていました。点火コイル付きで楽に点火できますし、耐震消火装置も付いているので安全面でも安心です。木造家屋でしたら4畳半から6畳のお部屋向けでしょう。軽くて持ち運びも楽なので、屋外の倉庫などでも使いやすいと思います。

DSCN3288.jpg
点火するとこんな感じ。写真ではよくわからないので電気を消しますと…

DSCN3285.jpg
見事なレインボー。芯ではなく周りのガラス筒に秘密があるようです。

DSCN3293.jpg
U.S.Aマークと説明表記が全て英語なので米国へ輸出されていたものと思われます。



そんなに珍しいストーブではありませんが、弊店で取り扱うのははじめてです。見目麗しく良いストーブだと思います。トヨトミは現在でもモデルチェンジしながら安価で使いやすいストーブを生産しているので良い会社ですね。このレインボーも汎用芯が合いますのでまだまだ使えます。実物のレインボーを見た人はみな歓声をあげます。気になる方はどうぞ店頭にてご覧くださいませ…
page top
柏木工のウインザー椅子、ほか入荷。
春の雨らしい、といいますか。雨なのにモヤモヤと暖かい日です。以下、先週までの入荷分です。





DSCN3269.jpg DSCN3271_2017022011241081f.jpg
一見子供の絵のような陽気なデザインですが、ジョージ・ソーデンは80年代アートを代表するデザイナーであります。イタリアの伝説的なデザイン集団「Memphis」の一員でありその発想は「◯◯とはこうあるべき」といった固定観念を打ち破る自由さに溢れていました。ちょうど音楽界におけるDavid Bowieの姿と重なります。なみなみと注いだ牛乳を飲みたくなるコップです。デッドストック。





DSCN3272.jpg
SEIKOSHAの目ざまし時計。昭和30年ごろのもので1日巻きです。毎日巻いてね。動作確認済み。






DSCN3274.jpg DSCN3275.jpg
門灯、ブラケット。昭和初期のものでプレスガラスのシェードです。






DSCN3277.jpg DSCN3278.jpg
DSCN3279.jpg
東芝の日の出型置時計。お日様がのぼる、というのは無条件にめでたくありがたいものです。昭和35年ごろの東京芝浦電機製。このころは良かったよ…東芝さんよ…





DSCN3294.jpg DSCN3297.jpg
ブリキの水槽。元々は網の蓋がつくのですが、付属しません。趣があってよろし。横幅23.5センチ高さ19.5センチ奥行き15.5センチ。





DSCN3302.jpg DSCN3300.jpg
三菱製の手動鉛筆削り。最近は子供もシャーペンなんですかね。削りたての鉛筆の書き味はたまらんですけどね…






DSCN3303.jpg DSCN3304.jpg DSCN3305.jpg
電電公社の電話型貯金箱。10センチくらいの小さな電話です。頬ずりしたいほど愛らしいです。ところで、公衆電話のマークをみて、最近の若い人は一体何を模したデザインなのかわからない人がいるそうで。受話器の形が今と昔で変わってきてるんですね。全体に薄くなってる。昔の受話器は重たかったですものね…





DSCN3309.jpg DSCN3308.jpg
8センチくらいの小さな陶製ビクターワンコ。





DSCN3306.jpg DSCN3307.jpg
サイドにヒヤシンスみたいな花柄がついてる、SEIKOの目ざまし時計。サイバーメタリックな文字盤と家庭的な炊飯ジャーについてるような花柄とのマッチングが斬新。




DSCN3310.jpg
西日本新聞の創刊100周年を記念したカフスボタンとタイピンのセット。ちなみに創刊は1877年なので1977年の記念品と思われます。創刊200年を迎えるころには新聞という媒体は残っているのでしょうか…






DSCN3313.jpg DSCN3314.jpg
日陶産業株式会社製のチャイナマホー瓶。久々の入荷です。表が清水焼の陶製で中身は魔法瓶という画期的な製品です。2013年にこのシリーズのパパポットという酒徳利型の製品が入荷してました…それぞれに作品名が注いていて、今回のは「秋海棠」です。これを作ってる京都の陶泉窯は明治初年の創業。デッドストックです。





DSCN3315.jpg DSCN3316.jpg
西日本新聞の新社屋落成記念のガスライター。新社屋と思しきものが埋め込まれていますが、もうすこしどうにかならなかったのか、残念なデザインです。






DSCN3317.jpg
ブルーの大きなプレスガラス角鉢。






DSCN3319.jpg DSCN3320.jpg DSCN3321.jpg DSCN3323.jpg
飛騨の家具、柏木工株式会社のウインザー椅子。

岐阜県高山市で昭和18年創業の柏木工。昭和27年にウインザーチェア(商品名はウインザー椅子)の製作を開始、昭和33年にはアメリカへの輸出も開始。現在はリニューアルあるされた別デザインのウインザーチェアが販売されているようですが、古典的なこの形は美しいものです。横幅42センチ高さ89センチ奥行き45センチ。同じものが4脚あります。




DSCN3324.jpg DSCN3326.jpg
内藤ルネデザインのたぬき人形。耳が二股フォークになっています。

DSCN3325.jpg DSCN3327.jpg
耳がないとドラえもんのようです。あまりの可愛さに叩き割りたいほどです。
page top
DATE: 2017/02/17(金)   CATEGORY: お知らせ
お休みのお知らせ



今週の日曜日、2月19日は知人の結婚式に出席するため、お休みを頂戴いたします



page top
OMEGA、ほか入荷。
今週末はまた寒波がやってくるそうです。まだまだ石油ストーブが活躍しますね…以下、ヴィンテージウォッチ3本入荷です。




DSCN3230.jpg
OMEGA Seamaster Men's Watch
オメガのシーマスター、1970年ごろのものです。カレンダー付きの自動巻き、スイス製。ベルトは新しいものに交換しています。オーバーホール済みです。





DSCN3232.jpg
OMEGA TURLER Men's Watch
オメガとチューラーのダブルネーム。セコンド付きスイス製。1960年代のものです。オーバーホール済み。






DSCN3227.jpg
RADO Purple Horse Lady's Watch
ラドーのパープルホース、スイス製。メンズライクなデザインの女性用です。カレンダー付き。向かい合ったタツノオトシゴが可愛らしいです。オーバーホール済み。
page top
八幡製鉄所の出鋼一億屯記念品、ほか入荷。
立春の日の朝以降、猫が妙にピョンピョンと元気いっぱいなので、春が来たのね…と思います。暦に忠実。以下、本日までの入荷分です。






DSCN3141_20170205162129da9.jpg DSCN3142.jpg DSCN3143_20170205162131696.jpg
フランス製Bec Hugoのブラスランプ。大きさは約45センチです。19世紀後期のものです。







DSCN3145_20170205162133527.jpg DSCN3146.jpg DSCN3147.jpg
米国製DIETZ( デイツ)ランタン。水色のハリケーンランプです。約40センチ。






DSCN3185_201702051630280b9.jpg DSCN3187_201702051630292a2.jpg DSCN3188_20170205163031481.jpg
金魚が金魚鉢から飛び出る写真で一躍有名になったgandee vasanの猫写真集。





DSCN3192_201702051639451a0.jpg DSCN3197_20170205163950b84.jpg
DSCN3195_20170205163948a90.jpg DSCN3193.jpg
米国のArt Specialty Company製デスクライト。蛍光灯部分が意外と大きく46センチほどありますのでね、それに合わせて台座の重いこと…女性一人で持ち運ぼうものならギックリ腰必至です。アーム部分は最大で1メートルくらいまで伸びます。塗装の色はグレージュ。日本製にはない色味です。







DSCN3199_201702051651063da.jpg DSCN3200_201702051651087fb.jpg
フリルの乳白色ガラス電笠。







DSCN3201_20170205165109e0f.jpg DSCN3202_20170205165111c36.jpg
カンディンスキーみたいな抽象画風のフランス製Clock。フランス製のクォーツがついてましたが、あんまりなものだったので、日本製に乗せ替えています。






DSCN3220.jpg DSCN3221.jpg
1965年に八幡製鐵所の出鋼一億屯を記念した置物。現在の粗鋼生産量が年間366万トンで最盛期の約10分の1に…当時の賑わいが偲ばれます。






DSCN3260_201702051701397f3.jpg DSCN3262_20170205170140f01.jpg DSCN3241.jpg
観音開きとは逆の開き方をする珍しい木製ガラスケース。真ん中に蝶番がありますからね、不思議な格好で開きます。天井はガラス。横幅60センチ高さ57センチ奥行き26センチ。材質は科とラワンだと思われます。






DSCN3250.jpg DSCN3251.jpg DSCN3252.jpg
東芝(TOKYO SHIBAURA ELECTRIC CO.)製の卓上扇風機。プラスチック4枚羽、首振り機能付き。大きさは約50センチ。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ