「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
KING SEIKO、ほか入荷。
11下旬にしてはすこし暖かすぎますね。お花の持ちが悪いです…以下、本日までの入荷分です。




DSCN2752.jpg DSCN2753.jpg DSCN2754.jpg
KING SEIKO 45-7000T AD
根強い人気のキングセイコー。無駄のない端正な時計です。1971年製。カレンダー付きのものもあります。オーバーホール済み。





DSCN2757_201611201431515e7.jpg DSCN2758_20161120143153916.jpg
SEIKO Sportsmatic Deluxe
カレンダー付きの25石。ダイアショック搭載です。オーバーホール済み。






DSCN2768.jpg
15センチくらいの太陽の塔。小さな割にずっしり重いです。太陽の塔といえば改修前最後の内覧会でも話題になっていましたね…





DSCN2770.jpg DSCN2771.jpg
ボウリングのピン型果物フォーク。お友達が集まったときなどにチーズやオリーブなどのおつまみと一緒に出すとかわいらしいです。





DSCN2774_20161120145612b1e.jpg
リスの親子。シルバニアファミリーに似てますけどね、違います。雲仙のリス村(平成16年に閉園)のリスです。フロッキー人形ですが、表情も質感もシルバニアファミリーを上回る一品だと思います。





DSCN2777_2016112014561455c.jpg DSCN2779.jpg
DSCN2780.jpg DSCN2782_20161120145618194.jpg
栗材と杉材を使った本棚。昭和初期の堅牢な作りです。横幅97センチ高さ145センチ奥行き29センチ。引き出しも5つ付いてたっぷり収納です。







DSCN2785_20161120150134392.jpg DSCN2786_201611201501368fe.jpg DSCN2784_20161120150133900.jpg
おひとりさまサイズのちゃぶ台。しかも折りたたみ式。横幅47センチ高さ17センチ奥行き36センチ。






DSCN2802.jpg DSCN2804.jpg
マツオカのエレクトリックヘアクリッパー。





DSCN2797.jpg DSCN2799.jpg DSCN2801.jpg
ガラスの器、もろもろ。





DSCN2809.jpg DSCN2810.jpg
DSCN2811.jpg
フランス製の小さなタルト型。





DSCN2812.jpg
子供向けじゃなくて本気の人用の昆虫採集の道具だと思います…






DSCN2815.jpg DSCN2814.jpg
5段の木製小引き出し。







DSCN2807.jpg DSCN2808.jpg
オーバルのグラタン皿。






DSCN2794.jpg DSCN2820.jpg
クリスタルガラスのタンブラー2種。大きい方がノリタケのクリスタルタンブラー。小さな方はホヤのクリスタルビアグラス。どちらも飲み口が薄く繊細です。






DSCN2825 (1) 
DSCN2826 (1) DSCN2824 (1)
リッカーミシン。本体のみです。市販のモーターをつければミシンとしてお使い頂けると思います。
page top
石油ストーブ修理の実例、その2。
ここ数日暖かな日がつづきましたので、石油ストーブのことなどすっかりお忘れのかたも多いかもしれませんが…ぜひ小春日和のうちにお手入れをしておきましょう。


先日、整備を承りましたアラジンストーブについて記載しておきたいと思います。実物は初めてお目にかかります、アラジンストーブのブラックです。2004年製だったのでこれでもすでに12年前の物になるんですね。このストーブは、通常のアラジンストーブ(アイボリーとグリーン)とは筒の形状が異なります。丸いマイカでなくてガラス筒になっています。360度どこからでも青い炎が見えるタイプです。

P_20161105_151440.jpg P_20161105_161219.jpg
点火すると部分的に炎がオレンジになる状態です。芯が消耗しているので新しい芯に交換が必要です。芯の交換だけならアラジンのHPにも詳しく載ってますし、通販で購入できる替え芯16LPにも交換方法の説明書が入っています。手先が器用な方ならご自分でなさっても良いと思います。ただしその際は必ず芯交換とともに芯回りのお掃除もしてくださいね。

P_2016110162744.jpg P_20161106_070614.jpg P_20161106_070643.jpg
一見綺麗に見えるこのストーブでも中にはこんなに埃が(写真左)アラジンストーブは対流式のストーブなので空気を下から吸い込んで上に吹き出すように対流させます。その時にどうしても埃を吸い込んでしまいますので埃のお掃除は必須です。オレンジの火が出ている時点で、このように煤も出ています。(写真右)

P_20161106_070624.jpg
ここで問題になるのが、以前のアラジンストーブにはついていなかった排ガス浄化触媒。通常、天板を取ると筒の中が空洞になっているのですが、このストーブに関しては触媒部分が邪魔になり中が見えません。お掃除する場合もこれを外さねばなりません。日常のお手入れには効率的ではありませんね。

P_20161106_071024.jpg P_20161106_071104.jpg
触媒を外してやっと筒の中が見えます。底の淵に埃がたっぷり溜まっています。ガラス筒を外した状態が右側。埃と動物の毛ですね。どんなに綺麗にお掃除をしているご家庭でもワンコやニャンコがいると抜け毛が溜まりやすくなります。ペットを飼っているアラジンストーブユーザーのかたは特に定期的なお掃除を心がけるようにしてください。

P_20161106_071247.jpg
今回も全部部品を外して洗剤で綺麗に洗います。

P_20161106_081526.jpg
タンク内も綺麗な灯油で洗います。今回のストーブは綺麗に使ってありましたが、それでもタンク内にはこれだけゴミが混入しています。たったこれくらい、と思うかもしれませんが、青い炎の中にパチパチっとオレンジの火花が散るように燃えるのはこのようなゴミが原因で芯が傷みます。

P_20161106_111053.jpg P_20161106_110945.jpg
再び組み立て、新しい芯をつけて、右側が正常燃焼。


今回の整備費用は合計で11200円です。


全体的な感想として、このタイプはお掃除がしづらいです。あちこち部品を外さないと埃が取りづらいので一般家庭での日常のお手入れとしては少し難しいのではないかと思いました。手に負えなければ定期的に専門業者にお願いしたほうがいいと思います…
page top
手塚時計社の鳩時計、ほか入荷。
博多駅の大穴、驚きました。あんな大穴があいたにもかかわらず、日常は何事もなく進んでいくのにもまた驚きました。JRも西鉄もちゃんと動いてるしね…以下、本日までの入荷分です。




DSCN2597.jpg DSCN2596.jpg
乳白色のガラスシェード。裾すぼまりなので穏やかな明かりです。





DSCN2677.jpg DSCN2682.jpg DSCN2603_20161105154238c0e.jpg
陶製の動物人形もろもろ。くまさんはオキュパイドベアー、ねこさん、犬さん、ピンクのぞうさんはメイドインジャパンの輸出向け。カバさんはフッチェンロイター社製のLittle Friendsシリーズ、Wolfang Stefan作。みな3〜10センチほどの小さな置物です。

DSCN2606_20161108142047d1a.jpg DSCN2607_201611081420480f9.jpg DSCN2608_20161108142718297.jpg
このニャンコだけは25センチほどの大振り。イタリア製。




DSCN2620_20161108142720fdf.jpg DSCN2621_20161108142721cef.jpg
木製の丸椅子。






DSCN2624_20161108142723f64.jpg DSCN2625_20161108142724f06.jpg
大倉陶園の薔薇の花器。






DSCN2687.jpg DSCN2688.jpg
2センチほどの木製の動物オーケストラ。




DSCN2741.jpg DSCN2744.jpg
非常用メガホン(トランジスターメガホン)。一家に一台、あると安心です。よく学校などで使われているものよりふた回りほど小ぶりで女性でも楽に使えます。輸出向け製品なのか、本体の表記がすべて英語なので見た目にもおしゃれです。





DSCN2637.jpg
東雲色のガラス小鉢、大小。





DSCN2602_201611081626173ad.jpg
本べっ甲のカフスボタン。






DSCN2657_2016110814382216a.jpg DSCN2659.jpg DSCN2660.jpg
精工舎の昭和28年ごろの壁掛け時計。文字盤の数字がブルー。ガラスには縁にカットが施してあり、一見して派手さはないものの、わかる人にはわかる粋なデザインの時計です。8日巻き。オーバーホール済みです。





DSCN2679.jpg DSCN2680.jpg
久々に見た、セイコーソノーラ。トランジスタ時計です。古い時計飾ってみたいけど8日に一度巻き直すなんて無理、という面倒くさがりな人にはトランジスタの方をおすすめします。乾電池で動いてくれますが、夏場は時間が進みがちになり、冬場は遅れがちになります。週に2、3分の微調整はしてあげてください。





DSCN2662.jpg DSCN2663.jpg
DSCN2664.jpg DSCN2666.jpg
昭和30年代の鳩時計。poppoの鳩時計で有名な手塚時計社の製品です。オーバーホール済み。キレの良い動きで鳩さんが出てきます。






DSCN2667.jpg DSCN2668.jpg
Citizen Deluxe 21JEWELS
1960年代の製品です。パラショック搭載。オーバーホール済み。




DSCN2669.jpg DSCN2671.jpg DSCN2672.jpg
Seiko Special 21JEWELS
1970年ごろの製品です。小さな文字盤の時計ですが、ジュエリーウォッチと違いしっかり時間も見やすいような作りになっています。厚みのあるレンズ状の風防ガラスが個性的です。オーバーホール済み。






DSCN2673.jpg DSCN2675.jpg
UNITY 17JEWELS
いかにも古い時計、な印象。1950年代の製品です。オーバーホール済み。




DSCN2609_201611081601014c5.jpgDSCN2610_201611081601021af.jpg
DSCN2611_20161108160104edc.jpgDSCN2612_20161108160105039.jpgDSCN2614_201611081601078fc.jpg
1970年代のBCLラジオのパンフレット各種。我が家にはテレビがないので世の中の流行みたいなものに疎いんですが、典型的なテレビ好き団塊世代のうちの母が「最近、ラジカセ流行ってるんだって?」と聞いてきたのできっとテレビで言ってたんだろうと思いました。つい先日も店頭で、この年代のラジオは置いてませんか?と聞かれましたし、当時BCLにはまった中高生だった男子が再び回帰しているのでしょうか…



page top
石油ストーブ修理の実例、その1。
石油ストーブの修理や整備は規格がないので、やり方もひとそれぞれ、どの辺りまで綺麗にするかも業者によって判断は分かれると思います。よって先日修理で承りましたアラジンストーブの38型を例に取り、弊店でのストーブ整備についてご説明したいと思います。

P_20161031_115011.jpg P_20161031_115014.jpg P_20161031_115024.jpg
お預かりした時の状態が、これ。ハンドルが壊れて芯が上がらないので点火も不可能。内部には煤も付着。持ち主の方はまず、大手家電量販店へ連絡したところ、メーカー修理になるといわれて預けたそうなのですが、結果メーカーが修理不可能でそのまま戻ってきたということでした。

P_20161031_115103.jpg
ハンドルが空回りするのは内部のプラスチック部品が割れているからなのですが、これと同じ38型の部品は現在製造されていません。現行品の39型の部品で代替すれば済む話なのですが、メーカーは改造に当たるとして拒否したのかもしれませんね。ちなみに、このプラスチックの経年劣化による破損は38型のみに顕著に見られるもので、37型などそれ以前のものは同じプラスチックでもこのようなハンドル欠損の事例はほとんど見られません。これは38型から必須になった耐震消火装置の負荷による影響だと思われます。また39型の部品には内部に金属が入っているので耐久性が上がっています。

P_20161031_115030.jpg P_20161031_115045.jpg P_20161031_120330.jpg
芯回りも黒く汚れています。マイカも傷んで中が見えづらい状態。肝心の芯は、古くなって黄色くなった灯油をむっちり吸い込んでいます。

P_20161031_121134.jpg P_20161031_123953.jpg
分解して外せる部品は全部外して業務用の洗剤で綺麗に洗います。埃の詰まりやすい通気孔も綺麗にブラシで洗います。

P_20161031_125234.jpg P_20161031_125424.jpg
タンク内は水を入れてしまうと完全に乾かすことが不可能なため、灯油で洗います。綺麗な灯油を入れて専用の蛇腹のブラシでゴシゴシ洗います。で、中から出てきた汚れが右の写真。この黒いカスのようなものが詰まって綺麗な燃焼を妨げます。補足ですが、マンションのベランダに給油ポンプをさしたまま保管している灯油タンクには雨水が混入している可能性があります。灯油は屋内保管、シーズンオフになったら残りは廃棄するか全部使い切りましょう。

P_20161031_125917.jpg
よくよく見ていただくとわかりますが、澄んだ灯油の底に黒っぽく溜まっているものが水です。長年使っていないストーブが正常燃焼しないという場合は大抵、タンク内の水が原因です。溜まっているゴミが出なくなるまで繰り返しタンク内を洗います。(ご自分でやってみようと思う方、汚れた灯油は流しに捨てたりせずタンクに貯めてガソリンスタンドに引き取ってもらうようにしてください)

P_20161031_125904.jpg
アラジンのこの隙間を掃除するために作ってもらった工具で綺麗に拭き上げます。


P_20161031_115024.jpg→→→P_20161101_131841.jpg
左整備前、右整備後。煤が取れるとすっきりピカピカ。

P_20161031_115030.jpg→→→P_20161101_131848.jpg
おなじく左整備前、右整備後。芯は新しいものにつけ変えます。

P_20161101_131852.jpg P_20161031_120547.jpg
ハンドルは39型の部品を装着して、マイカは新しいものに入れ替えます。

P_20161101_132345.jpg P_20161101_131946.jpg
これで出来上がり。正常燃焼です。


今回のアラジン38型の修理および整備の場合、料金は8900円です。基本の整備料とハンドル部品、マイカ2枚、芯の料金を含めての合計になります。どうぞご参考くださいませ…


page top
英国家具,ほか入荷。
霜月です。月代わりに合わせたように、急に寒くなりました。郷土玩具が店頭からなくなると、ものすごく店内がさみしい感じがします。毎回です。あんまりさみしいので定番商品にしようかと思うほどです…以下、本日までの入荷分の一部です。






DSCN2599_20161101155726275.jpg DSCN2600.jpg DSCN2601_20161101155729be4.jpg
郷土玩具のない寂しさを追い払うように、店内もろもろ模様替えです。うちは日本の古道具の店なんですが、たまに異国の製品も入荷します。日本の住宅に置いても違和感がないようなデザインのものを厳選しています。今回は英国製の木製家具もろもろ…イギリス製(PIONEERSTORES)の猫脚コーヒーテーブル。1930年代ごろの製品です。材質はレッドマホガニー。直径67センチ高さ44センチ。







DSCN2690_20161101160508da1.jpg DSCN2691_20161101160510371.jpg DSCN2692_20161101160511214.jpg 
イギリス製の洋服箪笥。ワードローブって言うんですか?こういった箪笥は…
DSCN2693_201611011605132b5.jpg DSCN2694_20161101160514fcd.jpg DSCN2695_20161101160523812.jpg
小ぶりなのにやたらと仕切りが多くてどこに何を置くのか指定されてますね。でもほんの少量づつしか収納できないと思います。以前にフランス人は10着しか服を持たない、みたいな本が流行りましたけど、この箪笥を見る限りイギリス人も負けてないなぁと思いますね。日本人がモノを持ちすぎているだけなのかもしれませんけど…

DSCN2696_20161101160524d4b.jpg DSCN2697_201611011605255f5.jpg
材質はオーク。横幅92センチ高さ173センチ奥行き40センチ。







DSCN2710_20161101161729e0c.jpg DSCN2711.jpg
DSCN2714.jpg DSCN2715.jpg
イギリス製のブックケース。本棚ですが、こういったデザインのものは日本製にないので面白いですね。アールデコ風の木彫で全体が木なので温かみのある印象です。材質はオークでGrage Furnishing Stores製。1940年代ごろの製品です。サイズは横幅76センチ高さ97センチ奥行き30センチ。






DSCN2716.jpg DSCN2718.jpg 
DSCN2720.jpg DSCN2721.jpg
イギリス製のチェスト。これも1940年代ごろの製品です。素材はオーク。

DSCN2722.jpg DSCN2723.jpg
こういう間仕切りの家具はやはり日本製にはないですね。どう使っていいのか戸惑います。お気に入りの帯留めとか帯締めとか、ひとりで開けるたびにほくそ笑むような見て楽しむ収納にするといいんじゃないかと思います。横幅91センチ高さ137センチ奥行き62センチ。





DSCN2705.jpg DSCN2706.jpg 
DSCN2707_20161101161329dd7.jpg DSCN2709_20161101161331411.jpg
ここからは日本製。二枚扉の収納棚。ケヤキを使った昭和初期のモノです。モールガラスが入っています。横幅58センチ高さ152センチ奥行き33センチ。








DSCN2700_2016110116330059d.jpg DSCN2701_20161101163301bac.jpg DSCN2702.jpg
タモの木の柾目が美しい二段積みの本箱および収納棚。昭和30年代のものです。ダイヤガラスが美しいです。横幅92センチ高さ162センチ奥行き40センチ。







DSCN2619_20161101163815dee.jpg
シンプルな本棚。桑材なので重いです。横幅89センチ高さ116センチ奥行き24センチ。


ところで桑というのはすごい木で目が詰まっているというか家具の見た目と重量がそぐわないほど重いです。なので背面など見えない場所にはベニヤなどの軽い素材をあえて使います。日本製の家具は見えないところが安っぽいから嫌だ、という人もいますが、西洋諸国のように全部重厚な木で作ってしまうと高級感はありますが動かすのが困難になりますからね。日本製品は模様替えや畳替などの四季折々に家具を動かす習慣を考慮した作りになっています。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ