「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
日本船燈株式会社製甲種船尾灯 、ほか入荷。
子猫を膝に乗せてあやしながらのブログ更新は、遅々として進みません…以下、本日までの入荷分です。







DSCN5277.jpg DSCN5278.jpg
今年の流行色ですかね?ライムグリーン(若草色)の氷皿。戦前のものです。







DSCN5279.jpg
深緑よりも青みの強い鴨の羽色のプレス小皿。







DSCN5280.jpg
素朴な透明の硝子コンポート。






DSCN5281.jpg
戦前の菓子瓶。






DSCN5283.jpg DSCN5284.jpg DSCN5282.jpg
兎の木彫。背中がかゆい兎の一瞬の表情を捉えた素晴らしい作品ですね。幕末から明治の初めにかけての作品です。







DSCN5287.jpg DSCN5289.jpg
何に使うのか知りませんが、印刷屋さんの棚。英国製。








DSCN5290.jpg DSCN5291.jpg DSCN5293.jpg
精工舎の掛時計、7日巻き。戦後によくあるデザインですが、これは戦前のものです。なおかつ状態良好。オーバーホール済み。







DSCN5297.jpg DSCN5299.jpg DSCN5300_20150531151435267.jpg
ステッキで、かつ持ち手が望遠鏡になっている優れもの。散歩の途中でやたらと覗かないようにしてください。英国製。やっぱり英国製は目の付け所が違いますな…









DSCN5322.jpg DSCN5324.jpg DSCN5323.jpg
船舶用の壁付けライト。照明として壁の割りと高い位置につける事を想定してコードは長めに、お手元スイッチもつけています。







DSCN5328.jpg DSCN5327.jpg DSCN5330.jpg
日船式代3号停泊灯。船舶用ですから本来雨風に濡れても大丈夫なように作られていますが、本来の用途で使う人も少ないと思いますから、屋内使用を想定してコンセント差込で使用できるように部品交換済みです。昭和33年製造。








DSCN5332.jpg DSCN5333.jpg
日本船燈株式会社製の甲種船尾灯。これも昭和33年製造です。金属部分は銅製のようです。









page top
羊の毛を刈るための鋏、ほか入荷。
5月とは思えない暑さです。今日の博多座船乗り込みも、さぞ暑い事でしょうね…以下、本日までの入荷分の一部です。既に売れてしまったものもありますのでご了承くださいませ。





DSCN5187.jpg DSCN5188.jpg DSCN5189.jpg
木目スタンド灰皿。木と鉄で和風になるかと思いきや、モダーンデザインでお洒落な感じに。ついでにナチュラル素材で煙草を吸う罪悪感も帳消しに。







DSCN5191.jpg
前回の蓋付ゴミ箱も大人気だったサイトーウッドですが、ロングセラー商品なので現在でもネットショップで買えますよ。しかも4000円台とお手頃価格です。非常に良心的なメーカーさんだと思います。→SAITO WOOD








DSCN5199.jpg DSCN5201.jpg
木調のマガジンラック、その1。







DSCN5202.jpg DSCN5203.jpg DSCN5204.jpg
木調のマガジンラック、その2。








DSCN5258.jpg
糸切り鋏のような形状ですが、30センチ近くあります。羊の毛を刈るための鋏だそうです…鉄味が良いですね(自棄)!!英国製…








DSCN5259.jpg
ニワトリの置物。戦前のものです…








DSCN5260.jpg DSCN5261.jpg
銅で出来た牛の置物。微妙な銘入り…








DSCN5262.jpg DSCN5263.jpg
犬の置物。英国製。↑の牛の置物と違って、やはり英国製は洗練されていますね(自棄)。









DSCN5264.jpg DSCN5265.jpg
アールデコ女人像。しどけない薄衣で読書中の婦女子の置物です。








DSCN5266.jpg DSCN5267.jpg
ピューターカップ。英国製。








DSCN5268.jpg DSCN5269.jpg
英国製レタースケール、その1。







DSCN5271.jpg DSCN5272.jpg DSCN5274.jpg
英国製レタースケール、その2。








DSCN5275.jpg DSCN5276.jpg
枯鉄美な錨。なんていうてもイカリですから、80センチくらいありますかね…錆びくれてますからね、触らぬ方が良いですよ…





錆びくれた鉄のかたまりばかり見ていると、PCを使いすぎた時のように目が疲れます。ちょっとお散歩にでも行って緑を見てこようと思います…
page top
日本製マジョリカタイル、ほか入荷。
以下、本日までの入荷分です。





DSCN5151.jpg
マジョリカタイルとは、近代イギリスの装飾タイルを模倣したもので、大正から戦前(昭和10年代)にかけて日本で生産された多彩色レリーフ・タイルのことを指します。いわば和製マジョリカタイルですが、制作当初は国内の洋館や旅館、銭湯などで主に使われたようです。かなり高価なものだったので、お屋敷レベルでは個人住宅でもも壁にはめ込んだり、水回りに使われていたりします。今では古い銭湯などで見る事がありますね。大正末期から昭和初期には中国や台湾など東南アジアへの輸出が盛んになり、昭和6~7年の最盛期にはオーストラリアやアフリカにまで輸出されていたそうです。

DSCN5152.jpg DSCN5153.jpg DSCN5154.jpg DSCN5155.jpg DSCN5111.jpg DSCN5157.jpg DSCN5156.jpg
金型で花柄など凹凸のレリーフを施した152mm角、10mmの硬質なタイルで、筆で一色ずつ数種類の色釉を載せるなど製造に手間のかかった装飾タイルです。そしてこのタイル、何が貴重かと言えば、すでに古い建物に使われているタイルを剥がして持ってくるというのは不可能なんですね。なのでこうして一枚ずつのタイルの状態というのは未使用なわけですが、普通はタイルは貼るために買いますから、未使用のままのタイルが出てくるというのがかなり珍しいのです。鍋敷きのように使えますが、あまりの可愛らしさに下に敷いてしまうのが申し訳ないほどです…








DSCN5114.jpg
岐阜の三郷陶器、サンゴチャイナの小花柄シリーズセット。デッドストックです。

DSCN5118.jpg DSCN5119.jpg DSCN5116.jpg 
イチオシはお鍋料理用の小皿とれんげのセット。れんげとのセットっていうのがニクいですね…そして、徳利とおちょこのセット、お茶碗、豆皿、カップ&ソーサーがあります。








DSCN5120.jpg DSCN5163.jpg DSCN5164.jpg
明治の終わり頃のプレス硝子皿。ザラザラした質感に心ときめきます。






DSCN5129.jpg DSCN5130.jpg
こちらは大正頃の硝子皿。少し深さがあるので実用的にも使いやすい形です。







DSCN5125.jpg DSCN5126.jpg
DSCN5127.jpg DSCN5128.jpg
ジョッキとコップ。そろそろビアガーデンが恋しい時期になってきましたね…









DSCN5133.jpg DSCN5175.jpg
左から、裁ちバサミ、ピンキングバサミ、花鋏。






DSCN5134.jpg DSCN5135.jpg
ペニシリン箱。







DSCN5136.jpg
計算尺。








DSCN5137.jpg
昔の大工道具、モロモロ。








DSCN5142.jpg DSCN5143.jpg
笛。








DSCN5168.jpg DSCN5141.jpg DSCN5170.jpg
ミノルタのロッコール。カメラに関しては店主が無関心のため現状渡しです。使えますか?と聞かれても困ってしまいます。お気の済むまでいじくりまわしてもらって構いませんでご納得の上お求め下さい。














DSCN5147.jpg
木製の雲形定規。







DSCN5171.jpg DSCN5172.jpg
コンパスとからす口のセット。東京製。






DSCN5146.jpg
白磁の水注。
page top
DATE: 2015/05/18(月)   CATEGORY: お知らせ
お休みのお知らせ
店主が台湾に出張中のため、5月19日(火)はお休みを頂戴シマース。


┻┳| 臨時休業 |┳┻
┳┻|_∧     ∧_|┻┳
┻┳|・ω・)   (•ω•|┳┻
┳┻|⊂ノ     \つ|┻┳
┻┳|∪      し|┳┻
page top
OMEGA Lady's Watch,ほか入荷。
5月なのに、台風だそうです。今年は当たり年なのでしょうか…以下、本日までの入荷分です。





まず、腕時計各種、入荷してます。
DSCN4830.jpg DSCN4829.jpg
OMEGA Lady's watch
クラシックなオメガのスクエア金縁。スイスメイドは正統派の美しさ。オーバーホール済み。






DSCN4831.jpg DSCN4832.jpg DSCN4834.jpg
SEIKO 20Jewels Lady's Watch
白っぽいシルバーのバングルタイプ。腕時計の着用感て好みにかなり個人差がありますが、腕に密着するのが嫌だと言う人にはこの手のタイプがおすすめです。今年流行のトップグレーと合わせると統一感がでますね。オーバーホール済み。







DSCN4835.jpg DSCN4836.jpg DSCN4837.jpg
SEIKO 17Jewels Lady's Watch
文字盤の大きなSマークがヴィンテージっぽさを醸し出しています。通な印象の時計です。オーバーホール済み。







DSCN4840.jpg DSCN4839.jpg
TISSOT SEA STAR Men's Watch
スイス製の男性用腕時計。カレンダー付。オーバーホール済み。








DSCN4841.jpg
紫の切子平鉢。






DSCN4843.jpg DSCN4845.jpg
東洋陶器のティーポットとピッチャー。KOKURA JAPAN表記。





DSCN4904.jpg DSCN4905.jpg DSCN4906.jpg
ガラスケース(人形ケース)。お手持ちのこけしコレクションなどをお飾り下さい。横幅60,5センチ、奥行28センチ、高さ54,5センチ。







DSCN4908.jpg
踏み台。夫よりも有用なり。横幅36センチ、奥行28センチ、高さ54.5センチ。








DSCN4909.jpg DSCN4911.jpg
サイドテーブル。横幅76センチ、奥行45.5センチ、高さ53センチ。







DSCN4912.jpg DSCN4915.jpg DSCN4916.jpg
脚が折り畳める角ちゃぶ台。天板の木目が美しく良品也。横幅81センチ、奥行58.5センチ、高さ30センチ。








DSCN5079.jpg DSCN5082.jpg
ガラス製のワインストッパー、デッドストック。ありそうでない、シンプルデザインです。







DSCN5083.jpg DSCN5085.jpg DSCN5086.jpg
サンゴチャイナのティーカップ&ソーサーセット。コンパクトに収納できます。






DSCN5100.jpg DSCN5101.jpg DSCN5102.jpg
赤切子のシュガーポット、パテントNo,入り。






DSCN5103.jpg
小ぶりの和風電笠。玄関や厠に。






DSCN5104.jpg DSCN5105.jpg DSCN5106.jpg
SAITO WOODの蓋付ダストボックス。和洋を問わず日本の住宅に合う、希有なゴミ箱だと思います。



page top
Arzbergの白磁、ほか入荷。
わわわ、もう週末です…以下、入荷商品お知らせのつづき。






DSCN5050.jpg DSCN5051.jpg
Arzbergのポット。 Arzberg(アルツベルグ)はドイツの120年以上の歴史を持つ磁器メーカーです。無駄を削ぎ落としたミニマムデザインは日本でも好まれていますが、輸入量が少ないため知る人ぞ知るブランド、でしょうか…普通にカラフルな食器もあるのですが、日本ではとくに真っ白で穢れのない白磁が好まれるようです。このモデルは既に廃盤のようです。








DSCN5047.jpg DSCN5046.jpg DSCN5048.jpg
おなじく Arzbergのラウンドボウル。大きい方が直径約25.5センチ高さ11センチ、小さい方が直径22センチ高さ9センチで、ちょうど入れ子にもなります。洗面器のような不思議な器です。買ってきたお野菜を、お花のように生けておくのにも良さそうです。






DSCN5043.jpg DSCN5044.jpg
こちらも白磁ですが、日本製。20センチ超の大きな深い片口ボウルです。オーブン可。








DSCN5049.jpg
白磁の持ち手付き皿。まず、野菜をレンジでチンしてそこへ生卵をポトリ、そのままオーブンで数分。ココット焼きのように使えます。お野菜とタンパク質を両方、朝食に最適です。しかも、ココット皿と違って持ち手が付いてる!これ便利!の日本製。








DSCN5052.jpg DSCN5053.jpg DSCN5055.jpg
また白磁か!と思いきや、イタリア製のプラスチック片口ボウル、デッドストック。実物でもだまされる人続出です。








DSCN5056.jpg
同じくイタリア製プラスチックのフライ返しとヘラ、デッドストック。お玉と呼びたいが、「イタリア製お玉」って語呂が変…








DSCN5059.jpg DSCN5060.jpg
米国製チョッピングブロック。お洒落まな板です。楓の組木になっていて、チーズなどこのままテーブルの上に、見せるまな板として使えます。デッドストック。











DSCN5033.jpg DSCN5034.jpg
イタリア陶器の大皿、約30センチ。陽気です。







DSCN5035.jpg DSCN5036.jpg
さらにいい加減じゃなくて…陽気なお魚柄の、イタリア陶器飾り皿。約26センチ。








DSCN5037.jpg
イタリア人てお魚好きなのね…33センチ。







DSCN5040.jpg DSCN5041.jpg DSCN5042.jpg
次は、スペインに参ります。アヒージョ鍋。オリーブオイルとニンニクで、様々な食材を煮込んだ料理の総称が「アヒージョ」です。オイルがグラグラするまで煮るので、ただのお皿では熱くて掴めませんね。ヤットコで引っ掴んだところで手を滑らせて皿ごとひっくり返し、台所中に煮えたニンニク風味の油をまき散らすという地獄絵図が待っています。ここはやはり、持ち手付きのお皿を使いましょうね。












DSCN5038.jpg DSCN5039.jpg DSCN5063.jpg
Gustavsberg(グスタフスベリ)の花瓶。というか壷。公衆トイレの女性用マークと鳥の串刺し、のような絵柄が大変キュートです。Gustavsbergは1825年にスウェーデンのストックホルムに設立されたメーカーで、日本でも大人気のリサラーソンなどを輩出しています。

page top
いかにも猫が入りそうな籠、ほか入荷。
連休がやっと終わったと思ったら、次は母の日か…以下、ひきつづき入荷商品のお知らせです。






DSCN4932.jpg DSCN4933.jpg
ちょうど猫一匹分くらいの大きさの、藤の籠。きっと、入るなと言っても入らずにはいられない形です。下にふかふかのクッションを敷いてあげてね。







DSCN4934.jpg DSCN4935.jpg DSCN4936.jpg
大容量の籠バッグ。たけのこ掘りに如何でしょうか…






DSCN4937.jpg
船舶用マリンランプ。これがお部屋にあるだけで、どこからともなく磯のかおりが…しませんけどね。若い人にはわからないでしょうけど、こういうのをお部屋に飾るのが流行った時代もあった、ということで。








DSCN4938.jpg DSCN4939.jpg
フュアーハンドランタンの白。ここはひとつ、井川遥さんになりきってハイボールを作りましょう。








DSCN4940.jpg DSCN4941.jpg DSCN4942.jpg
木製のアタッシュケース。








DSCN5005.jpg DSCN5006.jpg DSCN5007.jpg
特筆すべき点はないワイングラス、多数。割れても悔いがないグラスって必要ですよね…







DSCN5009.jpg DSCN5010.jpg 
DSCN5011.jpg DSCN5012.jpg
イタリア製のガラスキャンドルホルダー、各種。









DSCN5013.jpg DSCN5014.jpg
これもたぶんイタリア製だと思うんですけど、クリスタルガラスの小鉢。繊細な金縁が美しいです。









DSCN5015.jpg DSCN5016.jpg DSCN5017.jpg
随分と大胆な柄のノリタケ製ディナープレート。案外、漆器とも合わせやすい和洋折衷デザインです。
 







DSCN5024.jpg DSCN5029.jpg
DSCN5027.jpg DSCN5026.jpg 
DSCN5025.jpg DSCN5030.jpg
ドイツ製のペーパーコースター。枚数がたっぷりありますので、業務用にもどうぞ…









DSCN5031.jpg DSCN5032.jpg
米国製のドゥロワーアレンジャー。プラスチック製の間仕切りですね…米国製だからサイズが合わないでしょ、と思って昭和30年代の我が家の作り付けキッチンの引き出しに入れてみたら、ピッタリでした。

page top
フランス製焼き菓子型、ほか入荷。
キッチン用品、まだまだあります…




まずは、デッドストックのカトラリーから…
DSCN4983.jpg DSCN4985.jpg
GENSEのスプーン。長さ16.5センチ。(ゲンセ)は1856年創業のスウェーデン王室御用達の老舗カトラリーメーカーです。 王室御用達というキーワード、好きな方多いですよね…既に廃盤になっているデザインのステンレス製スプーンです。未使用デッドストックで約50本ありますのでお好きな方はまとめてどうぞ…ちなみにゲンセは スウェーデンで現存する最も古い株式会社なんだそうです。






DSCN4988.jpg DSCN4989.jpg
こちらも北欧、HACKMAN(ハックマン)のナイフ。フィンランドにて1790年に設立のメーカーで北欧の食卓用金物ではよく知られたスチールウェアブランドです。ムーミンシリーズが日本ではよく知られているようですね…こちらも既に廃盤のデザインで長さ18センチです。






DSCN4986.jpg DSCN4987.jpg
柳宗理デザイン、マーシャンブランドのレードル(16.5センチ)もあります。





そして、調理器具に参ります…
DSCN4990.jpg
シノワ。こし器です。シュークリームとか作る時あると便利なんですよね…合羽橋に行っても案外高価で手が出ない方も多いのではないでしょうか…デッドストック也。






DSCN4991.jpg
フランス製のパウンド型。デッドストック。テフロン加工のものとは違って、使い込むほど油が馴染んで使いやすくなります。






DSCN4992.jpg
フランス製、クッキー抜き型。デッドストックです。お誕生日などのメッセージプレートを作るのに最適です。






DSCN4993.jpg DSCN4994.jpg
DSCN4995.jpg
マドレーヌもラングドシャも焼き放題。フランス製の焼き菓子型、デッドストックです。






DSCN4978.jpg DSCN4981.jpg
DSCN4980.jpg DSCN4979.jpg
Cousancesのアルコールバーナー。チーズフォンデュなどにどうぞ…Cousances(クーザンス)社は1553年にフランス・ロレーヌ地方で創業したメーカーで、もともとは大砲の弾などを製造していたそうです。






ついでにお料理関連本…

DSCN5019.jpg 1_20150506162427d35.jpg
三國清三さんの、「皿の上に、僕がある」(1986年 柴田書店)
これ既に絶版なんですね。目に美しい料理本は星の数ほどありますが、逆に目の覚めるほどシンプルな料理の写真もあって、数十年前、かなりの衝撃を覚えました。提供したい料理の方向性にぶれがなく、本当に芯の通った方だなと思います。





DSCN5020.jpg 2_201505061624290bd.jpg
今田美奈子さんのシュガーケーキデコレーション。フレッシュな生クリームを使ったケーキが好まれる日本ではあまり浸透していないと思いますが、イギリス発祥のシュガーケーキの本です。表面はファンシーなパステルカラーのアイシングおよびシュガーペーストで覆われていますが、中身はどっしりしたフルーツケーキで、まずこのフルーツケーキを焼いてから3週間から6週間!も寝かせた上にデコレーションしていくと言う気の遠くなるようなケーキです…こちらもフルカラーで見応えあり。







DSCN5021.jpg DSCN5022.jpg DSCN5002.jpg
フランスの児童向け洋書。ピーマンやトマトが嫌いな子に見せると、なまはげのような効果を発揮するのではないかと思います。



page top
世界のお鍋、入荷。
『ささやかな陶器市』、今年も大変盛況でございました。ご来店下さいましたお客様に御礼申し上げます…さて、連休後半。予期せずキッチン用品まつりの様相に…以下、本日までの入荷分の一部です。





DSCN4943.jpg
まずは、お鍋まつり…


DSCN4951.jpg DSCN4952.jpg DSCN4954.jpg
パリの合羽橋!E.Dehillerin(ドゥイルラン)のプロ用片手鍋。重いです。普通の主婦では腱鞘炎になる可能性が高いです。直径24センチ深さ18センチ。いかにも火の通りがまろやかそうな厚手のお鍋です。






DSCN4957.jpg DSCN4956.jpg
ドイツ製の両手付フライパン。直径約30センチ、デッドストックです。





DSCN4958.jpg DSCN4960.jpg DSCN4961.jpg
米国製のステンレス両手鍋。直径28センチ程度、デッドストックです。

DSCN4962.jpg DSCN4963.jpg DSCN4964.jpg
同じもので直径20センチの両手鍋もあります。






DSCN4965.jpg DSCN4966.jpg
DSCN4967.jpg DSCN4968.jpg
柳宗理デザインのパスタ鍋。湯切りが簡単な深ザル付、デッドストック。







DSCN4973.jpg DSCN4974.jpg
同じく柳宗理デザインのステンレスケトル。柳宗理デザインと言えば、たしかこのヤカンからのスタートのような気がしますが、発売当時、ヤカンの概念を打ち破るカッコ良さにしびれたものですよね…これはかなり使い込んだものですが、持ち手の部分のゆるみのなさとか、これは一生使えるなと思わせてくれる一品です。







DSCN4969.jpg DSCN4970.jpg
DSCN4971.jpg DSCN4972.jpg
イタリア製のステンレス製パスタ鍋、デッドストック。






DSCN4975.jpg DSCN4976.jpg
フランス製のオーバル型鉄製フライパン。日本では珍しい楕円形のフライパンです。長ーい食べ物、アスパラガスや舌平目はもちろんのこと、太刀魚や、これさえあれば秋刀魚も一尾丸ごとソテーにできるのではないでしょうか…デッドストックです。




先日、NHKのニュースでアナウンサーが「最近は、自宅に包丁がないお宅もあるそうで…」と言ってましたが、そんな家ならもちろん鍋や食器もないのでしょうね…いやはや、日本もここまで来たかという思いで一杯です。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ