「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
DATE: 2013/11/30(土)   CATEGORY: お知らせ
第4回『漆器まつり』
今年の11月はなぜだかわかりませんが、すでに師走並の忙しさでした。いえいえ、本番の師走は明日から…そして一年のしめくくりに今年もやります、第4回『漆器まつり』。去年とても人気だった、オヒトリサマの食卓をしつらえるのにちょうど良いサイズのシンプルなお盆も各種ございます。また漆器の中でも別格な輪島塗製品も各種揃っています。漆器好きのかたなら、全国各地、海外からでもご来店いただいて損のない価格と品揃えだと自負しております。どうぞご期待くださいませ…


  第4回『漆器まつり』

期間 12月7日(土)から15日(日)まで

場所 古道具のささや
   福岡市中央区平尾1−12−2
   (期間中も月曜定休)

電話 092−531−4373
   (午後2時より8時迄)
page top
戦前の精工舎時計、2種入荷
戦前の精工舎の時計が2点、入荷してます。
共にオーバーホール済み。御求めから6ヶ月は無償修理保証がつきます。



RIMG0774_201311251620079a4.jpg RIMG0775_2013112516200923c.jpg 
RIMG0776_2013112516201119c.jpg RIMG0773_20131125162006c18.jpg
精工舎テンプ式八日巻丸掛時計
こげ茶色の木製枠がシンプルな小ぶりの掛け時計です。文字盤周りのゴールドのラインが華やかさを添えています。上質な木製家具で揃えたお部屋のインテリアには最適でしょう。通常の掛け時計に比べるとかなり小さいので、逆に人目をひくインパクトがあります。






RIMG0778_20131125163445b3e.jpg RIMG0779_20131125163447b71.jpg RIMG0780_20131125163448b19.jpg
精工舎アンチモニ製一日巻置時計
15㌢程度の小ぶりな卓上置時計です。天使が矢を持って12時あたりを指しています。真っ黒な天使は、石炭人形にみえなくもないですが、その辺が少女趣味にかたよりがちなこの手のデザインをうまく中和しているように思います。和室にも違和感なく溶け込みます。
page top
ぞうさん体重計、ほか入荷
以下、本日までの入荷分です。




RIMG0795_20131125150620947.jpg RIMG0802_201311251506250ae.jpg 
RIMG0799_20131125150621df6.jpg RIMG0803_2013112515062642b.jpg
乳児の体重を量るための、ぞうさん体重計。平成3年度までの実用検査認可済みシール付。この体重計に最後に乗った乳児も今や22歳ですか…

RIMG0807_20131125151733567.jpg RIMG0808_20131125151734cfb.jpg
10年ほど前に我が家にも同形の体重計がありましたが、藤のバスケットの寝心地が良いらしく、猫も大好きでした。(上記の商品の体重計とは異なります)






RIMG0793_201311251521432fc.jpg RIMG0794_20131125152141e33.jpg
米国、リプルーグルの地球儀。リプルーグルジャパンでは、アップデートプログラムと称して、国名などが変わって古くなってしまった地球儀の張り替えを商品価格の半額程度で行っているそうですよ。ありそうでなかった膝を打つサービスですね。






RIMG0777_20131125152147053.jpg RIMG0779_20131125152144ad7.jpg
陶製三角形の三色容器。黒白だけよりも、赤を加えた「黒白赤」の方が、新生児の反応が良いらしいですよ。そういう3色の幼児用絵本をみたことがあります。三角形というのがまた組み合わせによっていろいろな使い方ができそうで楽しいですね。





RIMG0784_20131125152145af1.jpg
鋳物のうし形卓鈴。鳴らすと牛が寄ってきそうな上品で清らかな音色です。





RIMG0785_20131125153541dd3.jpg RIMG0787_201311251535442f1.jpg RIMG0786_20131125153542f8c.jpg
水玉模様のデキャンタ&ショットグラスセット。女性ならみな好きですよ、こういうの。キラキラで非日常感がたまりませんね。お手製の果実酒をふるまう女子会、などに如何でしょうか。






RIMG0788_20131125153546a16.jpg
マーブル模様のガラス中鉢。深さもある程度あって使いやすい大きさです。12㌢ほど。







RIMG0780_20131125153547e98.jpg

RIMG0782_20131125154150a2f.jpg RIMG0781_20131125154149415.jpg
JALのカトラリー。見た目もグッドデザインですが、とても使いやすいカトラリーです。製造メーカーは、佐藤商事の高級洋食器・カトラリーのオリジナルブランド「Martian(マーシャン)」 。その名の通り、オリジナルロゴにはバーバパパのような火星人が付いています。 柳宗理のカトラリーもこちらで作っているようです。






RIMG0776_20131125155206d6d.jpg
ステンレスピッチャー。






RIMG0774_201311251552031c7.jpg RIMG0775_2013112515520416c.jpg
白いタイルの付いたカッティングボードのようなもの。






RIMG0789_20131125155201524.jpg RIMG0791_20131125155201fe2.jpg
るつぼはさみ。るつぼ(坩堝)とは、理化学実験や鉱工業において高熱を利用して物質の溶融・合成を行う際に使用する湯のみ状の耐熱容器です。その「るつぼ」を挟む道具が「るつぼはさみ」。つまり、トングですね。夫のパンツを洗濯機に入れるときに活躍しそうです。


ミズホイカの刻印がありますが、これはイカの種類ではなく東京の瑞穂医科工業株式会社製です。新潟の燕市瑞穂医科工業燕製作所があり、そこで作られているようです。どうりで抜群の指入れ、狙った獲物は落とさない確かな挟力。是非一度お手に取ってその使い心地をお試しくださいませ。

page top
お土産タオル
弊店のFacebookを定期的にご覧くださっているかたはご存知だと思いますが、一般の方は積極的に欲しくないであろうもの、を不定期に抽選でプレゼントしております。そのなかでも「おぼろタオル」につきましては、たくさんのお問い合わせを頂戴しました。


全国各地、温泉地で無料もしくは格安にて用意されている薄手のタオル。各地の観光名所や宿の名前がそれぞれの個性でデザインされた「お土産タオル」ともいえる浴用タオルですが、かつては100%国内産のタオルでした。いつのまにやらタオルと言えば、厚手のふかふか柔らかなタオルが主流となってしまいましたが、もともと日本に於ける浴用タオルはウエットユースが中心です。

タオルが渇いた状態で頭に巻いて髪が濡れないように保護する
および頭頂部に乗せて湯につかる
   ↓
程よく暖まったらタオルで体を洗う、髪を洗う
   ↓
そのタオルをよく洗いよく絞って再び頭に被るおよび乗せて湯につかる
   ↓
あがる前にふたたびタオルを洗ってよく絞り体を拭き上げる
   ↓
風通しの良いところにタオルを引っ掛ける
   ↓
小一時間でタオルが乾く

再び入浴…


これがお風呂大好き日本人の一般的な温泉地でのタオルの使い方ですよ。薄くて軽くて石けんの泡立ちもよく、肌触りもよく、軽い力でよく絞ることができ、乾きが早い…そんな無理なと思うような機能をすべて備えたのが、国産の浴用タオルなのです。日本のタオルを愛するあまり、前置きが長くなってしまいましたが、この素晴らしい国産浴用タオルのよさを皆さんに知ってほしい!ということで『お土産タオルまつり』です。以下、一部抜粋でご紹介します。

RIMG0704_2013112018435478c.jpg RIMG0705_20131120184347719.jpg
日光の鬼怒川温泉のお土産タオル。かつては「東京の奥座敷」ですよ。当時の小唄ブームと相まってか、〽で始まるオリジナル小唄が付いているものも多数あります。

RIMG0710_201311201843504fa.jpg RIMG0709_201311201843496ad.jpg RIMG0719_201311201843524c8.jpg
日本人にとって観光といえば、お伊勢参り。お土産タオルのバージョンも他にない多さです。伊勢エビがドーンと付いているなんて、ほかのタオルと同じ値段では違和感があるほどの豪華さです。

RIMG0717_20131120185609815.jpg RIMG0758_2013112018560865f.jpg
あまちゃんのお土産タオル。

RIMG0715_20131120185059345.jpg RIMG0734_201311201850567bb.jpg RIMG0738_2013112018505875e.jpg RIMG0760_20131120185055ac3.jpg
東北の方へ行くと、こけしがモチーフになったお土産タオルが急増します。カラフルで可愛らしいのですが、眼球の書き込みがないので、つげ漫画のようなそこはかとない恐ろしさがあります。

RIMG0742_20131120185752837.jpg

RIMG0725_201311201857547bd.jpg RIMG0726_20131120185755d10.jpg
温泉地には、芸者がつきもの。ということでキレイドコロのプリントされたお土産タオルも多々あります。下段のタオルは舞妓ちゃんと富士山でどこのお土産タオルかと思いきや、北海道の洞爺湖温泉。

RIMG0736_20131120190152953.jpg RIMG0735_20131120190151b1a.jpg RIMG0728_20131120190149bb0.jpg
個性際立つ各地のお土産タオル。

RIMG0753_20131120190154148.jpg RIMG0765_20131120190148a8d.jpg
乗鞍岳は、海抜一万尺!尺貫法で言われると、何メートルなのか一瞬考え込んでしまいますね。また、南紀白浜はトーテムポールとフェニックス。ソテツとの違いがよくわかりませんね。



モチーフだけでも十分に楽しめるお土産タオルですが、よくよく端の方まで観察すると、各社メーカー名やロゴマークなど凝ったデザインがちりばめられています。
RIMG0722_20131121175946557.jpg RIMG0751_20131121175943752.jpg
RIMG0707_20131121175945627.jpg RIMG0731_20131121175941708.jpg


冒頭のおぼろタオルを作っている三重県のおぼろタオル株式会社は100年以上の歴史をもつ老舗ですが、現在も安価で良質なタオルを提供しつづけています。そのほか大阪の三羽鶴株式会社など、今治タオル以外にも全国で素晴らしいタオルを作っている会社があります。一見同じように見える安価な中国製タオルとは、似て非なるものです。モロトやクラウンなど無くなってしまったメーカーのタオルもありますので、是非この素晴らしきお土産タオルをもって銭湯へ行って欲しいと思います。11月26日は、いい風呂の日ですしね…価格はどれでも1枚300円也。お好きな絵柄はお早めにどうぞ…
page top
アンティーク鼻眼鏡、ほか入荷
年々、秋が短くなっているような気がします。今年は秋刀魚も食べてないですし…以下、本日までの入荷分です。



RIMG0799_201311201511350a6.jpg RIMG0800_20131120151136580.jpg 
RIMG0801_20131120151137bf7.jpg RIMG0802_20131120151139071.jpg
日本製の折り畳み眼鏡。テンプルはこめかみまでの短いタイプです。金属フレームで優しげなオーバル形。玉屋眼鏡店のオリジナルケースに入っています。ケースのシマシマコールテンがモダーンです。古い眼鏡は、ケースがとても薄くて独創的なデザインが多く面白いです。





RIMG0803_20131120152226a13.jpg RIMG0804_20131120152226c27.jpg
RIMG0806_20131120152227534.jpg RIMG0807_20131120152223ec9.jpg
同じく折り畳みの眼鏡。スチールに黒いメッキです。短いテンプルまで統一感あるブラックで、シンプルなのに個性的な印象を与えます。フレームは正円に近いオーバル。米国製のようです。





RIMG0808_20131120153044873.jpg RIMG0810.jpg
RIMG0811_2013112015304921c.jpg RIMG0809_20131120153045efa.jpg
テンプルのない鼻眼鏡。鼻を挟むようにしてかけます。ボストン形で軽やかなメタル色、少し神経質な清潔感を持った印象です。鼻眼鏡は、吉田茂や作家の佐藤春夫氏の愛用する姿が写真に残っています。知的な姿がとても素敵ですが、知性があるからこそそれが引き立つのであって、阿呆な人には…
img20080729_t.jpgこっちの鼻眼鏡。







RIMG0795_201311201549140ed.jpg
内藤ルネのうさぎちゃん。
RIMG0796_201311201549167dc.jpg RIMG0797_201311201549170de.jpg
耳はフォークになっています。が、耳のないウサギちゃんの恥じらう姿がステキです。






RIMG0788_20131120155133513.jpg RIMG0789_2013112015513591a.jpg 
RIMG0787_2013112015513265c.jpg RIMG0786_201311201551309b1.jpg
フランス製とおぼしき双眼鏡。






RIMG0790_20131120155435890.jpg RIMG0791_20131120155436a68.jpg
RIMG0792_20131120155437fcc.jpg RIMG0794_20131120155440582.jpg
オペラグラス。劇場で貸してくれるプラスチックのようなものは、どうにも興ざめですね。楽しみにしていた観劇の日には、細部の小道具まで気合いを入れて洒落込みたいものです。




RIMG0774_20131120155913cf7.jpg RIMG0778_2013112015591673d.jpg RIMG0777_20131120155914f3d.jpg
三菱のミシンライト。

*この商品は既に売れました






RIMG0773_20131120160046867.jpg
こっくりした茶色の三菱ミシン缶。配色が良すぎて、美味しそうな印象の缶です。





RIMG0780_201311201600478c6.jpg RIMG0782_20131120160048643.jpg
タッパーウェア。寸胴形の大きなタイプ、この他にもいくつか入荷してます。


page top
DATE: 2013/11/19(火)   CATEGORY: お知らせ
望雲寄席!
今年も、美しい着流し姿であの方がやってきます…噺家の古今亭菊之丞さん恒例の望雲寄席。渡辺通のギャラリー、望雲にて開催されます。寄席の原点回帰ともいえる、畳敷の和室に座布団敷いて、雑魚寝ならぬ雑魚座りの状態で、噺家さん密着型の落語会です。



 「望雲寄席」
*日程:11/30(土) ・ 12/1(日)
*時間:14時の部 / 17時の部 
*場所:望雲507号室 *木戸銭:2500円


そのほか詳細は望雲のHPにて…今年は何とカレーも食べられるらしいよ。




page top
丸形のストーブガード、入荷
天気予報どおり、急に真冬のような寒さですね。私も寒がりなので、朝だけは石油ストーブがないと着替えることができません。以下、人気の丸形ストーブガードが入荷してます。



RIMG0773_20131112152010464.jpg
対流式の円筒形ストーブには、丸形の方が納まりがよいです。アラジンはもちろん、バーラー、パーフェクション、ニッセンなどでも使えます。

RIMG0775_201311121520114c7.jpg
上から見たところ。

RIMG0776_20131112152013cae.jpg RIMG0778_201311121520140e1.jpg
点火する時も便利な窓付。

RIMG0779_201311121520164e5.jpg
3本足で、床にキズが付かないカバー付です。



丸形のストーブガードは対流式用です。反射式ストーブをお使いの方でストーブガードが必要だと思われる方は、角形をお求めくださいませ。


page top
書棚と座卓、入荷
今日の夜からグッと冷え込むそうです。石油ストーブを使う予定のみなさん、準備は大丈夫ですか?弊店に修理で持ち込まれる石油ストーブはほとんどが、タンクに持ち越し灯油が入れっぱなしになっています。アラジンの場合は正常燃焼しなくなってしまいますので、シーズンオフはタンクを空にして、シーズンはじめに必ず新しい灯油を入れてくださいね…



以下、木製家具が2点入荷してます。


RIMG0809_20131110144955dce.jpg RIMG0812_20131110144956e9c.jpg
モールガラスの書棚。上下段にわかれます。上段の右半分は書類棚のように細かくしきりがありますので、レコードなどを収納するのにもちょうど良いです。横幅96㌢高さ160㌢。奥行は下段の方が少し出っ張っていて51㌢、上段は42㌢。
RIMG0814_20131110144952efd.jpg RIMG0813_20131110144950ac9.jpg RIMG0815_20131110144953399.jpg
上下段ともに扉は開き戸です。写真のようにレコードもすっぽりおさまるサイズです。下段の上部に引き出し3つ付。










RIMG0804_20131110145437f78.jpg RIMG0803_20131110145436340.jpg
座って使う書斎机のような形状の、座卓。横幅62㌢奥行はかなり広く54㌢高さは32,5㌢。昨今の家具になれている人にとっては少し低い感じがするとおもいますが、意識しなくとも座れば自然と背筋が伸びる絶妙な高さになっています。腰痛持ちの人にもお勧めです。
page top
カラフ時計、ほか入荷
以下、本日までの入荷分です。





RIMG0792_20131106180538cde.jpg RIMG0793_20131106180540e92.jpg 
RIMG0794_20131106180541b4a.jpg RIMG0795_20131106180543218.jpg
Timing and Repeating Watch Co カラフ時計
日本では通称「カラフ時計」と呼ばれる、ストップウォッチ付の懐中時計です。スイス製。大正期に日本に入ってきたものと思われます。大きめローマ数字が機能的ですね。オーバーホール済み。







RIMG0796_20131106181159292.jpg RIMG0797_20131106181200683.jpg
TALLY COUNTER 数取器
よく、道路でアルバイトのお兄ちゃんがボヤーンとして交通量調査をしていますね。総じてぼんやり緩んだ顔をしています。キビキビした交通量調査員を一度でいいので見てみたいものです。その交通量調査に欠かせない数取り器。手に握ってカチャカチャしているあの道具を日本語で数取り器ということを今日初めて知りました。しかも英語だとTALLY COUNTERというんですね。あまり役に立たない豆知識ですけれども…前置きが長くなってしまいましたが、スイス製の古い数取り器です。文字盤の右の小さなマルが10単位、左のマルが100単位です。オーバーホール済み。










RIMG0798_20131106181919c3c.jpg RIMG0799_201311061819207c4.jpg RIMG0800_20131106181922cd4.jpg
DEPOSE CHRONOGRAPHS
スイス製のストップウォッチです。大正期の輸入品です。文字盤の余白が妙に気になりますね。オーバーホール済み。







RIMG0801_2013110618234112b.jpg RIMG0802_20131106182342dc0.jpg
SEIKO Lady's Watch
セイコーの婦人用腕時計です。昭和30年代のものだと思います。細めのオーバル文字盤が手首の細さを引き立てます。文字盤も上品でクラシックな印象です。オーバーホール済み。






01_201311061829273b3.jpg
アメリカはテレダインハノー社プレス機2台 。総入れ歯を作るときには必需品です。重合用フラスコ左下顎用と右手上顎用です。








02_20131106182929410.jpg 03_20131106182930df4.jpg 
40㎝くらいのフクロウ木彫。今風に言うと、ゆるい感じ?荒削りな岡本太郎的お顔が可愛らしいフクロウです。











08_2013110618391736a.jpg
カリタのウォータードリップムービング

日本人ほど冷たいコーヒーが好きな人種もいないのではないかと思います。あったかく淹れたコーヒーを急冷して作るアイスコーヒーももちろん美味しいですが、水出しコーヒーはこれまた格別ですね。よくダッチコーヒーという名前で喫茶店にもあります。このダッチはもちろんオランダを表すDutchなんでしょうけど、オランダには水だしコーヒーなんてないらしいですね。一体どうなっているのでしょうか?またまた話が長くなってしまいましたが、この器械は水出しコーヒー器です。
09_201311061839181b2.jpg
上のポットから水がポタポタと少しずつ出ます。
10_20131106183919e4c.jpg
金のスプーンにたまった水が、ししおどし式に豆にこぼれます。
11_20131106183915985.jpg
下のフラスコに香り高いアイスコーヒーがたまります。

5人分が約8時間で抽出できます。この8時間、そんなに長く待てるかと思うか、寝ている間にできてしまうと考えるか…性格がわかりますね。実際に抽出している動画もyoutubeにありますので暇な人は捜してみてください。フィルターと丸形ろ紙は別途お買い求めくださいませ。
page top
分割式収納棚、ほか入荷
木製家具が2点、入荷してます。



RIMG0777_201311041414344c7.jpg RIMG0781_2013110414143691d.jpg
個性的な形状の、分割式収納棚。横幅91㌢高さ190㌢奥行44㌢。かなり背が高く奥行も深いです。本棚、食器棚、多用途な収納棚としてお使いいただけます。

RIMG0683_20131102143313eb9.jpg RIMG0703_201311021433114ed.jpg
かなり細かく分割できます。まず、引き出し部分のみ、その上に(右写真のように)棚が1段ずつ乗せられますので、一段抜いて背の高さを低くすることもできます。

RIMG0784_20131104141440c03.jpg RIMG0780_20131104141435c59.jpg
RIMG0701_20131102143317455.jpg RIMG0702_2013110214392105b.jpg
引き出しも、大中小合計6つ、たっぷり収納です。

RIMG0687_20131102143920fa4.jpg RIMG0686_20131102143315eb1.jpg RIMG0782_2013110414143866e.jpg

つまみ金具も小洒落た丸環で、お部屋の和洋を問わず馴染みます。素材はナラ材で経年の木のこなれた艶がとても美しいです。その存在感はヤマハの家具に引けを取りません。







RIMG0773_2013110414165771c.jpg RIMG0776_20131104141700ed0.jpg RIMG0775_201311041416595f3.jpg RIMG0692_201311021446477a7.jpg
開き戸の本箱。サイズは横幅73㌢高さ108㌢奥行29.5㌢。素材は桑です。





最初に掲載した写真が薄暗かったので、もうちょっとマシなものを追加してます。
詳細は店頭にてご覧くださいませ…




page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ