「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
置時計&掛時計、入荷
以下、本日までに入荷分の時計もろもろです。掛け時計5種と置時計2種。




RIMG0686_20130828163329637.jpg RIMG0687_2013082816333099d.jpg RIMG0688_20130828163332d00.jpg
精工舎 大正期 8日巻
直径50センチの大型の掛け時計です。時計裏面には、「時計診察券」なるものが貼ってあります。おもしろいですね。






RIMG0689_20130828163631645.jpg RIMG0690_20130828163630506.jpg
メーカー不明 昭和20年代 8日巻
可愛らしいスワンマークが付いていますがメーカーはわかりません。材質の違う木を寄せ木風に合わせた掛け時計です。オーバーホール済み。






RIMG0691_2013082816460637e.jpg RIMG0692_2013082816460708c.jpg
メーカー不明 昭和初期 8日巻
マスコット、と書いてあります。振り子の周りの窓が丸く、特徴的。オーバーホール済み。






RIMG0693_20130828165026ad5.jpg RIMG0694_20130828165027db8.jpg RIMG0695_20130828165256ae3.jpg
精工舎 おそらく昭和20年代 8日巻
文字盤はセルロイド製。木質もとても良いものです。オーバーホール済み。






RIMG0697_201308281652571c5.jpg RIMG0698_20130828165259f30.jpg RIMG0699_2013082816530039c.jpg
愛知時計 昭和22年頃 8日巻
MADE IN OCCUPIED JAPAN表記。オーバーホール済み。









RIMG0700_20130828162430d19.jpg RIMG0701_201308281624316b3.jpg
POLA化粧品とカガミクリスタルと江戸切り子の華麗なコラボ時計。
ズボラな人でも安心のクォーツ式。電池交換、オーバーホール済みです。5センチほどの手乗りサイズですが重量がありますのでペーパーウエイトのようにもつかえます。切り子のカットの美しさは流石のカガミクリスタル。和室に置いても素敵です。





RIMG0703_20130828162425b9c.jpg RIMG0704_201308281624278da.jpg RIMG0705_201308281624284d7.jpg
セイコー製のアラーム時計。
小ぶりな卓上目覚まし時計です。アルミ削りだしの面白いデザインです。オーバーホール済み。





以上の時計に関してはすべてオーバーホール済みです。
弊店でお求めいただきました時計は、6ヶ月の無償修理保証がつきます。
詳しくは店頭にてお問い合わせくださいませ。
page top
腕時計&懐中時計、入荷
先日の雨を境に、急に涼しくなりました。秋は不思議と何か新しいことに挑戦してみたくなる季節でもあります。楽しみな季節です。以下、本日入荷した時計の一部をご紹介。





まずは、女性用のジュエリーウォッチ諸々。巷で売られているアンティーク風ジュエリーウォッチはいまいちピンと来ないという女性が、一目惚れすることが多いですね。男性が選びにきてプレゼントにする方も多いです。自分好みの時計を身につけてほしいと思うのは古典的ながら色っぽいことだと思います。ウラヤマシ…

RIMG0715_201308281454178d6.jpg RIMG0716_20130828145417a4b.jpg
CITIZEN AMOUR 19石 手巻き
1960年代の製品です。メタルのブレスレットはオリジナル。細身のスクエアフェイスが媚びない女性らしさを際立たせます。オーバーホール済み。

RIMG0717_201308281454191a3.jpg RIMG0719_201308281454211a0.jpg
SEIKO PARROT 手巻き
1936年頃の製品です。ブレスレットは欠品していたので社外品の新品を取り付けています。オーバーホール済み。小ぶりなフェイスながら時間の見やすいタイプです。PARROT(パロット)とは、オウムのことです。


RIMG0721_201308281517173ee.jpg RIMG0722_20130828151718321.jpg
CITIZEN DRESSY 19石 手巻き
1960年代の製品です。パラショック(対震装置)付。こちらも社外品の新品ブレスレットを取り付けています。オーバーホール済み。


RIMG0711_201308281517200d6.jpg RIMG0712_20130828151722ff0.jpg
SEIKO SPECIAL 23石 手巻き
1970年代の製品です。カットガラスと文字盤のグリーンのグラデーションが非常に印象的な時計です。男性的でありながら、ブレスレットにかけてのシェイプが絞ってあり官能的。オーバーホール済み。


RIMG0706_2013082815304092f.jpg RIMG0708_201308281530380d5.jpg
UNIVERSAL GENEVE 手巻き
1970年代前半の製品です。純正ブレスレット。ラウンドスクエアなフェイスが知的な優しさを印象づけます。オーバーホール済み。


RIMG0709_20130828153041f2e.jpg RIMG0710_20130828153037931.jpg
SEIKO CHORUS 手巻き
1960年代中頃の製品です。ベルトは新品に交換済み。しかし、時計のシリーズ名は台風の名称並みにおもしろいですね。アムールとかドレッシーはわかるのですが、なぜにコーラスなのでしょうか…オーバーホール済み。







RIMG0723_2013082815425404a.jpg RIMG0724_201308281542552b4.jpg
SEIKO FIVE 自動巻
これは、現在でも販売されているモデルです。 男性用ですが、あえて大ぶりな時計をつけたい女性にもいいと思います。私も高校生の時にセイコー5を使ってました。丈夫で安価なのがいいですね。オーバーホール済み。


RIMG0725_201308281549142d7.jpg RIMG0726_201308281549163da.jpg
SEIKO EMPIRE 懐中
明治末から大正にかけての製品です。精工舎がムーブメントのすべてを自社加工新製品として販売したモデル。900銀のケースです。鎖付。大きすぎないので男女問わず使えます。文字盤5時の位置に剥落を補正した箇所あり。オーバーホール済み。




以上の時計に関してはすべてオーバーホール済みです。
弊店でお求めいただきました時計は、6ヶ月の無償修理保証がつきます。
詳しくは店頭にてお問い合わせくださいませ。
page top
DATE: 2013/08/24(土)   CATEGORY: 雑文
レコメンドレイ
『郷土玩具まつり』も『土鈴まつり』も残すところ、あと1週間となりました。大多数の人の無関心はさておき、個人的なレコメンドレイをランダムに紹介しておきます。すでに売れてしまったものも含みますのでご了承くださいませ。



RIMG0761_2013081717494694e.jpg RIMG0762_201308171749475bd.jpg 
まずは地元、博多から。今は無きマツヤレディスの土鈴。初売りにでも配っていたのでしょうか。なかなかに丁寧な作りだとおもったら、やっぱり博多人形でした。

RIMG0811_20130824170405379.jpg RIMG0812_20130824170407fcd.jpg
福々しく優しい日本髪の女性はいかにも博多人形。手に持っているのは、めんたいこです。明太子のふくやの土鈴。


RIMG0828_201308241737234d1.jpg RIMG0827_20130824173721581.jpg
宮若市にある竹原古墳土鈴。小難しい感じが高尚さを醸し出していますね。馬の壁画を模したものだと思われます。

RIMG0823_201308241737257cd.jpg RIMG0824_20130824173720e73.jpg
小倉の千仏鍾乳洞土鈴。稚拙な造形がいいですね。

RIMG0845_201308241749171df.jpg RIMG0846_2013082417491961b.jpg
福岡県飯塚市にある神社、曩祖八幡宮(のうそはちまんぐう)の太鼓鈴。津屋崎人形です。

RIMG0850.jpg 
直方市の多賀神社の夫婦鶺鴒(セキレイ)鈴。子宝、家内安全を祈る美しい鈴です。

RIMG0816_201308241749205a5.jpg RIMG0817_20130824175536813.jpg
紋所鈴2ヶ。左は高知県土佐のよさこい鈴、安芸土鈴です。右は丸に三つ柏、黒田騒動で有名な栗山大膳の御紋。家紋は簡潔で完璧なデザインなのでどれも存在感がありますね。土鈴にするのに最適のモチーフだと思います。

RIMG0764_20130817174949b4c.jpg RIMG0765_2013081717495036f.jpg
京都の岩船寺の授与鈴。境内にある石室不動明王から模した身代わり不動明王鈴。見るからに、ご利益。オフィスの机の上に飾っても邪魔にならない大きさで、土鈴っていいですよね。仕事に疲れたら、コロコロ振って清廉な音でリフレッシュもできます。

RIMG0766_201308171749520f8.jpg RIMG0767_20130817175341199.jpg RIMG0768_20130817175342ac4.jpg
宝珠を龍の足がつかんでいるところ、でしょうか。鱗がほんとに一枚ずつ立っていて、妙にリアルでこわいです。伏見人形作者で明治44年生まれの大西重太郎作と思われます。

RIMG0769_201308171753446ac.jpg RIMG0770_2013081717534549b.jpg
山口県、亀山八幡宮の大漁鈴。子供たちが網をひく様子が非常にかわいい土鈴です。

RIMG0803_20130824171445857.jpg RIMG0804_201308241714478e8.jpg
山口県の周防大島のみかん土鈴。

RIMG0834_20130824171450238.jpg RIMG0835_20130824172143237.jpg
この周防大島では、八十八カ所巡りができるんですね。微妙に下手な造形が可愛らしいです。


RIMG0774_20130817180531a4f.jpg RIMG0775_20130817180532da6.jpg
同じく山口県の東行庵土鈴。東行庵と騎兵隊の文字が刻んであります。下関の吉田には高杉晋作の墓があるんですね。ちなみに高杉晋作の号は「東行」(とうぎょう)。慶応元年にこの地に陣を構えた奇兵隊は、町全体を要塞化し、寺院などに分散して駐屯していたそうです。



RIMG0776_20130817175618cb5.jpg
塞神社授与土鈴(さいじんじゃじゅよどれい)
長崎県、壱岐の塞神社は、 日本書紀にも登場する猿田彦の妻である猿女君(さるめのきみ)が奉られている由緒ある神社です。明治末期までは壱岐島に上陸した男達は、男根を女神に見せないと怪我をするといって、この塞神社で一物の御照覧を願った…そうであります。九州の観光案内用HPよかとこBYには、ご本尊の木製巨大男根と記念撮影する外国人観光客の姿も載っています。制作は津屋崎人形で現在廃絶。

RIMG0772_20130824163228e68.jpg RIMG0771_20130824163229ea1.jpg
またもや男根かと思う事なかれ。真っ黒な鷽(うそ)土鈴です。福岡の太宰府天満宮の授与鈴。鷽土鈴は地場だけあって本当に種類が多いのですが、このつややかでなめらかな肌合いと、つぶらな瞳の鷽土鈴がNo,1レコメンドです。

RIMG0794_20130824163743e85.jpg RIMG0795_20130824163744219.jpg
鷽土鈴の中でも彩色が美しいのは、清水焼。形状も洗練されているし、底面が緋色、というのがいかにも京風。


RIMG0782_20130824163740580.jpg
太宰府天満宮といえば、鬼瓦土鈴。今でも参道で、これとほぼ同じ形のモナカを売ってますね。
RIMG0783_20130824163741c47.jpg RIMG0781_20130824163738360.jpg
同じ授与鈴なのに若干顔つきが違うなと思ったら、片方は裏面に精神薄弱児作品、と書いてあります。


RIMG0777_20130817175620fbc.jpg RIMG0778_20130817175621332.jpg
博多土鈴、烏天狗。(からすてんぐ)天狗土鈴は大山天狗、那智天狗、日田天狗、豊前坊天狗、求菩提山天狗などなど数えきれないほどありますが、この烏天狗は非常に表情がいいですね。


RIMG0821_20130824161807839.jpg RIMG0822_20130824161841ddc.jpg
天狗土鈴の中で一番大きいのがこちら、霧島神宮の九面大鈴。12センチくらいあるでしょうか。霧島神宮には300年ほど前に奉納された妓楽面が9つあるんですね。一般公開はされていないようですが、写真で見る限りどれも素晴らしいものです。


RIMG0825_2013082416180805e.jpg RIMG0826_20130824161810c35.jpg
大きい方が日田天狗、小さい方が千佛洞天狗。大小で並べると、天狗も可愛らしいものです。小さい方は3センチほど。
RIMG0829_20130824161812599.jpg RIMG0830_20130824161813c15.jpg
これは天狗ではないのでしょうか。鼻が高くないです。



RIMG0813_201308241647169e0.jpg RIMG0814_20130824164718d70.jpg
大分県、日田の笠狸土鈴。編み笠も丁寧に編んであります。


RIMG0800_20130824171445d37.jpg
日田カボチャの土鈴。色も形もそのままです。巧いですね。

RIMG0807_20130824164714726.jpg RIMG0808_20130824164715307.jpg
熊本民謡で有名なおてもやん、よかよか鈴。彦しゃんとおてもやんの両面土鈴です。


RIMG0852_20130824175537f3a.jpg RIMG0853_20130824175539e74.jpg
無表情さがいいですね。観光客に媚びない土鈴。

RIMG0779_2013082417040143c.jpg
柔和な埴輪鈴。奈良の法隆寺の鈴だと思います。

RIMG0786_2013082417040240c.jpg
この埴輪は産地不明。

RIMG0778_20130824171449e7b.jpg
素朴な質感の縄文土偶鈴。これも法隆寺の土鈴だと思います。


RIMG0788_20130824172720c11.jpg RIMG0789_20130824172722a51.jpg
出世駒土鈴。丁寧な作りが素晴らしいと思います。


RIMG0805_20130824172717d07.jpg RIMG0806_201308241727187d4.jpg
虎鈴。むっちりしたお尻は、類を見ません。

RIMG0787_2013082417272320e.jpg
こけしをモチーフにした土鈴は意外に少ないですね。4センチほどの小さなものです。



RIMG0848_20130824180612f78.jpg RIMG0849_20130824180609514.jpg
白壁の音、の土鈴。倉敷の白壁と同じ土なのでしょうか?見た目によらず、ちょっと驚くような高く澄んだ音がします。音の良さはNo,1です。

RIMG0847_20130824180611f04.jpg
一方、白壁の蔵。そのままです。

RIMG0818_2013082418061470a.jpg RIMG0819_20130824180615f9c.jpg RIMG0820_20130824181147ba0.jpg
宮崎県高千穂の天岩戸神社の両面鈴。両面とも非常に美しい顔立ちです。

RIMG0836_20130824181149367.jpg RIMG0837_20130824181150e1c.jpg
山口県、康重窯の長州土鈴はどれも大ぶりで丁寧な作りですが、それぞれが全く異なる雰囲気を持っていて面白いと思います。


RIMG0831_201308241811524f8.jpg
土佐犬土鈴。若い方にも好まれそうなグッドデザインです。
  
RIMG0840_20130824182343ff6.jpg RIMG0841_20130824182345dfc.jpg
米俵に大福帳に打ち出の小槌。鮮やかな彩色も美しい縁起の良い土鈴です。お正月に飾るのにもいいですね。

RIMG0790_2013082418185657b.jpg RIMG0791.jpg
鰐口鈴。鰐口(わにぐち)とは仏堂の正面軒先に吊りさげてある仏具の一種です。地味ながら味わい深い土鈴です。

RIMG0777_20130824181902c22.jpg
鈴の土鈴。何のひねりもないようですが、真ん中の縄目のところだけ緑の釉薬がかかっていて美しい土鈴です。


RIMG0772_20130824181859bd3.jpg RIMG0773_20130824181901000.jpg RIMG0774_2013082418233985b.jpg
一見粗雑に見えるような狛犬鈴ですが、どの角度から見ても高潔な狛犬で美しいです。土の質感が素直に伝わってくる肌合いもたまりません。

RIMG0854_20130824182340d59.jpg RIMG0855_20130824182342d08.jpg
鹿ですね。黒光りした肌合いと土自体は目の詰まった瓦のような感じです。巧妙ではありませんが、簡潔な線で鹿の形を彫るのは大変な技巧だと感じ入ります。

RIMG0832_20130824183352fd2.jpg RIMG0833_20130824183354878.jpg
龍の絵馬鈴。昨今の干支鈴は何でも可愛らしくつくる傾向がありますね。ウサギや羊はそれでもいいですが、龍や虎などは硬派な感じの方が良いと思います。

RIMG0809_20130824183355058.jpg RIMG0784_20130824183349e76.jpg RIMG0856_20130824183351bf5.jpg
鐘鈴。心休まりますね。


RIMG0815_20130824164719aae.jpg
最後は土鈴の原点に戻って、埴鈴。鹿児島神宮の守り鈴。ちょっと他の土鈴とは趣の違う土鈴です。荒々しいほどの土の質感と鮮やかな朱色はまさに魔除け鈴。神妙に飾りたい鈴です。



いやいや、土鈴は何時間見てても飽きませんね。以上は今回の「土鈴まつり」のほんの一部です。そのほかの土鈴も店頭にてどうぞじっくりお楽しみくださいませ…
page top
防犯柵、ほか入荷
残暑はまだまだ続きますね。8月31日(土)まで『郷土玩具まつり』&『土鈴まつり』開催中です。以下、本日までの入荷分の一部です。





RIMG0684_20130823163455b6a.jpg RIMG0682_20130823163453723.jpg RIMG0686_201308231634573d6.jpg
カラフルなガラスタンブラー3種。






RIMG0687_20130823163458e13.jpg
ニャンコの陶製置物。涼しげな水色彩色のニャンコです。






RIMG0688_20130823163459e1d.jpg RIMG0689_201308231636498c9.jpg RIMG0690_20130823163650f3e.jpg
東洋陶器製のカップ&ソーサー6脚セット、専用スタンド付。ソーサーは長方形で小さなお菓子も一緒にのせられて便利です。






RIMG0692_20130823163652bfe.jpg RIMG0693_20130823163653ac7.jpg
カリタの陶製コーヒードリッパー。1から2人用。コーヒーの着色が目立ちませんからね、まめに漂白したくない人にはいいかもしれませんね。







RIMG0694_201308231636555a0.jpg
悪徳家も腰に携帯している、笛。自転車で走っているときに乱暴運転して接触しそうになった車などに向かって吹くのです。主に警告用。





RIMG0695_20130823164337c3d.jpg
琺瑯の蓋付箱。蓋付容器としても、両方をバットとしても使えて便利です。






RIMG0697_201308231643393b5.jpg RIMG0699_20130823164342d3b.jpg RIMG0698_201308231643415de.jpg
パイレックスのガラスキャセロールとパイ皿。蒸し焼きにする時、中身が見えるというのは心強いものです。







RIMG0700_2013082316434458c.jpg
スケルトン方位磁石、チェーン付。








RIMG0705_20130823164829175.jpg RIMG0707_201308231648309dc.jpg
これひとつで「昔の人」になれる丸眼鏡。






RIMG0710_20130823164835c4b.jpg RIMG0709_20130823164834b11.jpg
ファンシーなピンクサテンのランプシェード。豆球のみを点灯するとすごく愛らしいのです。









RIMG0754_201308231652344fa.jpg RIMG0755_201308231652356e6.jpg
POLA化粧品のノベルティーの鏡。






RIMG0763_20130823165241be7.jpg RIMG0761_2013082316523819b.jpg RIMG0760_20130823165237622.jpg
ハート形のお洒落防犯柵。41センチ×80センチ。同じものが2枚あります。






写真
奥行のある作業机。横幅91センチ奥行60センチ高さ72.5センチ。勉強机にも。






RIMG0763-2_201308231703558dc.jpg RIMG0764_20130823170357afb.jpg
コンパクトな文机。軽くて持ち運びも楽です。






RIMG0765_20130823170358a37.jpg RIMG0766_201308231704015d7.jpg RIMG0767_2013082317084759a.jpg RIMG0769_2013082317085028c.jpg RIMG0768_20130823170848295.jpg
ベトナム人作家のものだと思われる金属製のオブジェ。ジェンダーを感じさせない静謐な作品です。



page top
第2回「土鈴まつり」開催!
我が家の対面のお宅の庭に、真っ白の萩の花が咲いています。5日くらいからぽつぽつ咲き始めて、お盆の3日間は本当に夜空にあがる花火のように美しい白い花の玉が揺れます。そして今朝見ると、ハラハラと散り始めています。桜もそうですが、花の散り始めは大層美しいものですね。お盆と一緒に過ぎてゆく今年の夏を惜しみます。

そしてお待ちかね、お盆が明けたら「土鈴まつり」本日より開催です。

前回は3年も前なんですね。時が経つのは早いものです。前回の倍量くらいはありますかね…大ぶりな作家ものの土鈴も含め楽しい土鈴盛りだくさんでお待ちしております。どうぞお気に入りの土鈴を見つけてくださいませ。なお、弊店では通信販売は行っておりません。日本全国の土鈴ファンのみなさまのご来店をお待ちしております。


「土鈴まつり」 Old Cray Bells Festival !

開催期間      8月17日(土)から31日(土)まで

価格        どれでもひとつ500円

営業時間      午後2時より8時まで

お休み       月曜定休




RIMG0769_201308161552256de.jpg
page top
DATE: 2013/08/13(火)   CATEGORY: お知らせ
お盆休みのお知らせ




8月13日(火)から16(金)まで
お盆休みを頂戴します




休み明けの17日(土)からは、「土鈴まつり」が始まります。
お楽しみに。

page top
森繁の折り畳み椅子、ほか入荷
今年の暑さは、心底こたえますね。生きているのが生きているのがやっとという方も多いことだと思いますが、そんななかでも「郷土玩具まつり」目当てにご来店くださるかたもいっらしゃいまして本当にうれしいことです。以下、本日までの入荷分です。




RIMG0753.jpg RIMG0754.jpg RIMG0755.jpg RIMG0756.jpg 
木製の小引き出し。特筆すべき点はなし、ごく標準的な小引き出し也。





RIMG0757.jpg
真鍮だと思いますが、文鎮。








RIMG0758.jpg RIMG0759.jpg
間仕切りを動かせる、簡易本立て。






RIMG0760_20130808175432893.jpg RIMG0762_20130808175434346.jpg  RIMG0763_20130808175706155.jpg RIMG0764_20130808175707d64.jpg
奥に長ーい整理箪笥。引き出しは2段が2列。





RIMG0765_201308081757095b4.jpg
低ーい腰掛け。モケット張りで柔らかな座面がお尻にやさしいのです。







RIMG0766_20130808175711bcf.jpg RIMG0767_201308081757127ae.jpg
小机。天板のしたに、もう一段テーブルがあるので便利です。コンパクトサイズなので、玄関脇でも、ベッドサイドでも。







RIMG0768_20130808180343d9f.jpg RIMG0769_20130808180344211.jpg RIMG0770_201308081803469ef.jpg
香川県の家具屋、森繁の折り畳み椅子。座面の木が木琴のように縦に並んでいるのが面白いですね。背もたれのくぼみなど、細やかな配慮がなされた椅子です。木質にもこだわりのあるメーカーのようで、40年ほど前のものだと思いますが、狂いも無く堅牢です。

RIMG0771_201308081803489df.jpg RIMG0772_20130808180349691.jpg
畳んでみると感心の美しさ。思いもよらず薄く、無駄な凹凸が一切無くぴったりと折り畳めます。たたむ時も限りなくスムーズ。椅子が勝手に折り畳まれていくような不思議な感覚です。座り心地ももちろん極上。良い椅子です。





RIMG0752.jpg
ソ連バッジ、3種。








RIMG0750.jpg RIMG0751.jpg
さりげなく、こぶりのカフリンクス。






森繁の椅子に腰掛けて、ゆっくりご覧なさいませ。スキャン「郷土玩具まつり」8月31日(土)まで開催中!


page top
横浜SANSHIN灰皿、ほか入荷
ようやく暦の上では立秋を迎えました。暑さがおさまるわけではないのですが、季節の区切りを意識するだけでも自然と日常のなかの秋の気配を探そうとするのが人の心理ではないでしょうか。気持ちの上では秋の準備をしています…


以下、本日までの入荷分の一部です。




1_20130807164949e68.jpg RIMG0677_20130807164950769.jpg RIMG0678_20130807164953efa.jpg
コーヒーサイフォン。






RIMG0678-2_201308071649529ab.jpg
黄色の琺瑯ヤカン。持ち手に竹ひごが巻いてあるのが気が利いてますね。






RIMG0679-2_201308071649557c8.jpg RIMG0680-2_2013080717022251e.jpg
通常よりも小さなデミタスサイズの琥珀色ガラスカップ&ソーサー。







RIMG0679_20130807170221699.jpg RIMG0680_20130807170224ea7.jpg
東洋陶器の猪口。薄手の磁器の猪口を使い慣れていると、陶器のぽってりした厚みがとても新鮮です。







RIMG0681-2_20130807170226ff4.jpg RIMG0682-2_20130807170227273.jpg
花型の氷皿。

RIMG0683-2_20130807170712f1b.jpg RIMG0684-2_20130807170713dc2.jpg
薔薇柄の氷皿。








RIMG0681_20130807170709aad.jpg
シルバー製のマネークリップ、3種。

百貨店などでマネークリップを探しても、なかなか気に入ったものが見つかりませんね。最近の男性は女性が持っているような大きな財布を持っている人も多いですしね。流行らないのか店頭に飾ってもないのです。あるとしても似たり寄ったりで…せっかく持つのでしたら個性のあるものがいいですね。





RIMG0682_20130807170710677.jpg
スタンド灰皿、かつ屑入れ。

RIMG0684_20130807170714ee4.jpg RIMG0685_20130807171253a58.jpg RIMG0686_20130807171255455.jpg RIMG0683_20130807171251936.jpg RIMG0692_20130807171856f51.jpg
今日の真打ちは、ズバリこれ。灰皿の部分には、素敵な色合いのぼってりとしたガラスが入っています。両サイドの持ち手金具など、灰皿につけるには惜しいほど凝ったものが付いていますしね。
RIMG0688_20130807171256655.jpg
しかもこれだけのパーツに分解できるのです。珍品です。












RIMG0687_20130807171836632.jpg
赤被せ切り子のコップとショットグラス。

RIMG0689_20130807171837f1a.jpg
青被せ切り子のショットグラス。







RIMG0693-2_20130807171838e4b.jpg
鋳物のクロンボ灰皿。南国臭ひかえめのグッドデザインくろんぼです。






RIMG0695-2_20130807171840584.jpg
1,5センチのガラス猫。目ん玉が飛び出ているのが可愛いです。






RIMG0693_201308071723011c6.jpg RIMG0694_201308071723029bb.jpg RIMG0695_20130807172304f6d.jpg
海水浴なりピクニックなり行ってください。クラウン印バスケット。







RIMG0696_201308071723057e5.jpg RIMG0697_20130807172307e0e.jpg
カートン工学の双眼鏡。オリジナルケース付。








RIMG0700_2013080717270415c.jpg
カラフルショットグラス。かなり薄手のガラスなので、冷凍庫で冷やした物を入れると、ガラスの表面が薄氷のようになり素敵です。







RIMG0699_20130807172703e1d.jpg
東雲色のガラス小鉢。







RIMG0701_20130807172706f7f.jpg RIMG0702_20130807172707b9c.jpg
ランプ型の鉛筆削り。子供の時、学校に持っていけば英雄だったろうなと思います…









RIMG0704_20130807173159f87.jpg RIMG0703_20130807173158f12.jpg RIMG0705_201308071732018f3.jpg
ガラス細工の犬親子。子だくさんですねー。しかも子犬はみなブチ模様も顔つきもことなりますねー。籠におさまると大変に愛らしいです。







大人だから楽しめる「郷土玩具まつり」
8月31日まで開催中です…スキャン
page top
DATE: 2013/08/06(火)   CATEGORY: お知らせ
「郷土玩具まつり」開催!
お手伝いの猫もヘトヘトになりながら、なんとか間に合いました。いよいよ、本日より「郷土玩具まつり」を開催します。コレクターの方は冷やかしがてら、郷土玩具なんて意味わかんない的な若い世代の方々には物見遊山で…楽しんでいただけたらと思います。


RIMG0725_2013080610460729b.jpg RIMG0723_201308061046033e2.jpg RIMG0703_20130806104633e5a.jpg RIMG0706_2013080610463576e.jpg RIMG0707_20130806104602d73.jpg RIMG0702_20130806104600909.jpg
こけし(伝統・近代)、奈良の一刀彫、大内人形、出雲の虎張り子、きしま山人形など定番玩具から詳細不明なものまで多数展示販売しております。奇特にもお買い上げいただきました方には、ささやかながら…


RIMG0744_20130806105519a40.jpg
選べるプレゼント。
郷土玩具がモチーフになった年賀切手シートを差し上げます。


    


    「郷土玩具まつり」

期間   平成25年8月6日(火)から31日(土)まで

会場   古道具のささや
     福岡県福岡市中央区平尾1−12−2

電話   092−531−4373

営業時間 午後2時より8時まで

お休み  月曜定休
     ならびに8月13日から16日はお盆休みを頂戴します





お盆休み明けの8月17日(土)からは三年ぶりの「土鈴まつり」も併催します。お楽しみにー!
page top
時計モロモロ入荷
時計が続々と修理から帰ってきます。弊店の時計はオーバーホール済みでご購入後6ヶ月は無償修理の保証がつきます。以下、本日までの入荷分です。



RIMG0737_20130803160944d46.jpg
SEIKO レディスウォッチ 17JWELS
手巻き。オーバーホール済み。
ブレスレットのように身につけられる華奢な腕時計です。




RIMG0740_2013080316094805a.jpg RIMG0738_2013080316094593a.jpg RIMG0739.jpg
OMEGA DE VILLE AUTOMATIC
自動巻。オーバーホール済み。1960年代の製品です。オメガ純正。
ベルトと風防ガラスは新しいものに交換しています。



RIMG0742.jpg
CITIZEN 17JWELS
手巻き。オーバーホール済み。防水機能付。




RIMG0745_20130803161558b22.jpg RIMG0744_2013080316155788e.jpg
SEIKO UNIQUE 15JWELS
手巻き。オーバーホール済み。
ベルトは新しいものに交換しています。







RIMG0724_20130803162112967.jpg RIMG0725_201308031621138a8.jpg RIMG0728_20130803162115dae.jpg RIMG0729_20130803162116c6d.jpg RIMG0730_20130803162118036.jpg
懐中時計
国籍、年代不明。手巻き。オーバーホール済み。
組紐付。



RIMG0731_201308031624495d5.jpg RIMG0732_2013080316240534d.jpg RIMG0733_201308031624079f2.jpg RIMG0734_201308031624081d4.jpg RIMG0735_20130803162410a01.jpg
Waltham 懐中時計
米国、ウォルサム製の懐中時計。手巻き。オーバーホール済み。
上のものより一回り小ぶり。長めの組紐付。




RIMG0721_2013080316313193a.jpg RIMG0747.jpg RIMG0722_20130803163132439.jpg
SEKO デジタルアラームクロック
黄色く光る文字が自動調光されます。ハイテク。
page top
DATE: 2013/08/03(土)   CATEGORY: お知らせ
おまつりのおしらせ
頭を鈍器で殴られたのかと思うほどの暴力的な暑さですね。皆さん、大丈夫ですか?夏にお祭りが多いのは、暑さをごまかすためじゃないかと睨んでいます。そこで、弊店でも8月のおまつりをダブルで同時開催します。

       スキャン
     「郷土玩具まつり」
 
期間 平成25年 8月6日(土)から31日(水)まで

九州地方の郷土玩具を中心に、北は北海道まで、様々な郷土の玩具を展示販売します。郷土玩具という言葉の曖昧さから何をイメージして良いかわからないという方も多いことでしょう。地方によっては、ごく当たり前にみんなの家にあるのでそれが郷土色の強い玩具だということに気づかない場合もあると思います。しかし当たり前にあるものが如何にもろく危うい存在であるか、廃絶した玩具の多さによって思い知らされます。郷土玩具はこどものおもちゃにあらず。古の人々の信仰や願望などの強い思いが詰まった玉手箱のような存在だと思います。収集家の方は別にして、心うたれる玩具は人それぞれで異なると思います。今の自分にぴったりと寄り添うてともに願いを叶えてくれる一品をみつけたら、ぜひ身近に置いてかわいがってほしいと願います。



        スキャン
      「土鈴まつり」

期間 平成25年 8月17日(土)から31日(水)まで

3年ぶりです。まさか、第2回があるとは思っても見ませんでした…土鈴も郷土玩具のくくりの中に入るんですが、別格にしてもいいほどに魅力あるものです。前回にも増して、全国津々浦々の土鈴たちを集めてみました。コロコロちりちり、土鈴好きの皆さん!まだお手持ちでない土鈴、以前から欲しかった土鈴に出会えるチャンスかもしれませんよ。夏休み期間中ですから、家族旅行、帰省旅行を利用してぜひお立ち寄りくださいませ。



会場   古道具のささや
     福岡県福岡市中央区平尾1−12−2

電話   092−531−4373

営業時間 午後2時より8時まで

お休み  月曜定休
     ならびに8月13日から16日はお盆休みを頂戴します
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ