「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
格調高い猿、ほか入荷
近頃は、思いもよらず東北や近畿、はては外国など遠方からのお客様にご来店いただきまして感激しております。お店をやってて良かったと思う瞬間です。これからも精進してまいります。

以下、本日までの入荷分です。


RIMG0222_20120329144921.jpg
木製の踏み台。




RIMG0223_20120329144921.jpg
30×50センチくらいのブリキ缶。





RIMG0224_20120329144921.jpg RIMG0225_20120329144920.jpg RIMG0226_20120329144920.jpg
魔法の文化容器「エベレスト・ヂャー」。中身も美品です。温冷どちらでも電気を使わず保温できるので重宝します。




実際に使っていてカッコイイかと問われれば疑問の、米国製のベルトバックル各種。丹田保護には良いかもしれません。

RIMG0227_20120329144920.jpg RIMG0228_20120329145706.jpg
バドワイザー、その一。
RIMG0229_20120329145706.jpg RIMG0230_20120329145706.jpg
バドワイザー、その二。
RIMG0232_20120329145705.jpg RIMG0234_20120329145705.jpg
パイプフィッター。
RIMG0235_20120329145705.jpg RIMG0236_20120329145711.jpg
ワールドグレイテストファイヤーマン。






RIMG0237_20120329150741.jpg RIMG0239_20120329150740.jpg
青いハリケーンランプ。






RIMG0240_20120329150740.jpg RIMG0241_20120329150740.jpg RIMG0242_20120329150740.jpg
鍵、いろいろ。ハート形のもあったりして面白いのです。







RIMG0243_20120329151028.jpg RIMG0262_20120329151028.jpg RIMG0245_20120329151027.jpg RIMG0247_20120329151027.jpg
東洋陶器のモダーン柄カップ&ソーサー。昭和8年商標登録の国内向け高級食器用の裏印。高級と言うだけあってか貫入もなく滑らかな素地で美品です。KOKURA WARE。






RIMG0250_20120329151027.jpg RIMG0251_20120329151027.jpg
ギンガムチェックの香蘭社お湯呑。






RIMG0258_20120329152509.jpg RIMG0259_20120329152509.jpg
「格調高い猿」という文句に心揺さぶられる鋳物の灰皿と栓抜きセット。
RIMG0253_20120329152508.jpg RIMG0254_20120329152508.jpg RIMG0255_20120329152508.jpg
仲睦まじい3匹の親子猿が高岡伝統工芸の奥義で表現されている美術鋳物です。しかも実用品。
RIMG0256_20120329153213.jpg RIMG0257_20120329153213.jpg
猿の肩車栓抜き。今流行の家族の絆ですか?猿好きにはこたえられませんね。
page top
丸型トランジスタ時計2種、ほか入荷
季節が逆戻りのような寒さですが、確実に春はやってきていますね。存分に楽しみたいものです。



以下、本日までの入荷分です。


RIMG0232_20120325162947.jpg RIMG0231_20120325162948.jpg RIMG0228_20120325162948.jpg
CITIZEN(シチズン)のトランジスタクロック、モデルCO200-A184。直径30センチ、厚みは5センチ。

遠目にも見やすい壁掛け時計の真打ち。単2電池ひとつで動く経済的な時計です。滑らかなクオーツとは異なり、独特の小刻みな針の動きが妙味。文字盤の枠鉄(スチール)製。しかも海老茶色。軽薄な赤ではなく、渋めの海老茶が急所。古めかしい色合いがよいです。横から見たらわかるように風防ガラスはなだらかな丸みがついてます。アルミ打ち抜きの立体プレスされた針のデザインも面白いです。オーバーホール済み。



RIMG0223_20120325162950.jpg RIMG0224_20120325162949.jpg RIMG0225_20120325162949.jpg
SEIKO(セイコー)のトランジスタクロック、モデルTTX-609。直径35センチで厚みは6センチ。

こちらも単2電池ひとつで動きます。シルバーとアイボリーのツートンカラー。秒針の動きはシチズンに比べ、さらに小刻み。昔の工場等で使われた装飾性を排したデザインがかえって新鮮です。枠のシルバーの部分は鉄(スチール)製。長針、短針ともにアルミの立体的な作りです。こちらもオーバーホール済み。







RIMG0240_20120325164730.jpg RIMG0241_20120325164730.jpg 
あなたのお料理を楽しくさせる、サンコーウェアーの高級硬質ホーロー鍋。両手鍋と片手鍋。琺瑯もいろいろですが、ここのは特に厚い鉄板を使っているので少し重めですが、熱回りはムラがなく高品質です。






RIMG0246_20120325164728.jpg RIMG0244_20120325164729.jpg RIMG0245_20120325164729.jpg
1962年に鳴海製陶から発売された超耐熱ガラス食器の「クックマスター」シリーズ。

ここのウリはネオセラムと言う素材ですが、特殊ガラスの原料に宝石としても名高いジルコンを加え、高熱処理を施した結晶化ガラスです。直火、オーブン、電子レンジ、いずれも使用可能なのがいいですね。土鍋よりも早く暖まり、アルミ鍋よりも保温性が高いので、使い勝手は良いです。鋼よりも堅い素材なので焦げ付きなどを取ろうと思い金タワシでこすると逆に金タワシが削れて色が付着します。頑固な汚れは漂白剤につけたほうが簡単に取れます。ガラス蓋付なので中身が見えてお料理初心者の方にもおすすめです。

RIMG0249_20120325170154.jpg RIMG0250_20120325170153.jpg RIMG0251_20120325170153.jpg
専用ながら珍妙なビビッドなブルーの鍋敷き付。さらに安直な名前のスーパーハンドルもあります。両手鍋も片手鍋に大変身…





RIMG0256_20120325170152.jpg RIMG0257_20120325170151.jpg RIMG0254_20120325170152.jpg
保谷クリスタル(ホヤクリスタル)のセカンドライン…つまり、ご家庭用セミ・クリスタル食器。大鉢と小鉢。すべてバラ売りです。

page top
千鳥式手提げ金庫、ほか入荷
雨の一日、野良猫どもも遊び足りずに家の中で大運動会です。以下、本日までの入荷分です。





RIMG0225_20120323143145.jpg RIMG0226_20120323143145.jpg
鶴が飛ぶ和風の四角い乳白ガラス電傘。





RIMG0227_20120323143144.jpg RIMG0228_20120323143144.jpg RIMG0229_20120323143143.jpg
木製のシャッター式文箱。インク壺はガラス製です。女性ならジュエリーボックスとしても使えますね。ネックレスなども長いまま絡まず収納できます。市販のジュエリーボックスってなぜかとってもお姫様スタイルなので困ります。






RIMG0230_20120323143142.jpg RIMG0232_20120323143742.jpg RIMG0231_20120323143742.jpg
釘を使わずきちんと木を組んである小引き出し。引き出しの厚みが全部違います。つまみはベークライトのようです。






RIMG0253_20120323143916.jpg RIMG0237_20120323143741.jpg RIMG0238_20120323143741.jpg 
ちいさな三脚、PRIMO。






RIMG0239_20120323143740.jpg RIMG0241_20120323143740.jpg
タスコのサバイバルナイフ。






RIMG0241 (2) RIMG0242 (2) RIMG0244 (2)
年季の入った戦前の千鳥式手提げ金庫。その名の通り、千鳥が愛らしいのです。







RIMG0242_20120323144403.jpg
木製コートハンガー、2種。






RIMG0243_20120323144403.jpg RIMG0244_20120323144402.jpg
琥珀色のガラスカップ&ソーサー。デッドストックです。







RIMG0245 (2)
牛乳石鹸缶。








RIMG0245_20120323144740.jpg RIMG0246_20120323144740.jpg
水色のガラスランプシェード。点灯時はわかりづらいですが、ひょろーっと長いガラスです。すっぽりと電球を覆うデザインですので目に優しく寝室などにおすすめです。






RIMG0248_20120323144739.jpg RIMG0252_20120323144739.jpg
白と水色のマーブル模様のガラスランプシェード。お部屋の中に空があるようで心も明るくなります。






RIMG0254_20120323144738.jpg
お花見のお供に。菜の花色の重箱タッパーウェア、2種。
RIMG0256_20120323145234.jpg RIMG0257_20120323145233.jpg RIMG0255_20120323145234.jpg
普段は1段ずつバラバラにも使えますし、お花見や運動会などには重箱として重ねて使用できます。なんといっても両サイドを束ねる独自のバンドが素晴らしいです。汁気の多いおかずが入っていようともたとえ振りまわしたとしても安心です。風呂敷に包まずとも取っ手があるしね。

大きさは、3段のほうが17センチ四方。2段のほうが22.5センチ四方。







RIMG0258_20120323145814.jpg RIMG0259_20120323145813.jpg
ツルマル印のアルマイト製Big水筒。





RIMG0260_20120323145813.jpg RIMG0261_20120323145812.jpg RIMG0263_20120323145811.jpg
ノリタケの春色モダーンカップ&ソーサー。ピンクとグレーの組み合わせがなんとも春らしく。コンデンスミルクを添えたいちごのババロアなどを盛りつけても良いですね。






RIMG0265_20120323145810.jpg RIMG0266_20120323150209.jpg RIMG0267_20120323150209.jpg
アルマイトお弁当箱、各種。






RIMG0270_20120323150208.jpg RIMG0272_20120323150208.jpg
春なのでアルマイトお玉ももれなくピンクで。






RIMG0273_20120323150207.jpg RIMG0274_20120323150207.jpg
虚をつかれたような表情の携帯こけし耳かき。






RIMG0276_20120323150458.jpg RIMG0275_20120323150458.jpg
利徳さん用の煤竹耳かき。工芸品の美しさ。



検索で弊店のブログへ辿り着いたかたが、わざわざ電話をかけてきて「こんなものまで売ってるんですか」と呆れられることがあります。しかし、こちとらそれが生きがいでもありオマンマのもとでもあるわけです。






RIMG0277_20120323150457.jpg RIMG0278_20120323150457.jpg
引き出しが3つついているように見えるコーヒーミル。しかし、最上段の引き出しはなんと目眩ましのダミー引き出し。なので実質は2段の引き出し付なのです。








RIMG0279_20120323150456.jpg RIMG0280_20120323150456.jpg 
ハンドル付のブリキバスおもちゃ。(株)一晃製。made in Japan表記あり。全長45.5センチ。
RIMG0281_20120323151811.jpg RIMG0282_20120323151810.jpg RIMG0284_20120323151811.jpg
運転手は男前の日本人。乗客はおしなべて外国人風。

page top
腕時計各種、入荷
春風に国旗もはためく春分の日、みなさま如何お過ごしでしょうか。本日ご紹介するのは直近に入荷分の腕時計各種、そのほか丸椅子など小ぶりな家具類も店頭に入荷しております。



RIMG0224_20120320162403.jpg
オメガのconstellation(コンステレーション)オートマチッククロノメーター。

精度を極めた実用性の高い時計として有名ですね。コンステレーションとは星座の意味ですが、同時に美しいものの集まり、きらびやかな人々の群れ、などの意味もあります。いわゆる世界のセレブリティに人気があるのも納得の時計です。実用時計の最高峰として世代を問わず人気があります。





RIMG0227_20120320162401.jpg RIMG0233_20120320162401.jpg
シチズンのオートデーター。曜日が文字盤中央にあるタイプでおもしろいです。19石の自動巻き。






RIMG0228_20120320162400.jpg RIMG0234_20120320162400.jpg
同じくシチズンのクリスタルセブン。風防には、国産初のクリスタルガラスを採用の薄型モデル。昭和40年発売ですが、このころは石の数を競う風潮があり、これも33石。





RIMG0229_20120320165418.jpg RIMG0233_20120320162401.jpg
セイコーの5ACTUS(アクタス)SS。 ここまでの時計はすべてオートマチック(自動巻き)。








RIMG0230_20120320165419.jpg RIMG0237_20120320165421.jpg
セイコーのシルバーウェーブのダイバーズウォッチ。クオーツです。





RIMG0231_20120320165419.jpg RIMG0238_20120320165420.jpg
セイコー5に似たタイプⅡ。これもクオーツです。






以上の時計はすべて時計修理専門の技術者によるオーバーホール済みです。当店のオーバーホール済みの時計をお求めいただいた方には、6か月間無償修理の保証書をお付けしております。それ以後のメンテナンスも有料にて承りますので詳細は店頭にてお尋ねくださいませ。
page top
1点モノの電傘…
春らしい暖かな雨の日曜日ですね。春に降る細かな雨を春雨といいますが、緑豆でんぷんで作った透明な糸状の食品の名前も、もとはここからきているそうです。たしかにたおやかでさめざめと降る雨の様子。言い得て妙のたとえですね。

今日ご紹介しますのは、弊店では珍しくいわゆる「作家モノ」です。弊店はギャラリーではないので、一個人の方がつくっておられるモノを展示販売することはしておりません。ですが本日ご紹介しますのは、昔のプレスガラスを使った非常に希少価値の高い電気シェードです。


RIMG0260_20120318160013.jpg
大正期の透明なプレスガラス5パターンを贅沢に使った電傘。電球の光を通して様々なパターンが浮かび上がりえも言われぬ美しさです。プレスガラスは味わいのある風合いから愛好する人も多く、窓辺にそのまま飾ったり建具にはめ込んだりというのは良く見ますが、電傘にするというのは素晴らしい発想だと思いました。よく見かける「古い○○を使って作った××」というのは、稚拙な技術と素材への過信が甘えとなって中途半端な仕上がりのものが多いのですが、この製作者の方は実に真摯に素材と向き合っているのが伝わってきます。完全に素材を生かしきっていますね。

RIMG0258_20120318160013.jpg
エ字形の断面を持つ鉛のリムを用いてガラスの小片を結合する、ステンドグラス(stained glass)の技法で作成されています。ステンドグラスといえば、いろとりどりのガラスをちりばめた工芸品を思い浮かべますが、単色で構成されると現代建築にもすんなりと馴染む非常に洗練された美しさが漂いますね。

RIMG0259_20120318160012.jpg
古い板ガラスは年々少なくなる一方ですし、価格もそれに比例して安価に手に入るものではありません。遠方の骨董市などへも足を運んで少しづつガラスを蒐集なさっているということでした。当然同じ模様、色柄のガラスは同じものなどまずありません。貴重な材料を使って作る電傘はまさに1点モノです。華美ではないのに完成された美しさで存在感のある電傘に仕上がっています。お部屋の主役として飾りたい一品です。



製作者の方の意向によりましてこの場では作家名などは記載いたしませんが、今後の活動、展示会などに行ってみたいという方がいらっしゃいましたら店頭でお問い合わせくださいませ。
page top
縁起の良いレジスター、ほか入荷
今日、望雲の鶴田さんとも話してたんですが、この時期の雨は桜が咲くために必要なんだよね…。そう思えば洗濯物が乾かないイライラも抑えられるという話です。



以下、本日までに入荷分の一部。



RIMG0225_20120316171841.jpg RIMG0222_20120316171841.jpg
あずきバーを彷彿とさせる色合いがいかにもレトロなレジスター。「今度、カフェをはじめるんです!」という若い御仁に人気です。

RIMG0223_20120316171840.jpg
右端の文字列を縦に読むと、ミ・セ・サ・カ・エ。→店栄え。商売繁盛、どうぞ栄えますように…







RIMG0226_20120316171840.jpg RIMG0228_20120316171839.jpg
帽子掛け、兼コート掛け。





RIMG0230_20120316171839.jpg RIMG0232_20120316173757.jpg RIMG0240_20120318163033.jpg
木製の水色ペンキ塗り整理棚。サイズは横幅72.5センチ高さ94センチ奥行き22.5センチ。横4列縦6列の全24枡。もとは工具の整理棚として使われていたものです。見せる収納や陳列棚、引き出しがないのでサッと取り出せますから実用的な整理棚としてお使いいただけます。余談ですが、最近はこの手のペンキ塗り家具を「シャビーな家具」と呼ぶそうです。

shabby…形容詞 (衣服、帽子などが)使い古した、着古した、ボロボロの、すり切れた、傷んだ。(住居、場所などが)古ぼけた、むさくるしい

なるほど、つまり「ボロボロに使い古したむさくるしい家具」って言うことかぁ…って、わかりづらく耳触りの良いカタカナ名の政策を連発する政府のようです。すり替え!問題のすり替え!当店で扱っている家具を自らシャビーな家具だとは断じて言いたくない。ただのペンキの剥げた木製家具、で良いじゃないかと思う所存です。
page top
ガラス食器、ほか入荷
今日までに入荷分の実用的なガラス食器類、台所まわりのアレコレ、の一部をご紹介します。このほか毎日随時商品入荷中です。どうぞお散歩がてらお立ち寄りくださいませ…




RIMG0252_20120315180820.jpg RIMG0251_20120315180820.jpg
青被せ切子の冠水瓶。






RIMG0253_20120315180819.jpg
ガラスの冷酒器セット。梅が満開ですが、外で花見をするにはまだまだ寒いですね。窓ごしに、あるいは梅の一枝と共にご自宅で、梅見酒と行きたいところです。





RIMG0255_20120315180819.jpg
ガラス調味料入れ。






RIMG0257_20120315180818.jpg
レモン型の陶製小皿。赤いパイピングが愛らしいです。






RIMG0258_20120315180818.jpg RIMG0260_20120315181534.jpg RIMG0262_20120315181534.jpg
撫子と茄子、という絶妙な秋の文様の組み合わせプリント柄洋皿。東洋陶器製でKOKURA JAPANの刻印あり。








RIMG0278_20120315181533.jpg
★型のガラス鉢、キャンディーカラーな6色。デッドストックです。







RIMG0279_20120315181533.jpg RIMG0280_20120315181532.jpg
5月の色、力強い若芽の色のマルティグラス鉢。

優雅な形、深みのある色、量感のある美しさ、マルティグラスならではの味わいです。福岡を代表するすぐれた工芸品ですが、昔は、かの東京銀座は服部時計店でも日本の最高級の工芸5社の内の一つとして取り扱いがなされていました。





RIMG0281_20120315181529.jpg RIMG0282_20120315182742.jpg RIMG0283_20120315182741.jpg
蛍光色のレモンイエローの鉢。上越クリスタル硝子製のクラタ・クラフト・グラス。取っ手をつけて菓子鉢としても使えます。

人間の意志がガラスを左右するのではなく、伸びようとするガラスと呼吸を合わせて作られるのがクラタ・クラフト・グラスなのです…というだけあって、特許の伸展法と呼ぶ独自の方法を使って作られた独自性の高い工芸品です。




RIMG0284_20120315182741.jpg RIMG0285_20120315182740.jpg
口当たりの良い薄手のボーンチャイナ製マグカップ。






RIMG0286.jpg
トリスエクストラのショットグラス。





RIMG0287_20120315182739.jpg
カットの美しい脚付グラス。いつもの紙カップ入りアイスクリームも、ほんのひと手間かけてアイスクリームディッシャーで掬って盛りつければ素敵なデザートになります。少しの手間で生活を楽しく。







RIMG0288_20120315184200.jpg
10センチ弱の小ぶりなフルート型グラス。最近はひとり用にピッコロサイズのちいさなシャンパンやスパークリングワインも豊富に揃いますね。ストローで飲むのもよいですが、グラスで泡を楽しみたい人にはおすすめです。





RIMG0289_20120315184159.jpg
赤玉じゃなくて、白玉のポートワイングラス。






RIMG0290_20120315184159.jpg
リキュールグラスも夫婦揃いで。夫婦ともにお酒好き、または飲む量が同じくらい、というのは幸せなことですね。食後に甘いお酒を飲みながら語らうひとときは至極のものです。







RIMG0291_20120315184158.jpg
ベーシックなマティーニタイプのカクテルグラス。らせん状に白い筋が入っているので目盛り代わりにもなって便利です。







RIMG0292_20120315184158.jpg
タンブラーは古いものだと同じものでなくバラバラのデザインのものを少しずつ買い足すのも楽しみの内ですね。チェイサー用に炭酸やおいしいお水など気分によって合わせます。






RIMG0295_20120315184157.jpg
オーシャンウイスキーのプリントコップ。





RIMG0296_20120315185705.jpg
赤が効いた切子の塩入れ。





RIMG0297_20120315185705.jpg
カットのシャープな紫のガラス皿。





RIMG0300_20120315185703.jpg
12センチほどの大きめ、シンプルな装飾なしの透明ガラスの醤油差し。






RIMG0302_20120315185703.jpg
Black&White、モダーン柄の角皿。






RIMG0299_20120315190224.jpg
灰色の大きな格子柄ご飯茶わん。洋食器をメインにご飯を食べるときにも食卓の雰囲気を壊さないお茶碗です。





RIMG0303_20120315190223.jpg RIMG0304_20120315190222.jpg
大き過ぎず小さ過ぎず、美しいパターンのプレスガラス鉢。丁寧に作ったポテトサラダを盛りたいですね。余談ですが、ポテトサラダって各家庭によってバリエーションに富んでいるので、よそのお宅のモノを食べるとショックを受けることがあります。やっぱり自分の家のポテトサラダが一番だと皆思っているのではないでしょうか。






RIMG0305_20120315190222.jpg
手のひらにすっぽりの小ぶりな陶製の大根形薬味おろし。そのまま食卓へ出したくなる愛らしさです。





RIMG0306_20120315190222.jpg
白い琺瑯びきのボウル、入れ子式に4サイズ。赤のパイピングラインがイナセ。
page top
整理箪笥、ほか入荷
まだ風が冷たいものの、猫もご機嫌の良い陽気です。ようやく梅が満開のようですが、そろそろ桜のお花見の予定も立てなければなりません。春は忙しいですね…


以下、本日までに入荷分の一部です。





RIMG0222_20120313163813.jpg RIMG0224_20120313163812.jpg
上質な木製の5段整理箪笥。引き出しのつまみも木で出来ています。いわゆる小引き出しをふた回りほど大きくしたようなものですが、横幅47.5センチ高さ75センチ奥行き45.6センチ。

最近は住居に作りつけのクローゼットが増えた影響か、箪笥を所有しない人が増えていますね。昔は嫁入り道具の代表でもあった箪笥ですが、残念なことです。わたくしは知人に譲られた一間物の桐箪笥を使っていますが、我家にいらしたお客様が必ず褒めてくださるのもこの箪笥です。特に女性陣は、いつかは私も…と仰る方が多いです。邪魔になろうとも、ほんとは箪笥好きなんですよね。





RIMG0225_20120313163812.jpg
カラフルなメラミン合板の整理箪笥。

上記のものと全く違う趣ですが、子ども部屋や、チープシックな装いがお好みの方のインテリアには良いと思います。暮しというのは、どこかに見本があるわけでもなく本当に自分の好きなものに囲まれるのが一番だと思います。本当に自分の好きなテイストを見つけるのには、時間もお金もかかるんですけどね…サイズは横幅64.5センチ高さ92センチ奥行き36.5センチ。







RIMG0227_20120313163811.jpg RIMG0254_20120313165925.jpg
左はブラザーのミシン缶。右はジューキのミシン缶。





RIMG0228_20120313163811.jpg RIMG0230_20120313170053.jpg RIMG0231_20120313170123.jpg
アルミの銭湯用湯桶。小ぶりでずっしり重い湯桶です。底面にはゴムがはめ込んでありタイルにあたっても音がしないようになっています。久しぶりにこれを持って銭湯へ行きたくなります。






RIMG0233_20120313170053.jpg RIMG0234_20120313170052.jpg RIMG0235_20120313170052.jpg
和洋折衷の湯呑と土瓶のセット。デッドストックです。洋風な花柄は良く見ると菊に牡丹。高級感は満点です。

RIMG0236_20120313170051.jpg
NIKKO(日本硬質陶器)製。






RIMG0237_20120313170638.jpg RIMG0238_20120313170637.jpg RIMG0240_20120313170636.jpg RIMG0239_20120313170637.jpg
繊細な松ぼっくり柄の菓子鉢、銘々皿、急須のセット。デッドストックです。急須は、こんなにモダーンデザインなのに取っ手無しの宝瓶(ほうひん)タイプで珍しいです。いつもよりちょっといい茶葉でお茶したくなります。





RIMG0241_20120313170636.jpg RIMG0242_20120313170635.jpg RIMG0244_20120313172431.jpg RIMG0245_20120313172431.jpg

里芋の葉のような陶製の長皿、銘々皿、二股フォーク、ナイフのセット。デッドストックです。ハート柄にも見えますね。ホワイトデーのお返しを用意してない男性諸君よ、如何でしょうか?裏面は意外な艶ありブラック。






RIMG0307_20120313174950.jpg
おさるフック。






RIMG0308_20120313174949.jpg
なぜかよく売れる、Bigクリップ。






RIMG0309_20120313174949.jpg
ファンシーな金色のカギ。
page top
ドクターズバッグ、ほか入荷
今日は、東日本大震災からまる1年の日。あらためて、生きるという意味を考えるきっかけとなりました。考えること、実行すること。大事に過ごしたい一日です。


以下、本日までの入荷分の一部をご紹介。


RIMG0223_20120311150137.jpg
角にすっぽり、傘立て。






RIMG0224_20120311150136.jpg RIMG0225_20120311150136.jpg RIMG0226_20120311150135.jpg
どこかで見たような…と思ったら、暮しの手帖に影絵の絵本で連載の藤城清治さんの絵。アルコの洗剤缶。





RIMG0227_20120311150135.jpg
ノーマルな5段小引き出し。





RIMG0229_20120311150134.jpg RIMG0231_20120311150514.jpg
スリッパ立て、あるいはマガジンラック、あるいはワインラックに…





RIMG0232_20120311150513.jpg
薄い引き出し付の卓上簡易本立て。







RIMG0233_20120311150513.jpg
花台。






RIMG0234_20120311150512.jpg RIMG0235_20120311150512.jpg
変形3段に4つの小引き出し。






RIMG0236_20120311150511.jpg RIMG0237_20120311150824.jpg RIMG0238_20120311150823.jpg
軽金属製出前箱。浅草、かっぱ橋メイド。






RIMG0239_20120311150823.jpg RIMG0240_20120311150822.jpg
衣服掛け兼帽子掛け。95センチ×6センチ。フックは4つ。






RIMG0241_20120311150822.jpgRIMG0242_20120311150821.jpg
華麗な装飾の双眼鏡。オキュパイドジャパンの刻印あり。







RIMG0245_20120311151317.jpg RIMG0246_20120311151317.jpg
オリンパスペンEE。現状です。







RIMG0247_20120311151316.jpg
シャチハタのスタンプパッド。





RIMG0251_20120311151316.jpg
質実剛健な革トランク。アンティーク加工には出せない素直な経年の美しさ。







RIMG0252_20120311151315.jpg RIMG0253_20120311151315.jpg RIMG0254_20120311152049.jpg
飴色のドクターバッグ。お医者さんでなくとも、大きく開いて中身が一望できるボストンバッグとして、男女問わず人気の鞄です。とくに古いもので探すとなると、状態や大きさ、皮の色合いなど、同じものはふたつとありませんし、一期一会で出会い物。愛着の湧く一品となってくれるでしょう。








RIMG0255_20120311152049.jpg
韓国の仮面劇に似たモチーフの鈴。






RIMG0256_20120311152048.jpg RIMG0257_20120311152048.jpg
地場、福岡のマルハ楽器製のウクレレ。






RIMG0258_20120311152047.jpg RIMG0259_20120311152047.jpg RIMG0261_20120311153548.jpg
寸足らずのコンパクトな21日巻時計。ブラウン、モスグリーン、オレンジの絶妙にお洒落な配色。テレビを思わせる文字盤のカット。あまりの軽妙洒脱さにトランジスタかと思いますが、古風な手巻き。ひねりの効いた佐藤時計製です。

page top
ノリタケのカトラリーセット、ほか入荷
菜種梅雨にはまだ早いですが、梅雨のはしりのようなお天気ですね。お天気の合間をぬって仕上げた家具類も順次入荷中です。以下、今日までに入荷した商品の一部をご紹介します。




RIMG0283_20120308160253.jpg RIMG0284_20120308160253.jpg RIMG0285_20120308160252.jpg
ノリタケ製のカトラリーセット。ステンレス製のディナーナイフ、フォーク、スプーン、コーヒースプーンが各6本ずつセットになっています。デッドストック。ついついバラバラに集めてしまいがちなカトラリーですが、急なお客様の時にあわてないで済むように、大人のたしなみとして同じもので複数本は揃えておきたいものです。





RIMG0287_20120308160251.jpg RIMG0288_20120308160251.jpg RIMG0289.jpg
直径30センチほどのノリタケ、ローズチャイナの脚付キャセロール。このまま直火にはかけられませんが、あらかじめ温めておいてロールキャベツなどの盛り付けたり、お茶会の時にクッキーやフィナンシェなどの焼き菓子を盛ると映えますね。
RIMG0290_20120308161153.jpg
第2次大戦後に輸出向け磁器食器につけたれたローズチャイナマークですが、物資の不足などから戦前のノリタケチャイナの品質には及ばなかったものについているとされています。これはオキュパイドジャパンなのでまさに占領下の時のものです。状態も良いですがデザインもなかなかに洒落たものです。






RIMG0292_20120308161152.jpg RIMG0293_20120308161152.jpg
NIKKO風のデザインのキャセロール。これは磁器ではなく陶器製です。直径はひとまわり小ぶりな20センチほどです。





RIMG0300_20120308162321.jpg RIMG0302_20120308162321.jpg RIMG0303_20120308162837.jpg
NIKKO(日本硬質陶器)のカップ&ソーサー。藍と白の清々しさが何となく浴衣を連想させるような洋風デザインながら和の印象も残す独特の作風です。陶器特有の貫入が見られますが、肌合いのやわらかみが魅力です。







RIMG0304_20120308162837.jpg RIMG0305_20120308162836.jpg RIMG0306_20120308162836.jpg
英国のwoods&sons製ティーセット。古典的なイギリス的田園風景です。同じ青と白でもこちらの青は明るい青で華やかな印象です。







RIMG0291_20120308161151.jpg
ガラスピッチャー。






RIMG0294_20120308161151.jpg RIMG0295_20120308161150.jpg
曽我ガラスの透明大小ガラス鉢のセット。






RIMG0325_20120308162454.jpg RIMG0298_20120308162322.jpg RIMG0299_20120308162322.jpg
ブロックガラスのような角皿、ジョッキ、丸小皿シリーズ。






RIMG0296_20120308162323.jpg RIMG0297_20120308162323.jpg
円盤状の柳葉色のタッパーウェア。中に水切り網上の仕切り付。







RIMG0309_20120308162835.jpg
大きな鏡1メートルほど。






RIMG0310_20120308164700.jpg
縦長の縁なし鏡、吊り提げ式。








RIMG0312_20120308164700.jpg RIMG0311_20120308164659.jpg RIMG0314_20120308164659.jpg
透明のプレスガラス大鉢、ふたつ。







RIMG0316_20120308164658.jpg
ハリオのガラス土瓶。フレッシュなハーブやフルーツを使った魅せるお茶や、そのまま冷やして冷酒にもおすすめです。






RIMG0317_20120308164658.jpg
実用派、アデリアのリキュールグラス。食前のパスティスや食後のブランデー、また紹興酒にもおすすめです。最近、食事をより楽しむための食前酒、食後酒にハマっています…





RIMG0318_20120308165347.jpg
ヘルメスウイスキーのガラス製シェーカー。






RIMG0319_20120308165347.jpg RIMG0321_20120308165346.jpg RIMG0320_20120308165346.jpg
赤被せガラス切子のヴィネガー入れと丸小皿のセット。自家製の作りたてアツアツのフィッシュ&チップスに添えて…






RIMG0322_20120308165345.jpg RIMG0324.jpg
カップは真っ白、ソーサーはブルーグレーのお洒落な配色のカップ&ソーサー。カップとソーサーが別の色ってありそうでないデザインですね。
page top
バイブレーターSV-Ⅰ型、ほか入荷
小物雑貨類、随時入荷中です。


RIMG0225_20120302180750.jpg
ハンドミキサーによく似た、ナショナルのバイブレーターSV-Ⅰ型。
RIMG0226_20120302180750.jpg
孫   「おばあちゃん、バイブレーターしてあげるよ。」
祖母 「おやおや、ありがとう、いーい気持ちだよ。」








RIMG0263_20120302181808.jpg RIMG0232_20120302180748.jpg
ぴ、ぴ、ぴーよこちゃんの二股フォーク。






RIMG0265_20120302181807.jpg RIMG0266_20120302181807.jpg RIMG0236_20120302181806.jpg
リアルなフォックステリアのビクターマグカップ。

RIMG0237_20120302181806.jpg
清水焼でしょうか。



RIMG0228_20120302180749.jpg RIMG0227_20120302180749.jpg RIMG0229_20120302180748.jpg
ミノルタセミPですか?シャッターはコーナンフリッカー。現状です。







RIMG0240_20120302181805.jpg
槌目の美しいシェーカー。





RIMG0238_20120302182823.jpg RIMG0239_20120302182823.jpg
ビクターワンコの置物。12センチほど。





RIMG0241_20120302182824.jpg
目がねー、目の玉だけが妙に立体的で、カタツムリの飛び出す目を思わせる微妙にキモチワルイ犬の置物。





RIMG0242_20120302182822.jpg RIMG0243_20120302182822.jpg RIMG0245_20120302182821.jpg
シュッとしてシャーっとなった格調高い真っ白のポット。容量は1.5Lくらい入るんじゃないかと思います。ビッグサイズ。ノリタケ製。







RIMG0246_20120302183314.jpg
琥珀色ガラスの蓋もの。





RIMG0247_20120302183314.jpg
一センチくらいの緑石のサイコロ。






RIMG0248_20120302183313.jpg
角ばったワイングラス。






RIMG0252_20120302183312.jpg RIMG0251_20120302183313.jpg
ニッサンのオペラ石鹸の缶。内蓋に美人付。






RIMG0253_20120302183312.jpg RIMG0254_20120302183703.jpg
ライオン歯磨き粉の緑缶。





RIMG0261_20120302183702.jpg
箱のほうがお洒落なリトルフォーク。







RIMG0256_20120302183702.jpg
2段式の木製踏み台。







RIMG0268_20120302183701.jpg
木の壷、各種。

RIMG0269_20120302183701.jpg RIMG0270_20120302183700.jpg RIMG0271_20120302184034.jpg
1センチ弱の細長い穴が空いています。






RIMG0273_20120302184032.jpg
琺瑯の洗面器。






RIMG0275_20120302184030.jpg
春らしい黄色のガラスマグカップとコップ。








RIMG0276_20120302184030.jpg RIMG0277_20120302184028.jpg
エジプシャンな煙草入れ。

gg.jpg
エジプシャンマウにそっくりなスポテッド落子。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ