「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
水屋箪笥、ほか入荷
毎日続々商品入荷中です。





RIMG0152_20120226142135.jpg
動かすにもとかく便利な、2段積みの食器棚。サイズは高さ168センチ横幅91センチ奥行き40センチ。

RIMG0153_20120226142135.jpg RIMG0154_20120226142134.jpg RIMG0155_20120226142134.jpg
ハイスペックな一品でして、細かく分割された収納棚に引き出し、腰の高さにはスライド式テーブルが出てきます。しかも、一枚板ではなく縦に2分割、痒いところに手の届く親切設計です。







RIMG0149_20120226142133.jpg
ファンシーなカギ。

余談ですが、以前にバレンタインデーに男の子にあげるチョコと一緒に小さな鍵をいれる、という知人がおりました。「私の心の扉を開けてね」的なアプローチなんだそうですが、その執念というか日蔭の情念のようなものが感じられ何だか恐ろしい女だなと思った覚えがあります。






RIMG0180_20120226142133.jpg RIMG0181_20120226143439.jpg
地球儀くろんぼこけし。胴体の地球儀は回転します。台座には「祐徳」と書いてありますけど、祐徳稲荷神社のおみやげではないだろうなと…






RIMG0182_20120226143438.jpg RIMG0183_20120226145153.jpg
三菱信託銀行のソフビ人形、動物野球シリーズ。デッドストックで袋に入っています。ブタのようなネズミのような…歴代の記録保持者の名前とか能書きの書いてある紙も同梱。





RIMG0185_20120226143438.jpg RIMG0186_20120226143437.jpg
1972年(昭和47年)4月1日に福岡市が政令都市に指定された記念の灰皿。東雲色の厚手のホヤガラス製。






RIMG0190_20120226143436.jpg
細長いセルロイドの歯ブラシケース。





RIMG0191_20120226150338.jpg
10センチほどの小ぶりなサビ缶ケース。





RIMG0192_20120226150337.jpg
ライオン歯磨き粉の銀色のケース。





RIMG0197_20120226150336.jpg RIMG0198_20120226150335.jpg
薄くて丸いガラスコップ、4色。






RIMG0199_20120226150335.jpg
カットの入ったガラスのシュガーポット。






RIMG0201_20120226150335.jpg RIMG0202_20120226150811.jpg
水色のプレスガラスゴブレット。





RIMG0203_20120226150810.jpg RIMG0204_20120226150810.jpg
白磁のシェービングマグ。






RIMG0205_20120226150809.jpg
花柄のガラスコースター。






RIMG0206_20120226150809.jpg
青のガラス小鉢。





RIMG0207_20120226150808.jpg RIMG0208_20120226151126.jpg
カジュアルセラム、ギャラクシーのマグカップ。ファインセラミックスの独特のさらりと粉っぽい質感が魅力です。







RIMG0209_20120226151125.jpg
小皿が6枚と深鉢、薬味入れと汁注ぎのセット。春らしい白録色、春の新芽の色が清々しくにおい立つような色です。





RIMG0211_20120226151125.jpg RIMG0212_20120226151124.jpg
紫色のガラス小鉢。





RIMG0214_20120226151124.jpg RIMG0216_20120226151123.jpg RIMG0215_20120226152046.jpg
深川製磁のモダン交差柄飯椀。






RIMG0217_20120226152045.jpg RIMG0218_20120226152045.jpg
上品な小花柄のミルクピッチャーとシュガーポット。





RIMG0220_20120226152047.jpg RIMG0221_20120226152047.jpg
20センチほどの小ぶりな木製賽銭箱。底面から開閉できます。





RIMG0223_20120226152046.jpg
屈強な木製踏み台。
page top
縦長Rガラスケース、ほか入荷
鍋からダルマまで、必需品から無くとも困らないものまで…モロモロ雑貨類入荷中です。以下、一部をご紹介。




RIMG0155_20120225154601.jpg RIMG0156_20120225154601.jpg
縦長のガラスケースで前面のガラスにカーブがついています。陳列品を覗き込む際はおでこの衝突に注意。ガラスの棚板が3枚の4段で、一番上もガラス板なので採光性もよく見映えがします。企業ロゴやマークの入っていない使いやすいデザインです。



RIMG0150 (2) RIMG0151 (2)
大ぶりなキャセロール。まるごと一尾、スズキの香草蒸しなどもできます。
RIMG0152 (2) RIMG0153 (2)
蓋に蒸気穴がありますのでこのままお料理してそのままテーブルへ出せるお洒落鍋です。ノリタケ製。






RIMG0157_20120225155357.jpg RIMG0154_20120225155358.jpg RIMG0153_20120225155357.jpg
さりげなく凝った作りの小ぶりの椅子。良い風合いです。





RIMG0155 (2) RIMG0156 (2) RIMG0157 (2)
後ろから見たらまるでアルマジロ、のタケノコ達磨。
RIMG0158 (2) RIMG0159 (2)
九峰の銘入り。この達磨の魅力は子どもにはわかりませんね。もし私が男性だったら、こういうのをさりげなく飾ってる女子と結婚したいです。






RIMG0158_20120225155712.jpg RIMG0163_20120225160609.jpg
東洋陶器製の輸出用陶食器。大ぶりなポットとミルクピッチャー、ソースポット。陶器ならではの柔らかみと、白地に瑠璃色のくっきりした一本線の無駄を排したカラーリングの妙味。






RIMG0160_20120225155711.jpg RIMG0164_20120225155710.jpg
黒と赤、モダーンデザインのカップ&ソーサー。Jyotoチャイナ製。





RIMG0161 (2) RIMG0162 (2)
赤い琺瑯のヤカン。





RIMG0165_20120225161347.jpg
ギター栓抜きのくろんぼこけし。






RIMG0163 (2) RIMG0164 (2) RIMG0195_20120225161608.jpg
琺瑯製の直径12センチの注ぎ口付ミルクパン。ファンシーなお花柄でさらにお料理が楽しく。

子どもの頃はこの花柄がなんで所帯じみているのだろうと憎々しく思っていましたが、今はこの取ってつけたような花柄に心癒されている自分がいます。主婦の仕事場である狭い台所、心の底から今日は料理なんてしたくないと思う時もあります。そんなくさくさした気分をなだめてくれる効果があったなんて…大人になってみないとわからないものです。デッドストック。






RIMG0161_20120225161937.jpg RIMG0162_20120225161937.jpg
直径18センチほどの大きなプレスガラスおろし。淡いブルーがうっとりするほど美しいです。




RIMG0166_20120225161936.jpg RIMG0167_20120225161936.jpg
武勇、忠節、質素…耳の痛い文句が並ぶ、日本軍ヘルメット型猪口。





RIMG0168_20120225161935.jpg
容量1Lくらいの大きなピッチャー。存分に水割りを。






RIMG0169_20120225161935.jpg
レモネード用ピッチャー。レモネードも手作りに限りますね。







RIMG0170_20120225163403.jpg RIMG0171_20120225163403.jpg
岡本太郎作「顔のプレート」。小物入れに、灰皿に、おつまみ入れに…ご愛用ください。デッドストックです。






RIMG0172_20120225163402.jpg RIMG0173_20120225163401.jpg
ノリタケ製のメラミンコップ。






RIMG0174_20120225163401.jpg RIMG0175_20120225163400.jpg
厚手のアルミ小皿。大東アルミニウム製。
page top
DATE: 2012/02/22(水)   CATEGORY: お知らせ
「猫にご奉仕企画」
本日2月22日は、福山雅治が書き下ろした『映画ドラえもん のび太の奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~』の主題歌『生きてる生きてく』が、DVDシングル『生きてる生きてく TV.ver』with 雅秋&フクラージョとして発売される日ですね…


って、そうじゃなくて、ニャン、ニャン、ニャン!そうです、猫の日です。
そこで「猫にご奉仕企画」と題しまして、本日、猫を連れてご来店のお客様には店内商品を全品半額にてご奉仕させていただきます。ケチくさく一部は除く、などありませんから全品です、全品。どうぞみなさまニャンコを連れてご来店くださいませ。

なお、店内からの逃亡や店内でかち合った他のネコさんとの喧嘩、縄張り争い等には責任を負いませんので、ケージに入れるとかリードでつなぐとか各自しっかりとネコさんは管理してください。宜しくお願いします。さあ、今日も一日、ひげなしゴゲジャバルを口ずさみながら頑張ります。


page top
時計各種入荷
久々の積雪です。猫は生まれて初めての雪によろこび庭を転げまわって遊んでいます。猫の形の雪だるまのようです。以下、新旧時計3種、入荷してます。




RIMG0153_20120219152821.jpg
精工舎の懐中時計。太めの鎖付。

RIMG0154_20120219152820.jpg RIMG0155_20120219152820.jpg RIMG0149_20120219152819.jpg
機械部分にはSKS、17石の刻印。
RIMG0150_20120219152819.jpg
蓋の裏側に、大正年間に何かの記念の旨と刻印がしてあります。コインシルバー(Silver900)製。オーバーホール済みです。





RIMG0159_20120219153652.jpg RIMG0161_20120219153651.jpg
壁掛けの手巻き愛知時計。おいしそうな焼き菓子のような色の濃淡ツートンカラーの木色で落ち着いた雰囲気です。オーバーホール済み。





RIMG0162_20120219153650.jpg RIMG0164_20120219153650.jpg
シチズンの壁掛けトランジスタ時計。赤と白、日本人にとってなじみ深く食欲をそそる色でもあります。台所に掛けたい時計です。とても上の愛知時計と同じ用途の道具だとは思えませんが、それぞれを好む人がいらっしゃいます。人の嗜好は不思議です…



page top
郷土玩具、入荷
本日ご紹介するのは「郷土玩具」に類するものです。

昨今では郷土玩具という呼び名で定着していますがこの用語は大正以降に使われるようになった意外と新しい言葉です。日本全国、その地方特産の玩具、といったようなものですが、土人形や独楽、こけし、土鈴、紙でできたものなど多岐にわたります。子どものための遊具、人形が根幹にあり、子どもの健やかな成長を祈るという共通の願いもこめられた信仰と結びついた神聖な意味合いを持つものも多数あります。現在では作り手がいなくなり廃絶してしまった玩具も多数ありますし、以前の土鈴まつりのときにも感じたことですが、幸いにも連綿と同じ形状のものが作り続けられている郷土玩具でも、古いものの方が技術的に上回っているものが多いです。技術を継承していくことが無理ならば、せめてできることは、古いものを捨てないこと、くらいです。これらの郷土玩具たちがどなたかの目にとまりこの先もずっとだれかの大事なモノとして存在してゆけますように…




RIMG0190_20120210163233.jpg
まずは雛人形から。これは上品なたたずまいの土鈴。4センチほど。

RIMG0187_20120210163233.jpg
こちらは木彫りでポッチり丸く雅な愛らしい置物。

RIMG0189_20120210164615.jpg
庶民的な親しみやすさのある漆塗りの置物。

ひなまつり、昨今は全国的に旧家の立派な雛壇を見に行くというイベント化していますね。よそはよそ、うちはうち。小さなものでも自分の雛人形を飾りたいと思います。人形にまつわる設え、料理の支度、皆で寿ぎともに会食する直会(なおらい)、それぞれの家庭の身の丈に沿う、ひな祭りにまつわるすべての流れこそが子どもへ伝えるべきことだと思います。


RIMG0193_20120210163232.jpg
1.5センチほどの木彫りの立雛。

RIMG0192_20120210163232.jpg
3センチほどの一刀彫奈良人形の雛人形。

奈良人形の一刀彫の起源は900年近く前の保延2年(1136年)天下泰平五穀豊穣祈願の春日若宮社の御祭りにまでさかのぼるということです。奈良県の伝統産業です。これは先代の染川宗進氏の昭和28年の作品です。精緻に切り立った鑿跡と対比するように鮮やかで緻密な彩色、輝く金箔がとても美しい雛人形です。

RIMG0196_20120210180241.jpg RIMG0197_20120210180240.jpg
同じく一刀彫の「猩猩(しょうじょう)」と「羽衣」。お能の演目です。ほんとに小さいのに、吸い込まれそうな迫力です。技術の粋。




RIMG0165_20120210163234.jpg
飾るための雛人形ではなく、「流し雛」。鳥取の流し雛で有名ですね。

これは、ふた組の夫婦が桟俵(さんだわら)に乗っています。ちなみに桟俵は、米俵の両端にあてる丸いワラ製の蓋です。さんだらぼっちなどとも呼びますね。引っ掛けもついていますので、流さずに壁掛けとしても愛らしいものです。

RIMG0163_20120210163234.jpg
こちらの流し雛は、赤紙に金の袴、烏帽子、青竹にはさんである10組の夫婦。同じく鳥取市の柳屋さんのもので先代の田中達之助さんの作品です。


RIMG0195_20120210172844.jpg
夫婦和合の象徴として、ひな祭りには欠かせないハマグリ。金彩で美しい蝶々が描いてあります。ちょっとしたスペースに飾るだけでも春が味わえます。




RIMG0166_20120210172844.jpg RIMG0167_20120210172843.jpg
こんがり健康的なお多福面。顔サイズで被れます。





RIMG0182_20120210172843.jpg
オーソドックスな色白のお多福面。手のひらサイズ。






RIMG0164_20120210172842.jpg
蓑笠(みのかさ)。絶対にプロが編んでる精緻な網目。観光土産の枠を出ています。
RIMG0152_20120210172842.jpg
猫サイズ。




犬は安産、多産の象徴として子どもの成長を祈るのにも多用されるモチーフですので郷土玩具にもさまざま取り入れられています。
RIMG0180_20120210173859.jpg
犬筥(いぬばこ)。紙張り子で中身は空洞です。子どもが生まれたときに健やかな成長を祈って1対で贈ります。雅な風習です。

RIMG0181_20120210173859.jpg
笊被り犬(ざるかぶりいぬ)。よくある紙張り子の犬の置物がザルを被っているものです。古典的な江戸玩具ですね。子どもに寄りつく悪いものを払う、虫封じ的な意味などを理由にザルを被っているようです。犬に竹をかぶせると笑という文字に似るという洒落もいわれます。いずれにせよ縁起物。

RIMG0177_20120210173858.jpg
ポップなカラーリングの犬土鈴。普通にカワイイです。






RIMG0178_20120210175456.jpg
ハト、フクロウなどの土笛(つちぶえ)。土人形の中でも魅力的なジャンルの土笛。素朴な音と個体ごとの個性が光ります。
RIMG0179_20120210175456.jpg
コアラのようでもある。





RIMG0170_20120210175813.jpg RIMG0171_20120210175812.jpg
今回、個人的にイチ押しの土人形。宇宙人ですね、これは。正直、キテルなーと思います。

RIMG0183_20120210175811.jpg RIMG0184_20120210175811.jpg
同じ作者のモノだと思われます。ドロドロの土人形。宇宙エネルギーを形にしたらこんなんだと思います。



追記:ブログをご覧になった方から、これは長崎の「トンチンカン人形」ではないかとの指摘をいただきました。貴重な情報をありがとうございます。ほとばしるエネルギーも納得の人形です。気になる人はググってみてね。






RIMG0209_20120210180242.jpg
金属製の鈴。何ともいえず良い風合いです。







RIMG0198_20120210180240.jpg RIMG0199_20120210180239.jpg
豆粒のような1センチ弱の十二支の置物。江戸玩具でしょうか。






RIMG0200_20120210180820.jpg RIMG0201_20120210180819.jpg RIMG0202_20120210180818.jpg
豆々しく福々しい小さきモノたち。手びねりの土人形です。七福神に福助、招き猫など総勢40人の大所帯です。
RIMG0203_20120210180818.jpg RIMG0204_20120210180818.jpg
見れば見るほど引き込まれる小ささ。






RIMG0205_20120210181336.jpg RIMG0206_20120210181335.jpg
素直に、日本人はすごいな、と思う玩具です。からくり玩具の一種でしょうか。「餌食ネズミ」。



RIMG0207_20120210181335.jpg RIMG0208_20120210181334.jpg
「豆犬」。打ち出の小槌と太鼓付。この小ささ、是非店頭で体感してください。

page top
縦長ガラスケース、ほか入荷
久々にパンケース、入荷してます。


RIMG0153_20120208183829.jpg RIMG0154_20120208183829.jpg RIMG0155_20120208183828.jpg
脚付で白のペンキ塗りタイプ。珍しく2ドアで上3段、下3段と計6段もありたっぷり収納です。ペンキのはがれ具合もはがしたのではなく経年ではがれた、いやらしさのない雰囲気です。サイズは横幅43.5センチ、奥行き43センチ、高さ160センチ。



RIMG0143_20120208183828.jpg RIMG0144_20120208183827.jpg RIMG0147_20120208183827.jpg
大ぶりなくさび式の本立て。全5段のすっきりした無駄のないデザインです。
サイズは横幅94センチ、奥行き24.5センチ、高さ147センチ。






RIMG0159_20120208184324.jpg RIMG0160_20120208184323.jpg
白いガラスの電傘。フリルでなくて角ばったスカートが凛として素敵です。
RIMG0157_20120208184324.jpg
点灯時。

page top
DATE: 2012/02/08(水)   CATEGORY: 時計修理
「井上ボンボン堂」
最近、弊店のブログにも時折名前が出てきております、時計修理の「井上ボンボン堂」ですが、誰なのよ!という声にお答えしまして、ご紹介しておきます。



RIMG0164_20120208173114.jpg
屋号   「井上ボンボン堂」

住所   〒810-0014福岡市中央区平尾1-12-2平尾アパート2階

技術員  井上和成(昭和45年生まれ)

電話番号 092-523-3313
携帯電話 080-5250-4230(電話は昼の12時から夕方6時まで承ります)
申し訳ありませんが、時々出られないことがあります。その場合は再度ご連絡いただけますと助かります。

業務内容 機械式の置時計、掛時計の修理
    *いずれも機械式に限ります。腕時計やクオーツ式の時計は扱いません。

修理料金の目安  掛時計、置時計ともに舶来品は32,000円より
            国産品は(ホールクロックは除く)15,000円より

見積もり料金について…時計修理をご依頼いただいた場合は頂戴いたしません。一度集荷、お預かりしてからのキャンセル等の場合は見積り料金として5,000円を申し受けいたします。 

集配について  福岡市内は集配無料です(それ以外は要相談)



作業内容のご案内  1、機械本体取り出し
              2、修理個所確認
              3、機械分解
              4、洗浄
              5、部品点検
              6、歯車軸ほぞ磨き
              7、地板ほぞ穴磨き
               (ほぞ穴が変形しているときは鏨及びブッシュにて修正)
              8、時計作動に支障のある部品の磨き、交換、修正及び作成
              9、組み立て、注油
             10、作動試験
             11、時間調整



住所を見て、あれ?と思われた方、そうです。場所は弊店の2階です。縁あって上にいるものですから紹介させていただきました。意外と?若いのに、井上氏はパソコンも所有せずインターネットも見たことないそうです。もちろんホームページもありません。店舗を構えているわけでなく作業場のみでやってますので、いままでは業者からの業務委託で時計修理を受けて来ましたがこれからは個人からも承りたいということです。

業者からの委託業務というのが、何を指すのかと言いますと、当店のような個人商店からの修理依頼はもちろんのこと、「時計修理」で検索サイト上位にでてくる大手企業など…自社で修理すると謳っていても、お客様の知らないところで彼のような店舗を持たない技術者に委託しているところもあります。最近はインターネットが広告の主流ともなり検索の上位表示の企業の一人勝ち、検索にひっかからなければ存在しないも同然、といった風潮があります。

どれだけ自分の仕事に責任を負うか。結局は人と人のやり取りですから、見たことも会ったこともない人が信用できる人間かどうか判断するのは難しいです。その不安を抱えたままでやり取りをするからトラブルも発生しますし気持ち的に満足がいかなかったりします。これからは、個人のお客様から直接修理を承ることで、その辺の齟齬を無くし、より満足のいく修理業務をこなしていきたいということです。


福岡市内で時計修理をやってるところはいくらもありますし、彼のところは修理料金の安さを売りにしているのではありません。できるだけ安くしてほしいというのは誰しも思うところでしょうが、ある程度お金をかけてでも…という思い入れのある時計を修理することをおすすめします。





では彼の作業場を少しのぞいてみます。
page top
オメガデビル、ほか入荷
福岡でもかつてないほどの寒さですね。縁側で何かゴトゴト言ってると思ったら、猫用の水が凍ってしまい氷を一生懸命なめていました。こんな寒い日にお客さんもこないだろうと思っていても、なぜか普段は来ないような人がひょっこりやってきます。ズル休みしていないかどうか確認に来るのでしょうか。ありがたいことです。


以下、直近入荷分の時計3種です。


RIMG0137_20120203160119.jpg RIMG0139_20120203160119.jpg RIMG0140_20120203160118.jpg
スイスメイドのオメガ(OMEGA)デ・ビル。70年代の手巻きタイプです。オーバーホール済み。

デビルというと英語のdevilで悪魔を連想してしまいそうですが、これはフランス語のde vill(ドゥ・ビル)で街をイメージしたシリーズ名なんですね。シンプルで実用的かつ洗練されたデザインが都会的な印象を与えます。古さを感じさせず男性的なデザインですね。個人的にはこういうのをさりげなく身につけてる男性は格好良いと思います。





RIMG0141_20120203160118.jpg RIMG0142_20120203160117.jpg RIMG0143_20120203160117.jpg
リコー(RICOH)のDYNAMIC AUTO(ダイナミックオート)シャトー。カレンダー付、自動巻きの33石。オーバーホール済みです。高級感あるデザインです。





RIMG0195_20120203163926.jpg RIMG0194_20120203163925.jpg RIMG0196_20120203163925.jpg
セイコー(SEIKO)のトラベルクロック。携帯型目覚まし時計です。珍しくオーバーホール済み。当店ではほとんどの時計をオーバーホールしてから店頭に並べていますが、目覚まし時計は難しいんですね。よその店でもそうだと思いますが、売値として高く出せないのでオーバーホールしては割に合わないのです。




今日は節分。冬と春を分かつ日、明日は立春大吉!良い年になりそうな予感です。密かにやる気をみなぎらせつつ明日からも頑張ります。
page top
蓄音機聴き比べ…
昭和歌謡が流行ったせいか、お正月からラジオでも古い音源で昔の音楽を楽しもうという企画が増えていますね。あまりに急速に普及した携帯型音楽端末への反動でしょうか?蓄音機は手間暇のかかり具合が贅沢な気分にさせますね。レコードの音など聞いたこともない世代でも郷愁を感じるようです。


修理、調整の終わった蓄音機が戻ってきました。ビクター社のポータブル蓄音機victrola(ビクトローラ)VVJ2-7、コロンビア社のポータブル蓄音機COLUMBIA「G-208」、もう一台はすでに売約となっておりますがvictrolaの卓上蓄音機。以上3つを聞きくらべでどうぞ…



[広告] VPS

ちなみにこの動画にチラリと映っているのは店主ではありません。時計修理の井上ボンボン堂の主人です。

RIMG0149_20120202162407.jpg RIMG0141_20120202162407.jpg RIMG0150_20120202162406.jpg RIMG0151_20120202162406.jpg





[広告] VPS


RIMG0155_20120202162708.jpg RIMG0156_20120202162707.jpg




[広告] VPS

victrola卓上蓄音機。売約済みです。

RIMG0153_20120202162405.jpg
針のケースもなんとも愛らしいものです。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ