「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
本立て、本箱、ほか入荷
ご無沙汰しております。つい昨日清川の三光園にてわたくしの小唄の師匠の初弾きの会を行いましてほっと一息ついたところです。これからは小唄含め邦楽の普及活動にも力を入れて参りたい所存でございますので、このブログも頻繁な更新ができないこともあるかと思いますが、随時商品は入荷しておりますので、どうぞ店頭のほうへ足をお運びいただけましたら幸いでございます。


以下、本日までの入荷分の一部です。このほかオメガデビル等腕時計も店頭に入荷してます。

RIMG0137_20120129164621.jpg RIMG0138_20120129164621.jpg RIMG0139_20120129164620.jpg
観音開きの本箱。和洋問わずのデザインでしっかりした良品です。
RIMG0140_20120129164619.jpg RIMG0141_20120129164619.jpg RIMG0143_20120129164618.jpg
中は棚板3枚の4段、かなり細かい刻みで棚板の間隔を決められるので非常に便利です。引き出しの中も美品。下段には引き出しふたつ付。サイズは横幅85センチ、高さ121.5センチ、奥行き33.5センチ。







CIMG2513.jpg CIMG2514.jpg
4段の本立て。こちらも中庸のデザインで横から見たときのナミナミ具合が洒落てます。目の詰まった木質の良品。サイズは横幅67センチ、高さ105センチ、奥行き27センチ。






CIMG2510.jpg CIMG2511.jpg CIMG2512.jpg
米国、アンソニア社製のトンガリ時計。オーバーホール済みです。





RIMG0145_20120129170001.jpg RIMG0146_20120129170000.jpg RIMG0147_20120129165959.jpg
銀色の小さな容器、いろいろ。ピルケースはもちろん、あなたの大事なモノを入れてください。個人的には少し大き目のものを携帯用裁縫箱として使っています。





RIMG0148_20120129165959.jpg
とんがらし形木製トレイ。





RIMG0149_20120129165958.jpg
どう見ても斜めの瓶。






CIMG2502.jpg CIMG2504.jpg CIMG2507.jpg CIMG2505.jpg
タッパーウェア各種。汁ものを入れてもこぼれないのはタッパーだけ。





 



そして小唄の話をすこし…

page top
小引き出し、ほか入荷
今日は旧暦の大晦日、あすは旧正月ですね。なんだかいそいそしてしまいます。
以下、本日までの入荷分です。






RIMG0112_20120122145521.jpg RIMG0113_20120122145521.jpg RIMG0114_20120122145520.jpg
アルミの両手鍋。

たまに「鍋まで売ってるんですか!」と言われることがありますけど、売ってますよ。鍋。古道具屋ですから。鍋も志を持って作られているものは心にグッときます。この鍋もグッドデザイン賞もらってますしね。






RIMG0115_20120122145520.jpg RIMG0117_20120122145519.jpg RIMG0120_20120122145519.jpg
バンブークラフトの本立て。竹は美しいですね。名古屋のイトーバンブークラフト製。竹素材に塗装はウレタンです。





RIMG0122_20120122150715.jpg RIMG0123_20120122150714.jpg
木目調プリントのごみ箱。





RIMG0126_20120122150713.jpg RIMG0125_20120122150714.jpg
芦屋市の佐藤奴眼鏡店の色眼鏡。かけると上品な感じです。イメージキャラクターはちょんまげですからやっぱり奴(やっこ)出身の方が始めた眼鏡店なのでしょうか。個人的にグッドデザイン賞。ケースも薄型でカッコイイのです。




RIMG0128_20120122150713.jpg
木製踏み台。
RIMG0136_20120122152658.jpg
外に置いておくと、猫の巣箱になる可能性があるので家の中で使うことをおすすめします。






RIMG0130_20120122150712.jpg RIMG0131_20120122151416.jpg
ノーマルな4段の小引き出し。





RIMG0132_20120122151416.jpg RIMG0133_20120122151415.jpg
緑青色のごみ箱。意外と凝った網模様です。この青緑色って最近ではあまり身の回りの物に使われない色ですが、日本古来の色で色無地の着物などに染めると非常に若い人に映える色合いですね。一見強い色ですが、品があり日本人に映りの良い色だとおもいます。




RIMG0134_20120122151415.jpg
平傘。





RIMG0137_20120122151414.jpg RIMG0138_20120122151414.jpg
角も丸、脚も丸、つまみも丸。赤ちゃんがいても安心な小引き出し。3段の非常に小ぶりなものです。母子手帳入れにも。





RIMG0122 (2) RIMG0126 (2)
山田照明のクランプ式工業系ライト。白熱電球と蛍光灯のW使い。
RIMG0123 (2) RIMG0124_20120122152028.jpg
頭の後ろの白いポッチを押すと、白熱球と蛍光灯が入れ換わります。







RIMG0129_20120122152317.jpg RIMG0130 (2)
1964年万博の記念のピースたばこの箱。
RIMG0132 (2) RIMG0133 (2)
運動柄、お花柄など…どれも配色がとても美しいです。

page top
ソフビ貯金箱、ほか入荷
以下、本日までの入荷分の一部です。




RIMG0202_20120120144142.jpg RIMG0201_20120120144143.jpg
旧富士銀行のノベルティのソフトビニール製貯金箱、ぼくちゃんシリーズ。美品です。


RIMG0206_20120120144141.jpg
同じく富士銀行の動物シリーズ貯金箱。
RIMG0207_20120120144140.jpg
牛、ライオン、亀は体の一部が蛇腹状になっていて不気味です。たくさん貯金してね。


RIMG0213_20120120145409.jpg
メガネをかけたおさるのネオック?ソフビ貯金箱。


RIMG0204_20120120144142.jpg RIMG0205_20120120144141.jpg
旧太陽銀行の太陽の塔ソフビ貯金箱。時代が俺たちについてきた的な元気の良さあふれる貯金箱です。ちなみに太陽銀行は太陽神戸銀行の前身で、現三井住友銀行の前身の内のひとつ。




RIMG0209_20120120145410.jpg RIMG0210_20120120145410.jpg RIMG0211_20120120145409.jpg
ソフビのペコちゃん。これは貯金箱でなくてただの置物。






RIMG0214_20120120145408.jpg
フレームが銀色の丸メガネ。





RIMG0215_20120120145407.jpg
カニ。




RIMG0216_20120120150046.jpg RIMG0217_20120120150045.jpg
柘植のようです。木彫りの箱。





RIMG0219_20120120150045.jpg
のびーる携帯靴ベラ。





RIMG0220_20120120150044.jpg RIMG0221_20120120150044.jpg
折りたたみ式の携帯SEXY耳かき。しかも本べっ甲。大人の男性に。





RIMG0222_20120120150043.jpg
IBMとハート型のライター。





RIMG0243_20120120150531.jpg RIMG0245.jpg RIMG0246_20120120150530.jpg
くろんぼ二股フルーツピック。可愛らしさ満点です。




RIMG0247_20120120150530.jpg RIMG0248_20120120150529.jpg RIMG0249_20120120150529.jpg
更紗文様のおしゃれ系お湯呑。ノリタケ製。目先が変わってコーヒーにもいいですね。





RIMG0253_20120120150857.jpg RIMG0255_20120120150856.jpg
これ、なんでしょうか。箸置きにしては使いづらそうな形です。白磁のウサギさんとかぼちゃ。





RIMG0258_20120120150856.jpg RIMG0260_20120120150855.jpg
深川製磁のモダーン和風柄のオーバル皿。

RIMG0261_20120120150855.jpg RIMG0262_20120120150854.jpg RIMG0263_20120120151129.jpg
ダサくない昭和レトロは確かなデザイン力によります。いつみても新鮮さを失わない藍と白は永遠の名コンビです。

RIMG0264_20120120151129.jpg
同シリーズの土瓶とお湯呑。

RIMG0266_20120120151128.jpg RIMG0267_20120120151127.jpg RIMG0268_20120120151127.jpg
縁の立った小皿。

いわゆる有田焼と香蘭社や深川製磁の違いは、高い技術に裏打ちされた質の良さとデザインの良さはもちろんのこと、なにより丈夫です。普段使っている食器は、大事にしていてもあ、ぶつけた!という時ありますよね。おそるおそる見るとやっぱり欠けてる…というのが常ですが、深川、香蘭社製品は強いです。ダメかなと思った時も無傷、ということが多いですもの。たまにもらいものなどでよその土地の磁器製品を使うことがありますが、え?それくらいで?と思うほど安易にキズがつくことがあります。だからといってモノの扱いが粗雑になってはなりませんね。
 
page top
変わり種時計各種入荷
じゃこじゃこと雨が降っておりますが、わたくし見事な雨女です。ちょっと外出する用事がある日は雨が降ります。いつも夫にどやされています。以下、本日までに入荷した時計もろもろです。



RIMG0134_20120119170100.jpg RIMG0135_20120119170100.jpg RIMG0142_20120119170059.jpg
1930年代(昭和初期)の石原時計、CRESENT(クレセント)8日巻の置時計。テンプ式で土台はベークライト。ガラスにはカットが入っていてアールヌーヴォーの香り漂う高級機です。




RIMG0136_20120119170058.jpg RIMG0144_20120119170058.jpg RIMG0143_20120119170057.jpg
同じく1930年代(昭和初期)の総体振り置時計。女神さま付。総体振というだけに時計自身が振り子となっています。愛知時計の輸出用のようです。





RIMG0138_20120119172230.jpg RIMG0146_20120119172230.jpg RIMG0147_20120119172229.jpg
童子2人でささげ持つ時計。昭和初期の国産の置時計だと思われます。素材はアンチモニーの上に銅メッキ。文字盤は琺瑯。




RIMG0173_20120119172229.jpg RIMG0219_20120119172228.jpg
これもおそらく昭和初期、戦前の米国製アンソニアの大理石置時計。厚みもスゴイが重さもスゴイです。確実に当店で今まで入荷した時計の中で最も重量があります。
RIMG0175_20120119172228.jpg RIMG0218_20120119173049.jpg
重厚で豪華そして何より重い、民族の違いを痛感します。





RIMG0229_20120119173330.jpg RIMG0227_20120119173330.jpg
精工舎の船時計。揺れに強いテンプ式です。
RIMG0231_20120119173329.jpg RIMG0232_20120119173329.jpg
風防ガラスがこのようにパコッと開きます。

以上の本日ご紹介の時計は、すべてオーバーホール済みです。

古道具屋で売ってる時計は動かないものだと思っている人も多いようです。動かない時計はただの飾りですから、当店の時計は一部をのぞき、オーバーホール修理を行ってから店頭にお出ししております。古い時計だから時間があわなかったり調子が悪いのは当たり前だと思っていらっしゃる方も多いですが、腕の確かな職人の技術があれば、機械としての寿命があるものは正確に時を刻みます。当店でオーバーホール済みの時計をお求めいただいた方には、6か月間無償修理の保証書をお付けしています。
page top
ガラス製品モロモロ入荷
毎日随時商品入荷中です。カガミクリスタルやマルティグラスなどもろもろ入荷。
以下入荷商品の一部です。





RIMG0117_20120118180340.jpg
マルティグラスの小鳥ちゃん2匹。

当店では以前よりマルティグラスの花器等を扱っておりますが、福岡にお住まいの方々には当たり前のように一家に一個くらいはあるというガラス製品です。あまりに身近なために、自宅にあるそれがマルティグラスだと気づかいてない人もいるかもしれません。他県からお越しくださるお客様には珍しく映るようで、よく「これは何ですか?」と聞かれます。大きく重く、国産品でしかも数十年前に作られたものだとは信じがたいほど現代的でビビッドな配色は若い世代の方に人気があります。 

もとは福岡特殊硝子株式会社として東区の和白にあり、その後マルティグラス株式会社となって、現在は有限会社マルティグラスとして宗像郡津屋崎町に本社、工房があります。マルティグラスの製造方法は主に宙吹で行われ、昭和13年生まれの職人、山下富生氏を筆頭に福岡県美術展や日展、伝統工芸展など多数の入選歴があります。

使用にあたっての注意点は、食器類を含め熱処理は施してあるものの、耐熱ガラスではありません。コーヒー、紅茶などはもちろん大丈夫ですが、ガラスが熱くなっているところへ氷を入れたり急激な温度変化では破損する恐れがあります。また、マルティグラスの名前は、Multiple Layer Glassから由来したもので、手創りでしかでない色彩のガラスを重ね合わせて作り上げたほかに類を見ない製品です。クラフトマンの熱い情熱と炎が一体となり、輝きの結晶を生む優美な世界は、福岡が誇る美術工芸品の一つと言えます。





RIMG0122_20120118180338.jpg RIMG0123_20120118180338.jpg
カガミクリスタルのワイングラス。

RIMG0137_20120118181947.jpg RIMG0138_20120118182807.jpg RIMG0139_20120118182806.jpg
カガミクリスタルの5寸皿。


RIMG0194 (2)
カガミクリスタルの花瓶。技術の結晶です。

RIMG0197_20120118182805.jpg RIMG0198_20120118182805.jpg
カガミクリスタルのロックグラス。

カガミクリスタル株式会社は、茨城県龍ケ崎市に工場を構えるクリスタルガラスメーカーの会社です。Wikipediaによりますと…現在、250以上の日本大使館・領事館で公式に使用されており、ガラス食器メーカーとして日本を代表する存在の一つであり、ガラス食器の他、花瓶・灰皿、江戸切子・オブジェ等の工芸品、オーダーメイド品、ならびにウイスキー瓶や香水瓶の制作を行なっているということです。カガミクリスタルの真価はお手頃なラインのグラスも非常に丁寧に上質に作られていることだと思います。真摯なモノづくりの姿勢が伝わってきて個人的にも大好きなメーカーです。




そのほか使い勝手の良い透明なガラス製品モロモロ…

RIMG0124_20120118180337.jpg
カットの美しいガラスボウル。




RIMG0125_20120118181950.jpg
そこはかとなく和風のオールドファッション。




RIMG0118_20120118180339.jpg
ステムがぷっくりした優美なワイングラス。




RIMG0120_20120118180339.jpg
水玉のコリンズグラス。




RIMG0127_20120118181950.jpg RIMG0236_20120118185822.jpg RIMG0214_20120118185823.jpg
ブランデーグラス、リキュールグラス、カクテルグラスいろいろ。
ワインといえば、赤玉ポートワインや蜂ワインを飲んでいた時代のワイングラスはとても小さなものです。まだまだワインに関するうんちくも何もない平和な時代です。





RIMG0196 (2) RIMG0197 (2)
まるで光を飲むようなキラキラ透明の冠水瓶。




RIMG0199 (2)
美人が3つ指で上品に飲むためのビールグラス。薄手で透ける水玉模様が浮かびます。小倉ガラス。




RIMG0199_20120118183730.jpg
厚手で丈夫な小ぶりのロックグラス。女性が持つ分にはこれくらいの手のひらに収まるサイズが使いやすいです。





RIMG0135_20120118181948.jpg
ガラスの犬箸置き。これもマルティグラスですね。





RIMG0239_20120118185821.jpg
不思議な形状の雫形箸置き。





RIMG0191_20120118183204.jpg RIMG0193_20120118183204.jpg
小さなリキュールグラス。冷凍庫でトロトロに冷やしたズブロッカを飲みたくなります。






今は少なくなった色付きのガラス食器モロモロ…
RIMG0194_20120118183203.jpg RIMG0195_20120118183202.jpg
夕焼けのような美しさの東雲色のグラス。

RIMG0195 (2)
メイドインTOKYOのHOPEグラス。上品な切子と透明感のある緑色が素敵です。





RIMG0133_20120118181949.jpg
エッジが刃物並に尖ったグラス&ソーサー。洗う時、手を切りますから用心してください。





RIMG0196_20120118183732.jpg
スミレ色のグラデーションが美しいデザートグラス。ソルトシャーベットで大人っぽく決めたいです。




RIMG0198 (2)
グレーのプレスガラス平皿と小鉢。お揃いです。





RIMG0202_20120118185824.jpg
何とも言えない青のリキュールグラス。






RIMG0233_20120118190358.jpg
直径が30センチくらいで厚みのあるガラスボウル。腰痛持ちの人は注意してください。金魚鉢としてベタなど飼うと良いかもしれません。





RIMG0221_20120118190656.jpg RIMG0217_20120118190655.jpg
戦前の濁った緑のプレスガラスコンポート。
RIMG0218_20120118190655.jpg RIMG0219_20120118190654.jpg
気泡も不純物もたっぷりで継ぎ目も粗雑、味わい深いコンポートです。
page top
MMMストーブ
毎日寒い日が続きますね。9月に消費生活用品安全法については書きましたが、石油ストーブの在庫に関してお問い合わせをいただきます。当店では現在石油ストーブの販売は行っておりませんが、修理や整備、芯交換等のメンテナンスは有料にて承っております。


メンテナンスで一番多いお問い合わせは、アラジンストーブの不完全燃焼についてです。火がオレンジのまま使っている人が予想以上に多いですね。大したことではないと思っているのかもしれませんが現在の気密性の高いマンションの狭い部屋で長時間使うと一酸化炭素中毒で死にますよ。すぐに芯回りのお掃除および芯交換をしてください…





本日は、珍しいストーブを入手しましたのでご紹介がてら掲載したいと思います。
RIMG0154 (2) RIMG0153 (2) RIMG0152_20120115164417.jpg
MMM、Mが3つ並んだ「サンエム」の解放式石油ストーブSC-A3型です。もう見るからにフジカのモノマネです。天板もピッカピカのデッドストックです。

RIMG0114 (2) RIMG0155 (2) 
芯の上に放熱網のネットがドーム型に乗っています。

RIMG0156 (2) RIMG0157 (2)
ハンドルつまみ、給油メーターともに目盛りも明快で分かりやすいです。

形式としてはアラジンなどと同じ対流型ストーブです。
発熱量は1800キロカロリー毎時。8畳間くらいまでは快適に暖まるでしょう。タンク容量は2.2リットル。燃焼継続時間は約10時間。耐震消火装置もついていて安心です。

RIMG0183_20120115170846.jpg
すべての石油ストーブにおいて、やりがちだけど絶対やってはいけない行動、その一。
違うお部屋へ持っていくときは一旦消化しましょう。けつまずいたりしては大変なことになります。

RIMG0184_20120115170845.jpg
その二。たしかに良く乾くのです。でも絶対に上に干してはだめです。半径1メートル以上離れた状態にしてください。毎年石油ストーブに起因する火事の原因は、この洗濯物への引火が多いのです。私は大丈夫、という過信が事故のもとです。



すべての石油ストーブにおいて、いつも快適に使うポイントは芯の手入れをするか否かにかかっています。ズボラな人には向かない暖房器具ともいえます。基本的には芯の周りにたまる燃えカスのカーボンやタールを除くこと、空気と共に吸い込んで溜まったホコリを掃除することだけです。芯の形状によって具体的なお手入れの手順は異なりますのでそれぞれ説明書を読むか、購入したお店で確認してください。
page top
家具、雑貨類もろもろ入荷…
クダラナイモノも含め続々入荷してます。



RIMG0140_20120115150228.jpg RIMG0143_20120115150228.jpg RIMG0141 (2)
神戸銀行のソフビ貯金箱。ベレー帽をかぶったおサル。みんな貯金してね。





RIMG0144_20120115150224.jpg RIMG0146_20120115150223.jpg
魚型の鋳物3点。ヒラメは銘入り。






RIMG0148 (2) RIMG0149 (2) RIMG0150 (2)
博多鋏。新天町の豊勝(とよかつ)とのダブルネーム。





RIMG0158 (2) RIMG0160 (2) RIMG0159 (2)
中もきれいな籐編みバスケット。お弁当はもちろんのこと、猫を動物病院へ連れて行くときにも使えます。鍵もしっかり閉まる良品です。






RIMG0159_20120115150912.jpg RIMG0160_20120115150912.jpg RIMG0161_20120115150911.jpg
直径30センチほどの小ぶりな木目調火鉢。一見刳り物の木製、近寄ってみても木製。でもたたくとカンカンと陶器の音。だまし絵的な火鉢です。






RIMG0162_20120115150911.jpg RIMG0163_20120115150910.jpg
ロイヤルペット風キョロちゃん似の置物。手編みのニット帽付。







RIMG0164_20120115151310.jpg RIMG0165_20120115151310.jpg
銀製のカモの置物。奈落のように黒くくり抜いてありますが結構な重さです。





RIMG0182_20120115151309.jpg RIMG0181_20120115151308.jpg 
二股の燭台。和蝋燭のほうが似合いそうな洋風燭台です。





RIMG0184_20120115151509.jpg
くびれのすごい木製燭台。今号のクロワッサン、桃井かおりさんのくびれ見ました?やっぱりくびれは女にとって不可欠なものですね。





RIMG0169_20120115151926.jpg RIMG0170_20120115151926.jpg RIMG0171_20120115151925.jpg RIMG0223_20120115151925.jpg
カンブリアンな英国製オイルランプ。グレートブリテン島南西部のウェールズで作られているトーマス&ウィリアムス社のオイルランプです。真鍮製なので磨くと金ピカになります。






RIMG0175_20120115153037.jpg RIMG0176_20120115153037.jpg RIMG0177_20120115153036.jpg
Konica Auto S (コニカ オートS)。





RIMG0185_20120115153035.jpg RIMG0188_20120115153034.jpg
薄ピンクのコーリン手動鉛筆削り。鉛筆を電動で削る意味がわからない。子どもも鉛筆削る暇が惜しいほど忙しいのでしょうか。





RIMG0189_20120115153034.jpg
べっ甲風セルロイド丸メガネ。

昔のアルバムを見ると、メガネは全部丸メガネですね。みな同じだからかえって個性が際立ちます。昨今の目立つデザインのものは「個性的なメガネをかけてる人」という印象の没個性に陥りがちだとおもいます。





RIMG0129_20120115154558.jpg RIMG0130_20120115154557.jpg
ノリタケのプリンセスシリーズのティーポット。上品と野暮は紙一重ですが、その紙一枚の差で上品さが勝るデザインがノリタケの良さだと実感します。






RIMG0148_20120115154557.jpg
陶製のバドワイザー照明。陶器にくるまれた柔らかな光なので、ベッドの足もとに常夜灯としても障りません。





RIMG0202_20120115154556.jpg RIMG0201_20120115154556.jpg RIMG0203_20120115155148.jpg
身体改造会という何とも恐ろしげな名前の会社が作っていた「自立病退器」。つくづく怪しげです。使い方の冊子もついていますので克服したい病がある方はどうぞお求めください。使い方は…拷問に酷似。






RIMG0204_20120115155147.jpg
柿の蓋物。佃煮とか梅干しとかちょっとしたおかずを入れておくのに良いです。






RIMG0211 (2) RIMG0212_20120115155145.jpg RIMG0213_20120115155725.jpg
NIKKO(日本硬質陶器)の花づくしカップ&ソーサー。堅いといっても陶器ですから磁器よりは柔らかいのです。欠けやすいですから注意が必要です。また陶器特有の貫入(かんにゅう)があります。磁器に比べていいとこ無しじゃないかと思われる方もあるかもしれませんが、手へのなじみの良さ、質感の柔らかさは捨てがたい魅力です。個人的には無性にニッコーのカップでコーヒーが飲みたくなることがあります。






RIMG0205_20120115155146.jpg RIMG0206_20120115160735.jpg RIMG0224_20120115155146.jpg
陶器と木のコンビ素材のエッグスタンドと塩、こしょう入れ。柄から言ってこれもNIKKOだと思います。







RIMG0208 (2) RIMG0209 (2)
すまし顔の鳥形醤油差し。首が外れていると悲しい感じです。





RIMG0210 (2)
白磁の汁注ぎとピッチャー。






家具も3点入荷。
RIMG0208_20120115161532.jpg RIMG0209_20120115161531.jpg RIMG0210_20120115161531.jpg
どの角度から見ても不思議なバランスの民芸調木製椅子。見た目よりもゆったり座れます。





RIMG0183 (2) RIMG0184 (2) RIMG0185 (2)
5段のくさび式本立て。横幅72センチ高さ118センチ奥行き21センチ。






RIMG0188 (2) RIMG0190 (2) RIMG0191_20120115161831.jpg RIMG0193_20120115161830.jpg
観音開きのガラス戸本箱。横幅85センチ高さ130センチ奥行き36.5センチ。ガラスは透明のプレーンなタイプ、棚板3枚の4段。ひとりで持って運べるぎりぎりのサイズでたっぷり収納できます。

page top
ストーブガード、入荷
鏡開きも終わってほっと一息…つく間もなく毎日忙しく働かされています。女正月にはゆっくりしたいです。


RIMG0166_20120113235242.jpg
毎年たくさんお問い合わせいただきますストーブガード、今シーズンは初めての入荷です。

RIMG0169_20120113235241.jpg RIMG0171_20120113235240.jpg
これがあると安全性が大いに高まる…ということはありません。気休め程度のものです。大型犬などが近寄りすぎないようにするには良いかもしれません。まあ、大型犬は往々にして賢いのが多いですからこんなものなくともやけどすることは無いでしょう。足はオレンジの球体という不思議な形状です。床に傷をつけたくない人でも大丈夫。

RIMG0168_20120113235241.jpg RIMG0167_20120113235242.jpg
上部は空いてますのでヤカン等かけられます。部分的に開閉できるので芯の調整もラクラク。




なお通信販売は行っておりませんのでご了承くださいませ。

そのほかガラス食器、置き時計、雑貨など店頭に続々入荷しています。手が空き次第ブログへの掲載もしてまいりますが今しばらくお待ちくださいませ。ああ、猫の手も借りたいのに横で見てるだけ…
page top
里帰りガラス瓶、ほか入荷
以下、今年の初荷の一部です。





CIMG2494.jpg
アデリアの脚付プリントコップ。

CIMG2496.jpg
同じくアデリアの琥珀色ガラス皿。





CIMG2498.jpg
マルティグラスのサイケデリックなガラス器。

CIMG2499.jpg CIMG2500.jpg CIMG2501.jpg
同じくマルティグラスの大皿。直径が40センチくらいあります。琥珀色の中に金が蒔いてあって密やかに和洋折衷な雰囲気です。お正月の飾り物にも良いですね。





RIMG0134_20120108163159.jpg
丸形と細長い長方形の白い琺瑯容器。共にデッドストック。

RIMG0136_20120108163155.jpg RIMG0135_20120108163156.jpg
面白い使い方ができそうな、35センチくらいの細長い蓋付容器です。琺瑯の白は清潔感があって本当にきれいですね。目に清々しいです。

RIMG0141_20120108163155.jpg RIMG0143_20120108163154.jpg
丸型は直径10センチほど。意外にも蓋がみっちりと閉まります。






RIMG0137_20120108163615.jpg RIMG0139_20120108163614.jpg RIMG0140_20120108163614.jpg
100年ほど前のおそらく中国製の木製そろばん。古いものでも、いちどもホコリを被ることなくずっと現役で人から大事に使われていたものは、なんともいえない良い空気感を纏っています。不思議です。





RIMG0161_20120108163943.jpg RIMG0162_20120108163943.jpg RIMG0163_20120108163942.jpg
ミニマムな南部鉄の灰皿。灰落としの穴の大きさのバランス、どこにも汚れの溜まりようの無い洗いやすい形状、灰皿として完璧な実用性をもつ形です。



RIMG0154_20120108170835.jpg RIMG0155_20120108170834.jpg
米国製パイレックスの計量瓶。目盛り付。










以下のガラス製品はデッドストックの里帰り品です。

RIMG0145_20120108164522.jpg RIMG0146_20120108164521.jpg RIMG0147_20120108164521.jpg
リキュールグラスのようなプレスガラスの目洗い。いわゆる現代のアイボンですね。目に沿ったカーブがぴったりフィットでものすごく使いやすいです。個人的に毎朝使ってます。洗面台に置いておいても素敵な形状と素材です。底面にJAPANの刻印あり。

RIMG0148_20120108164520.jpg 
六角の蓋付ガラス瓶。薬瓶ですが未使用品ですので安心してお使いいただけます。

RIMG0149_20120108165627.jpg RIMG0156_20120108165626.jpg
↑のに比べてスリムな六角のガラス瓶。
RIMG0150_20120108165626.jpg RIMG0158_20120108165625.jpg
同じくスリムな丸型のガラス瓶。



RIMG0151_20120108170322.jpg RIMG0152_20120108170319.jpg RIMG0159_20120108170318.jpg
金属製の蓋のついた筒状のガラス瓶。ゆらゆらと揺らぎのあるプツプツ気泡入りの絶妙な厚みのガラスです。蓋をとるとコップのような状態になります。個人的にはロックグラスとして使いたいほど風情のあるガラスです。


これらのガラス製品は、昭和30年代に東南アジアに向けて日本から輸出されたものです。
page top
DATE: 2012/01/06(金)   CATEGORY: お知らせ
新年のごあいさつ
みなさま、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年はどんな年になるのか、楽しみな一年です。毎日を一所懸命に商いをしてゆく所存でございます。本年もどうぞ御贔屓にお願い奉ります。



RIMG0138_20120106142053.jpg
なお今年は、明日1月7日(土)14時より初商いでございます。今年も新年早々古道具屋なぞに足をお運びくださる酔狂な方にはお神酒をご用意しております。近くには黒田稲荷と宇賀神社もありますので、初詣がまだの方もお散歩がてら、どうぞ徒歩および公共交通機関でお越しくださいませ。また先着で5名様に↑の写真の「招き猫みくじ」を差し上げます。中におみくじが入っていますので、今年の運だめしにどうぞ…

琺瑯製品、ガラス製品等新入荷商品もございます。
みなさまのご来店をお待ち申し上げております。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ