「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
DATE: 2011/12/25(日)   CATEGORY: お知らせ
ごあいさつ
年内の営業は、本日25日までとなっております。今年は本当にいろいろなことがありました。たくさんのお客様とご縁がございまして、変わらず仕事ができることに心より感謝しております。来年も、清く正しく商いを続けて参る所存です。なお、新年の営業は1月7日(土)よりとなっております。



RIMG0462_20111225153932.jpg
すでに除夜の鐘までにお御馳走でおなかいっぱいという時でも小ぶりのお椀で少しだけ…年越しそばを漆の器でいただくのもよいものです。みなさま、どうぞ楽しいお正月をお過ごしくださいませ。
page top
恵比寿様の掛花入、ほか入荷
以下、本日までの入荷分です。





RIMG0134_20111221171140.jpg RIMG0137_20111221171139.jpg
木製の長机。両サイドの脚がつながっています。サイズは横幅132センチ、奥行き61センチ、高さ65センチ。




RIMG0156_20111221172004.jpg
三角型で角へぴったり収まる木製傘立て。省スペース!



RIMG0158_20111221172003.jpg RIMG0159_20111221172003.jpg
オレンジのデスクライト。クランプ式でどこでもはさめるので狭いところでも便利。





RIMG0152_20111221172005.jpg RIMG0154_20111221172004.jpg
ナショナルの卓上ライト。蛍光灯の青白い光が落ち着きます。





 
RIMG0145_20111221171529.jpg
赤い琺瑯のマグカップとポット。







RIMG0139_20111221171139.jpg RIMG0140_20111221171138.jpg
大きなフリルのガラス鉢。






RIMG0141_20111221171138.jpg
持ち手付ガラス鉢。






RIMG0143_20111221171137.jpg RIMG0144_20111221171530.jpg
乳白ぼかしのガラス鉢。








RIMG0147_20111221171529.jpg
青と緑がらせん状になった大ぶりのガラスコップ。









RIMG0148_20111221171528.jpg
花柄のアルマイト皿。






RIMG0149_20111221171528.jpg RIMG0150_20111221171527.jpg
ぬっぺりした質感のジャノメミシン缶。







RIMG0413_20111221172002.jpg
ツルツルでニヤニヤの恵比寿様の陶製掛け花入れ。来年も商売繁盛!




年内の営業は12月25日(日)までですよ。
page top
明治牛乳冷蔵車、入荷
今日は、ブリキのおもちゃです。



CIMG2482.jpg 
明治牛乳を配送する冷蔵トラック。





CIMG2469.jpg CIMG2467.jpg 
CIMG2464_20111220153008.jpg CIMG2466_20111220153007.jpg
マルサンとハヤシのダブルネーム。共箱付の美品です。

CIMG2474.jpg CIMG2475.jpg CIMG2476.jpg CIMG2479.jpg CIMG2478.jpg
紙箱からは海外輸出用の雰囲気がただよいますが、トラックにはでかでかと「明治牛乳」、「明治乳業」。反対面は「明治粉ミルク」の記載あり。トラック自体は左ハンドルなので輸出用なのかもしれません。しかし運転席の作りは日本のいすゞ系トラックなので矛盾しているとの指摘もあります。

販促用ではないか?との意見もありますが、車内に冷却フィンがわざわざ作りつけてあることや箱に英語表記がある点などちょっと凝り過ぎな印象もあります。ちなみにフリクションと冷却フィンは連動していて、車が走るとフィンも回ります。ちょっと興奮。

CIMG2491.jpg CIMG2492.jpg
車体にもネーム刻印あり。

page top
DATE: 2011/12/19(月)   CATEGORY: お知らせ
大入御礼!!
無事、第2回「漆器まつり」も終了することができました。ご来店並びにお買い上げくださいましたたくさんのお客様に心より感謝と御礼を申し上げます。明日からは通常営業に戻りますが、年内は12月25日(日)までの営業となります。また商品の入荷もございますので追ってご紹介いたします。

今年は東日本大震災がありまして、福島県会津若松市の会津塗産地など東北地方の漆器産地が地震の被害をうけています。モノを作り続けていくこと、受け継いでいくことがいかに難しいことであるか考えさせられる年でもありました。今回、はじめて漆器を手にとってまじまじと見たというお客様も多数いらっしゃいました。これを機に漆器を使ってみようと思ってくださる方は是非、今現在作り手、担い手として頑張っている人たちから商品を買ってほしいと思います。

また去年のブログエントリーに国産漆と外国産漆の話、そのほか漆のこぼれ話等記載しておりますのでご興味のある方はご覧くださいませ。
page top
変わり塗ほか…
第2回「漆器まつり」もいよいよ明日12月18日(日)までとなります。春慶塗菓子皿など一部商品を追加して開催中です。本日は、変わり塗の技法を使った商品をご紹介します。すでに売約となった商品もございますのでご了承くださいませ。



RIMG0368.jpg RIMG0364.jpg
宮内庁御用達の坂久(さかきゅ)錦生堂の輪島塗角盆。

下地が丁寧で堅牢さが際立つ輪島塗ですが、加飾(蒔絵や沈金などの装飾)も素晴らしいものです。とくに「最良の品質、最良の意匠」をモットーとする坂久錦生堂の商品は120もの工程を経るものもあります。この角盆も、表面はまるで水を張ったように透き通った艶と、のびやかな金の竹笹模様もかすれたような風情で控えめな美しさをもっています。1万2千円也。







RIMG0365.jpg RIMG0366.jpg RIMG0367.jpg
蘭が錆絵(さびえ)で描かれた色紙箱。

蘭というと開店祝いなどに贈る胡蝶蘭などを思い浮かべる人も多いでしょうが、日本の和蘭の清楚な美しさは漆器とよく合います。錆絵とは、錆漆(砥の粉と漆を練り合わせたもの)をデコレーションケーキのクリームのように絞りだして高く盛り上がった様に塗る技法です。この蘭の絵は顔料をくわえた緑や朱、白など多彩な色使いで描かれています。また、金も蒔かれ花びらの部分は象嵌(ぞうがん)で貝があしらわれています。凝ったつくりのものです。もちろん箱の中も美品で共箱付、3500円也。






RIMG0375.jpg RIMG0378.jpg
黒と赤の対比が美しい蒟醤(きんま)の茶箱セット。棗、茶筅筒は、共に蒟醤。茶巾筒と振りだしと茶碗は九谷焼です。

RIMG0376.jpg
蒟醤というのはもともとタイやミャンマーなどから伝わった技法ですが、沈金と同じように上塗り面に文様を彫り、その凹部に色漆を充填し磨き上げたものです。日本では香川漆器が得意とします。共箱付のセットで1万2千円也。






RIMG0370.jpg RIMG0371.jpg RIMG0372.jpg
島根県松江市、出雲市で生産される八雲塗の変わり丸盆。

カブや大根などの野菜柄の丸盆5枚セットです。もちろん5枚とも柄違い。少し大き目の銘々皿として使うと喜ばれそうです。八雲塗は、文様を彩漆で描いた上に透き漆をぬりますので濃い飴色の下に文様が透けて見える変わり塗です。共箱付5枚セットで3500円也。






RIMG0379.jpg RIMG0380.jpg RIMG0382.jpg
そのほか、蝶に牡丹に鶴の古典的に雅な金蒔絵の4段重箱、1万2千円等の定番商品もございます。明日までの期間中、みなさまのご来店をお待ちしております。
page top
膳と盆の使い道…
今日は北部九州、今年一番の寒気だとか。寒いはずですね。第2回「漆器まつり」も今日を含めあと3日間となりました。すでに2度3度と足を運んでくださった方もありうれしい限りです。


今日は「お盆とお膳」のご紹介です。ご参考くださいませ。





RIMG0238_20111216151627.jpg RIMG0239_20111216151627.jpg RIMG0454_20111216170311.jpg
一番人気の本堅地、黒無地の脚なし膳、800円。毎日の自分の食事をのせるために、と年齢を問わずひとり暮らしの女性に人気です。



RIMG0246_20111216151626.jpg RIMG0448_20111216170310.jpg
3㎝ほどの脚のついた朱塗りのお膳、300円。一汁一菜でちょうど良いサイズです。また、赤い色は食欲増進の効果もありますのでダイエット中の方は黒のほうをおすすめします。




RIMG0248_20111216151626.jpg RIMG0249_20111216151625.jpg
四方の縁が3㎝ほど高くなっている会席膳。本手家具師の作った上質な会席膳です。黒塗りですが、内側だけが茶の梨子地(なしじ)。






RIMG0252_20111216160724.jpg RIMG0253_20111216160724.jpg
同じ本手家具師、石井重武作の黒無地会席膳800円もあります。
RIMG0453_20111216171932.jpg RIMG0447_20111216171931.jpg RIMG0446_20111216173221.jpg
黒地の漆器は、ガラスとも大変に相性の良いものです。当店でも取り扱っている明治、大正頃のプレスガラスなどは手ごろな値段で趣がありおすすめです。






RIMG0254_20111216160723.jpg RIMG0255_20111216160720.jpg
こちらは愛媛県の長井時松作、布着せつや消し会席膳。松竹梅の上品な金蒔絵でお正月に重宝です。






RIMG0250_20111216160719.jpg RIMG0251_20111216160719.jpg
薄(ススキ)に桔梗の金蒔絵お膳。お月見の時に最適です。強固無比、2度塗り本仕立て、熊井通博造。






RIMG0258_20111216161547.jpg RIMG0259_20111216161546.jpg
富士山を望む風景が沈金、沈黒で上品に描かれているお膳。美術漆器、山田金吉造。




RIMG0452_20111216171109.jpg RIMG0457_20111216171109.jpg
小ぶりなタイプのお膳は、折敷として直接お料理を盛ってもとても映えます。






RIMG0291.jpg RIMG0292.jpg
刀の鍔(つば)と桜が意匠化された珍しい文様の会席膳。多少キズがあるので100円。





RIMG0322.jpg RIMG0323.jpg
掛け軸などでよく見かけるこの絵柄ですが、大掃除をほっぽり出して酒盛りを始めた老夫婦のように見えてしまいます。100円。







RIMG0287.jpg RIMG0288.jpg
もっと気軽に使えるものでしたら春慶塗の立涌(たてわく)会席膳300円を。軽いので、膳としても盆としても使い良いです。
RIMG0431_20111216170312.jpg RIMG0439_20111216170615.jpg RIMG0451_20111216170742.jpg
お椀との組み合わせで普段の食卓にいろいろとご活用ください。










RIMG0293.jpg RIMG0294_20111216162707.jpg
半月盆もあります。




RIMG0403_20111216163106.jpg RIMG0404_20111216163105.jpg
両面使える松唐草の半月盆は合成漆器。素地はユリア樹脂で塗はウレタン。1枚で2倍お得、未使用品200円。


そのほか丸盆、角盆など大小いろいろあります。
RIMG0428_20111216171530.jpg RIMG0449_20111216171529.jpg
丸盆で汁ものを主役に…
RIMG0430_20111216171529.jpg RIMG0433_20111216171528.jpg
お気に入りの陶磁器と合わせて晩酌に…
RIMG0432_20111216172234.jpg
この時期はひとりおでんにも…
RIMG0456_20111216171528.jpg RIMG0455_20111216171527.jpg
漆器同士はもちろんのこと、陶磁器とも大変相性が良いので漆器を特別視せず是非普段にお使いいただきたいと思います。








RIMG0290_20111216163516.jpg
脚付黒無地お膳も状態に応じて100円からご用意。地附き堅極漆器、真砂為次郎造。





RIMG0256_20111216163432.jpg RIMG0257_20111216163432.jpg
本堅地塗師造の朱と黒の脚付膳、1500円。

我家も元旦だけは、座卓をしまって毛氈を敷き、脚付のお膳でおせちをいただきます。夫婦といえどもきちんと居住まいを正して年頭のあいさつをするのは大事なことだと思います。昔は当たり前だった行為でも現在は何でも簡略化されてしまいますね。





RIMG0277_20111216163431.jpg RIMG0278_20111216163431.jpg
省スペースな3段の入れ子膳。沈金で宝物が描かれています。




RIMG0281_20111216163430.jpg RIMG0282.jpg
松竹梅沈金の5段入れ子膳。

お鏡餅や屠蘇器を置いたり、付随する昆布やあたりめをのせたり、飾り花をのせたりと活用範囲は広いです。
page top
ホンモノとニセモノ…
本日も商品のご紹介をつづけますが、今日の分にはホンモノの漆器とニセモノの漆器と両方あります。そこで先に漆器の分類についてご説明しておきます。漆器とひとくちにいいましても、中身と塗りの素材と組み合わせで表示が異なります。

「漆器」…素地の如何を問わず天然漆を塗った製品

「合成漆器」…天然漆以外の塗料を塗った製品



さらに詳しく言うと、


「木製漆器」…天然木に天然漆を塗ったもの。いわゆるホンモノの漆器。デパートなどでよく見る伝統的工芸品に指定されているものはすべてこれに該当します。

「樹脂製合成漆器」…木粉加工品(圧縮材)や合成樹脂の成型品(プラスチック)に各種の合成樹脂塗料を塗ったものはすべてこれに含まれます。



つまり、プラスチックの上に天然のうるしを塗ったものは、漆器と自称しても何の問題も無いことになります。また表記自体も全国で統一されているとは言い難く、ポリエステル塗料の「輪島塗箸」と記載されたものも市場に存在します。一般消費者は「木製漆器」のみを本物の「漆器」と考え、そのほかのものは「合成漆器」と捉えているのではないでしょうか?ただし、合成漆器だから悪いということではなく、高い技術で金蒔絵の施された合成漆器もありますから、予算と好みに合わせてみなさまに選んでもらいたいと思います。






RIMG0240_20111215171909.jpg RIMG0241_20111215171910.jpg
南天の絵柄の屠蘇器。未使用品なのでピカピカですがホンモノの漆器です。


RIMG0299_20111215171909.jpg RIMG0300.jpg
上記の2点の屠蘇器はどちらも合成漆器。左の朱色のものは、塗がカシューで素地はユリア樹脂。右の黒いものは、塗がカシューとウレタンで素地は天然木加工品(木粉とフェノール樹脂の成型品)です。朱のほうはカチャカチャといかにもプラスチックな音がしますが、黒いほうはなかなか良く出来ています。重さもくぐもった音も天然木に近いのです。
RIMG0301_20111215171934.jpg
松も幹が梨地、枝ぶりも堂々とよく描けています。先の南天柄の屠蘇器よりもホンモノっぽく見えます。








RIMG0279_20111215173831.jpg RIMG0280_20111215173828.jpg
本堅地の5つ重ね盃、台付。お見事、2000円。





RIMG0295_20111215173827.jpg
屋久杉の文箱。未使用品、各300円。屋久杉は、ほかの木に比べて油分が多いような気がします。なにも塗らずとも乾拭きだけで美しい木目が保てます。また、爽やかな香りが素晴らしいです。






RIMG0297_20111215173827.jpg RIMG0298_20111215173826.jpg
左は輪島塗の梅紋文箱。右は琳派風な水辺の菖蒲と鳥。共にホンモノの漆器で1000円。






RIMG0308.jpg RIMG0354.jpg RIMG0355.jpg RIMG0356.jpg
春慶塗をはじめ、琥珀色の奥に木目の透けて見える美しい木地呂塗り(きじろぬり)製品各種、100円から。左から、飛騨春慶の建水、丸盆3種、菓子鉢、菓子器。春慶塗とても安心できるとは限りません。素地が透けて見えるものですから、素地は確実に天然木ですが、塗装がまれにウレタン塗装のものがあります。





RIMG0358.jpg RIMG0357.jpg
鎌倉彫の丸盆4種と平鉢100円から。先に木地を彫ってしまう鎌倉彫や、木目を見せる春慶塗、竹で作る籃胎漆器などは通常下地を施しません。





RIMG0359.jpg RIMG0402_20111215181014.jpg
会津塗の鉄線丸盆。

非常に美しいものです。素地は天然木、塗はカシュー。絵は手描き本金蒔絵。分類上は合成漆器ですね。高い技術をもつ蒔絵師による会津塗独特の本金を使った消金粉、花芯には青貝を使うなどとても凝ったものです。なぜここまでするのなら漆を塗らないのか疑問です。未使用品、300円也。




RIMG0306_20111215181459.jpg RIMG0347.jpg
福岡の人にはなじみ深い、久留米の籃胎漆器(らんたいしっき)。♪らんたいしっきはきゅーうらん♪のCMソングは今でも流れているのでしょうか。竹製の素地を特徴とするものですが、現在でも竹を主流とするのは久留米だけのようです。

編みあげた竹かごに錆をつけて網目や隙間を埋め、黒漆の下塗り、朱漆、透漆の順に塗って研ぎだす。というのが本来の籃胎漆器の作り方です。ただ、おそらく30年ほど前が境目だと思いますがそれ以降のものはほとんどが合成塗料かカシュー。日常の生活用品が多いのでコストダウンのためでしょうか。残念なことです。ちなみにカシューは、カシューナッツからとれた油を原料とした漆に似た塗料です。割合耐久性があり強い光沢をもちますが、少し光沢は強過ぎるきらいがあり、耐久性も漆に比べると劣ります。





RIMG0303.jpg RIMG0304_20111215183111.jpg RIMG0305_20111215183110.jpg
合成漆器椀、いろいろ。100円から

素地が天然木加工品、メタアクリル樹脂、ユリア樹脂、メラミンなどなど。そして塗装はアミノアルキド、ウレタン、カシューなど。もういろいろです。漆器は扱いが面倒だ、という方はこちらを是非。ただし、「漆器はすぐに剥がれる」と思っている人はこれらの合成漆器のことです。素地が樹脂のものは下地を施してあるものはほとんどありませんのでちょっと堅い物にぶつけただけでも塗装がぺろりとはがれます。上に塗ってあるものがホンモノの漆であってもです。漆器の丈夫さは下地にあり。(写真左のように塗料なしの樹脂が露出した漆器風プラスチックはその心配がなく乱暴に扱っても一番上部なタイプです。)

RIMG0310.jpg RIMG0317.jpg
合成漆器の大きな蓋付椀もあります。





RIMG0309.jpg
合成漆器ならではの形状のものは、あえて楽しむことができますね。ひょうたん柄の仕切り皿。ちょっとしたおつまみも映えます。





RIMG0307_20111215184145.jpg 
茶卓や小皿なども春慶塗や屋久杉などで多数。




RIMG0313.jpg
異彩を放つコースターは、将函塗。素地は珍しく紙です。柄もよく見ると、薔薇。斬新な試みだったのでしょうが、現在では見かけません。防水性は確かなので水で洗えます。





RIMG0314.jpg
溜塗(ためぬり)の楕円盆。飴色の高級感ある塗りものですが、素地は天然木加工品。高級感があるだけに惜しい。






RIMG0315.jpg RIMG0316.jpg
これは漆器ではありませんが、「亀甲菊底盛籠」。縁起ものですね。京都嵯峨野の野々宮竹を使った手編みのかごです。竹泉の銘入り。2000円也。






RIMG0318.jpg RIMG0319.jpg
京都は酢屋の蓋物。お椀などは木材をロクロで削って作る挽物(ひきもの)ですが、木の固まりをくり抜いて作るものを刳物(くりもの)と言います。手間のかかった工芸品です。600円也。






RIMG0320.jpg RIMG0321.jpg
ナスの漆絵の小箱。古いものは遊び心のあるデザインのものが見つかるので楽しいです。塗りも美しく上質なものです。




RIMG0344.jpg RIMG0345.jpg
大極上渋地製、銘々皿。1枚200円也。

これまで、上質なものには「本堅地」が施されていることは承知していただけたとおもいますが、もうひとつ下地の方法として「渋下地」というものがあります。これは、漆の代わりに柿渋、地の粉の代わりに炭粉を使うものです。本堅地よりも安価でできることから越前漆器をはじめ各地で使われました。ただ炭粉の粒子が表に響くことからざらつきを感じることもあり現在ではあまり使われなくなっています。輪島塗の本堅地に使われる珪藻土(けいそうど)はとても堅く、丁寧に扱えば100年もつほど丈夫ですが、ガラス質ですので床に落とすなどの衝撃には逆に弱くなります。その点も含め衝撃にも強く安価にできる渋下地は普段使いの器に最適ともいえます。



RIMG0350.jpg
山口県、大内塗の大内人形。おひなさまです。

ぽってり丸い漆塗りの雛人形です。可愛らしい容貌は、本漆塗りに蒔絵を施した漆芸人形です。作っているところもいくつかあり、これは創業文化元年、元祖製造元中村民芸社製です。








RIMG0346.jpg RIMG0410_20111215233111.jpg
宮崎漆器のお箸と箸置きのセット1組400円也。丸鉢は、日本ニュークラフトデザイン展入選の日向美術工芸社製、600円。









RIMG0329.jpg RIMG0330.jpg
しこく彫りの菓子器。朴訥な風情がよろし。





RIMG0325_20111215190942.jpg
玉手箱も100円。





RIMG0326_20111215190941.jpg RIMG0327_20111215190941.jpg
一段のみの箱。おせちも一段で十分という声も…算木(さんぎ)紋を金蒔絵であしらったすっきりしたデザインです。しっかりした作りの木製漆器。算木とは、13紀にそろばんが使われるようになるまでつかわれた計算をするための木の棒です。






RIMG0332_20111215190940.jpg RIMG0333.jpg
枡が三つ、コンパクトに収まります。




RIMG0397_20111215235619.jpg RIMG0399_20111215235952.jpg
漆器とは思えないモダンなデザインの小皿。中心が厚く縁が薄くなった木製漆器ならではの質感です。




RIMG0334.jpg RIMG0335_20111215191725.jpg
無地の2段重箱、1000円也。

RIMG0336.jpg RIMG0338.jpg
伊勢海老に青貝がちりばめられた2段重箱、200円也。

RIMG0339.jpg
朱に沈金の輪島塗1段箱。300円也。

RIMG0342.jpg RIMG0343.jpg
木製漆器の小ぶりな重箱各種、古いもの、少し傷みのあるものは200円から。






RIMG0312_20111215192438.jpg
合成漆器の重箱も各種100円から。スチロール樹脂、ABS樹脂などいかにもプラスチックな風情満点。ここまでプラスチックを楽しむデザインだと逆に好感が持てます。若い女性はメイクボックスとして使うんだとか…うーん、斬新。

RIMG0408_20111215233356.jpg RIMG0409_20111215233355.jpg 
山中漆器の3段重箱。嘘くさい木目調に鉄線の金蒔絵。素地はメタアクリル樹脂、塗装はウレタン。200円也。


RIMG0407_20111215235619.jpg 
伊勢海老の2段重箱。むくむくと盛り上がった伊勢海老の臨場感あふれます。






page top
漆器重箱の使い道…
本日も商品のご紹介を続けて参ります。お椀以外にも漆器製品はいろいろとあります。今日ご紹介する分もほとんどが、いわゆるホンモノの漆器(木製漆器)です。すでにお求めになったお客様もご参考くださいませ。



RIMG0154_20111214141855.jpg RIMG0165_20111214142120.jpg
博多のお雑煮は具だくさんでいろどり良くいろいろなものが入ります。おつゆも透明ですから、すべての具をきれいに見せたい!となると、こういった径が広く底の浅い蓋付椀が最適です。






RIMG0171_20111214141854.jpg RIMG0172_20111214141854.jpg
本堅地の梅形中鉢。宝尽くしの文様によくある宝珠と根のついた松。宝珠は仏具で、サンスクリットで言うとチンターマニ。「意のままに様々な願いをかなえる宝物」なんだそうです。松は静岡の根上がり松のようにも思えます。とにかく、ご利益ご利益。800円。





RIMG0173_20111214141853.jpg RIMG0175_20111214143355.jpg RIMG0177_20111214143355.jpg 
3段の重箱ですが、提げて持ち運べるように台がついています。サイドには松竹梅が丸紋で施され、蓋には羽の一枚までが美しい雲に鶴の金蒔絵。見事です。3500円。




福岡では割と珍しい沖縄の「琉球漆器」

RIMG0189_20111214143757.jpg RIMG0191_20111214143757.jpg RIMG0192_20111214143751.jpg
黒の茶卓と朱の銘々皿。ゴロゴロと転がっているのは、なんとパパイヤ。なんとも沖縄らしい柄です。

琉球漆器の特徴は、堆錦(ついきん)と呼ばれる加飾法とブタの血を使った豚血下地(とんけちしたじ)です。堆錦とは、漆に多量の顔料を混ぜて練った餅状のものを型抜きし漆器の表面に貼り付けるものです。立体的な柄になります。また、豚血下地はブタをよく食べる沖縄に適したものともいえます。ブタの血と桐油、珊瑚の粉、本島中南部でとれる土などを混ぜて作るそうです。またブタの血は空気中の酸素と結合すると強力な接着力を発揮するので、通常の漆下地の代用として多く用いられたんだそうです。

RIMG0183_20111214143759.jpg RIMG0182_20111214144903.jpg
蓋付の菓子器。ハイビスカス柄。以上は琉球漆器最古の老舗、角萬のものです。





RIMG0184_20111214144905.jpg RIMG0186_20111214144904.jpg RIMG0187_20111214144904.jpg RIMG0188_20111214144903.jpg
同じく琉球漆器の丸盆。ですが、これらは宮崎県の琉球漆器です。正確に言うと、琉球塗の流れを汲んだ宮崎漆器です。太平洋戦争末期に沖縄を追われ宮崎に疎開移住した人が多数おり、その中の漆工技術者が始めたそうです。

今では宮崎県の伝統工芸品指定となっています。琉球漆器の特徴ともいえる冴えた朱の色は、沖縄の高温多湿の風土のおかげだといいますが、九州の中でも温暖な宮崎県はその点でも共通しているのでしょう。素地は沖縄で多用されるデイゴではないと思いますが、下地は独特の秘法…となっているそうですから豚血下地なのでしょうか?








RIMG0200_20111214150907.jpg RIMG0201_20111214150912.jpg
サイドは擦漆(すりうるし)で木目を生かした仕上げ、上面のみ下地をし朱塗りに金蒔絵の中皿。厚手で木の質感を満喫できます。







RIMG0202_20111214150911.jpg RIMG0203_20111214150911.jpg
贈答品を席巻する「たち吉」の最高級バージョン、青嵐(せいらん)の四方盆。葉脈の浮き出る葉の上はガラスが張ってあります。凝った作り。未使用品2000円也。ちなみに青嵐とは青葉を吹きわたる風、薫風の意。






RIMG0205_20111214150910.jpg RIMG0206_20111214150910.jpg
同柄の台付、唐塗り(からぬり)の2段重箱、5000円。

青森県の津軽塗でおなじみの「研ぎだし変わり塗り」の内の一つです。本堅地を施してありますし幾層もの色漆を塗り重ねては研ぎだす、の繰り返しですからとても重厚で堅牢な塗物です。

RIMG0204_20111214153002.jpg
台無しの2段重箱のみは、3000円。




RIMG0231_20111214161137.jpg RIMG0232_20111214161137.jpg
同じく変わり塗の一種、ひねり塗の五段重箱。小ぶりなので大げさにならず手作りのおせちが映えそうです。


RIMG0459_20111214162047.jpg
昨今の売ってあるおせちのように具をぎゅうぎゅうに詰める必要もないと思います。ゆったりと一段に1、2品というのも良いです。






RIMG0233_20111214161136.jpg RIMG0235_20111214161136.jpg
台付の一段重箱。正方形でなく凸凹のある個性的なデザインです。塗りも二色で使い分けてあります。

RIMG0460_20111214162046.jpg 
1段の場合は、ちらし寿司を盛っても良いですし…

RIMG0458_20111214162047.jpg
個人的には、わたくしは観劇には手作りのお弁当を持参します。仕事で行けない夫には、重箱を1段だけ使って松花堂弁当のように詰めてあげます。いつもとは趣が変わって喜びます。わたしのお弁当の残りですけれど…







RIMG0207_20111214153143.jpg
3色で入れ子になった蓋付容器。1000円。






RIMG0209_20111214153142.jpg RIMG0210_20111214153141.jpg RIMG0211_20111214153141.jpg
4寸の銘銘皿、3種。

真ん中と右は、きちんとした木製漆器。真ん中はおそらく輪島塗です。問題は左。会津塗の銘銘皿ですが、塗りは天然漆できれいに塗られています。ただ素地が天然木ではなく、「天然木加工品」だと思います。一見すると大した違いは無いようなこの表記ですが、現在流通している安価な漆器の大半を占めるのが、この天然木加工品です。何でできているかというと「木粉とフェノール樹脂」です。木の粉をプラスチックで固めたようなものですが、だいたい木粉の割合が半分、樹脂が半分。従来のABS樹脂のようないかにもプラスチックな感じは無いものの、純粋な木製品とは全く異なるものです。





RIMG0214_20111214154706.jpg RIMG0215_20111214154705.jpg
モダンな配色ですが、本堅地のきちんとした屠蘇器。漆絵と金蒔絵でこぼれ松葉や笹文様がかいてあります。銚子の形も釜形。盃と台の色が異なるのはよくあることです。個性的なひと揃いです。セットで1500円。







RIMG0216_20111214154700.jpg
揚羽蝶が描かれた3㎝ほどのブローチ。もとは帯留めだと思います。






RIMG0217_20111214155256.jpg RIMG0218_20111214154659.jpg
15センチほどの小さな3段重箱。大胆に菊文様があしらわれた会津塗。

RIMG0442_20111214162045.jpg RIMG0443_20111214162046.jpg
こうした小ぶりなものには普段使いでおかずを2品とか、いっそお漬物だけ…などというのも素敵です。






RIMG0219_20111214154659.jpg RIMG0221_20111214155255.jpg
九州では珍しい岩手県の秀衡塗(ひでひらぬり)の銘銘皿。

起源は、平安末期の奥州藤原氏までさかのぼるという由緒ある塗物です。金箔を多用する文様に特徴があります。弁柄色(べんがらいろ)の雲(源氏雲)に金箔の有職菱紋、のびやかな松、という一見派手なようにも見える柄ですが、全体に艶をおさえた塗で、実際には力強さと気品が漂うとても上品なものです。1枚500円也。







RIMG0224_20111214160805.jpg RIMG0225_20111214160805.jpg
輪島塗の螺鈿と金蒔絵で蔦文様が施された脚付台。花台にしても、ニャンコ様のお膳にしても良し。3000円。








RIMG0228_20111214160804.jpg RIMG0229_20111214160804.jpg RIMG0230_20111214160803.jpg
これ、何に使うものだかよくわかりません。ご存じの方いらっしゃいましたらご教示くださいませ。2円50銭の値札がありましたからかなり古いものです。







RIMG0242_20111214164151.jpg RIMG0243.jpg RIMG0244_20111214164410.jpg
もはやお殿様クラスの松竹梅金蒔絵の台付3段重箱。傷みがあるのでセットで1000円也。







RIMG0273_20111214164633.jpg RIMG0274_20111214164634.jpg RIMG0275_20111214164919.jpg RIMG0276_20111214165009.jpg
見事な枝ぶりの松に鶴と亀の4段重箱。蓋は2枚で贅沢に柄違い。写真では1万円となっていますが6000円也。





続きはまたのちほどに…
page top
「漆器の手入れ」について
第2回「漆器まつり」も予想以上の盛況で、初日と2日目で約150名のお客様にご来店いただきました。とても寒く足元も悪い中お越しくださいましたお客様に感謝申し上げます。初日に混雑していてゆっくり選べなかったという方も12月18日(日)まで開催しておりますので是非またお立ち寄りくださいませ。

また、店頭でお問い合わせの多かった「漆器のお手入れ」についてですが、通常の食器と同様にお使いいただいて結構です。電子レンジには入れないことと、たわしなど堅いものでこすらないこと、に気をつけてどうぞ末永くお使いくださいませ。可能ならば、すすぎは熱めのお湯で行い、水気が切れたらフキンで拭き、最後に絹布で拭き上げるとベストです。



以下、店内商品のご案内をしてまいりたいと思いますが、すでに完売している商品もございます。なお、本日ご紹介するものはすべて本物の漆器(素地が天然木で塗りが天然漆)です。合成漆器は含みません。


まずは、輪島塗(石川県)から。
RIMG0139_20111213153842.jpg RIMG0140_20111213153842.jpg
まずは、輪島塗から。黒地に赤く牡丹が彫り込んである4段重箱。

4段をいっぺんに使うのはお正月くらいです。一番上の蓋は同柄で2枚付いているので、普段のお花見や運動会などには2段使いで出番が増えます。

RIMG0144_20111213153841.jpg
同シリーズで、角盆、茶卓、蓋付湯呑、丸皿、角皿があります。

RIMG0145_20111213153841.jpg
お湯呑の内側は、白漆で塗られています。白い漆を見たことがないというひとは戸惑うようですが、漆は顔料を混ぜるとどんな色にでもなります。とても凝ったものです。茶卓と蓋付湯呑のセットで1客1000円。

漆器はもともと森林資源の豊富な地域で必然に生まれた産品ですので国土面積の約3分の2が森林の日本では全国に点在して漆塗りの産地があります。その中でも最も知名度の高いのが「輪島塗」ですね。輪島塗の真骨頂は、丈夫で長持ち、という点につきます。その秘密は見えない下地にあります。「大極上 布着せ 本堅地」などと記載されたものがありますが、布着せというのは、お椀の縁などに補強のため布を張ります。本堅地というのは工程の名称ですが、輪島では下地に地の粉や砥の粉を混ぜたものを塗ります。堅牢さの証です。

RIMG0146_20111213153840.jpg RIMG0285.jpg
左の写真は丸皿、角皿ともに輪島塗です。そして右の写真のものは、越前塗(福井県)です。全く同じ柄ですね。漆器には知的財産権のようなものは存在しないんですかね?そのほかにも重箱など輪島特有の絵付けを模したものはたくさんあります。

そして似ているだけならまだしも、越前漆器のほうは、素地がフェノール樹脂、塗りが天然漆です。見ただけではほとんどわかりませんね。テーブルなどに置いたときの音で素地が天然木かプラスチックかはすぐにわかります。プラスチックのほうはどうしてもうるさい音がします。




RIMG0141_20111213162526.jpg RIMG0142_20111213162521.jpg RIMG0143_20111213162521.jpg
「朱の沈金松輪島塗4段重箱」側面に4段にわたって彫られた松が緻密で美しいです。これも替え蓋付ですので2段がふたつ、としても使えます。25000円也。


RIMG0147_20111213162520.jpg RIMG0148_20111213162520.jpg
「朱沈金松竹梅輪島塗屠蘇器」全部セットで3000円也。残念ながら銚子の持ち手金具のカバーがひとつ欠品です。ご使用には差し支えありません。






RIMG0193_20111213163507.jpg
堅牢さを最も発揮する日常使いには、布着本堅地の「輪島塗無地黒椀」
RIMG0195_20111213163506.jpg
平たいお椀と、深めのお椀。各800円。
RIMG0196_20111213163506.jpg RIMG0197_20111213163505.jpg
蓋がないほうが使い良い、という方には5枚入れ子になるセット、1000円也。うっすらつや消しのような「花塗」という技法で塗られた椀ですが、使えば使うほど「底艶(そこづや)」がでます。



そのほか、輪島塗以外のものもセットでのご用意があります。ホンモノの漆器を使ったことがないという方にもおすすめのセットです。特に椀の種類や名称にこだわらず好きなように使ってもらいたいです。

RIMG0263_20111213164941.jpg RIMG0265_20111213164941.jpg
愛媛県桜井の長井時松謹製の6点セット、800円。博覧会協新会品評賞牌受領、とあります。随分と豪勢な肩書ですが、しっとりとした塗肌のとても品質の良いものです。

RIMG0261_20111213164940.jpg RIMG0266_20111213164940.jpg
本堅地、柴村製造の總真黒塗り椀8点セット、(器の内側にやけが見られるので)400円。明治後期のものです。精品。

RIMG0267_20111213164939.jpg RIMG0268_20111213164939.jpg
本堅地の内朱黒椀10点セット、1000円。赤と黒の対比と美しい艶の椀です。お猪口もついているので毎日晩酌する人に最適。





漆器って何?というひとでもお味噌汁をガラスや陶器の椀に入れて飲む人は少ないでしょう。漆器の中でも最も身近なお椀も各種。一般的なお椀では足りないという若い方はひと回り大きな煮物椀を使っても良いと思います。美しい蒔絵のお椀は外国の方へのプレゼントにも喜ばれます。

RIMG0155_20111213170655.jpg RIMG0156_20111213170655.jpg RIMG0157_20111213170654.jpg
「布着本堅地の羊歯紋沈金明月椀」700円也。未使用品です。

溜塗の茶と黒の2色で構成され、縁起物の羊歯(しだ)文様が沈金で施されたとても上質な椀です。椀に角のある作りの物を明月椀(めいげつわん)と呼びますが、角がないほうが作りやすいわけで、あえて角を作る手間暇、というのがこの椀の良さです。

RIMG0160_20111213170654.jpg RIMG0162_20111213170653.jpg
古宝漆器の本堅地「稲穂椀」内側に若干やけがあるので、300円。稲穂の蒔絵はフクフクして素晴らしいものです。

RIMG0166_20111213171726.jpg RIMG0167_20111213171726.jpg RIMG0168_20111213171725.jpg
布着せ本堅地の「帆船に鳥の漆絵椀」400円也。未使用品です。

華美ではないですが、よく見ると大変に凝った作りです。うるしに顔料を混ぜて絵を描いたものを「漆絵(うるしえ)」と言います。上質な物を是非毎日の食卓に…

RIMG0169_20111213171725.jpg RIMG0170_20111213171724.jpg
本堅地の「流水に桜の沈金椀」400円也。輪島風の作りですが断定はできません。優美な形の椀です。

RIMG0178_20111213173600.jpg RIMG0179_20111213173600.jpg
布着せ本堅地の「松に鳥沈金椀」800円也。未使用品です。黒が深くとても質の良いものです。



RIMG0151_20111213173559.jpg RIMG0149_20111213173559.jpg
菊に唐草のような全体に蒔絵の入った豪勢な椀100円と蝶の蒔絵椀200円。
RIMG0152_20111213173558.jpg
艶のある朱に桜の花びらの金蒔絵椀。

RIMG0269_20111213173558.jpg
朱色には限りなくバリエーションがあります。
RIMG0270_20111213173628.jpg RIMG0272_20111213173626.jpg RIMG0271_20111213173627.jpg
左から梅、桜、葵の文様。古典文様は美しいです。たとえば着物なら、これらの美しい意匠を身にまとうことができます。洋服にはない素晴らしさだと思います。

RIMG0158_20111213175137.jpg RIMG0159_20111213175136.jpg
「漆絵銀杏椀」200円也。金、銀、茶で銀杏の葉が描いてあるモダンデザインです。

RIMG0340.jpg
「菊蒔絵椀」かなり古いものです。古典の美。


蓋なしが良い方にはこちら。

RIMG0222_20111213175134.jpg RIMG0223_20111213175155.jpg
あえて木目を浮き立出せるように塗ってある朱塗り椀。


RIMG0226_20111213175135.jpg RIMG0227_20111213175135.jpg
会津の相田漆工、明漆会に所属する相田啓介作の朱塗り椀。

○○塗と称して売ってある漆器でも、プラスチック素地のうるしを使わない漆器が量産される時代に危機感を覚えた漆工たちが1964年に「明漆会」を結成しました。木も漆も年々質が落ちるといいます。漆をはじめ、いろいろな素材の不足は一時的な現象ではなく、工業化してゆく社木の必然的な帰結であることを踏まえ、何時までも使える日常生活の道具としての漆器作りを目指す団体です。真摯に漆器を作る人もいれば金もうけのためにニセモノを作る人もいる。今、食品の安全が問われるのと同じく知らなかったでは済まされないことです。安価なニセモノも、売れなければ作る人もいなくなるでしょう。消費者の選択は大きな力になります。

page top
本日より第2回「漆器まつり」開催!
師走らしく一気に寒くなりました。いよいよ年末だなぁという雰囲気です。デパートにも漆器売り場の特設コーナーがしつらえられていますね。ぜひ、デパートでご覧になってから当店へお越しになることをおすすめします…


先週からフライングしてお見えになるお客様も多数ですが、本日より第2回「漆器まつり」を開催いたします。漆器の最高峰である輪島塗をはじめ、研ぎだし文様の美しい津軽塗、福岡ではなかなかお目にかかることのない秀衡(ひでひら)塗、木目を生かした艶の美しい飛騨春慶、山中漆器に越前漆器、独特の琉球漆器まで幅広く約1000点の品ぞろえでお待ちしております。

RIMG0385_20111210111950.jpg
あまりの商品点数の多さに商品のご紹介は追っていたしますが、品切れの際はどうぞご容赦くださいませ。

RIMG0193_20111210112326.jpg
店内入ってすぐが、輪島塗の布着本堅地椀です。無地の黒椀ですので普段使いに最適です。合成漆器とはちがう色、つや、特筆すべきはその堅牢さ。漆器は扱いが面倒だと思いこんでいる人にこそ使ってもらいたい一品です。
RIMG0194_20111210112326.jpg
椀形は3種。ノーマルな椀。ご飯でもお汁でも…
RIMG0195_20111210112325.jpg
平たい平椀と深めの壷椀。この3種はいずれも、蓋付1組が800円です。
RIMG0196_20111210112328.jpg
そして今年は組ものも多数ご用意。重ねて収納すればひとり暮らしでも場所をとらない5枚組。1セット1000円です。

RIMG0260_20111210112940.jpg
輪島塗以外の椀の組ものも3種あります。上から本堅地黒椀8点セット400円、真ん中が本堅地6点セット800円、下段が黒塗りの内朱で華やかな10点セット1000円。バラで買うよりもお得になっています。





RIMG0138_20111210111948.jpg RIMG0139_20111210111948.jpg
そのほか輪島塗製品はこちら。新品では軽く100万円を超える4段重箱も2万5千円。





RIMG0387_20111210111949.jpg RIMG0149_20111210113633.jpg RIMG0269_20111210113633.jpg
そのほかお椀も普段用のものからお雑煮用の大きなモノまで様々100円から… 






RIMG0388_20111210111949.jpg
お正月用の重箱、お屠蘇セット、脚付お膳、脚なし懐石膳、取り皿各種などなど…






RIMG0296.jpg RIMG0312.jpg
店内左奥の小上がりの上は合成漆器、つまりニセモノ漆器もデッドストックで多数ご用意。重箱も100円から…



RIMG0360.jpg
そのほか実用品だけでなく、美術工芸品としての輪島塗湯盆、作家ものの茶箱などもございます。お気軽にお尋ねくださいませ。なお、「漆器まつり」は5月の「和食器まつり」と同じく、日ごろのお客様のご愛顧に感謝してのお手頃価格でのご提供とさせていただいておりますので、簡易包装でお願いし申し上げます。マイバッグご持参の方には、漆器の拭きあげに使うと驚くほど艶の出る「正絹の平織り布」を差し上げます。お申し出くださいませ。たくさんの方のご来店をお待ち申し上げております。


page top
DATE: 2011/12/09(金)   CATEGORY: お知らせ
お休みのお知らせ
本日12月9日(金)は什器搬入の為お休みを頂戴します。




第2回「漆器まつり」は明日12月10日(土)の午後2時からです。
掘り出し物ザクザクでお待ちしております!
page top
ノリタケの火鉢、ほか入荷
漆器まつりの準備で目が血走っているのですが、通常の商品も入荷してます。以下、入荷分の一部。そして再度お知らせ、あす12月9日(金)は、第2回「漆器まつり」の搬入のためお休みを頂戴します。





CIMG2441.jpg
丸椅子。





CIMG2442.jpg
踏み台。





CIMG2445.jpg CIMG2447.jpg CIMG2449.jpg
しっかり照らして効率よく作業。アーム式デスクライト「マーシャルライト」。アームシャフトで自由自在に、またクランプ式なのでテーブルの上が広く使えます。







CIMG2451.jpg CIMG2453.jpg
トランジスタ掛け時計。セイコーソノーラ。便利なカレンダー付。







CIMG2456.jpg
グッドデザインマッチ。
CIMG2457.jpg
乾電池柄。
CIMG2458.jpg
キャバレー、クラブは大人の香り漂います。





CIMG2459.jpg CIMG2460.jpg
ナショナルの薄型電気コンロ。






RIMG0113_20111208003306.jpg
ごっついガラスの花瓶。






RIMG0127_20111208003438.jpg
小ぶりな陶製の火鉢、2柄。共にノリタケ製。

RIMG0115_20111208003424.jpg RIMG0118_20111208003346.jpg RIMG0119_20111208003346.jpg RIMG0120_20111208003345.jpg RIMG0116_20111208003725.jpg RIMG0121_20111208003345.jpg
東海道五十三次柄。上品なクリーム色の地に名所が切り嵌めてあります。


RIMG0124_20111208003344.jpg RIMG0126_20111208003344.jpg
サイズは同じで柄違い、あでやかな牡丹柄。こちらには新しい灰付。


火鉢は使い方をご存じない方も多いですね。灰の種類、必要な道具、炭の選び方etc...興味のある方は店主までご遠慮なくお尋ねくださいませ。
page top
DATE: 2011/12/04(日)   CATEGORY: お知らせ
第2回「漆器まつり」開催のお知らせ
去年、好評を得ました「漆器まつり」を下記日程で今年も開催いたします。



           第2回「漆器まつり」

日時    平成23年12月10日(土)~18日(日)

会場    古道具のささや
       福岡市中央区平尾1-12-2
       (期間中も月曜定休)

お問合せ 092-531-4373(午後2時より8時まで)






ちなみに去年の模様は…こちら。去年輪島塗の本堅地椀をお求めくださいましたお客様から「1年間毎日使ってもびくともしない」、「買った時よりもほんのりと艶が出てきれいになったようにさえ見える」など驚きの声をたくさんいただいております。ホンモノの良さは使ってこそ、です。今年は、大変重宝な小ぶりサイズの輪島塗重箱や、具だくさんの博多雑煮にぴったりの大ぶりなお雑煮椀、1アイテムで一気にテーブルが華やかになる脚付、脚なしの会席膳各種などなど…実用的なモノを中心に約1000点の商品を取り揃えております。ニセモノの合成漆器から本堅地の高級漆器まで、実際に見て触って納得のいくものをお求めください。歳末のお忙しい時期ではございますがお誘い合わせのうえ足をお運びくださいませ。



つきましては什器搬入のため前日の12月9日(金)はお休みを頂戴します。
page top
コロンビア製蓄音機、ほか入荷
いよいよ今年も師走。12月だというのにここ数日、寝室に蚊がいて眠れません。いったいどうなっているのでしょうか。以下、本日までの入荷分です。






CIMG2416.jpg
古典的な木調の壁掛け明治時計。

CIMG2418.jpg CIMG2419.jpg
MADE IN OCCUPIED JAPAN(メイドインオキュパイドジャパン)の刻印あり。

CIMG2420.jpg CIMG2421.jpg
天使付の洋風の作りですが、いやらしくなく上品でそれがかえって日本的。節度あるデザイン。オーバーホール済み。








CIMG2430.jpg
不思議なバランスの時計。それもそのはず、機械部分と木製の枠はもともと別のものを組み合わせています。

CIMG2431.jpg CIMG2432.jpg CIMG2435.jpg
機械はドイツのユンハンス製。振り子と文字盤は琺瑯でできている明治後期ごろのものです。非常に動作音が静か。

CIMG2433.jpg CIMG2434.jpg
枠部分は日本のメーカーのものです。おそらく精工舎でしょうか。ムーブメントはオーバーホール済みですのでそのままお使いいただけます。








CIMG2427.jpg
コロンビア製の蓄音機。No,115B.昭和初期ごろのものだと思います。

CIMG2423.jpg CIMG2425.jpg
スピーカーがルーバー開閉式。ルーバーの向きで音を遠くに飛ばせ、音量の調整ができます。経年の割に非常に状態が良く、箱の設計も音質も国産にしてはとても良いものだと思います。


[広告] VPS

ご年配の方にとっては懐かしい音なんでしょうが、i-podなど便利な道具に慣れ過ぎた若者にとっては衝撃の音のようです。琴線に触れる音、とでもいった感じでしょうか。生音で聴きたいという方は店頭でどうぞ…萬歳の砂川捨丸に藤山一郎、義太夫からワルツまでお試しいただけます。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ