「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
DATE: 2011/02/28(月)   CATEGORY: 雑文
四十九日
本日2月28日はカレンダーにはビスケットの日、コメの日、そばの日、と書いてあります。そして我家にとっては…おいなりさんの四十九日です。遅ればせながら本年の1月10日の早朝、我家のニャンコのおいなりさんが他界いたしましたこと、この場を借りてご報告いたします。

6年ほど共に暮らしましたが、毎日外を駆け回って遊び、おなかいっぱいご飯を食べて、家の中でぐっすり眠り、猫にとって楽しい人生(猫生)を送ったと確信しております。また最後は布団の上で夫の腕枕で特に苦しむことなく寝たまま息を引き取りましたので送る側としても悔いはありません。交通事故等でなく、刻々と命を終えるところを見守ることができ本当に幸せだったと思います。そしてこのブログをはじめてからもたびたび写真等掲載してまいりましたが、同じく猫好きな方々にたくさんのご厚意あふれるお声を頂戴いたしましたことに心より感謝申し上げます。

page top
木製家具類入荷
ここ数日は暖かくなり、今日は梅見日和ですね。桜のお花見はにぎやかすぎますけれど、梅のお花見は物静かに見物している人が多いので人出が多くとも楽しめます。


以下、本日までに入荷分です。





CIMG1251.jpg
見るからに材質の良い本立て。

RIMG0117_20110226144056.jpg
しっとりツヤツヤの肌合いの木です。この棚自体がどっしり重たいので、重量のあるものも安心して載せられます。

RIMG0119_20110226144057.jpg
程よい間隔の3段。







CIMG1273.jpg
2段積みの本箱。

CIMG1274.jpg
ちょっと遊びのある昔のガラスを入れています。

CIMG1275.jpg
上段は棚板2枚の3段。

CIMG1276.jpg
下段の下部は引き出しふたつ付。








CIMG1280.jpg
すっきり文机。

CIMG1279.jpg
ちょっと手紙を書く、ちょっと繕いものをする、などの用事に便利な大人向けの小机です。






CIMG1281.jpg
中ぶりの和風になりすぎない和風本箱。

CIMG1284.jpg
梅入り。松竹梅までいくとちょっと民芸調になってしまいますが良く見ると和のモチーフというバランスが絶妙です。

CIMG1285.jpg
下部には引き出しふたつ。逆さ富士のような簡潔な持ち手。

CIMG1286.jpg
広めの間隔で棚板2枚の3段。

お手持ちの本の量に応じて大きさをお選びください。良く手にとる本は戸の無い本棚に、大事なハードカバー本など日焼けにも気を使いたい人はホコリも避けられる本箱をどうぞ。電子書籍派の人は…食器棚や飾り棚としてどうぞ。







CIMG1287.jpg
ピンクと黒の格子柄飯茶碗。

CIMG1288.jpg
キッチュなプリント柄のチェックではなく、水墨画の様に濃淡と揺らぎのある手描きの柄が良く見るとロックな飯茶碗です。ヴィヴィアンウエストウッドが好き…というような女の子に使ってほしいと思います。
page top
東芝スタンドライト、ほか入荷
今年に入ってから、去年よりもブログでの商品入荷案内の頻度を減らしています。わたくしが私事で忙しいもので…なるだけ時間のあるときに掲載するようにしていますが、商品はブログに掲載していないものも含め随時、修繕、メンテナンスができ次第店頭に入荷しておりますので、思い立ったときにでもふらりと足を運んでいただけましたら幸甚でございます。


以下、本日までに入荷分の一部です。

CIMG1252.jpg
セロファン色のカラフルな5色皿。





CIMG1255.jpg
マルティグラスの丸小皿。

CIMG1256.jpg
マルティグラスは一枚ずつが手作りですので微妙に表情が異なり、多用途な使い方ができる食器です。銘々皿、デザート皿として和菓子を盛ったり、ガラスコースターとして透明なグラスを乗せたり…いろいろ楽しめます。







CIMG1259.jpg
青と白のギンガムチェックの小丸皿。

CIMG1260.jpg
日本的にいうと、格子です。

CIMG1261.jpg
モダーンさを意図していないところが、嫌味のない有田焼。






CIMG1262.jpg
カガミクリスタルのロックグラス。バカラは重すぎるという人にはやはり日本製のクリスタル製品をおすすめします。







CIMG1266.jpg
真っ赤な傘のスタンドライト。東芝製のデッドストックで美品です。

CIMG1264.jpg
クリスタル調のプラスチックがキッチュ。
page top
SEKOレディースウォッチ3種、入荷
最近めっきり手巻きの腕時計をしている人を見かけません。身の回りの物に強いこだわりがある人というのは、女性よりも男性に多いですが、そういった男性がうんちくと共に彼女にプレゼントするのに最適な腕時計3種、入荷してます。来月はほら、ホワイトデーもありますから…



RIMG0121_20110219154159.jpg
セイコーの女性用腕時計。手巻きです。

手巻きの腕時計というものを若い方は知らないかもしれません。ゼンマイを動力として動くので電池が必要ありません。携帯に依存しがちな昨今でも久しぶりに腕時計でもつけてみようか、と思った時には電池が切れて止まっているという体験をする人もいるでしょう。大体時計屋さんで電池交換は1000円くらいでしてくれますが、めったに使わないから…と思ってそのまま放置している人も多いのではないでしょうか?手巻き時計ならその点、使う時に巻けばよいのでエコですね。

そしてこの3種に共通するのは、時間を知るための道具としてというより、より華奢に、よりアクセサリーに近く、女性を美しく見せるための時計だということです。文字盤など非常に小さく親指の爪くらいのものですので、ちょっと視力の悪い人だと見えないかもしれません。しかしひとたび腕にまとえば、動きもしなやかに「こんな華奢な時計をしているんですもの、箸より重たいものなど持てませんわ」といった雰囲気を醸し出します。


RIMG0123_20110219154159.jpg
四角い文字盤にダイヤ6粒付WGP(18金ホワイトゴールドメッキ)。

RIMG0124_20110219154158.jpg

RIMG0125_20110219154158.jpg
ベルトは滑らかな蛇腹状になっていますので、装着した時はブレスレットよりもバングルに近い状態になります。








RIMG0130.jpg
同じく四角い文字盤のタイプ。ベルトはチェーン状になっていますが、さらに細い鎖が横に一本ありますね。革ベルトと違って金属タイプのベルトの場合は金具が不意に外れると一気に腕から落下する事故が発生することがあります。この細い鎖が一本あることで、そうした不意の落下を防ぐことができます。見た目にもブレスレット2本付けのごとくより女性らしさを強調します。

RIMG0133_20110219155736.jpg
同じくWGP。







RIMG0126_20110219154158.jpg
セイコーソーラーのダイアショック。アーモンド形の美しさ際立つ時計です。

RIMG0129.jpg
同じくWGP。

RIMG0135_20110219160717.jpg
この一本につきましては、専用ケースがあります。





どれも美しく個性際立つ時計です。セイコーが戦後の高度経済成長期で一番躍進した時の商品だと言えるでしょうし、昨今のアンティーク風のレプリカ時計には無い凛とした上品さがあります。クォーツに比べて時間の精度が劣るという点も、丸一日動かして数分以内の誤差ですので実用面でも全く問題は感じません。いままで手巻きの時計を使ったことがないという方も、巻き方等ちょっとしたコツがありますので店頭にて御遠慮なくお尋ねください。


page top
雛人形3種、入荷
最近は日本国中で旧家の雛人形をこぞって見にゆく、という行為が行われていますね。以前はお金持ちの家の子も貧乏な家の子も、その家庭の経済レベルに合わせた雛人形が自宅にあったものです。我家にも祖母が買ってくれたチープなケースに入ったオルゴール付雛人形がありました。よそ様の立派なひな飾りを見に行くのも楽しいとは思いますが、手作りでも大量生産の普及品であろうとも自分のためだけに用意された雛人形を自分の家に飾る、という行為のほうが子ども心に残る思い出になると思います。

昨今の畳の部屋がないマンションなどの住宅事情では旧来のいかにも日本的な雛人形はインテリアとかみ合わずに飾りづらいとの意見も伺います。以下、ちょっと個性的な雛人形3種、入荷。






CIMG1245.jpg
上方風の雅なお雛様。モノトーンの彩色というのが珍しく素敵です。しかも実は土鈴です。コロコロと軽やかな音がします。大人向け雛人形です。

RIMG0115_20110219144400.jpg
女雛。

RIMG0114_20110219144350.jpg
男雛。









CIMG1247.jpg
随分とくだけた雰囲気の漆塗りの雛人形。

RIMG0117_20110219144352.jpg
山口県の郷土玩具のひとつとしてご存じの方も多いかと思います。現在は大内塗の大内人形として伝統的工芸品に指定されています。







RIMG0120_20110219144352.jpg
木彫りの雛人形こけし。白地に黒のドットの袴、という随分モダンないでたちですが…

CIMG1248.jpg
マッチ棒と比してこの大きさ。男雛は針より細い刀を腰に差していますので驚きます。店頭でじっくりご覧あれ。
page top
丸椅子6脚入荷
つかの間の晴れ間に仕上げた丸椅子、2種類で各3脚ずつ、計6脚。本日入荷してます。



CIMG1233.jpg
座面に2重丸のあるタイプ。

CIMG1235.jpg
ごくベーシックな形のものですが座面の板に厚みがあり、足が4本でさらにクロス棒が付いているのでかなり強度があり実用的な椅子です。

CIMG1234.jpg
木目の通ったものもありますので、もちろん一番お気に入りを選びたいの!という方はお早めにどうぞ。





CIMG1237.jpg
もう一種類は、座面がフラットでつるりとしたタイプ。

CIMG1238.jpg
もちろんこちらも1脚ずつ表情が異なりますので、実際に見て触って座ってお選びくださいませ。
page top
懐中時計2種、追加で入荷
先日入荷しました懐中時計、意外とご要望が多くありまして男性向きタイプを2種追加で入荷しました。2点ともオーバーホール済み。安心してそのままお使いいただけます。




RIMG0122_20110215144121.jpg
ウォルサムの1930年ごろの懐中時計。

RIMG0123_20110215144121.jpg
WALTHAM(ウォルサム)は、時計好きな人なら知らない人はいない有名メーカーです。時計に全く興味のない私でも名前だけは聞いたことがあるんですもの。

RIMG0124_20110215144121.jpg
瞬時に見やすいアラビア数字の文字盤で秒針付。そして素人目にも針がとても美しい。青く輝いております。

RIMG0128_20110215144120.jpg
機械部分。

RIMG0130_20110215144120.jpg
蓋を開けないと見えない部分にこれだけの装飾があるってすごいことだと思います。インディアンアートを思わせる素敵な彫刻です。

RIMG0131_20110215144115.jpg
やはり、見えないところに凝るというのがお洒落の真髄なのでしょうね。








RIMG0116_20110215150407.jpg
ゴールドベースながら上品な輝きの、シチズンの懐中時計。

RIMG0117_20110215150408.jpg
控えめな印象がやはり日本製の持つ良さでしょうか。

RIMG0115_20110215150407.jpg
昭和40年ごろのものです。

RIMG0125_20110215150407.jpg
機械部分。

RIMG0127_20110215150826.jpg

2点ともに機械式で手巻きタイプです。常に携帯するものですし、置き時計や掛け時計の手巻きタイプよりも巻く手間は煩わしくないです。ちょっとした移動時間などに巻けば良いので…しかもこのチリチリというささやかな抵抗が指先に心地よく、こけしが子供のころは父の手巻き時計を巻かせて!巻かせて!とよく駄々をこねた覚えがあります。


そして懐中時計はそのまま持ち歩くとi-phoneのようにつるりと落としてしまいますので男性の場合はほとんどの方がチェーンをつけると思います。チェーンも2種ご用意。
RIMG0120_20110215150825.jpg
ズボンのポケットに時計を入れる方はこちらのタイプを。一端の輪をベルトループにつけます。

RIMG0119_20110215150826.jpg
スーツの内胸ポケットに入れる方はこちらを。棒状のほうをボタンの穴に引っ掛けてつけます。


新品のものなら様々にカスタマイズできますし、手芸用品店に行けば目移りするほどのアクセサリーパーツで自作するのも楽しいでしょう。また骨董市などでアンティークのチェーンを探すのも一つの楽しみとなります。なにも手のかからないクォーツは便利だけれどもイマイチ物足りなさを感じるという方、忙しい毎日をすこし立ち止まって自分を見つめ直す時間をくれる手巻き懐中時計をおすすめいたします。



ちなみに、こけしの私物の懐中時計は…
つづきを表示
page top
玉屋航海用六分儀、ほか入荷
冬に逆戻りしたような寒い週末です。みなさま、暖かくしてお過ごしくださいませ。以下、昨日までの入荷分の一部です。すでに売れてしまったものも含みますのでご了承くださいませ。




CIMG1183.jpg
小洒落た2段積みの本箱。

CIMG1181.jpg
上段は棚板2枚のゆったり3段。

CIMG1180.jpg
下段は細かな仕切りで、大きな写真集や立てられない薄手の紙物も収納できる引き出し付です。

CIMG1219_20110212100533.jpg
モダーンな印象を醸し出す市松文様が要所に使われています。

CIMG1178.jpg
上段の取っ手も互い違いについていてひと工夫。さらにガラスも取っ手サイドはチェッカーガラスなどと呼ばれる格子状のガラス。さらに両サイドはダイヤガラス。

CIMG1179.jpg
下段は菱形にダイヤガラス。

CIMG1220.jpg
アールデコ調のデザインと引き出しにも市松カラー。

CIMG1217.jpg
普通なら装飾過多でうるさい家具になりがちですが、上手なデザインによってモダーンでシックな印象に仕上がっています。装丁まで凝ったお気に入りの本だけを詰めた自分だけの大事な本棚にどうぞ…







CIMG1171.jpg
1976年に発売されたポラロイドカメラ、EE44。






CIMG1184.jpg
素人工作なのにこき使われてしっかり経年した踏み台。






CIMG1185.jpg
ハンコケース。

CIMG1186.jpg
間仕切りあり。






CIMG1210.jpg
前身は赤外線治療器の、ライトスタンド。現行品の赤外線治療器よりもずっとスタイリッシュ。






CIMG1199.jpg
上品なノリタケの小花柄カップ&ソーサー。

CIMG1198.jpg
その名もNOBLE。大体がね、こんな美しいカップ&ソーサーでコーヒーを飲んでいる人が美しくないわけがないんですよ。生活にだらしがない人なんてものはいつも茶渋のついたような同じ湯呑でお茶でもコーヒーでものんでいたりするわけです。コーヒーはコーヒー用の器、紅茶は紅茶用の器、それぞれをちゃんと使い分けておうちでのお茶のひとときを過ごせる女性は美しいのです。




CIMG1228.jpg
同じくノリタケの小花柄ご飯茶わん。

CIMG1229.jpg
最近はカフェなどでワンプレートにご飯からおかずまですべてをのせてしまう食事がありますが、個人的には好きではありません。やはり主食とおかずとをそれぞれの器に盛って美しくお箸で食べる、というのが見た目にも美しい。美人は器から…だと思うのです。







CIMG1203.jpg
ピッカピカの銅ヤカン。






CIMG1211.jpg
菜の花色の春らしい琺瑯ケトル。







CIMG1200.jpg
マルティグラスの小鳥ちゃん。

CIMG1201.jpg
お腹の中にサイケデリックなお花柄。








CIMG1187_20110212103404.jpg
いたって特徴のない、小引き出し。






CIMG1227.jpg
三菱の鉛筆削り。






CIMG1212.jpg
白鳥のアクセサリートレイ。指輪もピアスもブレスレットも全部ここに置くようにして紛失を防ぎましょう。






CIMG1205.jpg
ヤカンのように見えますが、小さな小さな水滴。硯で墨をするときにお水をタラタラっと入れる道具です。いろいろなデザイン、素材のものがありますが共通して小さな穴があいているので、野草を飾る一輪差しとして使う方も多いです。






CIMG1193.jpg
立派な木箱に納まった六分儀(ろくぶんぎ)。 六分儀とは天体などの高度、水平方向の角度を測るための道具なのだそうです。

CIMG1195.jpg
昭和48年の玉屋商店製航海用六分儀。玉屋というのは現在では「タマヤ計測システム株式会社」となっておりますが創業が延宝3年。これは1675年でありまして江戸時代初期です。すごいですねぇ。

CIMG1196.jpg
使い方がわからないので動作未確認です。


page top
アラジンストーブ追加で入荷
少し暖かい日が続いたので薄着で出かけたらやっぱり寒いです。今週末は再び冷え込むようで、まだまだ石油ストーブが活躍しそうです。本日2台、追加で入荷してます。



CIMG1173.jpg
アラジン39型、グリーン。

CIMG1174.jpg
天板は割合美品。

CIMG1176.jpg
全体と底板には若干の傷みあり。

CIMG1175.jpg
マイカと芯は新品に交換済み。もちろん整備済みですので安心してこのままお使いいただけます。






CIMG1161.jpg
同じくアラジンの39型アイボリー。

CIMG1162.jpg
天板には若干の傷みあり。

CIMG1163.jpg
全体にも塗装の傷みあり。マイカと芯は新品に交換済み。




価格は12000円と13000円です。早急に暖をとりたいので状態にはこだわらないという方にはおすすめです。正常燃焼するように完全整備済みですのですぐにお使いいただけます。なお当店でお求めいただく場合には、正しい使い方や正しいメンテナンス方法も徹底的に!ご説明いたしますので石油ストーブ初心者の方も御遠慮なくお尋ねくださいませ。
page top
マヒナの地球儀、ほか入荷
以下、本日入荷分の一部です。




CIMG1144.jpg
白磁の乳鉢とガラスの乳棒。ガラス乳棒に炭酸のごとく気泡が入っているのが美しいです。





CIMG1146.jpg
白磁のパレット大、小。機能的でかつ美しい、本当のグッドデザインですね。






CIMG1147.jpg
陶器の深皿。クリームパスタ等に…

CIMG1152.jpg
東洋陶器製。裏印はKOKURA JAPAN。






CIMG1151.jpg
上品な雪の下のような絵柄が描かれています、磁器の角皿。

CIMG1150.jpg
上に同じく東洋陶器製。







CIMG1153.jpg
壺柄の大皿。壺モチーフがツボ。






CIMG1156.jpg
ポップな柄のお茶碗。

CIMG1157.jpg
元気よくご飯が食べられそうな柄です。ポップでも下品でないところがツボ。







CIMG1170.jpg
マヒナの地球儀。マヒナスターズではございませんのよ。マヒナは信頼の証。上質な地球儀です。入学祝にどうぞ。







CIMG1164.jpg
丸イス。
page top
デルビル磁石式壁掛電話機
当店では初めてのタイプの電話機、を入荷してます。

CIMG1127.jpg
古い映画等で見かけます壁掛け式の電話機。これは昭和24年前後に使われていたものです。

CIMG1128.jpg
正面から見ると人の顔のように見え愛らしいものです。

CIMG1131.jpg
残念ながら稼働品ではないのでインテリアとして、お飾りです。棚付の背面板もこの電話機に合わせて夫が古材で作ったものですのでオリジナルではありません。

CIMG1137.jpg
電話機右側の取っ手を回転させるとチリンチリンとベルが鳴りますので趣はたっぷりです。

CIMG1138.jpg
受話器を左耳に当てて、送話口に向かってしゃべります。

CIMG1142.jpg
美容室やカフェなどの昔風のインテリアのアクセントとしては楽しめると思います。電話料金箱も合わせてどうぞ。







CIMG1132.jpg
もう少し古いタイプのデルビル磁石式甲号卓上電話機もありますが、こちらは純正部品の欠品がありますのでおなじくインテリアとしてどうぞ。
page top
ドイツ製懐中時計入荷
時計2種、入荷しております。



CIMG1101.jpg
ドイツ製の懐中時計。

CIMG1102.jpg
裏面の文様が異国のかおり。

CIMG1120.jpg
機械部分。

繊細で小ぶりなデザインですので女性にもおすすめです。とくに和装の場合、華奢なタイプでも腕時計はあまり見た目に美しくないですので懐中時計の使用をおすすめします。根付紐をつけて帯にはさむとお洒落にもなり実用も兼ねて一石二鳥です。男性の場合はチェーンをつけてスマートにどうぞ。






CIMG1103.jpg
戦前のアイチ時計のめざまし。

CIMG1105.jpg
背もたれの足が優雅な印象です。

CIMG1104.jpg
文字盤にCHIN?CHINの文字。

この目覚まし時計はベルにひと工夫ありまして、時間になるとひとしきりベルが鳴りましていったん止まりますが、30秒後に再び鳴ります。現代のスヌーズ機能といったところでしょうか。起きるまで繰り返してくれますので朝に弱い人におすすめです。



以上2台ともに安心のオーバーホール済み。そのままお使いいただけます。使い方の詳細は御遠慮なく店主へお尋ねくださいませ。
page top
DATE: 2011/02/04(金)   CATEGORY: お知らせ
Smi:ka
遅ればせながら先月の話なんですが、フリーペーパー2誌に当店のことを紹介していただいております。

CIMG1094.jpg
スミカと…

CIMG1095.jpg
サブクリップ。

どちらも無料配布のものですので、見かけたらどうぞお手にとってごらんください。スミカのほうは当店でも配布中です。


フリーペーパーを好きなのは圧倒的に女性ですね。男性の場合は書店で売っている本、のほうが好きなようです。しかしフリーペーパーでも本でも同じものをご覧になってご来店くださる方はどことなく雰囲気が似ているので○○を見て来ました、と言われずとも何となくわかります。趣味嗜好が似ているからでしょうか。おもしろいものです。そういえば、何度か当店に無い商品をお探しのお客様を紹介した某同業者に、「ささやの紹介でいらしたお客様は神経質な人ばかりだ」といわれたことがあります。うちの店主も割と神経なほうですのでお客様も自然と似たようなタイプの方が多いのかもしれません…
page top
DATE: 2011/02/03(木)   CATEGORY: 雑文
おたふくもん
バラバラバラ?、バラバラバラ?…(豆をまく音)




今日は節分ですね。巻きずしにかぶりつく風習など、ここ北部九州には全く無かったのにここ数年はみなさん当たり前のように食べておられる。柔軟な民族性です。

CIMG1085.jpg
今日は所用で川端のほうへ参りましたので、ついでにお櫛田さんへ寄ってきました。さすが節分大祭だけにかなりの人出です。

CIMG1086.jpg
近寄れば寄るほど恐ろしいお多福門です。


CIMG1090.jpg
これも授与土鈴になるんでしょうか。とても愛らしいお多福さんの土鈴を購入。置きものだと敬遠してしまうのですが、土鈴だとつい手が出ます。

CIMG1087.jpg
左は櫛田神社の五色豆500円。右は箱崎宮の福豆300円。容器と掛け紙は異なるものの、製造しているのは同じお店でした。200円の差額は如何に…

そうそう昨日はわたくしの通う和裁教室の針供養行事で箱崎宮参道にあるレストラン迎賓館へ参りました。今は牡丹が見頃ですがまだまだつぼみもたくさんあり楽しめます。

CIMG1092.jpg
針供養後にみなで参拝した箱崎宮にてお札と福豆を求めました。



節分など祭日でもなし、毎日忙しくお勤めの方々にとってはほんとうに見過ごして何もしないで過ごしてしまう日かもしれませんが、立春は新年に相当する意味合いととれば前日の春の節分に心新たにする機会ともなります。節目節目に毎日を心正しく生きるよう肝に銘じます。さて、次は8日の初午祭!
page top
戦前の本箱入荷
CIMG1080.jpg
大き過ぎず小さ過ぎずの開き戸の本箱、入荷。戦前のものです。

CIMG1084.jpg
普通この手のタイプは扉の板ははがしてしまってガラスを入れるのですが、これはとても木目が美しいのであえてそのままに。

CIMG1082.jpg
引き手と下段の引き出しのツマミは共通してべっ甲風プラスチック製でモダーンな印象。これのおかげで全体が和風に転び過ぎず良いバランスです。

CIMG1081.jpg
中は棚板3枚の4段。下段は引き出しがふたつです。右側扉の内側に文字が書いてあるのは「記念贈呈」。こういった中ぶりの家具を記念に贈る、ということ自体が昨今では無くなりましたね。今では家具などいきなり貰うと迷惑がられることでしょう。達筆な文字で昭和18年の記載。時代ですねぇ…
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ