「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
ブリキのバス、ほか入荷
予報通り、大変寒い週末となっております。お風邪など召されませぬようにどうぞお気をつけて…以下、本日までの入荷分の一部です。



CIMG1059.jpg
木製ロッカー。

CIMG1060.jpg
先日入荷しました鍵付きの木製ロッカーと同じ作りのもので、鍵を外してガラスつまみにつけ替えたものです。

CIMG1061.jpg
乳白色のミルクガラスつまみ。

CIMG1064.jpg
水色のガラスつまみ。ガラスのノブやつまみは現在東南アジアでつくられているものもありますが、ガラスの色がけばけばしいのが難点です。やはり日本の古いものの方が色が柔らかく手触りもやさしいです。

CIMG1058.jpg
中は間仕切りなしの空間です。






CIMG1065.jpg
ブリキのおもちゃバス。

CIMG1066.jpg
運転手もちゃんと乗っているワンマンバス。

CIMG1077.jpg
都営バスなのに乗客は100%外国人。

CIMG1078.jpg
丈夫で安全なおもちゃバス。





CIMG1075.jpg
ひょうたん型箸置き。






CIMG1071.jpg
貯金マークのついた漆椀。





CIMG1072.jpg
木彫りのだるま。

こういうカワイクナイだるまは天然系雑貨を扱う古道具屋には売ってありませんが、当店の統計的にはだるまの置物を買ってゆくのは20代前半のデパートの美容部員系美人が多い。
page top
アラジン39型グリーンも入荷
今日から相当冷え込むそうです。みなさま安全な石油ストーブで暖かい週末をお過ごしくださいませ…

CIMG1053.jpg
アラジンの39型、昨日のアイボリーに続きグリーンも本日入荷。

CIMG1054.jpg
天板中央に若干の傷みあり。

CIMG1055.jpg
芯とマイカ(のぞき窓)は新品に交換済みです。価格は2万円。

お掃除を怠ったまま使い続けますと、上の写真のようなきれいなブルーファイヤーでなく、ポツポツとオレンジの炎が見えるようになります。ま、いっか。とそのまま使っていませんか?それは芯回りのホコリが燃えているためです。通気口の部分(芯回りのエンボス状の金具)をお掃除してください。
page top
アラジン39型アイボリー入荷
今日の夜遅くからまた寒波がやってきて冷え込むようです。ようやくアラジンストーブを追加で入荷いたしました。お探しのお客様はお早めにどうぞ。


CIMG1045.jpg
アラジン39型のアイボリー。

CIMG1047.jpg
天板と芯とマイカ(のぞき窓)は新品に交換済みです。そのまますぐにお使いいただけます。

CIMG1046.jpg
暖かに正常燃焼中…価格は2万2千円です。







CIMG1048.jpg
ついでに入荷商品を…昔デパートなどでたくさんお買い物をしたときに紐でくくった荷物を持つためにつける持ち手。

CIMG1052.jpg
やっぱり玉屋。

CIMG1050.jpg
博多大丸。ひらがななところが素敵。

CIMG1049.jpg
もちろん岩田屋も。

CIMG1051.jpg
珍しいところでは、香蘭社。

たかが持ち手、されど持ち手。現在はプラスチックの緑色のものが主流ですが、握ったときの感触もやわらかくなかなか趣深いものです。
page top
鍵付き木製ロッカー、ほか入荷
いやはや今年は本当に寒い日が続きますね。近日中にアラジンストーブの39型アイボリーとグリーンが各一台ずつ追加で入荷する予定です。あくまで予定…

以下、本日までに入荷分です。





CIMG1035.jpg
ドクターバッグ。お医者さんの往診鞄です。

CIMG1036.jpg
革の経年劣化があるものの、存在感のあるたたずまいです。持ち歩くというよりも、定位置に置いて収納する道具としてどうぞ。

CIMG1037.jpg
容量たっぷり。






CIMG1042.jpg
木製のロッカー。

CIMG1039.jpg
簡易鍵付き。


CIMG1040.jpg
同じものがふたつあるので、

CIMG1041.jpg
横に並べても…

CIMG1038.jpg
縦に重ねても…







CIMG1043.jpg
木製の滑車。

CIMG1044.jpg
さて、何に使いましょうか?
page top
多用途収納棚入荷
昨日までに入荷分の一部です。

CIMG1020.jpg
キャノンのキャノネットS。

CIMG1021.jpg
共箱、説明書付き。






CIMG1022.jpg
収納棚。横幅狭くひょろりとしたストレートタイプの棚です。なんとか女性ひとりでも動かせるサイズ。

CIMG1025.jpg
上下が引き戸で仕切られており、下段は引き出し2つ。

CIMG1030.jpg
食器棚としても本棚、ショーケースなど多用途に。横幅75センチ高さ151センチ奥行き34センチ。







CIMG1026.jpg
小引き出し。

CIMG1027.jpg
滑らかに摩耗した引き手が美しいです。
page top
手巻きの壁掛け時計各種入荷
最近はめっきり市場に出回る数が少なくなってきたクラシックなタイプの手巻き時計ですが、おじさん趣味だといわれようとも良いものは良いのです。

CIMG1003.jpg
まん丸の時計。

CIMG1004.jpg
文字盤がローマ数字表記なので異国のかおりが漂いますが、国産品です。







CIMG1005.jpg
長い時計。

CIMG1006.jpg
装飾も華美でなく折り目正しく上品なものです。かつての日本人そのもののような時計です。精工舎製。

CIMG1007.jpg
どれくらい長いかというと、左のトランジスタと比して約4?5倍。時計など携帯ひとつで事足りるこのご時世にあえてこれだけ長い時計を部屋に飾る、という人間性が素敵。






CIMG1008.jpg
大ぶりな丸時計。

CIMG1009.jpg
愛知時計製。時間のわかりやすさでは群を抜きます。振り子の有無は重要なポイントですが、振り子があるから好きだ、というひともあれば振り子が気になって仕方がないから嫌だ、という人もあります。しかも使ってみて初めて自分がどちらのタイプであるのかに気付く人が少なくありません。往々にして子どもの頃振り子時計が家にあったという人は振り子付タイプを好むようです。






CIMG1010.jpg
20年くらい前までは、古い時計と言ったらこういった明治?大正ごろのタイプの時計を指したものですが、最近では流通量が本当に少なくなりました。

CIMG1011.jpg
華美では無いながらもひとつひとつの時計に強い個性があったころのものです。

CIMG1012.jpg
精工舎製。

CIMG1014.jpg
振り子はツタが這った様になっていて洒落ています。








CIMG1015.jpg
かなり個性のあるデザインです。

CIMG1016.jpg
細部まで凝っていて見飽きません。

CIMG1017.jpg
8日巻き。こんなモダーンデザインが明治期の時計だというと若い方は驚きますね。

CIMG1018.jpg
この装飾もひとつひとつ手描きです。

CIMG1029.jpg
名古屋の石田時計製。




手巻きの時計は、その時計専用のねじで巻くことで動きます。電池などは使いません。機械部分のメンテナンスをすれば長く使うことができます。一度巻いて何日動くかはその時計によりけりで、8日巻き、21日巻き、などいろいろです。完全オーバーホール済みですのできちんと動きますが、クオーツではないので数分の誤差が出る場合があります。その時はねじを巻くついでに文字盤の針を進行方向へすこし動かして整えてあげます。デジタルの様にあっちのボタン、こっちのボタンをおして時間調整するのに比べればはるかに簡単です。また、時打ちのボーンボーン、といった音も千差万別です。どうぞ店頭でじっくりゆっくり比べてみてください。
page top
小箪笥、ほか入荷
年末からずっと例年よりも寒い日が続きますが、当店にも毎日10件ずつくらい石油ストーブの問い合わせがあります。しかしブログでもお知らせしておりますように今シーズンはすべて完売です。昨今のコンビニエンスな感覚になれきってしまって何でも欲しいものは欲しい時に手に入る様に錯覚しがちな世の中ですが、備えは大事。前もって準備ができる能力は大切だなぁと思う今日この頃です。


以下、本日までの入荷分。

CIMG0991.jpg
小引き出しより大きい、小箪笥。

CIMG0992.jpg
引き出しの柄が元気があって良い。横幅46.5センチ、奥行き32.5センチ、高さ72センチ。






CIMG0995.jpg
簡素な小机。引き出し付。
CIMG0994.jpg
電話台にしても良し、花台にしても良し、あなたの大事な神様仏様を置いて毎日拝んでも良し。の万能机です。







CIMG0997.jpg
簡易踏み台。毎日の踏み台昇降運動で健康づくりにも。
page top
DATE: 2011/01/17(月)   CATEGORY: 雑文
おとなの「お誂え」
自分のために作られた「お誂え」が出来上がってきたものを開封する瞬間はまさにおとなになってよかったなぁ?と実感するひとときであります。以前にご紹介いたしましたオールハンドメイド注文制作革工房のFAR EAST HORIZON(ファー・イースト・ホライズン)にて夫のメガネケースを注文しておりました。期間限定でイムズ4階に出店なさっていますが、2月14日まで!期間を延長しての出店となっております。



CIMG0998.jpg
麗しき艶のヌメ革メガネケース。

CIMG0999.jpg
この無駄の無さ!

ご覧いただきましてわかりますように、夫のメガネはフレームの形状が特殊にカーブしています。普通のメガネケースには入らないのです。もちろん購入時にはオリジナルのケースがついていたわけですが…

CIMG1002.jpg
四方に余裕を持たせたバカでかい作りで、ファスナー式の開閉でした。大体が、日に何度も開閉するという条件においてファスナーというのは耐久性がありません。ひと月ほどで見事にこわれました。どんなに素敵なメガネをつくろうとも備品に対する配慮が足りなければモノづくりにかける誠意は半端なものになると思います。

CIMG1000.jpg
オリジナルのケースを持参してこちらの要望を伝えたら目の前で、的確で素早い採寸、そして豊かなデザイン力により鮮やかに図面を描いてくれます。耐久性があること、片手で開閉ができること、なるだけコンパクトに収めること、経年によってより愛着が増す素材であること、などなどこちらのわがままは尽きません。すべての要望にこたえ、確かな縫製により作られたメガネケースはまさに職人技です。

オーナーの木船さんとのやり取りは、あなたのために最高のものを、という真摯な姿勢伝わってき本当に充実感があります。パソコンでピコピコっとするだけで何でも自宅に居ながら買い物ができると思っている人たちには思いもよらないでしょうが、大人の買い物の楽しみは信頼のおける人間関係に集約されると思います。心から充足感を得られるおとなの「お誂え」、みなさまも如何でしょうか?




オールハンドメイド注文制作革工房
FAR EAST HORIZON(ファー・イースト・ホライズン)

期間   2月14日(月)まで延長して限定出店中
  (期間中毎週火曜日は本店工房での制作のためイムズ店はお休みとなります)
場所   イムズ4階パワコンアベニュー内
連絡先    090?8225?5483
e-mail   f.e.horizon@ezweb.ne.jp
HP  http://www.far-east-horizon.comそのほかの商品やブログもあります
page top
天然石カフスボタン、ほか入荷
ひきつづき、商品入荷案内です。




CIMG0928.jpg
七宝焼の蓋物。

CIMG0923.jpg
用途不明ですが、縁起の良い龍の文様です。






CIMG0945.jpg
2段小引き出し。

CIMG0947.jpg
天然系小引き出しとは一線を画す、木目が美しくゆかしい引き出しです。






CIMG0951.jpg
6段小引き出し。

CIMG0952.jpg
丸いツマミがシルバーでモダン。






CIMG0953.jpg
日本興業銀行の細ーいシャープペンシル。






CIMG0956.jpg
水筒。








CIMG0957.jpg
キューピー各種。





CIMG0959.jpg
べっ甲や珊瑚の天然石カフスボタン、タイピン、いろいろ。

CIMG0965.jpg
クモブローチ。

CIMG0967.jpg
ねこイヤリング。

CIMG0968.jpg
ものすごく緻密な象眼の龍カフスボタン。

後ろに見えるのは本真珠付ブローチ。カフス含め各種1セットどれでも800円也。







CIMG0972.jpg
マルティグラスの日の丸色丸鉢。灰皿に…




CIMG0978.jpg
ノリタケの杯洗…様のコンポート。

CIMG0979.jpg
いちごのような柄。

CIMG0980.jpg
1934?1950年ごろと推定。






CIMG0984.jpg
大ぶりなノリタケのキャセロール。

CIMG0985.jpg
容量たっぷり、美品です。

CIMG0986.jpg
いかにもノリタケらしい上品な小花柄。年代は上記のコンポートと同様。






CIMG0987.jpg
東雲色(しののめいろ)のプレスガラス中皿。

CIMG0988.jpg
とても繊細な柄で美しいです。





CIMG0989.jpg
甕覗(かめのぞき)のごく淡い水色のプレスガラス中鉢。

CIMG0990.jpg
花びらのような形が珍しいです。








CIMG0982.jpg
ボヘミアクリスタルガラスのロックグラス。

CIMG0983.jpg
なかなかない大きめサイズで、ウイスキーのハーフロックや焼酎お湯割りに最適です。

page top
吸入器、ほか入荷
年が明けてからも本当に寒い日が続きますが、毎日たくさんのお客様に足をお運びいただきまして驚くほどです。みなさま、アリガトウゴザイマース。

以下、直近入荷分です。



CIMG0875.jpg
ゼネラル吸入器。

CIMG0876.jpg
現在のスチーム吸入器は電熱ですが、昔のものはアルコールランプを熱源とします。

CIMG0877.jpg
ガラスも趣があって姿良し。

CIMG0878.jpg
共箱に使用法説明付。







CIMG0882.jpg
こけしアルマイト弁当箱。

CIMG0883.jpg
個人的には手作りの針山や小さなハサミなどをいれて和裁教室に行くときの簡易裁縫箱として使っています。軽くて丈夫で持ち運びにとても具合が良いのです。






CIMG0874.jpg
カメレオンのような筆置き。







CIMG0887.jpg
ポータブルレコードプレーヤー。

CIMG0889.jpg
コンパクトで軽いです。

CIMG0888.jpg
ナショナル製。







CIMG0884.jpg
天使人形、ぞろぞろ。千趣会です。








CIMG0892.jpg
蓋付ガラス瓶。

CIMG0893.jpg
蓋裏に、MADE IN JAPAN.






CIMG0896.jpg
プレスガラスの冠水瓶。

CIMG0897.jpg
寝しなに寝室で本を読みながらウイスキーなど舐めるときに、チェイサーとして水を置いておくと本当に便利。






CIMG0899.jpg
首振りフロッキー犬。優しいおめめです。






CIMG0903.jpg
小ぶりな簡易本立て、2段。

CIMG0904.jpg
背にはチューリップ。






CIMG0905.jpg
ビッグサイズやかん。






CIMG0908.jpg
シッカロール箱。

CIMG0907.jpg
お母さんが手にしているのは目玉のおやじにしか見えません。







CIMG0910.jpg
小ぶりな壁掛けの鏡。






CIMG0918.jpg
マルティグラスの平鉢各種。

CIMG0911.jpg
うぐいす色。

CIMG0912.jpg
常盤緑(ときわみどり)色。

CIMG0913.jpg
濃紅(こいくれない)色。

CIMG0915.jpg
深紫色。

CIMG0917.jpg
暗紅色(あんこうしょく)。
page top
実用車入荷
去年末に整備が出来上がってきていましたが、生憎天候が不順な日が多くなかなか店頭に出して置くことができませんでした。久々の自転車入荷です。

RIMG0042_20110113173622.jpg
丸石商会(丸石自転車)の実用車

ここ数年は健康志向と節約志向に後押しされたのか、大変な自転車ブームだと言われていますが、古道具屋が扱う自転車というのも地味ながら愛好者が多いのです。「実用車」というのは重いものを積んで運んだりするための堅牢な自転車のことです。現在でも新聞配達や郵便配達などで使われますしブリジストンなどが作っています。対して、子どもから女性までラクラク乗ることができるのは「軽快車」とよばれます。いわゆるママチャリもこれに含まれます。

RIMG0043_20110113173622.jpg
漢字の石を丸で囲んだトレードマークがとても素敵な自転車です。

RIMG0044_20110113173622.jpg
カンガルーのエンブレム付。

RIMG0045_20110113173621.jpg
ここにも丸石。

RIMG0048_20110113173620.jpg
革サドルです。雨の日に外に出さないのは、革サドルが大変雨に弱いからです。自転車なので雨ざらしにしても良いだろうと思うかもしれませんが、このような自転車は個体数が少なく代替の部品を探すのも一苦労です。なるだけ丁寧にメンテナンスしながら末永く使って欲しいと思います。

RIMG0047_20110113173636.jpg
ライトはナショナル。古い自転車にも部品をカスタマイズする楽しみがあります。骨董市で状態のよいサドルを探したり、格好の良いリフレクター(反射板)をつけてみたり…郵便車の払い下げの場合は赤いまま乗っていると叱られますから、好きな色に再塗装したり、と実用車の楽しみは奥が深いです。

RIMG0050_20110113173636.jpg
一般的な黒塗りの実用車よりも軽快車に近い作りで、パンツスタイルなら女性でも乗ることができる重さです。実用車入門編として如何でしょうか?







RIMG0112_20110113180509.jpg
ちなみに本格的な重荷用の実用車は、このようなタイプです。これは夫の自転車、サン号で2007年のNO!(エヌ・オー)にてミンナの宝物、という特集の時に掲載してもらった自転車です。大名の悪徳家の店主は実用車好きで複数台保有していますが、荷台にサーカスの様に家具を積み上げて運ぶ姿は一昔前の大名の名物のようなものでしたね。

毎日の生活では軽快車で不自由ないと思いますが、いざという時にはママチャリやロードバイクではモノを運搬するのは非常に困難になります。実際に阪神淡路大震災の時には水など重いものも大量に積載できる実用車が本当に役に立ったという話も耳にしました。武骨な外観ながら立派な自転車なのです。
page top
DATE: 2011/01/03(月)   CATEGORY: 雑文
新年のごあいさつ
みなさま、あけましておめでとうございます。

去年は非常に充実した一年を過ごすことができました。去年に引き続き、嘘偽りなく真っ当に精進して古道具を商ってゆく所存でございます。みなさまに、面白い!と思っていただける店になりたいと思っておりますので、本年もどうぞ御贔屓のほどよろしくお願い申し上げ奉ります。

RIMG0095_20110103173341.jpg
また本年の初商いは、8日(土)の14時からでございますが、新年早々古道具屋なんぞに足を運んでくださいます酔狂な方には、こころばかりの品とお神酒をご用意いたしております。関西は15日まで松の内…晴れ着に振り袖大歓迎!まだまだ正月気分で一年を楽しもうじゃありませんか。


page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ