古道具のささや

Archive2010年12月 1/2

ごあいさつ

No image

世間一般よりも少し早目ではございますが、当店は27日よりお正月休みに入らせていただきます。今年最終営業日もわずかながら雪が積もっているような寒い日にも関わらず遠方より足を運んでくださったお客様もいらしてうれしい限りです。本年は勉強の年でありました。たくさんの素晴らしいお客様に支えられまして一年間頑張ることができたとおもっております。ただ自分の不勉強と至らなさも痛感する年でありましたし、コメントもつ...

  •  -
  •  -

お引き取りの件

No image

連絡事項です。12月29日にメールフォームよりお引き取りの件でお問い合わせいただきましたお客様へ。記載されておりますメールアドレスに返信ができませんので、詳細につきましては来年1月8日の午後2時以降にお電話にて直接店主までお問い合わせくださいませ。...

  •  -
  •  -

時計4種入荷

年内の営業も、今日を含めてあと3日。夫はホウホウノテイで今日も店に出かけてゆきました…以下直近入荷の時計4種。1日巻きのオルゴール付目覚まし時計。手巻きですよ。精工舎製。何の曲がかかるかは店頭でお試しを。木目調のトランジスタ掛け時計。セイコーソノーラです。小細工のないハッキリスッキリ時間のわかる文字盤。木目と緑色の配色が絶妙な品の良い掛け時計。14日巻き、手巻きですよ。服装もそうですが、上品に洒落...

  •  -
  •  -

年内営業日のお知らせ

No image

今年もあと少しでございますが、年内の営業は今週末12月26日(日)までです。27日(月)から来年1月7日(金)までお休みをいただきます。新年は1月8日(土)の14時から営業いたします。...

  •  -
  •  -

昭和のポチ袋、ほかもろもろ入荷

今日は冬至ですね。冬至にはかぼちゃといわれますが、要は「ん」のつく食べ物をたべるといいのだと聞いて育ちました。地方によっていろいろいわれがあるようですが、とりあえず南京は食べるとして、我家では「おいなりさん」も食べることにします…以下、直近入荷分です。クリスマスのしおり。小さなものですけれど、戦前のもので印刷の具合がとても丁寧できれいなのです。懐かしい昭和のポチ袋。余談ですが、はじめてお年玉をあげ...

  •  -
  •  -

人面陶板、ほかもろもろ入荷

休む間もなく商品もろもろ入荷で営業中です。長机、入荷。軽くて素朴な机です。作業台として。赤ら顔の女性の置物。灰皿として使う勇気のある人いませんか?白と黒のモダンプリント皿。鳴海製陶製。当店では定番のアンバー色ガラスカップ&ソーサー。DURALEXです。ゆったりと口の広いカップ&ソーサー。これも鳴海。簡易本立て。両サイドに小鳥の透かし彫り入り。大きく重い木箱。はめ込み式の蓋。回転式椅子。座面も中のバ...

  •  -
  •  -

「漆器まつり」御礼

はじめての「漆器まつり」、本当にたくさんのお客様にお越しいただきまして心より御礼申し上げます。漆器は、一般的な道具とちがい複数の材料、工程を経て出来上がるものなので基本的な構造や材料に関する知識がなければその良し悪しの判断をつけづらいものです。したがいまして蛇足ではありますが、漆に関する話を少ししておきたいと思います。今回の漆器類は制作年代が主に明治から大正のもの、モダーン漆器に関しては昭和40年...

  •  -
  •  -

うるしかぶれ?

当店の「漆器まつり」も明日19日(日)までとなりました。ブログでの商品紹介が追いつかないもので店頭にはすでにない商品も含まれますが、ご参考までに。本日ご紹介する商品は、日常のための漆器とは異なり工芸的な見て楽しむ美しさもあるものです。逆に言うと漆器といえばこのような技術を駆使したものを思い浮かべる人のほうが多いかもしれません。ですがこうした優れた作品は、日常の漆器のためのしっかりした土台の技術の上...

  •  -
  •  -

ポリエステル塗料の輪島塗?

「漆器まつり」初日にとりあえず使ってみようかと輪島塗のお椀を買ってくださったお客様から「本当の漆器がこんなにいいものだとは知らなかった!」という言葉をいただき、とてもうれしく思っています。軽くて持ちやすいのでおじいちゃんおばあちゃんへ買っていくのだという若者もいます。飯椀ごとき陶器でもたいして変わらないのでは?と思うかもしれませんが、漆器の飯椀を使ってみて初めて今までは何と重たい椀で食事をしていた...

  •  -
  •  -

ホンモノの漆器とニセモノの漆器の見分け方

みなさま、そもそも「漆器」の定義を御存知でしょうか?広辞苑では「漆塗りの器物」とあります。日本標準産業分類では、「漆器製造業」というのは「木材・木製品製造業およびプラスチック製品製造業の一部」も含まれます。つまり、プラスチック成型加工業者や吹き付け塗装業者、いわゆる合成漆器を作る業者も漆器組合などに含まれているということです。新しく漆器を購入する場合は、商品に「家庭用品品質表示法による表示」の小さ...

  •  -
  •  -

1尺2寸の秘密

ここだけ正月の様だねと好評の「漆器まつり」、今週の日曜日19日までの開催となっております。遅ればせながら商品詳細を。お茶の懐石道具などもございますが、よくあるセット売りではなくすべてバラ売りです。おひとつから好きな数だけお求めください。以下、すでに売れてしまった分も含みますのでどうぞご了承くださいませ。輪島塗のお櫃(ひつ)2000円、とその台。しゃもじ500円。蒔絵入りの脚付のお膳、懸盤(かけばん...

  •  -
  •  -

漆器の手入れ

「漆器は扱い方がわからないから・・・」「漆器は扱いが面倒だから・・・」「漆器は高級だから・・・」以上のような理由で、漆器を毛嫌いする人も多いようです。当店の「漆器まつり」開催前にもよく来ていただくお客様には事前にお知らせしておいたのですが、同じような理由で消極的な意見が多かったのです。当店は古道具屋ですから漆器製造の流通や業界には全く関わりがありません。その立場にあるからこそ今回はひとつの提案をし...

  •  -
  •  -

決まりました!

11月に里親募集の告知をしておりました、ワンコの里親さんが決まりました。お問い合わせいただいたみなさま、誠にありがとうございます。お知らせポスターのワンコの顔は心なしか笑顔のようです。お知らせまでに…...

  •  -
  •  -

本日より「漆器まつり」開催!

さてさてあわただしい師走を迎え、お正月の準備もそろそろ…という時期になりました。本日12月11日より19日(日)まで、当店におきまして「漆器まつり」を開催いたします。実用的な布着本堅地の輪島塗製品各種、汁椀、飯椀をはじめ、お正月用の屠蘇器や重箱、工芸品としても楽しめる絢爛な金蒔絵椀など幅広く品揃えしております。扱いの煩雑さを理由に敬遠されがちな漆器ですが、品質の良い漆器は堅牢です。普通にお使いの食...

  •  -
  •  -

STRIPTEASE写真集、ほか入荷

以下、昨日までの入荷分です。古い電球いろいろ。各社のエンブレムが楽しめます。これは「マツダ」「友愛」だれかが言ってたスローガンのようです。「コクヨ」「東芝」「古い電球って使えるんですか?」と聞かれますが、使えます。しかも、現行販売のPSEマーク付きの白熱球よりも寿命が長いものがあります。新しく買ってきた電球と古いものを同時に使い始めても、古いもののほうが長持ちするんですね。なぜでしょうか?最近のも...

  •  -
  •  -

プレスガラス食器類入荷

以下、直近入荷分のガラス類です。お知らせまでに…紫のプレスガラス中鉢。水玉模様の切り子コップ。水色ガラスコップ。ブドウ柄の切り子コップ。青緑色のうすいうすい切子コップ。色違いのコップ。チューリップ形で手にフィット。透明ガラス中鉢。アデリアタイプ。割と厚手。勿忘草(わすれなぐさ)色、のプレスガラス中鉢。蓋付ガラス瓶、大と小。プレスガラスインク壺。紫色の花瓶。こういうの、若い人って何の気なしにワインク...

  •  -
  •  -

石油ストーブ完売のおしらせ

No image

みぞれまじりの雨が降っておりますが、本格的に寒くなってまいりました。例年ならば年をまたいでも各種ストーブの入荷が続くところですが、今年は都合により追加の入荷は予定がございません。そしてTwitterでもお知らせしておりましたが、全機種のストーブがすでに完売しております。ストーブを探しに来たんですが…と言ってご来店いただく方には大変申し訳ございませんが、どうぞご了承のほどよろしくお願い奉ります。以上、お知ら...

  •  -
  •  -

ファー・イースト・ホライズンin イムズ

今日はお店のご紹介です。オールハンドメイド注文制作革工房のFAR EAST HORIZON(ファー・イースト・ホライズン)天神のイムズ4階にて12月1日より1月10日まで期間限定で出張出店なさってます。もともとのお店は大分県玖珠郡九重町にございます。遠方よりうちの店にもよく足を運んで下さり、年に数回タイを含めアジア各国へ行かれるということもあって旅行好きのうちの夫とも旅談義等させていただいております。商品構成は本...

  •  -
  •  -

フロアスタンド、ほか入荷

以下、昨日までの入荷分です。優雅なフロアスタンド。ドレープが美しいのです。小さなクロネコの置物。つぼ。資生堂の鏡。カガミ面は美品。2段積みの本箱。上品な細工がそこかしこに。上段は観音開き戸にスズランの細工。観音開きの戸はダイヤガラス入り。下段は琳派系の大胆な細工。一番下は引き出しふたつ。過剰でない装飾は好ましいものです。柔らかいベビーピンクのカップ&ソーサー。お皿は変形三角形。東洋陶器製。モダーン...

  •  -
  •  -

「漆器まつり」開催のお知らせ

No image

はや今年も師走に突入しました。当店では通常、漆器類は昭和40年ごろの絵柄の愛らしいモダーン漆器をぽちぽち取り扱う程度ですが、今年ははじめて明治大正?昭和にかけての本格的な漆器類も含めた「漆器(しっき)まつり」を開催いたします。先のモダーン漆器というのは、個人的に勝手に呼び名をつけているものですが、要は「なんちゃって漆器」です。表記上は合成漆器、つまりニセモノ。漆器風の器にしかすぎません。現代の安価...

  •  -
  •  -