「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
アラジンストーブ、追加で入荷
昨日、アラジンストーブ39型アイボリーを更に2台、追加で入荷してます。



DSC09863.jpg
アラジン39型アイボリー、その1。
DSC09864.jpg
天板は美品。
DSC09868.jpg
全体的にはところどころ塗装傷みあり。





DSC09865.jpg
その2。
DSC09866.jpg
天板にはほんの少し、傷あり。
DSC09867.jpg
全体にも若干の使用感あり。


新品でなくともよい、と思っている方にはおすすめの2台です。







ところで、当店では石油ストーブを販売するからには、うちから巣立ったストーブはどの一台も事故を起こしてはならないという信念のもと、口をすっぱくして正しい使い方とお掃除の大切さを訴えておるわけです。

先日のこと、「2年前に某家電量販店で新品のアラジンストーブを購入したもののなんだか変なので見てもらえますか?」といって女性がお見えになりました。とても2シーズンの使用とは思えないほど汚れたストーブでしたが、芯回りはさらにひどいもので、通常は4?5年はもつ芯がほとんど消耗しています。空焚きを繰り返したりしたもようです。さらには、お掃除してませんよね?という問いに、「お掃除しないといけないんですか?」と言われてしまいました。恐ろしいことに説明書も読まず、どこにしまったかもわからないというのです。

たしかに家電量販店では展示品は置いてあるものの、実際に火をつけてみることはできませんし、商品説明においても店員さんが十分な知識を持っているとも限りません。新品を買った人ほど丁寧に説明書を読まなければなりません。上記の女性はオレンジの炎になっているにもかかわらず普通に使っていたというのですが、説明書を読めば大変なことだとわかるはずです。また、説明書は読んだからとわかっているつもりでも、舐めるように読めば「あ、知らなかった!」ということもあるはずです。説明書をお持ちのみなさん!もう一度しっかり読んでみてくださいね。
page top
DATE: 2010/10/31(日)   CATEGORY: 雑文
TAKE FREE!
おいなりさんの名刺、できました。

DSC09869.jpg
もらってやろうという方は、店頭までどうぞ。名刺交換も歓迎。限定50枚です。





oinari123.jpg
このたび最高顧問に就任しました、おいなりさんです。偉くなったためか、お膳の上から降りようとしません。
page top
ロッキングチェアー、ほか入荷
さあ、10月も最後の週末となりました。本格的に寒くなる前に灯油の備蓄と暖房器具のメンテナンスを!




以下、直近入荷分です。

DSC09851.jpg
日本硬質陶器、NIKKO(ニッコー)のカップ&ソーサー、6客。

DSC09852.jpg
花鳥風月を感じさせる優雅なカップ&ソーサーです。デッドストック。





DSC09821.jpg
机。

DSC09822.jpg
勉強机、作業机に。スペースの都合上、明日店頭に入ります。







DSC09853.jpg
椅子。

DSC09856.jpg
紺色のモケットに張り替え済み。現在手芸屋さんに売っているモケット生地は、どうしても色味が浅く落ち着きがないので、生地、紋縁(もんべり)、鋲(びょう)ともに古いもののデッドストックを使っています。






DSC09857.jpg
ロッキングチェアー…

DSC09862.jpg
なんですけれども、ゆらゆらしないようにゴム足装着。マンションなど階下への音が気になる人などにおすすめ。

DSC09859.jpg
ゆらゆらすると、意外に猫も乗らないのです。





ショットグラスいろいろ
DSC09799.jpg
よく見ると、こぼれ松葉の文様が日本的。日本酒にも。

DSC09800.jpg
モダンプリント。

DSC09801.jpg
ナイトキャップのお供に。






DSC09811.jpg
透明のガラスつまみ。

DSC09809.jpg
現在東南アジア製のカラフルな色のガラスつまみが雑貨屋さんなどで売られていますが、日本の古いものと比べると、どうしてもガラスの柔らかみ、色の落ち着きに違いがあり、ニセモノっぽさは隠しきれませんね。まあ、わかる人だけの楽しみなんですが…





DSC09819.jpg
丸イス。足切りの短足タイプ。
page top
アラジン39型アイボリー2台、追加で入荷
寒いですね?。続々ストーブ入荷中です。



以下、本日入荷分の2台。
DSC09812.jpg
アラジン39型アイボリー。

DSC09813.jpg
若干塗装に傷みあり。

DSC09814.jpg
これが、きれいな状態です。週に一回のお掃除でキレイを保ちましょう。






DSC09815.jpg
同じくアラジン39型アイボリー。


DSC09816.jpg
こちらはかなり美品です。

DSC09817.jpg
正常燃焼。




現在のところアラジンにつきましては、塗装に若干の傷みがある程度のもので12,000円?、かなり程度の良いもので18,000円程度となっております。いずれも中古品ですので、一点ずつ状態に個体差があります。従いまして価格は塗装の状態に準じます。すべてのストーブにおいて、丁寧に分解清掃研磨済み、芯は新品に交換済み、もれなく説明書付き、ですので安心してお使いいただけます。各種ストーブにおいて、「不器用な私にも使えるかしら?」といった操作手順に不安のある方、「噂によるとかなり灯油のにおいが気になると聞いたんだけど?」という方、すべて店頭にてお試しいただけますので、実際にご確認の上ご検討くださいませ。




余談ですが、毎年当店では50台?80台くらいのストーブを販売しており、その年の売れ筋は毎年変わります。今年の傾向としては、1万円台前半の多少キズがあっても手ごろなアラジンストーブが一番売れています。燃費の良さを気にされる方も多く、世の中の景気を反映してのことでしょうかね?また、古いものに興味があるのではなく、コストパフォーマンスがよいという理由で石油ストーブをお求めになる方が非常に多いです。以前よりかなり値上がりした灯油ですが、依然として庶民には欠かせない安価な燃料です。奮発して買ったオイルヒーターを1カ月使ってみて、その月の電気代の請求額に愕然としてそれ以来一度も使っていないという話もよく耳にしますが、まとめて請求が来る電気よりも、こまめに買い足す灯油のほうが家計にも優しいようです。
page top
「ストーブガード」入荷
天気予報通り、火曜日からウソみたく寒くなりました。現金なもので、あれだけ前もってお知らせしておいたにもかかわらず、駆け込んできてストーブを求める方がたくさんいらっしゃいます。今年は、去年までよりもアラジンの入荷台数はかなり少ない予定ですので、購入を考えていらっしゃる方はお早めにどうぞ。




先日も書きましたが、ガード付きアラジンストーブは、実際にやけどなどを防ぐという意味合いでは、ほとんど役に立ちません。実際に熱い天板部分はむき出しで、あまり熱くない筒をわずかに覆っているだけですから、気休め程度です。
DSC09802.jpg
実際に子どもなどを近づけないようにするには、このような全体をすっぽり覆う「ストーブガード」のほうが実用的です。

DSC09803.jpg
下部が開けられるようになっているので操作性もよいです。これはニッセンの小さいタイプ(BS型)に装着。

DSC09804.jpg
これが「ストーブガード」。以前はいろいろなメーカーが作っていたようです。てっぺんは空いているのでヤカン等もかけられます。

DSC09805.jpg
アラジンストーブにも合います。小さなお子様などいらっしゃるご家庭におすすめです。

page top
ガード付きアラジン39型、追加で入荷
明日から急激に気温が下がるということですが、ほんとかしら?みなさん!寒がりのニャンコのためにも早めに暖房器具の点検をしましょう。




DSC09739.jpg
アラジンの39型、グリーンのガード付きが追加で入荷してます。

DSC09740.jpg
問題なく美品。新品と大差ないです。

DSC09741.jpg
ワンコやニャンコ、小さなお子様がいらっしゃる方に人気のガード付きですが、大体アラジンは対流式なので、天板は熱くなりますが、筒の周りはさほどでもありません。燃えやすいものからも半径1メートルも離せばよいので気をつけるべきは上方のほうです。カーテンや、洗濯物など上のほうに燃えやすいものがあると危険ですので気をつけてください。

犬猫は賢いので自ら熱い天板を触ったり乗ったりすることはまずないと思いますので、その辺りは気にする必要はないと思うのですが、最も危険なのは人間の子どもです。ものごころつかない小さなお子様、わんぱくなお子様のいらっしゃる家庭では石油ストーブよりもパネルヒーターやオイルヒーターのほうが安心です。ご両親のインテリアへのこだわりよりも子どもへの安全性を優先してください。
page top
DATE: 2010/10/24(日)   CATEGORY: 雑文
いなり屋本舗の…
DSC09753.jpg
過日、熊本特産の「からし蓮根」を頂戴しました。





モクモクと阿蘇山が噴煙を上げるのを背景に、立派なからし蓮根の輪切りがドンドンドンと3つ。素敵なパーケージデザインはただものではないな…と思って箱書きを読んでみると、なるほど。

からし蓮根の由来は肥後初代藩主細川忠利公(寛永9年)のころからと伝えられているそうです。城のお濠でとれる蓮根は、穴が9つあり、切り口が細川家の家紋「九曜」にそっくりであったとの言い伝え付。殿さまだけの食べ物として門外不出の珍味だったからし蓮根は、明治になり武家社会の崩壊と主に町に辛子蓮根屋ができ庶民の間に広まった…と。そんなに由緒ある食べ物とは知らなかった。

DSC09754.jpg
そして、その400年余りの伝統をかたくなに守り続けてからし蓮根を作っているのが「いなり屋本舗」なのであります。

これをくださった方は、我家のネコの名前が「おいなり」さんであることを全くご存じなかったのでありますが、いやはやうれしいいただきものでご縁を感じました。もちろんお味もよく、シャコシャコ、ツーン!と辛子が効いていておいしく頂戴いたしました。

DSC09752.jpg
しかもこの阿蘇山は箱の角をまたいでダイナミックに噴煙を上げているところがとてものびやかで良いと思います。




DSC09757.jpg
ちなみに細川家の家紋「九曜」は、この右側の染五郎さんがきている着物の紋です。そう言われてみると蓮根に見えてきた…しかし、いなり屋本舗のシンボルマークは、九曜の紋(レンコン?)のうえに稲荷神社の赤い鳥居が突き立っていて、なんだかゴージャスな印象です。
page top
小引き出し内蔵水屋とジャンクなドア、入荷
今年は去年とは違っていつまでも日中の気温が高いですね。でも来週の火曜日くらいから急に最低気温が10度前後、最高気温も20度を切るようですので暖房器具の点検、確認は今週末に行ったほうがよさそうです。



以下、本日までの入荷分です。



DSC09719.jpg
水色のペンキが剥げかかったジャンクな風情満点の木製玄関ドア、2枚。

DSC09718.jpg
95番。

DSC09724.jpg
覗き窓にはモールガラス入り。

DSC09720.jpg
135番。

DSC09723.jpg
モールガラスは、適度に見えるガラスです。

DSC09725.jpg
裏面。

DSC09721.jpg
新聞受け。

DSC09722.jpg
丸みを帯びた真鍮ドアノブ。

水色と白色のペンキの経年具合が絶妙です。昔風にしようと思って同じような色のペンキを塗って、わざわざはがしたりする加工もありますが、どうしても嘘っぽさ、わざとらしさが鼻につきます。やっぱり時間の経過というものは一朝一夕には作りだせるものではありませんものね。






DSC09736.jpg
かっちりした折り目正しい印象の、2段積みの食器棚。

DSC09737.jpg
上段は観音開き。

DSC09738.jpg
下段には、珍しく左半分は5段の小引き出し内蔵型です。右半分はすっきりと大きく2段にセパレート。

小引き出しは、収納に一番困る大皿を入れるのにもよいですし、ひとり暮らしなら上段は食器棚として、下段はもろもろの収納棚として…など多用途に使えます。上段のガラスはプレーンなガラスですので本棚として、下段の小引き出しには立てられない薄手の紙物を収納するのにも便利です。






DSC09729.jpg
紺色の皮トランク。

DSC09730.jpg
紺色と金色の組み合わせは、紺ブレに代表されるように永遠のコンビだと思います。

もともと藍の愛された日本ですから、紺色は誰でもを上品で美しく見せる最も日本人の肌と髪の色に合う色だと思います。日本人の女性なら、深い紺色のとろりとした重めの縮緬の無地に上品な金色の綴れ帯など合わせれば、年代を問わず美しく見えると思うんですけれどね…
page top
ストーブの女王様「シルバークイーン」入荷
去年初めて1台のみ入荷しましたが、また今年もお目にかかろうとは思いませんでした。反射式のストーブではありえないくらいの暖かさ、まさに反射式ストーブの女王様、「シルバークイーン」入荷です。




去年入荷した分はこちらの記事から→http://furudougunosasaya.blog120.fc2.com/blog-entry-712.html




当店で主に扱っているストーブは対流式(対流型、反射型という言い方もあります)ですので、反射式というと何が違うのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。特に九州地方では現在の30代から40代以上の方なら子どもの頃自宅で使っていたストーブは反射式が大半だったのではないでしょうか?アラジンをはじめ外国ストーブはとても高価なものでしたし、国産品にしても対流式よりも反射式のほうが、ストーブ自体の値段も若干お手頃でした。

簡単に言いますと、対流式と反射式のストーブの違いは、暖まり方の違いです。

対流式はストーブの下方から空気を吸い込み円筒(チムニー)を通って真上から熱を放射します。ですので、お部屋全体の空気をかき回すようにして暖めますので、より早く全体を暖かく出来ます。一方反射式の場合は、ストーブの後ろ側に鏡のように銀色の反射板がついていますね。暖かさを前面に向かって放射します。ですからお部屋全体の空気を暖めるにはだいぶ時間がかかりますし、人間のほうがストーブに近づいて暖をとるような形になります。

ちなみに以前にも書きましたが、アラジンで焼き芋を焼こうと思って…と言って探しに来るお客様がたまにいますが、対流式は弱火でじっくり焼くとかコトコト煮込む料理をするというのは不可能です。たぶん、小さい頃におばあちゃんが反射式ストーブでアルミホイルに包んだ焼き芋を作ってくれたり、豆を炊いたりしていたのをみて勘違いなさっているのだと思われます。

機能自体が大きく異なりますので、広いお部屋にはニッセンを、狭い台所には煮炊きもできる反射式を…といった用途別に使い分けることが望ましいのです。





随分と前置きが長くなりましたが…

DSC09711.jpg
今年入荷のアラジン社のシルバークイーンです。アラジンって、ブルーフレームと同じ?と思いの方。そうです、アラジン社の作っているストーブは対流式、反射式それぞれほかにもいろいろあるのです。アラジネットとかシルバーウイングとか…

DSC09712.jpg
去年のものと比較していただけるとわかりやすいのですが、筒(チムニー)がガラス筒です。

DSC09715.jpg
灯油タンクは、背面にふたつ。銀色の筒状のものです。ズボッと抜いて逆さまにしてから給油します。ちょっと変だと思っています。こういうストーブが好きな人は、こうした普通とはちょっと違うところが好きなんでしょう…

DSC09713.jpg
去年のものより塗装の状態などは良くないです。錆あり。

DSC09716.jpg
そしてこのストーブの特筆すべきは、その暖かさにあります。先ほど反射式は対流式よりも暖かさでは劣ると書きましたが、このシルバークイーンの熱放射は半端じゃないです。スポットライトを浴びる女優はすごく暑いのよ!といいますが、それをもしのぐ熱さ。もう暖かさを通り越して熱いほどです。しかもそれだけの熱量を放射しながらも背面を壁にベタ付けできます。ただでさえ個体が大きいですから、お部屋のすみっこに置いて使うほうが便利がいいでしょう。

ちょっと異様と言ってもいいくらいの存在感あるデザインのこのストーブ、使いこなしてやろうという気概のある方にお勧めです。
page top
クリスタルリス、ほか入荷
今日は旧暦の9月13日、十三夜です。栗や豆をお供えして月を愛でる豆名月などとも呼ばれますが、あいにく福岡は曇り空。今年は十五夜も十三夜もどちらもお月さまに御目文字かないませんでした。まあとにかくお月見団子だけは欠かさず食べます。


とり急ぎ直近入荷分です。

DSC09672.jpg
広島はマルニ木工の椅子、2脚。

DSC09673.jpg
素材はビニル。ビニールレザーと言うよりもズバリビニール素材。

DSC09674.jpg
安普請なのに、鋲が打ってあって、王様の椅子みたいな椅子。







DSC09692.jpg
みどりのマーブル。マルティグラスの大皿。






DSC09695.jpg
ピンクオレンジのショットグラス。






DSC09699.jpg
クリスタルガラスのリス。

DSC09697.jpg
背にくぼみがあるので、鍵を入れたり、ピアスを入れたり、ポプリを入れたり…使い方は自由自在。






page top
ニッセンSS型とアラジン39型、追加で入荷
日中は汗ばむほどでも、さすがに朝晩は寒いと感じるほどの気候になってまいりました。石油ストーブ派のみなさん、今のうちにお手入れをしていつでも使えるようにしておきましょうね。



DSC09681.jpg
ニッセンのSS?6型。

DSC09682.jpg
美品です。

DSC09678.jpg
点灯時。筒の蜂の巣状の覗き窓から炎を視認できます。見えづらそうに思われますが、そこが日本製の構造の妙!外国製品よりも確実に見やすいです。

DSC09679.jpg
タンクの色は柿茶色。





価格重視の方のための、アラジン39型のアイボリー、2台追加で入荷。

DSC09683.jpg

DSC09685.jpg
写真ではわかりづらいですが、塗装の琺瑯に貫入(かんにゅう)有りです。貫入はいわゆるヒビのようなものですが、ヤカンを乗せていて水が吹きこぼれたりしたときに発生します。みんなも気をつけてね。

DSC09686.jpg
うちで施したものではありませんが、塗装の傷みを隠すために補修された箇所があります。アイボリーにしろグリーンにしろ、塗装の色を合わせるのは相当難しいですし、また刷毛などで凹凸なくぬろうと思っても無理に近いです。こういったように補修箇所を目立たせてしまうことが多いので傷もそのままのほうがかえってよいかもしれません。

DSC09687.jpg
一か所の傷にとらわれるよりも、クリームクレンザーなどでこまめに汚れを拭いてお掃除してあげたほうが、全体的にも綺麗に見えます。










DSC09688.jpg
もう一台のアラジン39型アイボリー。

DSC09689.jpg
天板に引っかき傷様のキズ、あり。

DSC09691.jpg
↑のアラジンとはエンブレムのデザインが異なります。

DSC09690.jpg
こちらも筒(チムニー)に貫入あり。

先日、2年ほど前に当店でお買い求めいただいたアラジンストーブ39型の芯交換を依頼されましたが、ガバと外すと、ホコリがびっしり。あなた!一度もお掃除してませんね?と問うと、ハァ?と何とも頼りない答え。「こんな状態で使っていると、死にますよ。」というとマジすか?って…マジっすよ!

これだけ購入時に口をすっぱくしてお掃除の大事さを訴えていても、面倒だから…実際しなくてもだいじょぶじゃね?…的な自己判断でお掃除をさぼる人がいます。石油ストーブは、昨今の勝手にお掃除してくれるエアコンとは違いますのでね。一酸化炭素中毒で死にたくない人は、きちんとお掃除しましょう。




page top
くさび式本立て、ほか入荷
秋の行楽日和ですね。こういう時こそ、どこにも出かけずに猫とゴロゴロしたいものです。以下、今日までに入荷分です。





DSC09599.jpg
1964年(昭和39年)発売のヤシカハーフ17。






DSC09604.jpg
伸縮自在、首振り自在な小技の効いた電気スタンド。

DSC09605.jpg
ぐーんと伸びます。






DSC09610.jpg
電動ミキサー。美品です。

DSC09611.jpg
東芝製。






DSC09613.jpg
電気コンロ。

DSC09614.jpg
日立製で火力は3段階調節可。

DSC09612.jpg
絶妙な形と大きさのアルマイトやかん。






DSC09615.jpg
秤。

DSC09616.jpg
最小目盛りは5グラム。1?まで量れます。







DSC09618.jpg
有田焼のたばこセット。

DSC09620.jpg
リアル柿の灰皿。

DSC09619.jpg
ヘタが外れて蓋物になっています。左手前の渋柿状のものはマッチ立て。至れり尽くせり。






DSC09622.jpg
戦前の建具。寸法は横幅74センチ、縦幅173センチ。

DSC09623.jpg
カギ。先日おばさま方がこれを見て「可愛くなーい?玄関にしたらよくなーい?」と言ってましたが、玄関には向きません。

DSC09624.jpg
上は透明のダイヤガラス。

DSC09627.jpg
下は珍しい紫のダイヤガラス。大正くらいまでは色付きプレスガラスも建具に使われていましたが、とても趣があり綺麗です。








DSC09629.jpg
ミニマムな栓抜き一体型の缶切り。






DSC09630.jpg
マルティグラスの小鳥型一輪差し。






DSC09631.jpg
マルティグラスの小鳥型置物。共に胸の部分にぼかしが入っていて愛らしいです。ペーパーウエイトにも。





DSC09632.jpg
ガラスのベル。





DSC09633_20101017143204.jpg
マルティグラスのエンゼルフィッシュ型?置物。

DSC09634_20101017143204.jpg
むっちりつるりのマルティグラス、福岡は地場ですが他県の方には珍しいようでおみやげに購入される方も多いです。








DSC09653.jpg
その小ささに反してすごく重たい文鎮。大人の書道には、小学生が使っているような銀色の棒状のものではなくて少し洒落たものを使いたいですね。






DSC09651_20101017143649.jpg
1964年(昭和39年)製の蛍光灯電気行灯(あんどん)。

DSC09649_20101017143651.jpg
昔の電気スタンドと同様にコンバーターが入っていませんので、最初は紐を少し長めに引っぱります。せっかちな現代人には向きませんが、家電と心をあわせて共同作業で点灯させるような面白さがあります。

DSC09650.jpg
もう一度引くとオレンジの豆球が点灯。夜の枕もとにも。

DSC09652_20101017143649.jpg
日立製。






DSC09647.jpg
小ぶりな、くさび式本立て。

「くさび」とは、V字型の木製部品などを打ち込む形状のものを指しますが、これは原始的な手法にもかかわらず、物を割る、物と物の結合を強固にするという相反する二つの役目を果たします。もちろん本立てに使われる場合は後者の意味合いです。またこの形状の本立ては力をかけたときにゆらゆらすることがありますが、全体で揺れを吸収するので意外と丈夫です。長く使っているとくさびが摩耗してゆるくなってきますが、これはまたくさびを作りかえれば長く使えます。

DSC09648_20101017144635.jpg
チューリップの細工。かなり小ぶりなので文庫専用本棚や、子どもの絵本専用本棚としても。子ども用の家具も、間にあわせで安い合板のものを使うのではなく天然木のものを使わせたいものです。合板のものはほとんど汚れていないといっても用済みになったときに貰ってくれる人を探すのは一苦労です。経年しても価値の摩耗しない天然木家具だと次に必要だと思ってくれる人に譲ることができます。


page top
猫型洋服ブラシほか、入荷
また旅行ですか?といわれる夫も遊んでばかりではございません。日本に帰ってきた日の翌日から朝5時起きで働いておりますのよ。いや、嘘じゃないって… 以下、直近入荷分です。






DSC09572.jpg
珍しくひも付きタイプのガラス電傘。壁付けのスイッチのないお部屋に。

DSC09571.jpg
点灯時。下までガラスが覆っているデザインなので柔らかな明るさでまぶしくありません。電球が見えない分上品な雰囲気に。





DSC09573.jpg
ホヤクリスタルのフラワーベース。

DSC09574.jpg
カットがすごく美しいので単体で置物としてどうぞ。光を当てるとなお美し。高級感満点です。





DSC09576.jpg
この美しい木目!屋久杉でできた夫婦こけし。






DSC09577.jpg
ピエロ…






DSC09578.jpg
外白内赤のマルティグラス。小物入れ、灰皿としてもどうぞ。喫煙女子は灰皿まで美しく!





DSC09583.jpg
個性的な灰皿。飛行機付。






DSC09602.jpg
飛行機好きなあなたに、JA8100。






DSC09584.jpg
スモーキーなガラス灰皿。






DSC09591.jpg
大理石インク壷。ペン立て2つ付。






DSC09592.jpg
コンパクトなインク壺。シャープなブラック。最近の書道人気のせいでしょうか?若い女性のかたがこうしたタイプのインク壺をお求めになることが多いです。






DSC09601.jpg
青ガラス中鉢。





DSC09597.jpg
明らかに日本製でないエキゾチックな3点。






DSC09593.jpg
BLACK CAT BRUSH!

DSC09594.jpg
ひげの穴のぷつぷつまでリアルに再現。ネコ型洋服ブラシです。玄関に常備を。

DSC09595.jpg
猫は黒でブラシは赤のコントラストが粋。デッドストックです。
page top
DATE: 2010/10/15(金)   CATEGORY: 雑文
好樣本事
先日の台湾出張の折に足を運んだお店をもう一軒ご紹介しておきます。



DSC09548.jpg
ここは南青山?な雰囲気の一角にある本屋さんです。

DSC09549.jpg
お店の名前は「VVG Something-好樣本事」。お洒落すぎるホテル、レストラン、ケータリングまで幅広く展開するVVG系列ですが、日本書も扱うグローバルな本屋さんです。

DSC09547.jpg
店内。

本だけではなくて、大きなガラス瓶など、どこかで見たような…日本の雑貨、古道具から骨董まで独自の視点で買い付けされた面白いものがいろいろあります。

DSC09567.jpg
ものすごく凝ったショップカード。

DSC09568.jpg
「VVG Something 好樣本事」

ブログあります。日比野克彦氏の画集など紹介されてます。http://vvgvvg.blogspot.com/
VVGのホテルのURL。日本語サイトも用意されています。さすが…http://www.vvgbbb.com.tw/
店員さんも美人でとにかくお洒落。台湾文化をけん引するショップなのでしょう。興味のある方はぜひ足をはこんでみてください。

住所 台北市忠孝東路四段181巷40弄13號
電話 02-27731358








おまけ・・・夫の買ってきた台湾土産

DSC09560.jpg
万能オイルの「緑油精」。

ひとぬりでさわやかなハッカの香り。次に来るのは、なんとなく通勤電車のにおい。最後はまちがいなく、中年のおじさまの香り。肩こりから風邪、船酔い、虫刺されまで何にでも効く?万能オイルですが、まるで香水のようにトップノートからラストノートまで楽しめます。


DSC09570_20101016234129.jpg
台湾といえば…台湾バナナと思う人ももう少ないのかしら。いまや台湾土産の定番はパイナップルケーキ。夫が選んだのは素朴なパッケージの「李製餅家」。こぶりだけれどもずっしり重く食べごたえのある上品な甘さのおかし。これを嫌いな人は少ないだろうと思われる。


これから台湾旅行へ行かれる方はどうぞご参考に…
page top
DATE: 2010/10/14(木)   CATEGORY: 雑文
台湾猫事情…
猫好きのみなさまに送ります、先日こけしに店番をおしつけて台湾へ現地調査に行った夫のレポートです。たったの2泊3日ですが狙いはひとつ、「ネコカフェ発祥の地」である台湾のネコカフェ調査。






DSC09505.jpg
まずは寝言でもつぶやいていた牛肉麺を食べ、腹ごしらえ。

DSC09519.jpg
そしてわき目もふらず向かった先は、「極簡?minimal cafe」。

DSC09569.jpg
ここは、旅行情報誌「ことりっぷ 台北」に掲載されています。そしてこのお店のネコの魅力は、なんといっても出入り自由な猫たちで構成されていることです。完全室内飼いの猫とは明らかに目の輝きがちがう!特に、この写真の真中のネコ、安安(アンアン)に会う気マンマンです。

ところが、いざ店の前に行ってみると店内はギュウギュウ、外にはネコとのふれあいを求める男女で行列。日曜日だからなのか…よくわかりませんが、とにかくネコカフェが大人気なことは確かなようです。

DSC09517.jpg
お店の入口には、安安がモデルになったポストカード。日本語表記で「猫が居ります」と書いてあります。日本人客も多いのでしょうか?

DSC09518.jpg
どこも共通ですね。ネコカフェだから養ってくれるだろうという安易な考えで、店の前にネコを捨ててゆく人。人非人。




そして、翌日は気合いを入れて開店時間前に到着。

DSC09508.jpg
ネコ!ねこ!に興奮した夫は、店の中へ突進してゆくも、興奮のあまり開店時間を30分間違えてはやく来てしまったので、店員さんに制止さる。

DSC09528.jpg
その間はガラス越しに、中のネコを物色。

DSC09533.jpg
あちこちにネコ。


DSC09527.jpg
途中から、現地台湾人と思しきカップルが乱入。店員の忠告も無視してパー子並にネコの写真を撮りまくっている。やっぱりね、フラッシュは目によくないし、あまり近づきすぎたりするとネコも嫌だと思うんです。

DSC09521.jpg
すごい恰好で爆睡するネコ。

DSC09531.jpg
むっくりと起き上がったその模様からして…安安! この時点で開店1分前。さあ、仕事、仕事…と言わんばかりにほかのネコもぞろぞろとどこからとなく出勤。もちろん外から入ってゆくネコも多数。



そして念願の入店。事前にこれだけは練習しておいた「安安、在哪里?」(アンアン、ツァイナーリー)を繰り返すも通じず、しようがないので安安!アンアン!と大きな声で連呼すると、ようやくわかってもらえたようで店員さんが、
DSC09523.jpg
捕まえてきた安安をテーブルの上にドン!と…でもよく見ると安安じゃない。

DSC09539.jpg
本物の安安はこちら。真中分けのかつらをかぶったような模様。大きく硬いネコでした。

DSC09535.jpg
店内。バーの様だが、アルコール類は提供していないようでした。それでも営業時間が午前2時までというのがすごい。そして猫バーなるものはこれまた別に存在するんですって。

会計時に夫は「For cats!」と言って1000ドルを寄付したら、店員さんみなが日本語で「アリガトウゴザイマシター」と言ってくれたそうです。店員さんは若い人が多いけれども、みなドウゾーとか、簡単な日本語をしゃべるのでまったく不自由しないと言っていました。なにより外猫派の夫は、中から外から自由に出入りするお目目キラキラの猫たちに大満足したようでした。台湾好きでネコ好きの方は是非お出かけくださいませ。



DSC09509.jpg
「極簡-minimal cafe」

出入り自由の猫たち、常時40匹前後がお出迎えのネコカフェ。

住所 泰順街2巷42号
交通 MRY台電大樓駅から徒歩約12分
電話 02?2362?9734
営業時間 12:00?翌2:00
page top
アラジン39型アイボリー、追加
秋の連休、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。まだまだ日中は汗ばむほどの気温ですが、ストーブ追加で入荷しております。また当店の本日の営業は午後7時までとなっております。


DSC09487.jpg
アラジンブルーフレーム、39型アイボリーです。

DSC09488.jpg
全体に使用感あり。ただし全部のパーツの分解清掃はそのほかの個体と同じ工程で行っております。価格は12000円。

当店では、39型についてはなるだけ状態の良いものを揃えております。ただしかなりの個体数を扱うことになりますので、当然ジャンク品、部品取りにしかならない個体も多数でてきます。そうしたパーツのなるだけ綺麗な部分を組み合わせて1台を組み上げる、という作業もあります。安全にお使いいただけるように整備済みですので、多少の傷は気にしない方や、なるだけ安いものを購入したいという方には十分ご満足いただけると思います。
page top
DATE: 2010/10/10(日)   CATEGORY: お知らせ
営業時間のお知らせ
10月11日(月)は店休日、12日(火)は営業時間を14時?19時までとさせていただきます。13日(水)からは通常営業です。どうぞご理解のほど宜しくお願い奉り候。



猫好店主敬白

つづきを表示
page top
ショーケース、ほか入荷
今日までに入荷分です。

DSC09479.jpg
背の高い脚付ガラスショーケース、入荷。

DSC09485.jpg
ケース下部に引き出し付。両サイドの装飾が華美でなく上品。

DSC09484.jpg
さりげなく脚先もお洒落。

サイズは高さ175センチ、横幅60センチ、奥行き47.5センチ。ガラス棚板は3枚の4段です。






DSC09491.jpg
朝日に桜。豪華な金庫のエンブレム。






DSC09492.jpg
和製ジェリカン。

DSC09493.jpg
わかりやすい「水」用。

ガソリンを入れる缶のことを、通称でジェリ缶と呼んだりしますが、もともとはイギリス軍が敵ドイツ兵の蔑称である「ジェリー(Jerry)」に因んで「ドイツ兵のガソリン缶」という意味で「ジェリカン」と呼んだところから来ているようです。桜にQのマークがついていますがGHQのQなんですかね?


page top
ニッセンストーブ3機種、追加で入荷
まだまだストーブは必要ないくらいの気候ですが、続々とお客様のお手元に旅立っております。今年は石油ストーブを使ってみようかな?と思っている方は、寒くなってから急いで買いに走るのではなく余裕をもってゆっくりと選ぶことをおすすめします。


ニッセンの石油ストーブ、3機種が追加で入荷です。

DSC09489.jpg
ニッセン、SS?6型。

ニッセンの一番大きなタイプはSS?1型でタンク容量が約7リットルですが、これは6.1リットル。暖房範囲は約4.5畳?21畳。燃焼時間は約10時間です。タンクの色は、柿茶色。

DSC09490.jpg
天板も傷なく美品。








DSC09455.jpg
先日入荷していたものと同型の、東芝KSW572型。

DSC09461.jpg
これもほぼ未使用の極美品です。

DSC09457.jpg
マッチ廃軸入れも、ピカピカ。この部品はさびやすいのでたまにみがいてあげるとよいです。

DSC09458.jpg
日本の家電は、どうしても日本語表記がお洒落さをかき消してしまいがちですが、落ち着いた日本的な配色のせいか、このタイプはさほど文字が気になりません。

DSC09459.jpg
これは、仕様としては上記のニッセンSS?6型とほぼ同じです。タンク容量6.1リットル。ただし、暖房範囲が15畳?21畳。ニッセンのストーブは、火力の調節が効く唯一のストーブです。東芝タイプはLDKなど広いお部屋向きです。







DSC09442.jpg
そして、ニッセンのガラスホヤタイプ、BS型です。

gazou 12225
ちなみに、よくあるBS?3B型はこんな感じ。タンク色は明るいオレンジでガラスホヤも透明ガラスです。

DSC09445.jpg
このBS型は、ガラスが霜降りのようになっていて光が直接目にあたらず優しいです。また、タンクが若干小さく、上から見てもスリムな印象。タンク色の灰色がかった茶色と、底板の灰色が渋さを醸し出す、大人っぽいストーブです。

DSC09443.jpg
ツマミ。

タンク容量は4.2リットル。暖房範囲は4.5畳?11畳くらい。燃焼持続時間は約12時間です。

DSC09446.jpg
天板は若干のキズあり。

DSC09441.jpg
点灯時。

DSC09418.jpg
ニッセンのストーブのスローガンは、「暖かい!お部屋の太陽」です。カッコイイです。

このBS型は当店では初めて入荷した珍しいタイプです。ニッセンは、赤やオレンジなどお部屋のアクセントとなる色味のものから、茶やグレーのなじませるタイプのものまでいろいろです。お好みにあわせてどうぞ。
page top
DATE: 2010/10/07(木)   CATEGORY: お知らせ
「ちんどん」in 九州国立博物館
DSC09495.jpg
たびたびお知らせしております、映画「ちんどん」の上映会ですが、このたび11月3日に太宰府の九州国立博物館にて上映があります。ちなみに、全国の博物館等で年に1回、日本に留学している外国人に日本文化への理解を深めてもらう目的で「留学生の日」を設け、様々な無料イベント等が行われています。

今回の上映は、留学生及び外国人の方は入場無料です。また、この映画はフランス語の語りが入りますので、日本語字幕にて上映されますが、今回は2回目の上映が英語字幕版です。さらに14時よりエントランスホールにて映画主演のアダチ宣伝社によるちんどんミュージアムコンサートが行われます。無料で。日本人でさえ、ナマのちんどん屋さんを見たことない昨今、外国人の方の目には一体どのように映るのでしょうか?ぜひ、お知り合い、お友達の外国人の方をお誘い合わせのうえご来場くださいませ。



映画 「Tchindonちんどん」&ちんどんミュージアムコンサート

上映日時 平成22年11月3日(水)祝日
上映時間 日本語字幕 12:30?14:00
       英語字幕  15:00?16:30

会場   九州国立博物館1階ミュージアムホール
      福岡県太宰府市石坂4-7-2(西鉄太宰府駅徒歩10分)
      電話092-918?2807

入場料  前売り1000円
      当日1500円
      留学生及び外国人の方は入場無料
      No charge for exchange students and foreigners!

お問い合わせ ちんどん上映実行委員会 (担当 遠藤)
          電話092-595?5483
          e-mail fox027@gmail.com







DSC09496_20101008150146.jpg
うちのおいなりさんも出演してます。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ