古道具のささや

Archive2010年08月 1/1

「美しい暮しの手帖」

今日は新刊本のご紹介をさせていただきたいと思います。「暮しの手帖」とわたし(2010/05/15)大橋 鎭子商品詳細を見る当店の商品としても定番の「暮しの手帖」でありますが、有名な編集長である花森安治氏とともにこの雑誌を創刊し社長として現在も活躍中の大橋鎭子(おおはし しずこ)さん、御年90歳!の自伝的御本です。巻頭には石井良子さんの寄せられた文章があります。石井良子さんといえば、ベストセラーの「巴里の空の下...

  •  -
  •  -

マルニの椅子と本箱、入荷

マルニ木工の椅子、2脚入荷してます。無駄にかさばらないひじ掛けなしのすっきりした形です。座面は緑色のモケットに張り替え済みです。背もたれも、人に媚びてないというか無理に体に合わせて湾曲させない緩やかなカーブ。座面は堅めで日本人好み。日本人が日本人のために作った椅子、マルニ木工!だったのに…現在のマルニは前衛的な家具や洋風の高級家具に重点を置いているようで、カタログなんかをみるといったいどんなお屋敷...

  •  -
  •  -

「科学画報」入荷

婦人画報ではありませんのよ、昭和32年から33年にかけての「科学画報」です。創刊は1923年(大正12年)で現在は休刊ですが、戦後もつづいた雑誌です。内容はといえば、当然科学にまつわる話ですが、現在でしたらそんなアホな!的つっこみどころ満載のキ印雑誌で相当に楽しめます。以下、一部記事抜粋でご紹介。空のスクーター。「そのうち軍用だけでなく通常のスクーター代わりに使われるであろうと期待が寄せられている...

  •  -
  •  -

2段積みの水屋、ほか入荷

残暑が厳しいですが、もろもろ入荷。午前中でも30度を超すほどですから、作業も朝5時半から。夫は血圧を急上昇させながら頑張っています。脚付グラスいろいろ。パフェ類に最適の形。容量の大きなほうはフロート類に。大きなゴブレットは、最近めっきりおいしくなった甘口の国産ワインにもおすすめです。最近は女性の好きな甘いリキュール類も様々でハーブのお酒や紅茶梅酒など美容によいなどといったものもあり、お風呂上がりな...

  •  -
  •  -

フロアスタンドほか入荷

以下、本日入荷分です。一風変わった、フロアスタンド。ねじねじのバーはとても掴みやすいのです。傘横はちょっと上着を掛けたり、帽子を掛けたりできます。なぜか3本足。ちょっと洋服ブラシを置いておくのにもちょうどよいスペース付。なすの置物。木製。小机。小さく軽く美しい。便利机です。女性でも持てる、小ぶりなトランク。皮と帆布のコンビ素材です。深い青の切り子深鉢。スリムな花台。隙間にスポッと入ります。異国風の...

  •  -
  •  -

本日より営業です

やっとお盆も終わり、ほっと一息です。みなさま良いお盆休みになりましたでしょうか?わたくしどもお盆の間は、喪服で東奔西走、過労で夫婦ともども人中(鼻と口の間、ね)に吹き出物ができたりと踏んだり蹴ったりですが。本日より当店は通常営業でございます。お盆のあいだのおいなりさん。ツチノコと見まごうばかりの豊満なおなか。...

  •  -
  •  -

お盆休みのお知らせ

No image

「土鈴まつり」もおかげさまで好評のうちに幕を閉じることができました。土鈴のドの字もご存じないお客様にも楽しかった、と言ってもらうことができまして古道具屋冥利に尽きる思いでございます。期間中足を運んでくださいましたみなさまに心より御礼申し上げます。さて、本日より下記日程で4日間お盆休みを頂戴します。みなさまもどうぞ良いお盆休みをお過ごしくださいませ。8月13(金)、14(土)、15(日)、16(月)...

  •  -
  •  -

ネコ栓抜き、ほか入荷

好評開催中の「土鈴まつり」もいよいよ本日まで。土鈴未体験の方、ご来店お待ちしております。以下、昨日までの入荷分です。仏製DURALEX(デュラレックス)のロングタンブラー。ハーフサイズのグラス。カップ&ソーサー。目に清々しい緑色です。すべてデッドストック。温・冷ともに使えますので一年中活躍します。装飾もないのでデザートの器としても使いやすいです。個人的には、ミントたっぷり砂糖たっぷりでミントジュレ...

  •  -
  •  -

毎日! 毎日!

毎日、毎日、暑い日が続きますが、8月12日(木)まで「土鈴まつり」好評開催中でございます。過日、8月6日の毎日新聞の朝刊にも掲載していただきました。祖母が生きていたら喜んだだろうなぁと思いながら、仏壇に飾っています。...

  •  -
  •  -

土鈴Tシャツ

No image

特に理由はなくユニクロのHPを見ていたら、UTのコーナーに「日本のおもちゃ」シリーズがありまして、これが何と!日本の郷土玩具のバイブルともいえる「うなゐの友」!この本は、ユニクロの説明によりますと…人形玩具を画題とした彩色木版摺画集『うなゐの友』(芸艸堂発行)。明治から大正にかけ、清水晴風・西澤笛畝ら画家自らが集めた日本全国各地の人形・玩具や文献資料などを元に写し描いた日本で最初の正統的かつ本格的...

  •  -
  •  -

小引出し、ほか入荷

今日、8月7日は暦の上で立秋です。毎日続く暑さには関係ないだろ、と思う方も多いかもしれませんが、夜は涼しげな虫の声が聞こえますし、ふと目をやれば萩の木には真っ白い花が咲き始めています。よくよく耳を澄まし心を配ってみれば、確実に秋は近付いてきていますね。以下、昨日までの直近入荷分です。涼しげなガラス小鉢。いわゆるそうめん鉢、の大と小のセットの小さいほうです。昨今の若い方はお素麺をあまり召し上がらない...

  •  -
  •  -

レコメンドレイ

昨日から「土鈴まつり」好評開催中でございます。さて、これまで前夜祭にて産地のわかる土鈴、作者のわかる土鈴をご紹介してまいりましたが、そのような土鈴はごく一部なんですね。そのほかの有象無象の土鈴たちの中から、わたくしこけしのおすすめ土鈴をご紹介したいと思います。店頭にて売り切れの際はご容赦を。「ひょっこりひょうたん島土鈴」。英彦山土鈴の作者の方が、パーマンやドラえもんの土鈴などキャラクターものを作っ...

  •  -
  •  -

「土鈴まつり」本日より開催

いよいよ本日より「土鈴まつり」開催でございます。これほどまでにお客様の関心の薄い祭りは今後あり得ないとおもわれます。是非この機会にお気に入りの土鈴をお求めくださいませ。当店のドアを開けてすぐのガラスケースにすべての土鈴を集結。どうぞお好きな土鈴をお手にとって、ぜひ振ってみてください。土鈴はただの土人形ではありません。「鈴」ですからその音色を楽しんでください。まだブログには掲載していないあんな土鈴や...

  •  -
  •  -

アイヌ土鈴と韓国土鈴

いよいよ、「土鈴まつり」も明日から開催となっております。本日の前夜祭は北海道と韓国の土鈴について。左から「アイヌ土鈴」、「メノコ土鈴」、「まりも鈴」、「熊土鈴」です。熊は可愛らしすぎて犬のようにも見え、なんだかよくわかりません。後頭部に「北海道」と彫ってあります。これも口が×でミッフィーに見えてしまいます。後頭部に「アイヌ」。後頭部に「メノコ」。メノコとはアイヌの言語で「女の子」といったような意味...

  •  -
  •  -

近畿?東北の土鈴

昨日すでにフライングして土鈴を見に来た方が数名いらっしゃったようですが、まだ前前夜祭ですから。今日は一気に近畿から東北まで。奈良県の土鈴。奈良県は寺社が多いですのでおのずと授与土鈴もたくさんあるわけですが、王道は外して…金魚とウサギです。共に作者は小川二楽さん。大和郡山は金魚で有名なのをご存じでしょうか?江戸時代に武士の副業として始められたといわれる金魚の養殖が栄え、海外への輸出もされている地元の...

  •  -
  •  -

中国四国地方の土鈴

土鈴なんか興味ない、という声はうちすてておいて。我が道を行くブログです。続きまして、中国地方は山口県の土鈴。インパクトの大きさでは1,2を争う、長州土鈴の「ひょっとこ土鈴」。大きいけれども重くなく独特の手触りです。後頭部には大きく「無」のひともじ。竜宮城のような赤間神宮、古くは阿弥陀寺の授与土鈴2種。平家一門を祀る塚があります。赤いのは「平家蟹土鈴」。小倉の白石喜平さんが作っていた平家蟹と全く同じ...

  •  -
  •  -

ドルメンとクラウンほか入荷

夏向きのグラス2種、昨日入荷してます。石塚硝子のアデリアクラウンシリーズ。ルックソーダです。厚手のガラスなので割れにくいですし、意外と量はないらないので冷たいものの飲み過ぎを防ぐことができます。炭酸飲料を入れると、ガラスの文様により多彩な表情を見せるので飽きさせません。おもてなし用に最適です。佐々木硝子のDOLMEN(ドルメン)、アイスコーヒー用のグラスです。昭和40年代ごろは、喫茶店でアイスコー...

  •  -
  •  -