「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
縦長ガラスケースとパンケースほか入荷
今月もとうとう夫は休みなし。来月も前半はすでに仕事の予定があり無休決定。古道具屋の店主なんてただ座ってるだけで楽そうに見えるかもしれませんが意外と忙しいものです。以下、昨日の休みを棒に振って土砂降りの中仕上げた商品、本日入荷です。




DSC08312.jpg
小ぶりな縦長のガラスケース。この小ぶりな、というところがポイントです。ほんの数センチの差ですが、キュッと締った印象で姿が良いのです。

DSC08314.jpg
天板もガラスで採光もよし。棚板3枚の4段で収納力もあります。

DSC08316.jpg
全体の木調がワントーンで落ち着いた印象です。

DSC08317.jpg
引き手。ガラスケースに限らないのですが、家具類の引き手を引っぱる時(開けるとき)には必ず両手で。左手は本体を押さえ、右手で引き手を引きましょう。あたりまえのことのようで、現行品の家具を使い慣れた人にはできないしぐさのようです。







DSC08318.jpg
ガラスパンケース。なぜゆえにこの脚なし横長タイプのガラスケースをパンケースと呼ぶのか…慣例だから。

現行品で見かけるのは、木枠がステンレスになった同じくらいのガラスケースを病院、役所、学校の食堂などの売店で見かけますね。おばちゃんが内側に立ってて、外から商品を選んだら内側の引き戸を開けて中身をとってくれる、というスタイルの販売形式をとっているときに使われます。たいていは菓子パンやお菓子類がはいっていますね。昔の木枠タイプのガラスケースを置いている個人商店はほとんどが、イケダパンとかの看板を掲げた食料品店が多いです。よってやはり原型はパンを販売するためのショーケースなので、パンケースなんだと思います。

DSC08320.jpg
もちろん上からのぞくことができる天板ガラス仕様。

DSC08323.jpg
背面が引き戸。








DSC08324.jpg
たっぷり幅のある優雅な文机。

DSC08325.jpg
ゆったり広々。

DSC08326.jpg
右側に引き出し3段。真中と左側にひとつずつ。

DSC08330.jpg
引き出し前面が美しいマーブルの木調。材質は桜のようです。つまみも木製。上等です。

DSC08332.jpg
脚の弧を描いたアールが優雅な雰囲気を醸します。






DSC08335.jpg
セルロイドお粉入れ。

DSC08336.jpg
夏場は欠かせないのです。天花粉。今はテンカフンっていわないのかしら?






DSC08338.jpg
本べっ甲の携帯靴べら。贅沢。
page top
青花縁ガラス金魚鉢ほか入荷
蒸し風呂かとおもうほどのいやな天気ですが、6月最後の日曜日も元気に営業中です。以下、昨日までに入荷分です。




DSC08279.jpg
チビキューピーさん。






DSC08281.jpg
ペーパーカッターに小さなサイズが追加で入荷。写真やはがきなど小さなサイズ用です。

DSC08283.jpg
決してファッション性を持たせたデザインではないのに、誰が見ても簡潔で美しいフォルムです。文房具は美しいです。






DSC08285.jpg
赤被せの切り子の冠水瓶。お客様がお泊りになる時は必ず用意したいものです。

DSC08284.jpg
もちろん自分用にも。夏場は特に、寝ているときにちょっとのどが渇いても台所まで水を取りに行くのが面倒だったりしますが、枕元にこれを置いておけば安心です。








DSC08286.jpg
戦前の金魚鉢。

DSC08287.jpg
大正?戦前のガラスの場合、吹きガラスが多数を占めますので宙吹きでプ?っと吹いた後に断ち切った跡があります。底面のおへそ状のものです。一般的にはポンテ、ポンテ跡と呼びます。

DSC08288.jpg
現行品でも同じように宙吹きで作った場合にはポンテ跡がつくわけですが、ガラス自体の質が違いますのですぐにわかります。古いものには不純物、ごみのようなものや気泡が多く見られます。







DSC08289.jpg
東芝の電動ミキサー。

DSC08290.jpg
昨今ではシルバーメタリックないかにも舶来デザインですよ、といった風なミキサーが幅を利かせていますが、現在のどんくさいデザインの国内メーカーも以前にはこんなに格好良いものを作っていた事実。ぜひとも復刻を願う。







DSC08291.jpg
DURALEXの琥珀色コップ。

DSC08294.jpg
すべてデッドストックです。






DSC08295.jpg
戦前の精工舎掛け時計。

DSC08300.jpg
落ち着いた木調と美しく経年した金属製の文字盤。

DSC08301.jpg
振り子の細部まで凝った上質なつくり。

DSC08304.jpg
サイドからムーブメントが見えるガラス入り。とても上質で上品な時計です。大きな柱時計の重厚なボーンボーンという音とは違い、軽妙な高く澄んだこれまた上品な時打ちの音色が素晴らしいです。ぜひ店頭で聞いてみてください。

page top
商品入荷のお知らせ
以下昨日までに入荷分です。本日も新しく入荷商品あり。詳細はなるだけ早く…頑張ります。





DSC08201.jpg
ペーパーカッター。紙切り。自転車で回っている研ぎ屋さんに頼むと、指が落ちるほど研いでくれます。





DSC08203.jpg
爪楊枝立て。

DSC08204.jpg
生成りの部分を上下させることで、チューリップのように開閉します。爪楊枝にホコリが溜まるのが我慢ならない神経質な人向き。





DSC08212.jpg
籐の脱衣籠。タオル地や贅沢に小千谷縮などの涼しい布でクッションをこしらえて、中に敷くと夏用の猫ベッドにもなります。






DSC08213.jpg
うちわ。いよいよ山笠ですなぁ…。





DSC08214.jpg
団扇立て(うちわたて)。紙の団扇がすぐにボロになるのは、団扇立てを使わないからです。使ったら、ここに戻す。その辺に打ち捨てておかない。うちわひとつでも大事に使うのです。




DSC08215.jpg
EXPOタイピン、共産党バッチ、他いろいろ。




DSC08216.jpg
パプリカ、オアシス、ほかライターいろいろ。





DSC08217.jpg
カクテルシェーカー型ライター。

DSC08218.jpg
チビサイコロを仕込めます。賭博はダメよ。





DSC08219.jpg
石膏像、大きめ。





DSC08220.jpg
大人っぽい紫色のシェル型大皿、小皿。

DSC08221.jpg
三つ脚つき。






DSC08263.jpg
問題の?裸婦箸置き。

DSC08265.jpg
体はグラマラスだし顔もどちらかといえば美人だと思う。

DSC08224.jpg
頭の形状も不思議。スプーンレストとしても十分に役割を果たす大きさです。







DSC08227.jpg
トリさんの箸置き。

DSC08228.jpg
おなじみの白山陶器。






DSC08229.jpg
ボイルクッカー。電気ゆで卵製造器です。

DSC08231.jpg
4個いっぺんに作れます。

DSC08230.jpg
東芝製。ご所望の方にはオリジナルの箱付。デッドストックです。





DSC08238.jpg
ガラス小鉢。

DSC08239.jpg
きゅうりとわかめの酢の物なんかいいですね。





DSC08240.jpg
優雅な形状のミルクジャグ。






DSC08241.jpg
スタンプケース。判子入れ、なり。

DSC08242.jpg
皮のトランクなどと一緒ですが、右のポッチを右にスライドさせると開きます。閉じるときはスライドさせた状態で蓋を閉めます。こうした開閉にちょっとした決まりのあるものを無闇矢鱈に開けようとする人がたまにいますが、わからないときは素直に聞いてください。壊してからでは困ります。






DSC08244.jpg
グリコ手付コップ。

DSC08245.jpg
蛭子能収みたいで可愛らし。

DSC08246.jpg
厚手でホットチョコレートなど飲むのに良さそうです。





DSC08248.jpg
濃紺の革トランク。

DSC08249.jpg
真鍮の経年した色合いが素敵。





DSC08250.jpg
ポスト。

DSC08251.jpg
一見してポストとわかる容姿が簡潔で良いと思います。





DSC08253.jpg
斬新なデザインだが、絶対に使いづらいと思う双子の汁注ぎ。白山陶器製。






DSC08254.jpg
マルティグラス花瓶。ニュースで「そばにあった花瓶で頭を殴打され死亡」などと聞くと、必ずマルティグラスの花瓶を思い浮かべてしまうほどに、重厚。






DSC08255.jpg
大きなレモン色のティーポット。NITTOWって見かけないなと思ったら…

DSC08256.jpg
日東紅茶でした。







DSC08257.jpg
琺瑯ポットに黄色も追加。






DSC08258.jpg
電気湯沸かし。店舗や一人暮らしなどわけあってガスを引けないところでお茶を飲みたいときに大活躍です。ラーメンも食べられるしね。

DSC08259.jpg
ゼネラル製。






DSC08260.jpg
サイケデリック花柄盆。

DSC08261.jpg
メラミンです。





DSC08262.jpg
ステンレス製アルコール綿入れ。旅行時のアクセサリーケースやピルケース、簡易針箱としてなど様々に使えます。
page top
木製トランクと米軍つづら入荷
なんやかやと私事にて忙しくブログの更新を怠ってしまいまして相すみません。以下本日入荷の分の和洋箱もの3点です。そのほか小物類多数入荷しておりますが、続きはまた明日!




DSC08199.jpg
木製トランク。いわゆる、トランクテーブル。お部屋のインテリアとして取り入れるならば、かなりのインパクトです。ついつい入ってみたくなる大きさです。

DSC08200.jpg
鍵は2か所破損。

DSC08195.jpg
1ヶ所は生きてます。

DSC08198.jpg
中身も美品。

DSC08196.jpg
底も美しくてよ。

DSC08192.jpg
両サイドに持ち手がありますので、ふたりで持てばラクラク移動。






DSC08206.jpg
なぜか箱ものつづき。米軍つづら。払い下げ品でしょうか。

DSC08210.jpg
材質も塗装も鍵もすべて簡易な作りがアメリカらしい、と思うところです。しかし、武骨な飾らない格好良さといいますか、不思議な風格があるんですね。名もない人が焼いた古い陶器と共通した実用の美しさに近いのかもしれません。もはやアメリカ民芸。

DSC08211.jpg
中身。

DSC08208.jpg
アメリカと京都のコントラスト。






DSC08233.jpg
またもや木箱。今度は少し小ぶりなサイズでフレンチブルドッグがぎりぎり入るかどうか、という大きさです。

DSC08235.jpg
角も滑らか、寄木のようにむっちりぴったりした作りです。2色の木目の対比も美しく。

DSC08236.jpg
簡易カギ。

DSC08237.jpg
中身。美品です。










おまけ。

DSC08274.jpg
今日の朝、バスを待っているときに見かけた巣立ち間近の子ツバメさんたち。生命力にあふれていますな。鳥類は胸のフクフクしたところがたまらん愛らしさ。

page top
家具類入荷
梅雨らしい天気となりました。雨の合間を縫って仕上げた3点、本日入荷してます。


DSC08171.jpg
奥行きたっぷりの文机。引き出し4段付で収納力もあります。光量が少なくて真っ黒に見えますが、黒っぽい色目ながら木目のきれいながっしりした机です。

DSC08173.jpg
左サイド、脚部分に透かしの柄が入っています。










DSC08179.jpg
こちらも大きめなどっしりした開きの本棚。

DSC08180.jpg
観音開きの引き手。ガラスはモールガラスを入れています。

DSC08181.jpg
もともとガラスは透明が入っていましたが、本棚上部の細工部分と揃えてモールガラスに入れ替えています。開きの本棚としてはかなり珍しい大ぶりなタイプですが、ガラスの縦のラインが全体に入ることで大きさを感じさせないすっきりとした印象です。2段積みの食器棚やこうした大ぶりの本棚はショーケースと違い、見せる収納ではないので中身がある程度見えない加工ガラスのほうがお部屋のインテリアの邪魔にならないと思います。

DSC08184.jpg
中は棚板3枚の4段。

DSC08183.jpg
最下段に引き出しふたつ付。寸法は高さ130センチ、横幅88センチ、奥行き29センチ。








DSC08174.jpg
アルミのデスクライト。

DSC08175.jpg
全体に装飾が少なく単一のアルミ色なのですっきりしたデザインです。

DSC08177.jpg
どこやらのドライブスルーの看板に似てます。10ワット、20ワットくらいの薄ぼんやりした電球のほうが風情がありますな。パルコやら歩くと明るすぎて目がチカチカします。
page top
色付きプレスガラス入荷
夫婦共働きで忙しすぎるインド人が、晩御飯にレトルトのインドカレー食べてるって本当かしら…? いくら忙しくても食材を慈しみ丁寧に料理をする時間は確保したいと思っています。




以下本日入荷分です。

DSC08150.jpg
色付きのプレスガラス(板ガラス)に木枠を付けたものです。

DSC08152.jpg
昭和初期ごろまではこうした色付きのプレスガラスが作られていましたが、現在では国内での製造はないようです。当時と同じ工程を経て東南アジアで少量生産されています。

DSC08151.jpg
木枠は建具の職人によるものです。逆さにしたときにガラスがでてこないように枠に蓋までこしらえてあります。昨今の家具類にはここまできちんと作られたものはありませんね。まさに職人技です。





DSC08153.jpg
色違いでミドリも有り。

DSC08154.jpg
青も緑も濃い色目に見えますが、窓辺に置くと光を通して刻々と色の変化が楽しめます。







DSC08155.jpg
琺瑯の白いポット、2種。ビッグサイズです。




DSC08156.jpg
プレスガラス小鉢。

DSC08157.jpg
かなり厚みがあってズシリと重いです。






DSC08159.jpg
デザートグラス。プリンサイズです。わらびもちも涼しげでいいですね。作りたてをつるりと。

DSC08160.jpg
ステムが団子状になっていて持ちやすいのです。

DSC08164.jpg
同じく透明のデザートグラス。こちらは丸型。

個人的にはクロカンブッシュのように小さなシュークリームを円錐状に積み上げたい。クリームをパチパチにつめたシュークリームでね。そして、チョコレートソースをたーっぷりと。






DSC08161.jpg
マルティグラスの中鉢。

DSC08163.jpg
赤と青のコントラストが興奮を誘います。勝気な器。




DSC08166.jpg
白磁の水切り皿。

DSC08167.jpg
お刺身などを盛る時に砕いた氷をお皿に敷くことがあります。これを氷の下に敷いておくと溶けたときに刺身が水浸しにならずに済みます。より実用的に使うなら、石鹸置きやスポンジ置きに。




DSC08168.jpg
資生堂、花椿クラブのコットン入れ。

DSC08169.jpg
2段と蓋に分かれます。

DSC08170.jpg
竹をイメージしたということですが、色も質感もファイヤーキングのジェダイにそっくりです。
page top
レコードラック入荷
以下、本日入荷分です。




DSC08128.jpg
ガラスの入った片開き戸のレコードラック。

DSC08131.jpg
脚付で湿気をガード。扉の開閉もスムーズでストレス皆無。







DSC08122.jpg
小洒落た長テーブル。

DSC08123.jpg
幅狭めで小作りなところがいかにも日本製。戦前のものです。天板も木目麗しく。

DSC08124.jpg
すんなりと先窄まりの脚が上品です。お気に入りの花器をおいてお花を生けると映えそうです。






DSC08118.jpg
ねじねじの花瓶。

DSC08119.jpg
かなり大きいです。青が涼しげ。





DSC08127.jpg
大きいポット。

DSC08126.jpg
これは少し前から店頭にありますが、こういうのを好きな人っていうのがなかなか当店にはご縁がないようでして。昨日いらしたおばさま方がこれを見て喧々諤々、結局GRAY'S POTTERYが1500円なわけないわよ、ニセモノよ。といってお帰りになりました。ムハッ。


page top
時計2種入荷
今日も暑いですな。

夏になるといろんな人に「あんた、暑くないの?」といわれます。わたしが涼しい顔をして着物をきているから。そりゃ暑いんですよ。みなと同じです。けれど暑い時に、口に出して「暑い」と言わないことが一番の暑さ除けだと思っているので、暑いとはいいません。あげくには近所の魚屋のおばちゃんに「あんた!憎たらしかね!涼しい顔してから!」と言われます。



以下、本日入荷の時計2種。

DSC08113.jpg
一週間巻きのアイチ時計。一風変わった朴訥なつくりの時計です。奇をてらわないというか、実直な人が作ったのかと思わせる雰囲気があります。

DSC08114.jpg
AICHI表記も筆記体でやわらかな手作りの感じ。目立たないけどなんか気になる不思議な魅力のある時計です。











DSC08116.jpg
ガラスのカバーを被ったトランジスタ置時計。

DSC08117.jpg
ナショナル製。単一電池1個で動きます。短針がピッケルみたいになってて素敵。

page top
夏支度入荷
さすがに30度近くなると暑い、とつい口から出てしまいます。急にガラスの器を使いたくなりますね。八百屋さんにはすでにスイカも出始めましたし、そろそろ夏の準備をしようではありませんか。以下直近入荷分です。



DSC08036.jpg
クラシックな東芝の扇風機。SEW(芝浦製作所)です。

DSC08037.jpg
5月15日に入荷していた分よりガードの網目が細かい。安全性重視。

DSC08038.jpg
径の大きさと真鍮羽根のせいか、プラスチック羽根よりもキリッとした気合いの入った風が流れてきます。







DSC08097.jpg
二酸化炭素の排出ゼロ、究極の冷房器具。南部鉄風鈴。

DSC08098.jpg
鈴虫の鈴は、一番澄んだ高い音がします。たしかに鈴虫に似ている。

DSC08099.jpg
金魚は元気な音がします。

DSC08102.jpg
豪華に笠付。亥の目のハート付、ラブ風鈴。

DSC08103.jpg
サンヨーエアコン、健康。エアコンと風鈴をW使い。





DSC08111.jpg
昔ながらの竹製の団扇(うちわ)と団扇立て。

竹の団扇を使いなれていると、よく街頭で配っているプラスチックの団扇を使ったとき嘘みたいに暑苦しいと感じます。明らかに素材によって風が異なる。

DSC08110.jpg
これで扇ぐと何となく東南アジアの異国の風。







DSC08094.jpg
縁赤の氷コップ入荷。昭和初期ごろ。







DSC08039.jpg
薔薇の小鉢、ブルーも仲間入り。






DSC08040.jpg
そうめん鉢セット。そうめんって最近の若い人には人気がないようで。めんつゆをね、手作りすると新たなおいしさが発見できると思います。





DSC08041.jpg
鉱石の断面図のようなガラス皿。個人的にはクラッシュアイスを敷いた上によく冷やしたドリアンを乗せて食べたい。






DSC08042.jpg
涼しげな青のガラス中鉢。






DSC08044.jpg
紫のガラス小鉢。






DSC08096.jpg
冷たいビシソワーズ(ジャガイモのスープ)に如何でしょうか。





DSC08086.jpg
小ぶりのガラスシェード。

DSC08085.jpg
カットがキレイ。





DSC08087.jpg
三つ葉のクローバー型の大皿。淡いクリーミーな水色です。

DSC08088.jpg
東洋陶器のKOKURA WARE。昭和25年から30年ごろのものだと思われます。商標登録されていないだけあってあまり見かけない裏印です。





DSC08089.jpg
かわいいけれど投げやりな作りの温度計。

DSC08090.jpg
テリアがいますよ。





DSC08091.jpg
平和記念像の類かと思うほど不気味な人形。

DSC08093.jpg
後頭部の断面にファンシーな花柄の温度計入り。






DSC08106.jpg
銀色の杯。

DSC08107.jpg
脚がプラスチックでナショナル。





DSC08108.jpg
きらびやかな金銀の記念杯。

DSC08109.jpg
1975年の福岡ー岡山間の山陽新幹線開通記念。
page top
DATE: 2010/06/07(月)   CATEGORY: 雑文
「博多包丁」
今日はお休み。

柳橋連合市場のなかにあるマルキョウで大きなカツオを1匹買ったので、3枚にして刺身とたたきにして食べようとたくらみ。帰り道、清川に鍛冶屋さんがあるんですね。いつも見るだけだったけど、そうだ刺身包丁を買ってみようとおもいたち。

images.jpg
「博多包丁」と呼ばれる独特の形状の包丁で有名な大庭鍛冶工場へ。

DSC08045.jpg
店構えからして古いですが、今のご主人は3代目。大正時代からのご商売だそうです。今日は火が入っていませんが、コークスを焚いてこの竈で作るんですな。

DSC08049.jpg
やっとこもズラリ。やっとこはよく骨董市で売ってますが、如何に廃業する鍛冶屋さんが多いかということですね。神棚には確かに立派な神様がおわしました。

DSC08048.jpg
工業系マニアにはたまらんのでしょうな。

ここ数年若い男性がせっせと働いておりましたので、てっきり後継ぎさんがおられるのだと思って安心しておりましたら、鍛冶屋志願の稀有な若者が勉強に来ておられたそうで先年長崎に帰られたそうです。大庭利男さんご夫婦も少し寂しげでした。こうして日本の伝統技術が目の前でなくなっていくのを傍観している自分が情けなく張り倒したくなります。きちんとした技術と材料によって作られたものでないと経年したときに古道具としての価値あるものにはなりえません。このままではきっと日本の古道具屋が商うものがなくなってしまうでしょう。

日本の技術は労働基準法が制定されいわゆる丁稚奉公ができなくなってから衰退したと言われますが、長い修練を要する技術職は本当に風前の灯ですね。やはりNPO法人設立、国からの補助金、助成金を使った弟子育成しか道はないように思われます。


DSC08050.jpg
購入した刺身用の包丁は、これ。柳刃などとも呼ばれますね。わたしは手が小さいので小ぶりなタイプで1万4千円也。

DSC08051.jpg
四つ菱の刻印が素敵。

事前に電話で問い合わせれば、実際に包丁を作っている現場も見学可能だそうです。博多包丁は8000円くらいからあるようですので気になる方はどうぞ行ってみてください。素晴らしく柔和なご主人が出迎えてくださいます。



「大庭鍛冶工場」

住所  810?0005 福岡市中央区清川3丁目9-21
電話  092-531?5625
     日祝休み
page top
商品入荷のお知らせ
以下、直近入荷分です。



DSC08022.jpg
タカノのトランジスタ時計。

DSC08024.jpg
ティラミスもしくはコーヒー大福のような、こげ茶とキャメルとアイボリーの3配色が完璧においしそうです。







DSC08025.jpg
横長大理石置き時計。

DSC08026.jpg
大理石ですから、相応の重たさです。

DSC08028.jpg
SEIKOSHA表記は昭和35年以前のつくり。

DSC08027.jpg
昔の人は、よく自分の持ち物に名前を書いてましたね。記念に買ったものなどには購入した日の日付、何の記念なのか、贈り物なら差し上げた人の名前、ひとことメッセージなどが書いてあることが多いです。大理石にマジックで直書きする勇気がすごい。






DSC07983.jpg
ツヤツヤの黒、青緑、朱赤、椀3つ。

DSC07984.jpg
白山陶器。






DSC07990.jpg
以前にも同じものが入荷してましたが、土瓶と湯呑のセット。再入荷。

DSC07991.jpg
古いタイプの白山陶器銘。








DSC07993.jpg
切子の徳利、猪口セット。






DSC07992.jpg
夏の定番、柳宗理デザインの冷酒グラス。最近は300mlの小瓶の冷酒がいろいろ品揃えしてある酒屋も多くて楽しいですね。初夏の夕涼みに浴衣に着替えて一献、如何でしょうか?










DSC07994.jpg
お酒がダメな人にはこちらを。ノンアルコールカクテルの一種、ミルクセーキは如何でしょうか。昔はこのビッグサイズのシェーカーでミルクセーキを作って出していた喫茶店もあったようです。ちなみに材料は以下。

牛乳 120ml
砂糖   2tsp
鶏卵(全卵) 1個
バニラエッセンス  数滴
クラッシュド・アイス 適量

卵は白身も入れるので、このドロリとしたカラザが苦手な人も多いと思います。ですがミキサーでなくシェーカーで作ると、最後にグラスに注ぐ際にカラザがきちんとシェーカーの穴に引っかかってくれるんですね。またバニラエッセンスを入れないとただの卵牛乳になってしまうのでご注意ください。





DSC08021.jpg
ぶたさん蚊遣り、追加で入荷。左のは珍しく水色のぶたさんです。

蚊取り線香も昨今は自然は志向、除虫菊のみの成分で作られたものもありますね。我家では以前に夫がタイで人工的なジャスミンのような香りの蚊取り線香を買ってきたことがあります。玄関にスズメバチが入ってきたときに閉じ込めて焚きしめてみたんですが、30分ほどで見事に死んでました。どうやらむこうの蚊取り線香は強力で屋内で焚くとペットの犬や猫も死んでいるらしいという噂を小耳に。もちろん即廃棄。






DSC08029.jpg
再びドア入荷。昭和初期の玄関ドア。

DSC08030.jpg
中に金属が入っているのでかなり重たいしっかりした作りのドアです。覗き窓はプレーンな透明のガラスですが、気泡の入った風情あるガラスが入っています。(立てかけてある後ろのガラスが透けて見えますがドアのガラスは無地です)

DSC08031.jpg
とげぬき地蔵並にツルツルに摩耗している真鍮のノブ。鍵も2本付。現役の玄関ドアとしてお使いいただけます。サイズは175.5センチ×80.6センチです。古いドアは同じものがふたつとなく出会いものですから、これからお店を作るという方にもお勧めです。






DSC08032.jpg
墨流しのようなラベンダー色のガラス角鉢。





DSC08034.jpg
水色のシェル型大皿、2枚。

DSC08035.jpg
シェル型の中に小さなシェルが3つ。これは脚になってます。小技が利いてるね。





DSC07989.jpg
透明のガラス小鉢。





DSC07986.jpg
スモーキーなオレンジのガラス小鉢。

DSC07988.jpg
底面には薔薇。乙女仕様。
page top
商品入荷とお知らせ
まずはおしらせから。ご好評いただいております「てぬぐいまつり」は本日までとなっております。なお什器搬出のため本日の営業は午後7時までとさせていただきます。



以下、直近入荷分です。

DSC07958.jpg
蓋付のガラス瓶。姿かたちがお揃いで複数個入荷は珍しいです。

DSC07959.jpg
蓋がガラスなので見せる容器としての活躍度大です。手作りなのでひとつずつ大きさが微妙に異なります。数を生かしたディスプレイをすると映えることでしょう。

DSC07960.jpg
ぽっくりしたマイナスねじも愛らしいです。






DSC07964.jpg
はて、今日から6月。衣替えには涼しいですが、そろそろ夏の準備も。

DSC07965.jpg
鮮やかなブルーの羽が美しい東芝の扇風機、杜若(かきつばた)。






DSC07961.jpg
以前に入荷したオリエントスター、追加でもう一台入荷。

DSC07963.jpg
まるっきり同じではないのです。

DSC07962.jpg
オリエントスターの文字の上にSマークが入っています。そのほか脚の形、丸みなども若干異なります。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ