「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
続・御手富貴詳細
昨日から開催中の「てぬぐいまつり」、開催期間は6月1日(火)までに決定。見てやろうと思っている方はお早めにどうぞ。つづきまして、気になるてぬぐいのご紹介を。昨日すでに売れてしまったものも含みますのでどうぞご了承くださいませ。



DSC07842_20100529175856.jpg
こけしと手拭の相性の良さはお墨付き。

DSC07843_20100529175856.jpg
おしゃれ都々逸付。





DSC07846_20100529175856.jpg
こんぴらふねふね手拭。

DSC07847_20100529175855.jpg
オリーブ似(ポパイの)のモダーンこけしです。





DSC07858_20100529175855.jpg
たしかに那智は日本一のよいところ。

DSC07859_20100529175853.jpg
こけしどころでもある。




DSC07870.jpg
花巻の温泉てぬぐい。

DSC07871.jpg
わかりますか?生地が綿絽です。





DSC07876.jpg
お杉ぼっこ。なに?

DSC07877.jpg
十和田湖のつわぶき。




DSC07883.jpg
同じく十和田湖。結構刺激的な柄だ。

DSC07884.jpg
湖畔の乙女、にしては腰回りが充実していると思う。





DSC07860.jpg
のびやかな東京タワーみやげ。






DSC07863.jpg
素材からして他とは一線を画す、北海道旧土人風俗てぬぐい。

DSC07864.jpg
たまたま手に取った今月号の暮しの手帖に、弥生顔と縄文顔の特集が載ってて驚いた。わたし、間違いなくアイヌ人や琉球人と同じ縄文顔。




DSC07872.jpg
アイヌ舟唄。

DSC07873.jpg
クコラ アイアイ ダネボダシ。

DSC07874.jpg
イペルスイ ゴトンヌ   グトホ シッカス シツ フミアン アーソーラェー。




DSC07869.jpg
クマ出没。

DSC07868.jpg
やっぱり北海道、層雲峡温泉。



温泉地に、てぬぐいは欠かせませんものね。これ一枚あれば頭に乗せて、湯に浸かって、体を洗って、ちょいと隠して、体を拭いて、頭に巻いて。ちょっとその辺にかけておけばあれよあれよと言う間に乾きます。また次の湯へ。

DSC07910.jpg
見慣れた♨のマークも素晴らしいデザインに。



DSC07922.jpg
なまはげも一緒に。秋田の男鹿温泉。






温泉地と並んで多いのがお祭りにちなんだ手拭。だって踊ると汗をかくから、やはり必需品なのです。

DSC07916.jpg
同じアホなら踊らにゃソンソン。桃色の腰巻が色っぽいです。

DSC07908.jpg
阿波踊りならではのおどけた手拭です。

DSC07885.jpg
同じ踊りでも佐渡おけさになるとピンと張りつめた空気感が漂います。




DSC07866_20100529184133.jpg
この腰の落とし具合は、手練だ。

DSC07867.jpg
ソーラン節も唄えないと。大人のたしなみ。





DSC07889.jpg
老若男女が踊り狂う、犬も…

DSC07890.jpg
猫も。盆踊りの本質だ。






DSC07880.jpg
千昌夫じゃないよ、左千夫。伊藤 左千夫(いとう さちお)氏は元治元年生まれ大正2年没の歌人です。実はすごいひと。






DSC07886.jpg
ころころした奴ちゃん2人は、お菓子屋さんのてぬぐい。






DSC07903.jpg
なぜか店主のイチ押しは、このカルテックス。石油系。





DSC07911.jpg
この小さな布の世界でこんなに大きなお城が描けることがすごい。手拭には無限の可能性を感じます。今月号のクウネルにも手拭のアレンジが載ってましたね。







DSC07913_20100529184938.jpg
歌舞伎、だけど宝塚。

DSC07912.jpg
ザ、宝塚歌舞伎レビュー。






DSC07931.jpg
伊勢、志摩にはやっぱり伊勢エビ。




DSC07920.jpg
お伊勢参り、熊野詣ではバリエーション多く、ほかにもいろいろアリ。






DSC07891.jpg
ブーブーイロイロ。

DSC07892.jpg
日産だもの。





DSC07893.jpg
手拭ではないけれど番外編。

DSC07894.jpg
日産セドリック。

DSC07895.jpg
日産ジュニア。

DSC07896.jpg
日産トラック。

DSC07897.jpg
日産ブルーバード。






DSC07899.jpg
どっかで見たことある…

DSC07900.jpg
ほのぼの君の…

DSC07901.jpg
佃公彦氏のイラストレーションで…




DSC07902_20100530002922.jpg
三越制作のコラボ。超豪華。








DSC07923.jpg
素敵な夕涼みのふたり。

DSC07924.jpg
幸せな家族。孤食などという言葉が入りこむ隙はないようなむっちりした幸福感にあふれていてまぶしい。




明日5月31日(月)はお休みですよ。
page top
御手富貴詳細
今回の「てぬぐいまつり」、開催期間は未定です。せっかちな店主の気分次第で…なくなり次第終了。ほとんどの柄が1点限りなので狙ったものがある人はお早めにどうぞ。





以下、こけしが個人的に好きなものをご紹介しておきます。

DSC07813.jpg
一度広げたらもう2度と同じに畳む自信がない、半被てぬぐい。通天閣展望記念。吉原つなぎと市松格子がイッソ粋です。





DSC07819.jpg
とんでもなく手が込んでいるてぬぐい。

DSC07815.jpg
完全にてぬぐいの域を超えている。

DSC07817.jpg
上下を半分にして染め分けたものを蛇腹に折りたたむと、本のようになるのです。まるで絵草子をめくるように。

DSC07818.jpg
これだけ綺麗なもので手を拭うのは余程の覚悟が必要。






DSC07821.jpg
この2枚は本当に糸綴じがしてあるのです。

DSC07822.jpg
六甲登山節と洞爺湖サミット小唄。





DSC07829.jpg
お土産の定番。方言手拭。

DSC07830.jpg
番付スタイルで、大阪編。

DSC07831.jpg
無駄骨のことを「あほのさいく」って云うんですか?ほんとに?


DSC07832_20100529162009.jpg
おなじく方言手拭。大分編。ぶんごことば、です。

DSC07833_20100529162010.jpg
来てみてくれ、は「キチミチクリー」。たしかに云いますけれども文字にすると変ですな。


DSC07838.jpg
同じく長崎編。福岡も似たようなもんですが、「かたぐるま」を「ずっきゃんきゃん」とは言わないね。以前に南部九州の出身者の知人が肩車のことを「ズッコンバッコン」と言ったのに驚いた記憶がある。似た部分はあるかも。

DSC07840.jpg
現在では広く知られる「さるく」もある。

DSC07839.jpg
バンコ発見。やっぱりポルトガル語のbancoからきているだけあって、長崎の方言として定着。




DSC07824.jpg
そして観光地ものとしては質、量ともに日本一豊富かと思われる、京都シリーズ。

DSC07825.jpg
京都嵯峨の大覚寺の大沢池。





DSC07926.jpg
荘厳さに比例したように糊も一番パリパリに効いている。

DSC07927.jpg
薬師寺東塔。国宝ですから。



DSC07925.jpg
同じく薬師寺東塔の飛天、水煙天人。軽やかな感じがすてき。





DSC07932.jpg
古いものほど斬新ですね。龍安寺の石庭。有名な版画家、中川伊作画。





DSC07855.jpg
そして京都の一番のウリはやはり舞妓ちゃん。小林かいちを彷彿とさせます。

DSC07915.jpg
舞妓ちゃんその二。




DSC07853.jpg
そして忘れてはいけない大原女(おはらめ)ちゃん。大原の里から黒木や木工品などを頭に乗せて京都の町へ売りに来る女の子です。

DSC07914.jpg
大原女ちゃん、その二。

DSC07937.jpg
昔から女性はタフで働き者。





DSC07848.jpg
大文字山。何とも風情ある手拭です。




そのほか地方色満載のもの。

DSC07844.jpg
念願の当選祝いの配りものか。国会議事堂。





DSC07852.jpg
東洋一の西海橋。東洋一の…って最近あまり言わないね。

DSC07929.jpg
こっちも渦、巻いてます。鳴門、観潮記念。





DSC07849.jpg
向うの沖に黒船が見えるからには、駕籠でゆくのは…

DSC07850.jpg
「唐人お吉」、小唄にもあります。






DSC07878.jpg
なんだか大人っぽい雰囲気。

DSC07879.jpg
熱海温泉。






DSC07917.jpg
別府に名産の絞りがあるなんて知らなかった。

DSC07918.jpg
両端に絞り。洒落てます。




DSC07919.jpg
太宰府の梅もこんなに可愛らしい手拭になっているなんて、身近な素晴らしいデザインを見落としていることに気づく。





DSC07921.jpg
討ち入りてぬぐい。





DSC07934.jpg
江の島みやげ。

DSC07935.jpg
江の島夜曲付。やっぱり大人になったら○○小唄とか××節とかちょっとしたご当地ソングが唄えないとね。

ちなみにこの江の島てぬぐいは、木綿布でなく麻布です。幅も狭め。昨今のてぬぐいは全国的に均質な木綿布を使っていますが、昔はガーゼのような目の粗い木綿布や、麻布、そのほか個性的な布に染められていたので幅も長さもまちまちです。そして古いてぬぐいにつきものなのが、茶色っぽいシミ、変色。これは布についた糊の経年変化でおきたものがほとんどですが、洗濯を繰り返すとだんだんと薄くなってくるものも多いです。デッドストックならではなのでご容赦を。



てぬぐい紹介のつづきはのちほど…



page top
「てぬぐいまつり」開催中
本日より「てぬぐいまつり」開催してます。

しばらく肌寒い日が続きましたが、これからの季節に手放せない手拭いを一堂に集めてみました。全部で170枚くらいあるかな…。どれでも一枚300円也。お気に入りを見つけてください。


DSC07977_20100529144931.jpg
据わり込みO.K。奪い合いはダメ、よ。




平織りの木綿布で大きさが35×90センチほどの布を、「てぬぐい」と最近は言いますけれども、おおよそ現在の65歳くらいを境に「日本タオル」もしくはただの「タオル」と言う人もいます。夫の祖母の家ではタオルといえばすべて手拭いのことであり、タオル地のタオルは存在しなかったそうです。

一般的な用途として、タオル地のタオルと同じく体を拭いたりするものとしての機能はもちろんのこと、そのほか多種多様な用途のある「手拭い」ですが、存在自体は奈良時代までさかのぼるようです。ほんの30年くらい前までは、お店の宣伝として、観光地の宣伝としてごく当たり前に名前入りの手拭いを配る習慣がありましたが、コスト削減などと言うつまらないものを合言葉にして最近ではめったに見かけなくなりました。

DSC07982.jpg
お配りものの見本その一。

もはや何であるのかさえ分からない人も多いでしょう。

DSC07981.jpg
見本その二。

これならば読める。御手富貴。おてふき、です。

こうしたのし紙で包んでごあいさつ代わりに配る。何と素敵な習慣でしょう。ぜひとも復活させたいです。現在でもオリジナルの手拭いを染めてくれるところがいくつかありますね。浅草の「ゑりの高砂屋」とか。


現在では手拭いが撒かれるといえば歌舞伎の襲名か北島三郎のコンサートくらい?のものです。昔はもっと安価に作ることができたので、小さな個人商店やお稽古事で名取になったときの記念などにも普通の人が気軽に作っていたのでしょう。今回の「てぬぐいまつり」では個人商店ものから定番の温泉地もの、おみやげもの、参拝記念、など地域色豊かな古い手拭いを集めてみました。こういう些細な消耗品にも機械でなく人間の手作業による膨大な労力をつぎ込んだ日本人てやっぱり凄いな、と思わずにはおられません。


page top
ミシンテーブル入荷
以下、直近入荷分です。



DSC07949.jpg
ミシンテーブル入荷。

DSC07954.jpg
脚は定番のSINGERです。

DSC07951.jpg
両サイドに引き出し付。引き出しは古い足踏みミシンにオリジナルでついているモノですが、ミシンを動かした場合に引き出しが振動で飛び出したりしないように開け閉めが固くなるよう作られています。ですが通常のテーブルとして使う場合はすんなり引き出せたほうがよいのでひと工夫しています。

DSC07953.jpg
過日5月15日入荷分のミシンテーブルは引き出しなしとの注文品だったのでテーブルのみでしたが、引き出しはあったほうが見た目のバランスと使い勝手も含めバランスが良いと思います。

DSC07952.jpg
天板は極厚の3.5センチ、杉の古材です。テーブル横幅は約90センチです。


DSC07956.jpg
古い脚は当然錆びているわけですが、錆を落として再塗装します。その際にエンブレム部分など一部を再度研磨することで美しく自然な経年感を出します。のっぺり均一に塗ればいいってもんじゃないのよ。ファンデーションと一緒で。







DSC07945.jpg
そろそろ出番です。ブタの蚊遣り、3匹。

DSC07946.jpg
みな顔が違います。






DSC07948.jpg
メラミン合板のゴミ箱。






DSC07794.jpg
ちいちゃい竹の台。むかし、ポトスの鉢なんかを置いてましたね。よくスーパーマーケットのトポスと混同してました。






DSC07786.jpg
小さな一人用簡易岡持ち。こまごました身の回りの大事な物を入れて部屋を移動するときに非常に便利。






DSC07787.jpg
木製小箱、スタンプ台。






DSC07789.jpg
小さなブリキのバケツ。






DSC07795.jpg
ガラスピッチャー。よく見ると透明の袴を履いていて、ガラステーブルに置いてもガチャン!とならない細やかな配慮。





DSC07796.jpg
目に鮮やかなオレンジの琺瑯ポット。






DSC07797.jpg
これだけでも様になる大ぶりのガラス皿。





DSC07798.jpg
小さなツルツルのくり抜き盆。






DSC07941.jpg
三菱の3枚羽扇風機。

DSC07942.jpg
当時、三菱が自信を持って作ったであろうこの扇風機は今でも堂々と胸を張っているように見えます。赤い三つの菱が威光を放っている。

DSC07943.jpg
滑らかな肌で細部まで美しい。そんな扇風機のような女でありたいと思います。




お知らせ。

明日5月29日(土)から「てぬぐいまつり」開催。ご当地おもしろ手ぬぐい150枚超の品揃えでお待ちしております。おたのしみに。
page top
「盆景」
「父と盆栽」の組み合わせは不変なのでしょうかね?来月の父の日に盆栽を送りませんか?という広告も見かけます。昨今は若者にも盆栽ブームだとかで、火付け役は「マン盆栽」の家元、パラダイス山本氏だといわれています。誰が見ても楽しいのはいいことです。日本には昔から盆景など、小さな置物を配置して箱庭的に自分の世界を作って楽しむという楽しみ方はあったわけですから、古典ですね。




DSC07781.jpg
盆栽ひとつあるだけで、山を一つ所有しているかのような不思議な感覚にとらわれます。多分男性が盆栽を好むのはきっとこの所有欲の満たされる満足感のせいだとにらんでいる。

DSC07783.jpg
立派な家も建てられるし…


DSC07768.jpg
紅葉の向こうには鹿もくつろぐ。

DSC07766.jpg
岩の上には本物そっくりなカエルも鎮座まします。

盆栽に顔を近づけると、木のにおい、土のにおい、苔のにおい。いろんなにおいがして、まるで森林浴。特に苔のモフモフした触感は何ともいい難い心地よさ。霧吹きでたっぷり水分補給してあげると一層緑が濃くワサワサとふるえて喜んでいるようです。愛おしいよ、苔。






DSC07776.jpg
こちらは苔メインの苔盆栽。お題は「アユ釣り」で作ってみました。

DSC07775.jpg
人間との対比ではアマゾン川の巨大魚のような大きさになってしまいましたが、初夏の風情を楽しみたいと思います。







DSC07770.jpg
こちらの枝ぶりは20年ものか。お題は「説法」。


DSC07772.jpg
大きな木の下で亀とカエルたちを説き伏せる農夫、です。









DSC07777.jpg
やってみたくなったあなたへはこちらを。

DSC07778.jpg
アヒルもニワトリも鯉も

DSC07779.jpg
カニも家もお稲荷さんの祠も

DSC07780.jpg
鳥居も灯籠も橋も車も…好きなものを乗せて作って楽しんでください。何をどこに乗せようかと考える間は本当に無心。子どもに帰ったような心持です。もはや心の箱庭療法。日々に疲れたあなたにこそ遊んでほしい。


page top
商品入荷のお知らせ
雨雨。おいなりさんも潔く昼寝に徹しています。以下直近入荷分です。




DSC07699.jpg
壁付けの照明。趣ある玄関に。





DSC07700.jpg
鄙びた缶、各種。







DSC07729.jpg
キノコのこけし。





DSC07731.jpg
陶人形、3種。

DSC07732.jpg
真中の天使は、メイド・イン・オキュパイド・ジャパン。以前は、こうした人形の類を集めるひとは、裏の刻印などにこだわったものですが、昨今は「オレが気に入ったんでー、裏印とかどうでもイイッスー。」というような全く気にしない若者が多い。好きだから、気に入ったから買うという純粋さは清々しい。





DSC07733.jpg
東京タワー。こけしとの相性は抜群です。






DSC07735.jpg
小さな竹製のモガ人形。美人です。




DSC07739.jpg
洒落たサイドテーブル。

DSC07738.jpg
真中はガラス天板。





DSC07740.jpg
左はこけし付木製のペーパーナイフ。

DSC07741.jpg
一見こけし付でファンシーですが、本気で刺せばドスの代わりになるのではないかと言うほど鋭利です。





DSC07742.jpg
右は戦前の木製カスタネット。特許付。

DSC07743.jpg
細部までいい仕事してます。





DSC07744.jpg
大きく重いヤカン。
page top
「おさるまつり」
店主がよく言われるらしいです。「こんなもの売って生計が成り立つんですか?」って。働かず、家でゴロゴロしているわたしとニャンコを養うために夫は日々頑張っています。この世知辛く不景気な世の中、「こんなもの」を売って成り立っている店がひとつやふたつあってもいいじゃないの。ひゃひゃ、おもろ。


怒涛の、おサルたち入荷。

DSC07702.jpg
おさるトーテムポールとおさるこけし。おさるこけしは2等身を切ってるね。ドラえもんといい勝負だ。おさるトーテムポールはもちろんの「見ざる、言わざる、聞かざる」です。おさるの基本ですね。

ちなみに三猿(さんざる、さんえん)とは3匹の猿が両手でそれぞれ目、耳、口を隠している像のことで、三猿は世界的にもThree wise monkeys として知られ、「見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智を表し諭すものです。並びに厳格な決まりはないようで、現在は日光東照宮の三猿像の並び通りに「見ざる言わざる聞かざる」と発せられることが多いようです。

したがって以下、語呂よく「M.I.K」に統一させていただきます。



DSC07703.jpg
プラスチックの「M.I.K」。

DSC07704.jpg
ちゃんとお尻まで作られているところがニクイ。





DSC07705.jpg
テーマは「親子愛」だと思われる、心温まる土もののおさる親子。





DSC07706.jpg
今回の「おさるまつり」において、個人的にイチ押しの「フロッキーおサル」。賢そうな顔立ちと遠くを見つめるつぶらなおめめが抱きしめたいほど愛らしいです。






DSC07708.jpg
神経質そうなおさる置物。





DSC07709.jpg
首がビヨヨヨ、のおさる。






DSC07710.jpg
おさるといえば…日光、のごくベーシックな「M.I.K」。






DSC07711.jpg
杏仁から生まれた、サル太郎。





DSC07712.jpg
これはやっぱり…おさるのかご屋。爪楊枝立てに。

DSC07713.jpg
小さな小さなおサル付。





DSC07714.jpg
母子おさる、2組。やっぱり作った人に似ているのじゃないかと…思います。





DSC07715.jpg
フクロウみたいなおサル土鈴。ころころ鳴ります。





DSC07717.jpg
小粒でも重い、鋳物のおさる。




DSC07718.jpg
この2匹の会話の内容を想像して1時間は遊べます。表情豊かなおサル親子。






DSC07719.jpg
散らばりがちな輪ゴムをかけておくのに最適な、おサル3匹。






DSC07720.jpg
珍しく白いサルの「M.I.K」。

DSC07721.jpg
九谷焼。





DSC07722.jpg
色違いのちゃんちゃんこを着た、小さな小さな「M.I.K」。





DSC07724.jpg
現在の日本があるのは、「この小さな粘土をこんなに躍動感あふれるおサルに形作ることのできる指先の器用さ」のおかげだと思う。






DSC07725.jpg
何らかの実を食べようとしているカンガルーみたいなおサル。






DSC07726.jpg
たしかにおサルの並びに決まりはないようだ。これらは「K.M.I」





DSC07727.jpg
なぜか見ざるが2匹の、カラフルな4猿。

DSC07728.jpg
後ろから見てもカワイイです。





猿年の人も、そうでない人も…どうぞあなたのお気に入りの「おさる」を見つけてください。
page top
商品入荷のお知らせ
早くも梅雨の走りでしょうか。雨の日には顔のしわも目立たずしっとりして安堵するお年頃…


以下直近入荷分です。

DSC07689.jpg
ドア入荷。日本語では戸、扉です。分譲賃貸などマンションを買って、内装から思う存分自分のやりたいように改造したい!という方の需要があります。そのほかはお店とかね。入り口のドアはお店の顔ですからね、大事です。

DSC07690.jpg
ノブ。

DSC07693.jpg
一番上のガラスはモールガラスです。







DSC07685.jpg
丸ちゃぶ台に代わって、ツヤツヤの角座卓。

DSC07686.jpg
素材は杉なので、軽く扱いやすいです。脚も真っすぐで装飾なしなのでローテーブルとして洋間にも合います。





パフェグラス、各種。ゆったりした休日に、自分のために時間をかけておいしいおやつを作るのって贅沢だとおもいます。大人の楽しみ。

DSC07679.jpg
朝顔型。まずはオーソドックスなアイスクリームと生クリーム、チョコレートソースで。

DSC07682.jpg
円錐型。レアチーズにブルーベリーも捨てがたい。おしゃれ且つ上げ底なので、利潤追求のカフェにも。

DSC07683.jpg
コンポート型。やっぱりプリン、かな。プリン・ア・ラ・モードのプリンを手作りしてるお店って少ないと思いませんか?自宅で自分用にわざわざ作るのが贅沢の極みだと思います。生クリームもちゃんと乳脂肪40%以上の生乳からできてるもので。

DSC07681.jpg
大ぶりタイプには、コーヒーフロート。一般家庭でもアイスクリームディッシャーは買っておいて損はないはずです。カップアイスでも丸く掬えば見栄え良く。必ず、挽きたての豆で濃いめに入れたアイスコーヒーで。







DSC07672.jpg
マルティグラスの大鉢。



DSC07673.jpg
透明のガラスシュガーポット。




DSC07676.jpg
シルバーシリーズにトレイ追加。雲型。




DSC07677.jpg
青切子のグラス。

DSC07678.jpg
美しいグラスには浄化機能があるのかと思うほど、ただの水道水でもおいしく感じる不思議。
page top
「風呂敷&扇子」まつり
これからの季節に欠かせないお扇子。これを持っているか否かで外出時の安心感が違います。昨今は若い男女も所持率が上がってきているようで、よい傾向ですね。お値段も素材もピンからキリまであるお扇子。どんな扇子を持つかであなたのセンスも問われます。


DSC07674.jpg
さて問題です。これらの扇子に共通するものは何でしょう?

DSC07430.jpg
答え。NISSAN。

DSC07429.jpg
日産です。





DSC07438.jpg
のどかなドライブ、の扇子。

DSC07439.jpg
都会的なドライブ、の扇子。

DSC07440.jpg
みんなで海水浴、の扇子。

DSC07435.jpg
水彩画調の山々に車だけ写実的、の扇子。


DSC07432.jpg
森の中でピクニック、の扇子。

DSC07436.jpg
車に関係ない魚、の扇子。

DSC07434.jpg
と思わせておいて、ニッサン・ダットサン・オースチンの扇子。









そして、風呂敷。個人的にお扇子と風呂敷は外出時に忘れると不安になります。風呂敷は特に何でも使えてすごく便利。風呂敷を辞書で引いてみると、「風呂に入る時に衣類を包んでおき、湯から上がった時には足をぬぐうのに用いた布」とあります。これは銭湯が当たり前の時代には欠かせないものであったでしょうし、現在着物で銭湯に行くときも非常に役に立ちます。自分以外の人間が着物で銭湯に居るのを見かけたことはないけれどね。

また風呂敷頭巾、ふろしきぼっち(風呂敷帽子)などそのまま被ってしまうという野趣あふれる使い方から、進物用のお菓子などを包むなどオーソドックスな使い方まで幅広い用途をもつこの布を使わない手はありません。

DSC07675.jpg
おしゃれ風呂敷いろいろ。




DSC07399.jpg
サイケデリック風呂敷。



DSC07401.jpg
ピンクと白の市松柄が斬新な高島屋風呂敷。



DSC07404.jpg
現代ものと比べても遜色ないモダンデザインの綿風呂敷。

DSC07402.jpg
ピエールカルダンとのコラボで納得の伊勢丹風呂敷。



DSC07406.jpg
モダン絵画のような風呂敷。

DSC07405.jpg
伊勢丹オリジナル。




DSC07407.jpg
色合いがね、すごく洒落てます。

DSC07408.jpg
老舗デパートは各社こぞってオリジナル風呂敷を売ってた時代もあったのだけれど、どうやら伊勢丹は突出してこの手のデザインが得意らしい。三越なんかは重厚な鬼しぼの縮緬で柄も友禅でコテコテに和風です。しかしそれだけデパートに個性があったことが素晴らしいと思う。今は似たり寄ったりの商品構成でつまらない。




DSC07411.jpg
茶系の風呂敷、3種。

DSC07424.jpg
滑らかな光沢はデザインを選べばスカーフのようにも使えます。

今は風呂敷といえばナイロン製のものが大半だと思う。一見正絹のようでもタグを見るとナイロンのものも多い。個人的にはいかにもナイロン製のテロテロの質感も好きです。しっかり包むことを目的にするなら綿のものが一番ですが、特に大判のものは一枚あると非常に便利。とくに宅配で着物を送る時などは木綿の風呂敷で包むと中で滑らずに持ち運べるのでしわが格段に減ります。

DSC07419.jpg
風呂敷と言われないとわからないくらいに洒落たデザインのものもあります。

DSC07420.jpg
これは松葉と文字を意匠化した風呂敷。


DSC07415.jpg
ナイロンで古典的な松、の風呂敷。

DSC07414.jpg
でも日産。扇子と風呂敷を日産で揃えるのも一興かと。誰か気づいてくれるかしら?
page top
商品入荷のお知らせ
うちにはテレビがないのでどういった報道が行われているのか知りませんが、ラジオだけを情報源としたら宮崎の口蹄疫に関する情報はほとんど無いに等しいです。下記サイトで、正しい現状把握が一番宮崎県の支えになると思いました。現場の人の生の声を。

宮崎口蹄疫特設ページhttp://miyazakiust.com/kouteieki.html





以下、本日入荷分です。

DSC07636.jpg
明るい木色の丸ちゃぶ台。脚は折りたためません。






DSC07658.jpg
ミシンテーブル。注文品なのでこれに限って引き出し無しです。通常は引き出しがテーブルの天板に付属します。

DSC07659.jpg
脚はこげ茶のライラック。新しめのタイプですが色味とデザインがなかなか良い。天板は厚みのある一枚板の裁ち台を使っています。これが貧素な薄い板だと目も当てられません。たまに骨董市などで売ってあるのはもろ蓋が逆さまに載せてあったりしますけど、板がのってりゃ何でもいいという人もいるのでしょう。







DSC07637.jpg
洋銀(ようぎん)シリーズ。ポット、ミルクピッチャーなど。戦前のもので細部まで凝ったつくりです。優雅なお茶の時間を。洋銀とは、銅、亜鉛、ニッケルから構成される合金です。ジャーマンシルバー(german silver)、GSなどとも呼ばれます。






DSC07640.jpg
戦前の真鍮タイプの芝浦製作所(SEW)の扇風機。

DSC07641.jpg
磨き上げるのが趣味の人に。







DSC07643.jpg
印判の皿。

DSC07644.jpg
将棋が好きなお父さんにも。






DSC07645.jpg
味の素の瓶。味の素とハイミーの違い、知ってる? 






DSC07646.jpg
汁注ぎ(しるつぎ)、3種。醤油はかろうじて専用の醤油差しに入れたものの、そのほか食卓にのぼる調味料がペットボトルのままでは悲しいです。主婦の皆さん、ひとり暮らしの人も素敵な容器に移し替えましょう。些細なことですが、忙しくてつい出来合いの総菜を買ってしまった日にでも虚しくならなくて済みます。

DSC07647.jpg
たっぷり入る容器にはポン酢など。

DSC07648.jpg
Rを描く注ぎ口が個性的です。

DSC07649.jpg
印判。個人的には餃子のたれを入れたくなります。








DSC07651.jpg
上品な戦前の精工舎の掛け時計。10日巻きです。

DSC07653.jpg
文字盤が琺瑯。

DSC07655.jpg
両サイドにガラスがはめてあるのは、美しい機械部分、振り子が見えるように。毎度のことですが、戦前のものは贅沢に丁寧に作られているなぁと感じ入ります。何とも言えない気品高い時打ちの音色も素晴らしいです。部屋の空気を一変させる力のある時計です。






DSC07656_20100515162705.jpg
オカリナじゃないよ、花器だよ。





DSC07662_20100515155833.jpg
ノリタケの持ち手つき深皿。むっちり白いジョウヨ饅頭をこんもり盛っておやつに。桜坂の五島のがいいな。






DSC07663_20100515155833.jpg
1892年創業アメリカの老舗靴ブランドの FLORSHEIM (フローシャイム )製シューツリー。

DSC07664.jpg
最近では珍しくないけれど、昔から使ってた人は相当おしゃれな靴履いてたんだろうなと想像します。





DSC07666_20100515155832.jpg
茶碗。湯呑とお揃いで緑のラインが入っています。





DSC07669_20100515155831.jpg
フラワープリントコップ。





DSC07670.jpg
水玉グラス。






DSC07667.jpg
戦前の角型の目覚まし時計。

DSC07668.jpg
30分に1回、チンとなります。

DSC07665.jpg
裏面の小さな文字盤は目覚まし用。せわしなくけたたましい目覚まし時計です。
page top
DATE: 2010/05/14(金)   CATEGORY: 雑文
「牛母さん」
以前より当店のある平尾地区では外猫(そとねこ)さんたちがたくさんおります。食事の配布や健康管理や糞の始末や捕獲できる個体については避妊、去勢の手術をするなど外猫さんたちの健やかな生活を見守る活動をしている人たちが数名います。ちなみに昔ながらに野良猫ではなんだか印象が悪く、地域猫と言う呼び方が昨今では流行ですが、福岡市政だよりによると厳密には市が認めた地域猫は福岡市にはいないそうです。唐人町区域で取り組みがはじまっていますが、広く認知され猫嫌いなひとも外猫さんも共存できるモデルケースになってくれればいいなと思います。

DSC01427.jpg
平尾の牛母さん。「ぎゅうぼさん」ではなくて「うしかあさん」と呼んでください。

たまたまカメラを持っていたので激写。大きな包み込むような慈愛にあふれたまなざしの猫さんです。猫見守り活動をしているおばちゃんのうちのおひとりは、頻繁に当店に寄ってくださいます。そして「最近牛母さん見かけないけど元気?」と聞くと、「ああ、牛母さんだったら通りを2本向こうのところに移動してる」とか、「最近は近所の○○っていうお店が餌やりを始めたので××ちゃんのご飯は少なめにしている」などといった非常にコアな猫情報を提供してくれます。


外猫が幸せな生涯を送り、なおかつ個体数の自然減少に向けて地道な努力をしている人がいる、ということをなるだけたくさんの人に知ってもらうことで応援したいと思っています。ビバニャンコ!テゾーロニャンコ!
page top
DATE: 2010/05/10(月)   CATEGORY: 雑文
「ゆう子先生」
ブログには訪問してくれた人の足跡をたどる機能がついているわけであります。が、いはんや初めて「ゆう子さん」のブログを見たときの驚きをや。つい古語でしゃべりたくなるような雅な美しさに驚きました。


もう個人的に絶滅危惧種、重要文化財認定の美女です。


そしてその美女は、大阪市本町・靭公園近くの着付け&和マナー教室「結」をなさっているわけですが、もし私に子供がいたならば確実に通わせているところです。昨今は着付け教室なるものはいくらでもあります。けれどよくある着付け教室の広告って、なぜがあまり素敵でない先生とその生徒たちの古臭いきもの姿。着物を着る方法を学んだとしても素敵な着こなしや、美しく髪を結うことの大切さ、などは教えてもらえないんだろうなと思ってしまいます。


せっかく習うならば美しくセンスのよい先生に習うべきだと断言できます。お稽古ごとはすべてそうですが、結局は師匠の、先生の人間性がすべてです。目標とするにふさわしい先生を選ぶべきです。


「着付け教室に通って着物を着られるようになること」をとりあえずの目標にすることはいいことだと思いますが、おしゃれなワンピースと同じ感覚でパーティーに行くためだけに着たいというのであればそれはただの貸衣装になってしまいます。またアンティーク着物が好き!などという若い女性には独りよがりな着こなしをしている子もいて、見ているほうが困ることもあります。好きなものを着て何が悪いといわれるでしょうが、日本の美しさは単体が突出して目立つというよりもも、周りの景観になじんだ調和のとれた美しさを良しとします。美しく装うということは他人への思いやりであり優しさです。もうちょっと広い視野を持つことができれば、着物という衣文化を含めた日本独自の文化の素晴らしさを周りに、後世に伝える事ができるのではないかと思います。



また、ゆう子さんの素晴らしい点のひとつには視野が広いことがあげられます。和の文化、歴史に通じたうえでクラシックの洋楽、バレエ、はたまた宝塚までご趣味が広くていらっしゃる。美しく楽しいものには和洋の別なく飛び込める柔軟性というのが素晴らしいと思います。今後の日本を良い方向に導くことができるのは、頭の固い政治家などではなく、賢く明るく美しいゆう子さんのような日本女性たちだと信じています。



着付け&和マナー「結」の日記 http://yuikimono.blog9.fc2.com/
page top
商品追加
日中は暑いですな。猫はダラダラのブラブラです。


以下、本日追加で入荷分です。


DSC07612.jpg
4段の本立て。くさび式でないので揺れがありません。上端が斜めにカットされているだけでグンと洒落た雰囲気になりますね。飾棚、陳列棚としても良し。







DSC07614.jpg
以前にも入荷しました、クリスタル栗鼠(リス)。背がポッカリ空いているのでアクセサリーとか大事なカギとか入れられます。キラキラリス。






DSC07616.jpg
壺柄の皿。






DSC07618_20100508144314.jpg
長ーいミルクピッチャーのような形の容器。一輪差しに。








DSC07617.jpg
白いハトの置物。ハトの羽が一部分飛び出しているところが気が利いている。モクモクした雲柄の部分がツヤツヤでつい見とれてしまう、しわしわのわたし。








DSC07613.jpg
わざとらしく張り付いたような満面の笑みは中国製にちがいない、木製ブタの置物。メスには乳房がたくさん、オスには…ついているべきものがきちんとついています。ブタさんは韓国では金運をつかさどるもの、中国では幸福の縁起物だそうですから母の日のプレゼントに如何でしょうか?
page top
商品入荷のお知らせ
騒乱の?バンコクより店主帰還いたしまして今日から平常通り午後8時までの営業となっております。会社帰りにでもお立ち寄りくださいませ。


以下本日入荷分です。


DSC07582.jpg
傘立てのようなワインクーラーのようなブリキ缶、大小。





DSC07584.jpg
簡易な折りたたみ木製椅子。





DSC07586.jpg
南国の人の皿、大小。

DSC07587.jpg
こんなにアホらしい柄なのにノリタケ製。






DSC07589.jpg
おしゃれの基本、3色配色の厚手マグカップ。






DSC07590.jpg
メラミンの3色ロングカップ。対応しなくてもいいんじゃないかと思うけど、食器洗浄機対応型。






DSC07593.jpg
くろんぼこけしたち。こけしは心のオアシスです。






DSC07595.jpg
トリさんの形のホコリ取り。デッドストックです。しかも幸福の鳥。

DSC07596.jpg
今はどんなに高価な液晶テレビを買ってもこんなに可愛いノベルティはくれませんね。パソコン周りのホコリ取りにも最適です。







DSC07597.jpg
モダーン急須と湯呑のセット。たっぷりの急須はほうじ茶が合いますね。柳橋連合市場の江崎製茶園のほうじ茶には「だんご」とよばれる新芽の塊が入っているので2煎目、3煎目までえも言われぬ芳醇な香りがたのしめます。






DSC07599.jpg
限りなく無駄な装飾の台に乗ったお皿。






DSC07600.jpg
無印良品じゃないよ、のマグカップ。






DSC07602.jpg
おさかなのお皿。

DSC07603.jpg
見たことない魚です。教えてさかなくん。






DSC07604.jpg
木目を生かしてよく作ったな、とは思うけどそこはかとなく気味の悪い置物。






DSC07605.jpg
お尻の下も通気良い立派な椅子。






DSC07606.jpg
広く浅い琥珀色のガラスカップ&ソーサー。チョコレートムースなどをね、入れると趣が変わって楽しいと思う。




DSC07607.jpg
小ぶりの同じく琥珀色のガラスカップ&ソーサー。フランス製。






DSC07608.jpg
重箱に★。






DSC07609.jpg
JISマークのついた手動鉛筆削り。







DSC07611.jpg
ニワトリさんの栓抜き。くまなく赤さびに覆われているので触らないほうが賢明です。
page top
DATE: 2010/05/05(水)   CATEGORY: 雑文
猫バッジ
先日お客様にいただいた「猫バッジ」です。うちのおいなりさんと同じ白猫に赤い首輪だったので。

DSC07560.jpg
全長が3.5センチの小さなものなんですが、見れば見るほどよく出来ています。ただし下さった方によると、この猫の顔が、作った人の顔にうりふたつなんだそうです。

「おばちゃん顔の猫でしょー」って言ってましたけど、いやいやこんなに可愛い猫顔のおばちゃんならきっと可愛いんだと思います。イラストレーションでも人形にしろ作家に似てくるのは自然なことですね。作った人の魂がこもっているんでしょう、きっと。

DSC07561.jpg
裏面。

あんまり可愛いので何につけようか思案中です。
page top
DATE: 2010/05/04(火)   CATEGORY: 雑文
連休のおいなりさん
貴重なお休みに心ゆくまでお掃除お掃除。先日までは肌寒いくらいだったのに、急に暑くなって庭の温度計は29℃。わたくし、家の中ではすでに浴衣を解禁しました。広島では稲荷祭(とうかさん)が浴衣解禁の目安となるように、博多のごりょんさんはどんたくを境に袷から単衣に替える人が多いです。

そして毎年暑くなってきたら思うのが、ワンコやニャンコは年中毛皮で暑そうだな、と。
yrtytr.jpg
我家のおいなりさんはこの体たらくです。

jfgjf.jpg
ピーンと

8678.jpg
脚の具合がとても悩ましい。ネコの膝ってこんなにまっすぐ伸びるものなのね。といつも思う。しかしネコに膝があるのかどうかも疑問。


猫と連休満喫中。
page top
DATE: 2010/05/03(月)   CATEGORY: お知らせ
連休の営業日についてのお知らせ
今年は5月3日(月)から6日(木)までお休みをいただいております。




5月 1 2 3 4 5 6 



5月7日より午後2時より午後8時までの通常営業に戻ります。
連休明けにはオモシロ雑貨もろもろ入荷予定です。
みなさまも楽しい連休をお過ごしくださいませ。


page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ