「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
アラジン追加で入荷
しとしとと雨が降りますれば冷え込みは厳しくなくとも、何とはなしに底冷えがするものでございます。猫も小さく丸まって寝ています。




本日アラジンストーブ2台追加で入荷してます。

DSC05759.jpg
39型、アイボリー。

DSC05760.jpg
少々の傷はありますが美品に類するものです。

DSC05761.jpg
完全燃焼。芯は新品に交換済みです。





DSC05762.jpg
そしてもう一台、39型アイボリーですが、こちらは塗装に多数錆ありです。

DSC05763.jpg
天板もこの通り。

DSC05764.jpg
こちらは芯が半分ほど消耗してますが問題なく燃焼しますので現状のままです。きちんと使えばあと2シーズンは使えますので価格重視の方に。価格は7000円です。外見にはこだわらない、屋外やガレージで使いたい、暖まりさえすればよい・・・という方にはおすすめです。







おまけで本日入荷分です。

DSC05757.jpg
ガラスの醤油差し。

DSC05758.jpg
みどりのガラス蓋が、えも言われぬ美しさ。宝石のようです。





DSC05756.jpg
調味料入れ。4種カスター。

DSC05754.jpg
同じく5種カスター。


知人の家で食事をごちそうになる時、なにげなく差し出された醤油差しなどがとても美しく洒落ていることがあります。こういう場合差し出した人は必ず美人です。間違っても、醤油の小さなペットボトルそのままとか100均で買ったとおぼしき液ダレのするプラスチック醤油差しなどではありません。美しい人は詰め替える手間や納得いくものを買う手間を惜しまないのですね。逆を言えば、細部まで妥協しないからその人自身も美しいのだ、と当然の話。ぜひとも美人や美人を目指す女子は美しい醤油差しを使って、ね。
page top
トランジスタ兄弟とアラジン入荷
きのうお知らせしておりましたトランジスタ時計2台、以下詳細です。

DSC05752.jpg
振り子部分が板チョコのように升目になっているモダントランジスタ時計。前部分がヨモギ色、後ろ部分があおみどり色。


DSC05753.jpg
そして色違いの、前部分がアイボリーで後ろ部分がチョコレート色。

DSC05721.jpg
文字盤は同じフォントです。スタイリッシュでモダンですね。この配色センスのよさは素晴らしい。どちらか一つなんて選べませんね。





DSC05749.jpg
そして久々にグリーンのアラジン2台。共に39型ですが、片方はガード付き。

DSC05743.jpg
こちらは左のガードなし。天板に少々のキズあり。

DSC05744.jpg
右のガード付き。こちらはピカピカ美品です。

DSC05750.jpg
共に分解清掃芯は新品に交換済みです。

DSC05751.jpg
小さなお子様、ペットのいる方はガード付きのほうが安心感がありますね。ガード付きのほうには芯クリーナーも付属します。これがあればシーズンオフのお掃除も万全です。


みなさまのニーズとご予算に合わせていろいろご用意しております。あなたのご都合にピッタリの一台をどうぞ。
page top
商品入荷のお知らせ
お天気は良いけれど風が強く寒い一日です。ブログを書く間も手がかじかむのでストーブが手放せません。とりいそぎ以下本日入荷分です。



DSC05726_20100129140556.jpg
小引き出し。7段です。






DSC05723.jpg
明るい黄色の木目の文机。

DSC05724.jpg
大きさも引き手の金具も非常にノーマルなタイプです。




DSC05731.jpg
まん丸のスタンドミラー。





DSC05729.jpg
再び本立て。





DSC05732.jpg
大きな大きな座卓。サイズは横幅115.5センチ、奥行き89.5センチ、高さ31センチ。

DSC05733.jpg
これだけ大きければ、広いスペースを必要とする作業が快適にできます。スクラップ、書道、和裁、そろそろ確定申告も・・・

DSC05734.jpg
脚部分は、赤みの強い茶色。やはり太くて短い脚は支えてくれる安心感が違います。ああ、わたしの足も安心だわ。

DSC05736.jpg
サイドは吉祥の雲取文様になっていてなんだか嬉しい座卓です。

追伸 この座卓、鋳物の和釘が使われてます。古いですね。現在では伊勢神宮などの有名寺社仏閣に使われるくらいですから希少なものですね。雲取文様がついているのも納得。




DSC05738.jpg
アルミのピンチ。

DSC05740.jpg
木製のピンチ。




姿のよいトランジスタ時計2台も入荷してます。詳細はのちほど。
page top
DATE: 2010/01/28(木)   CATEGORY: 雑文
針供養
毎日の家事労働に着物で立ち向かうと、あちこちに出てくるホツレやホコロビやスリキレなどと向き合わねばなりません。いままでは小学生のころに培った拙い裁縫の技術を駆使してがんばってきましたが、やはり着物の構造や独特の縫い方など、本を見ただけではどうしてもわからないところがあり一念発起して去年から和裁を習い始めました。

先日初めての針供養神事に参加。

DSC05711.jpg
長年通っておられる諸先輩方はご自分で縫った着物をお召しになって。いつかはわたしも家の中で着るものは自分で縫えるようになりたいものである。

DSC05716.jpg
何度かテレビ等で目にしたことはあれども、自分で豆腐に針を刺すのは初めての体験で初めての感触。当たり前ながらやわらかい。針さん、折れるまで働いてくれてどうもありがとう。そして和やかな懇親会の中で、とある先輩に以下のような話を聞きました。

「人から預かった着物とか縫う時は根を詰めて何時間も夜中まで縫うことも多くて、自宅で縫う時は居間で縫うから、たまに夫がいつも運動するマットの上に針が落ちてたりして、ハッと思って急いで取るけど、今まで一度も刺さったりとか怪我がないのはやっぱり針供養してるからだと思う」

一般的にこういう場合は自分の不注意で針を落としてしまった、で片づけてしまうところですが、神様のおかげで守られているのだという自分の身辺のものへの感謝の気持ちを持てることが素晴らしいとおもう。ともすると自分の力だけで生きているように錯覚しがちな私共が他への感謝の気持ちを培うという意味で日本のやおろずの神様は存在意義があるのだなぁと、いたく感心いたしました。




ああ、針の神様。こけしも早くまっすぐ運針できるようになりますように。
page top
商品入荷のお知らせ
直近入荷分です。

DSC05686.jpg
いまでも売ってる秋田木工スタッキングスツール

DSC05685.jpg
モスグリーンのモケット生地に張り替え済みです。



DSC05684.jpg
1955年から剣持勇氏デザインで販売されておりロングセラーですね。現在はいろいろな生地を選んで張ることもできるようになっているようですが、昔は朱赤の合成皮革が張ってありちっともお洒落な椅子ではなかったですね。たまに知人宅で数十年使われている座面も破れてボロボロのこれ、を「秋田木工スタッキングスツールだね」と指摘すると目を丸くして驚かれることがあります。現行品のお洒落なスツールと、自宅の所帯じみたスツールが結びつかないのですね。確かに同じ形だ!と急に大事にしたりする現金な人・・・灯台もと暗し、慣れとはおそろしい。







DSC05681.jpg
アイスブルーが清々しいデスクライト。こげ茶色の木家具にとても合う色合いです。大きなポッチがスイッチです。





DSC05661.jpg
シンプル本立て。





DSC05664.jpg
可愛く色っぽいうさぎちゃんたち。





DSC05675.jpg
小さなこげ茶の琺瑯ポット。

DSC05676.jpg
デッドストックです。




DSC05677.jpg
普通サイズの白い琺瑯ポット。

DSC05678.jpg
こっちも中身は美品です。
page top
DATE: 2010/01/25(月)   CATEGORY: 雑文
きものでつぶやく
普段に着物をお召しになる方がめっきり少なくなって、わたくしが街をあるいておりましても「きもの姿」ということでお声をかけていただくことも多くあります。「きものはいいですね」とか「似合ってるわよ」などというのはごく一般的なほめ言葉だとおもうのですが、共通しているのは声をかけてくださる方がみな一様にニコニコとうれしそうであるということ。

わたくし趣味で小唄をやっておりますが、小唄をたしなむ方というのは割に年配の女性が多く、やはりみなさま膝やら腰やらに問題が出てくるお年ごろ。体が思うようにならず、着物をお召しになれないという方も多くいらっしゃいます。そんなお姉さんに言われたひとことが「わたしね、きものを来ている若い人を見るだけでも幸せになるの」ということば。聞いてみるとそのほかのお姉さん方も街中で美しくきものを着こなした女性を見ると同じく幸せになると仰います。

たとえば、これを洋服に当てはめてみて考えると、ものすごく素敵に洋服を着こなしているおしゃれな女性、というのを見て、「素敵だな」「おしゃれだな」と思うことはあっても、「ああ、幸せ」と感じることがあるだろうか?と思ったのです。きれいなお召し物を着て、うれしく楽しいのは着物も洋服も同じだと思いますが、見るだけで他人を幸せな気持ちにさせるきもののチカラはすごいなと改めて感じ入ってしまいました。日本人のDNAに刻み込まれたきものに対する思いはアツい・・・
page top
ニッセンフリージア入荷
ストーブの灯った暖かなお部屋で猫の寝顔を見ながら繕いものをするひととき・・・に幸せを感じます。冬の幸福。




DSC05673.jpg
ニッセンフリージア、入荷してます。ピカピカですが・・・昭和53年発売の初期型モデルです。一昨年復刻版が150台限定で発売されましたが、これはオリジナルです。

DSC05672.jpg
現行品との違いはズバリ、ホヤ。ホヤに波がない。つるりとしたガラスホヤです。


gazou 7572
ちなみにこちらは現行のフリージア。ホヤ上部に段々が付いています。




DSC05670.jpg
そして初期型の点灯時。直接見つめるとまぶしいですが、ホヤがガラスであることの魅力はこちらのほうが勝ります。復刻版でなくオリジナルでこの状態の良さはなかなかありません。ぜひ明かりを消したお部屋で、洋酒のグラスを傾けながらこの魅力を体感していただきたいです。
page top
ニッセン茶タンク入荷
ちょっと暖かくなったかと思ったら、また真冬に逆戻り。今朝は寒いですね。先日お知らせしておりました、ニッセンの石油ストーブ。入荷してます。



DSC05611.jpg
人気の茶色タンクです。赤も可愛らしいのですが、日本のお部屋になじみやすいのは茶色のほうですね。お部屋を広く見せたい人や木目の家具との調和を重んじる人にはおすすめです。

DSC05612.jpg
全体に傷等少なく美品です。


ハイカロリーハイパワーで他の追随を許さぬ暖かさ。部屋がひろくてストーブ1台では寒いという方でもこれなら安心です。
page top
パーフェクション入荷のおしらせ
本日は、朝の気温が今日の最高気温なのではないでしょうか。時間がたつにつれて寒いですね。うちのおいなりさんは、寒くなってくると火の付いていないストーブに寄り添うように座っています。それを見ると何となく可哀そうでついストーブをつけてしまいます。



久々に、茶色のパーフェクションストーブ入荷してます。

DSC05605.jpg
状態良好。

DSC05606.jpg
天板に2か所ほど琺瑯のはがれがありますが、上々。美品です。

DSC05607.jpg
タンクを取り外して給油できますので、おうちの2階で使うにはとても便利。アラジンの場合は灯油タンクを持ってくるか、ストーブ本体を持ってくるかの選択しかないですから。

DSC05609.jpg
点灯時。最近はブルーファイアーやルフトなど変わり種ばかり目にしていたせいか、久々にプレーンなパーフェクションを見るとやはりホッとしますね。








DSC05601.jpg
そしてアラジンの39型アイボリーもさらに追加で入荷してます。

DSC05602.jpg
美品です。

DSC05603.jpg
↑のパーフェクションの難点は正常炎の視認の難しさにありますが、その点アラジンのブルーフレームは非常にわかりやすく、煤の心配も全くと言っていいほどしなくてよいので楽です。






今週末にはニッセンの大型タイプも入荷予定です。
page top
DATE: 2010/01/19(火)   CATEGORY: 雑文
「花と兵隊」
現在KBCシネマにて絶賛上映中の映画「花と兵隊」、もうご覧になりましたでしょうか?

戦争とは何であるか?という問いに、百人百様のこたえがあるということ。学校で一律に先生から学んだ知識しかない自分にとっては当たり前のことが本当はわかっていないのだと痛感させられました。人間の営みというものはこんなにもきらきらとまぶしくうつくしいものであったかと瞠目。


一週間限定の上映なので今週の22日金曜日までの上映となっております。なぜゆえに1週間なのか、それはこのような映画だと人が入らないからですね。初日の監督舞台あいさつの日は予想外に立ち見座り見が出るほどでしたが、たくさん人が入るのならば上映期間も延ばすことができるはずです。できるだけたくさんの人がこの映画をご覧くださいますように。願いを込めて。

「花と兵隊」公式HP
page top
商品入荷のお知らせ
お天気も良く、お出かけ日和。もしくはお洗濯日和。デパートなどのセールもいよいよ最終段階のようですね。ちなみにわたくしはセールは好きではありません。明らかに売れ残りの処分といった感が否めないところが。今時期に洋服店に入って見ていると、あ、カワイイなと思ったら春夏の新商品でセール対象外ということありませんか?何でもそうですが、お買い物はセールになっているから買うのではなくて、好きだから欲しいから買うのがいいと思います。


さて、いろいろもろもろ入荷してます。

DSC05555.jpg
めおとはにわ。ひらがなだとなんだかよくわからない夫婦埴輪。

妻 「あなた、この壺にあのスズメバチの大きな巣からはちみつをとってきて頂戴」
夫 「ああ、子どもたちのために行ってくるよ。がんばるぞー!」

といった雰囲気です。






DSC05560.jpg
陶器のカップ&ソーサー。と砂糖壺。


DSC05562.jpg
落ち着いたグリーンにブドウ柄です。




DSC05559.jpg
ホースの白い馬って今でも教科書にのっているのでしょうか。






DSC05564.jpg
鉄製女体。

DSC05565.jpg
とんがったおっぱいでなく、ふくよかな下腹に色気を感じるようになると男も一人前だとおもう。







DSC05566.jpg
船長室にある操舵輪?に似た鏡。





DSC05567.jpg
トランシット。測量機?

DSC05569.jpg
たまにこういう測量用の機械類が入ってきますが、買っていくのは必ず若い男子。男心をくすぐるのでしょうか?





DSC05570.jpg
ノーマルなバニラアイスにほんのちょっとだけカラメルソースをかけて食べたい!などの急な欲求にもすぐこたえられる便利な銅カップ。鍋を汚さずともカラメルがすぐできます。たくさん買って余ったパセリやハーブ類を銅カップに水を入れて差しておけば腐りにくいし、キッチンで使うのに非常に勝手がよいです。






DSC05571.jpg
モダン塗物の菓子器セット。

DSC05572.jpg
おまんじゅうもいいですが、たまには練りきりなど季節の生菓子も。






DSC05573.jpg
薔薇の柄のガラス皿。





DSC05579_20100117150045.jpg
よくあるアンバー色のDURALEXのカップ&ソーサーですが、ドゥミ用の小さなタイプです。





DSC05578.jpg
小さな顕微鏡。





DSC05582_20100117150045.jpg
重たいサカナ。

DSC05583.jpg
何という名前の魚なのでしょうか。





DSC05584.jpg
たまに、これは何ですか?と聞かれてもよくわからないものも売ってます。





DSC05585.jpg
カラフルなノベルティーマッチ。

DSC05586.jpg
なんだかお洒落。





DSC05587.jpg
小さなマッチ箱サイズのクレヨン。こんなに小さいのに12色入り。クレヨンとパッケージの海水浴の絵柄の関連性が全く見えない中国製。





DSC05590.jpg
古い外国マッチ。
page top
アラジン追加で入荷
寒気が去って日中の気温もだいぶ高くなりましたが、夕方になるとしんしんと寒いですね。灯油の買い足しもまだ必要になりそうです。



DSC05552.jpg
アイボリーのアラジン39型入荷してます。

DSC05553.jpg
少し天板に錆があるものの、先日入荷分よりも状態は良いです。

DSC05554.jpg
アラジンの39型とひとくちにいっても1978年ごろに作られたものから現行品まで年式は様々です。当店では製造年や型番ではなく、その個体の使用頻度と塗装の状態によって価格設定を行っております。ご予算にあわせてどうぞ。
page top
桐箪笥入荷
DSC05544.jpg
小さな桐のタンス入荷してます。しかも総桐。ひとくちに桐箪笥といっても、表面や側面が桐製で引き出しの中や背面が杉板で作られているものも多いです。一般的に桐箪笥は防虫剤がいらないといいますが、一部分でも桐以外の素材が入っている箪笥には防虫剤が必要です。そしてもちろん総桐のものなら防虫剤は必要ありません。

DSC05540.jpg
着物はとても入らない小さなサイズですのであちこちに散らばりがちな小物類をまとめて入れるのにちょうど良さそうです。


DSC05542.jpg
上段の開き戸のつまみ。


DSC05541.jpg
引き出しの取っ手。

当店では通常、こうしたいかにも和風な家具は取り扱っておりませんが、これは(後付けでなくオリジナルで)つまみや取っ手が不思議なほど洋風でモダンなものがつけてありますので面白いと思います。

さあ!着物を着ようという時にきものと帯の組み合わせはすぐに決められても、意外と迷ってしまうのが、帯揚げ、帯締めの2点です。実際にきものと帯に乗せて考えるのが一番楽なので、この2種類を近しい場所に収納していれば、その作業が簡単にできます。あまり小物の数を持たない人は、この引き出し一段いっぱいにいろいろな色の帯揚げをグラデーションに並べるのだ!という野望がむくむくとわいてくるでしょう。逆にたくさん持ち過ぎている人でも意外といつも使うのは同じ色ばかりということもありますので潔く、ここに収納できるだけのものを厳選して持つのだと思うと色選びにも気合が入ります。

お気に入りの紙箱などに収納するのもよいですが、女ですもの、いつかは桐箪笥。いかがでしょうか?


page top
DATE: 2010/01/14(木)   CATEGORY: お知らせ
DOLMYのストップウォッチの件
1月13日にメールにてお問い合わせをいただいておりましたさかもと様、記載されておりますメールアドレスには返信ができませんでしたのでこちらよりお答えいたします。

お尋ねの商品はすでに売れておりまして在庫がございません。またブログ上にも記載しておりますが、当店では通信販売は行っておりませんのでどうぞご了承くださいませ。
page top
DATE: 2010/01/14(木)   CATEGORY: 雑文
おちちあめ
DSC05535.jpg
は?これはおいなりさんのおちちです。毛深くてどこが何やらわかりませんが・・・ちなみにおいなりさんは八つ乳です。ネコには六つ乳猫と八つ乳猫がいるそうです。同じネコでも違うのですね。不思議。


DSC05539.jpg
そして今朝のおめざはおちちあめ。お客様からのいただきものです。なんて幸せなネーミングなのかしらとうっとりしてしまいました。わたくし子どもには縁がないのでまったく存じ上げませんでしたが宮崎の鵜戸神宮名物なんですね。お味も懐かしのオブラートにつつまれたほんのり甘いミルク味、堪能させていただきました。ごちそうさまでした。
page top
アラジン追加で入荷
DSC05549.jpg
今朝起きたら、外は吹雪。積雪は約5センチほどでしょうか。関東方面から転勤などで福岡へお越しになった方は、九州は全域が南国だと勘違いしている方も多く、東京とほぼ変わらない寒さに驚くことも珍しくないようです。

早朝のお散歩を日課としているおいなりさんですが今朝は3時半におでかけして30分で帰宅、寒かったろうと背中をさすると約3ミリの積雪。ネコにも積雪。寒いのです。





DSC05533.jpg
1月9日に入荷していたアラジンストーブは翌日売れてしまいましたが、もう一台追加で入荷してます。

DSC05534.jpg
天板右上に琺瑯のはがれがあります。そのほか目立った傷はありませんがこれも程度でいえば中の中。寒いですから、今日買って今日使いたい人にも。
page top
芯の交換は自分でできますか?
暖房はエアコンやオイルヒーターなどを使って育った世代の方たち、何となく雰囲気がいいので石油ストーブを使い始めてみたものの・・・???となることも多々あるようです。


一番多いのは「燃焼炎が変なんです」という質問。アラジンの場合はきれいなブルーの炎でなくなってきた、というのが多いです。これはまず芯回りのお掃除をさぼっていないかどうか。胸に手を当てて考えてみてください。そういえば忘れてた、面倒だからやってないなど・・・芯の周りの小さな穴にびっしりホコリが詰まっていれば正常な燃焼は妨げられますのでこれはお掃除をすることで改善されます。芯をめいっぱい出していてもオレンジの炎になる時は芯の消耗による交換時期です。

そこで次の疑問は「芯は自分で交換できますか?」ということ。結果からいえば基本的構造がわかっていて手先の器用な人なら初めてでも説明書を見ながら交換することができるでしょう。機械の組み立てや説明書を読んでもなんだかよくわからないというタイプの人ははっきり申しまして無理です。当店のお客様でも自分でできますということでしたが、数日後にやっぱり交換しても変なんですと言ってストーブをお持ちになる方がいらっしゃいます。

アラジンをお使いの方の場合→芯を新しくしたにもかかわらず燃焼炎がオレンジということでしたが、芯を取り外す際に部品の一部を芯とともに捨ててしまっていました。新しい芯をただのせただけでは使えません。必要部品を取り寄せ再度装着して一件落着。

パーフェクションをお使いの方の場合→芯を新しくしたにもかかわらず煤が出るということでしたが、芯を逆さまに装着していました。もちろんこれでは正常燃焼しません。正しく装着しなおして一件落着。



以上は一例ですが、これくらいできると思っていても間違ってしまうことがあります。不安な方はやはり専門の石油機器技術管理士がいるお店でお願いしたほうが確実です。そしてできれば定期的なメンテナンスをお願いできるお店で購入しましょう。
page top
DATE: 2010/01/11(月)   CATEGORY: お知らせ
福岡モン
DSC05485.jpg

おしらせです。「福岡モン」という雑誌の2010年1月号に大正昭和レトロ特集でほんのちょっと当店のことも紹介されてます。ちなみにこけしは「リセット」を愛読してます。天野周一氏には福岡のいい男をもっと増産してほしいと期待しています。
page top
商品入荷のお知らせ
DSC05491.jpg
ガラスケース入荷してます。

DSC05470.jpg
脚なしです。棚板3枚の4段です。ガラスの厚みもあり、棚受けもしっかりした作りですので割に重たいものでも乗せられます。






DSC05486.jpg
マルティグラスの大鉢。これだけの重さ、大きさ、派手さがあれば用途を限定せずにただもうこれだけで圧倒的な存在感。





DSC05487.jpg
モダン花生け。これも花を生けるだけでなく、マガジンラックとして新聞を丸めて入れても、ちょっとしたパーティーで右にフルボトル、左にアイスヴァインなどの細身のワインボトルを入れても。
page top
石油ストーブ2種入荷
お待ちかね、ストーブ入荷してます。



DSC05493.jpg
アラジン39型のアイボリー。

DSC05494.jpg
磨き上げてますが、それなりに琺瑯に傷、錆あり。程度でいえば中の中。






DSC05488.jpg
今季2台目のブルーファイアー

DSC05489.jpg
オリジナルの天板はかなり傷みがあるのでアラジンのアイボリーの天板を乗せてます。筒の色とほぼ同じなので違和感なく。作りもアラジンをベースにしてあるので適合します。

DSC05490.jpg
暖かさもアラジンとほぼ同等クラスですが、構造が似ている分だけ芯の周りのメンテナンスは頻繁に必要になります。アラジンよりも勝っている点を挙げるとするならば、点火時に筒を倒して開けなくてもいいということでしょう。持ち手を手前に下ろすと同時に筒が上にスライドしますので、芯を繰り出して点火します。両手を使って点火できるようにしたところが細やかな日本製らしい配慮です。

あとはもちろん配色のよさ。ピンクのストーブなんて現行品じゃどこを探しても見つかりませんからね。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ