「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
備えあれば患えなし
明日から11月とは思えない暑さですね。天気予報では明日から天気が崩れて急に寒くなると言ってましたが、この暑さではストーブなど見るのも嫌になります。しかし寒くなってからガソリンスタンドに駆け込むと灯油を買う列ができていたりして無駄な時間を割くことにもなりかねません。みなさま、灯油の用意はお早めに。


そして今日もアラジン39型、2台追加で入荷。


DSC04659.jpg
アラジン39型のアイボリー。

DSC04660.jpg
天板もピカピカ、ほぼ未使用です。

DSC04661.jpg
当店に入ってきた時点で割合新しく状態のいいものでもすべてのパーツを分解して清掃した後に組み上げています。分解しないととれない隙間のホコリもありますので。その際に残量のある芯でも新品のものに交換済みです。正常炎で使ってね。





DSC04662.jpg
そしてもう一台も全く同じ39のアイボリー。

DSC04663.jpg
こちらは天板に使用感ありです。多少塗装の状態が悪くても安ければ安いほどいい、というコスト重視の方にはこちらを。ただしストーブの見た目の状態の良し悪しは、常に上から見下ろす形になりますから80%くらいは天板の状態に左右されます。少しプラスしてでもきれいなほうがやっぱりいいわ、という方にはオプションで新品の天板に付け替えることもできます。お好みでカスタマイズを。




すでにストーブをお持ちの方、寒くなってから押入れから出してくるのではなく今日のような暖かい日に使う前の点検をお勧めします。古い灯油はできるだけ抜きましょう。使い始めのいやなにおいの原因になります。タンクをふってチャポチャポいうくらいなら、ストーブをさかさまにしてバケツなどに出してしまいましょう。そして灯油タンクやいらない容器に入れて、ガソリンスタンドへ持っていけば処分してくれます。間違っても流しやトイレに捨てないように。タンクにほんの少し残っているくらいなら、同じくさかさまにして古新聞に吸わせて捨てましょう。

だいたい毎年、最初の寒波がきた日に当店へ石油ストーブを買いに来ましたと言ってお見えになる方が多いのですが、すでに売れていたり売約になっていたりして欲しかった機種のストーブを手に入れることができずに地団太を踏む方がいます。備えある人は寒くなる前に探すんですね。あとから後悔しないためにもストーブ探しはお早めにどうぞ。
page top
水屋入荷のお知らせ
本日、2段積みの水屋(食器棚)入荷してます。





DSC04654.jpg
ダイヤガラス入りのちょっと小洒落た雰囲気の水屋です。

DSC04656.jpg
両端にポールがあるのでどちらかといえば洋風です。

DSC04655.jpg
下段の引き出しの取っ手は、くり抜き型で本体と同じ木素材ですからデザイン的にうるさくありません。

DSC04658.jpg
上段はワイングラスも入るゆったり3段。
page top
商品入荷のお知らせ
DSC04645.jpg
丸椅子2脚入荷してます。


DSC04646.jpg
足先が細くなったお洒落椅子。

DSC04647.jpg
こちらはクロスが2段付いているので堅牢タイプ。踏み台としても安心して使えます。




DSC04642.jpg
木製トレイ、2種。忙しい日の朝食は一人分をこの上にすべてセットして食べてそのままお片づけ。持ち運びが楽チンです。






DSC04474.jpg
木製名前札。

DSC04476.jpg
名前と住所と電話番号を書いて・・・敬老の日のプレゼントにも。







DSC04643.jpg
タカノのトランジスタ時計。

DSC04644.jpg
文字盤のフォントも針も個性的で洒落てます。当店で扱っている時計は記載のないものはすべてオーバーホール済みです。



page top
各種石油ストーブの芯の入手先について
この季節になると毎日のようにお問い合わせいただきますのが、古いストーブの芯について。たびたび記事の中で申し上げておりますが、当店では芯のみの販売は行っておりません。当店でお買い上げいただきましたストーブの芯交換の在庫として使用しておりますのでご理解いただければと存じます。確かにアラジンの16LPを除いては入手が困難な状況です。ですのでお問い合わせの多い4機種について下記にまとめておきますのでご参考くださいませ。






アラジン
15型については先にも書きましたが生産終了。代用芯を在庫として持っている人がネットオークションで販売しています。イギリス本国でも入手は困難な状況ですので、高いのを承知で歯を食いしばってネットオークションで買うしかありません。

そのほかのアラジンストーブは、大手家電量販店で現行のアラジンストーブを扱っているところなら新品の芯が手に入ります。品番は16LPです。福岡市天神のビックカメラでは2,100円です。日本AICやニッチから個人で取り寄せることもできますが送料を考えると量販店での購入が割安だと思います。ちなみにマイカ(のぞき窓)も取り寄せることができます。意外に高価ですが、これも送料を考えると量販店で買うほうがお得。当店で販売しているアラジンストーブに関しては傷みの激しいものは新品に交換したうえで販売しています。あと古い芯で16LTというディックが作っていた芯があります。これは16LPと互換性があるといわれていますが、おおいに使いづらい芯なので初心者の方には16LPをお勧めします。









ニッセン

以前は日本船燈から直接購入できましたが、現在はニッチという会社に販売を委託しているようです。株式会社ニッチのヤフーショッピングストアにてフリージアの替え芯(63号)が購入できます。
DSC03957.jpg
↑フリージア

gazou 12224
↑そしてこちらの大型タイプの替え芯は82号となりますが、これはストーブ自体が廃番なのでストア上に掲載されていません。こちらを購入したい場合はニッチに直接電話して送ってもらいましょう。とても感じのいい会社ですので安心してどうぞ。

gazou 12225
↑そしてこのガラスホヤタイプの場合ですがストーブが廃番ですので替え芯がありません。ニッセンにも純正の芯がありませんがフリージアの63号芯が転用できないこともありません。まわりくどい表現ですが、転用できますけどおすすめはしません。

ちなみにニッチではアラジンやトヨトミなど幅広く商品を扱っており、アラジンのパーツ各種も購入することができます。









パーフェクションとバーラー
そして問題のパーフェクションとバーラー。この2種の問い合わせが一番多いのです。こちらもともに純正の芯は製造販売がないので手に入りませんが、代替の汎用芯がネットオークションで手に入ります。ちなみにパーフェクションとバーラーは同じ芯をつかいます。アメリカのストーブですのでアメリカ国内では入手しやすいのかと思いますがこの芯自体は韓国製です。どなたか韓国語の堪能な方、製造元へ掛けあってみてはいかがでしょうか。







以上、主だった入手先を掲載してみましたが結局ネットオークションが便利なのかもしれませんね。自宅に居ながらにして手に入りますから。ただ芯交換は慣れない人にとっては大変な作業ですし、その工程を楽しむのでなければ、芯の取り寄せ、芯交換、メンテナンスまで一括でお任せできる石油機器管理技能士のいるお店でストーブを購入したほうがのちのち楽です。
page top
アラジン15型と16型入荷
さらにアラジン各種追加で入荷してます。





DSC04483.jpg
アラジン15型のグリーン。

DSC04484.jpg
状態良好。芯はもちろん新品に交換済み。

15型の芯は生産中止になってからは手持ちの在庫芯がネットオークションで高値取引されるようになってきました。しかも本国イギリス国内においても販売は中止になっているようでいよいよ入手が困難になりましたね。だれか作ってくれないかしら?

また、15型に関しては、芯を上下させるノブ(ウイッグレギュレーター)が経年劣化で駄目になり、空回りしてまうことがあります。外側からは状態をはかり知ることができないのでいつ壊れるかは未知。現在使えていても購入後すぐに壊れてしまうということもありうるわけです。しかも修理の効かないパーツなので、本当に寿命がきたのだと諦めるしかありません。その辺りまで含めて古いものを使う楽しさは余りあるわけですが、新品を購入するのとは違うということを理解したうえで買わないといけません。





そしてあと2台はアラジン16型の前期型と後期型。

DSC04480.jpg
前期型
DSC04477.jpg
後期型


もはや間違い探しの域ですが、数か所にモデルチェンジがあります。天板の形や開閉時の金具の形や枠のクロームメッキなど・・・主観ですがやはり後期より前期のほうが格好がよいです。この型に共通しているのは、オリジナルの状態で本体と底板の色が微妙に違うこと。なぜ一緒の色でないのか甚だ疑問です。

2台とも芯は新品に交換済み、分解清掃整備済みです。ストーブを安全に使うには外側の状態だけでなく、タンク内に穴やさびがないか、部品の金具が湾曲していないかなど中身の問題も重要です。ネットオークションでは実物を確認することができませんし、整備済みといっても整備する人の技術がどの程度なのかは判断がつきませんので用心したほうがいいと思います。

タンク内に錆が発生していると正常な燃焼ができませんし、アラジンは部品の数が異様に多いので分解後、組み立て時にねじの締め具合やほんの少し部品が曲がってしまうだけで動作に影響が出ることがあります。また、タンクに目に見えないほどの穴が空いていてじわじわと灯油が漏れ出すこともたまにあります。当店ではすべての部品のチェックを行い安心してお使いいただける商品を提供しております。
page top
商品入荷のお知らせ
いろいろ続々入荷。



DSC04438.jpg
ひらがな積み木。

DSC04439.jpg
猫派のあなたも

DSC04440.jpg
犬派のあなたも

DSC04441.jpg
エビ派のあなたも・・・なんだか怖かわいいイラストが満載の積み木。50音あったのですが残りわずか。





DSC04445.jpg
佐々木ガラスのプリントコップ、持ち手付。デッドストックです。





DSC04469.jpg
同じくフラワープリントのコップ。無条件にみかんジュースが似合います。こちらもデッドストック。





DSC04473.jpg
ガラス製霧吹き。






DSC04446.jpg
マルティグラスのマーブルタンブラー。

DSC04447.jpg
このグラスでアルコールを摂取すると酔いが早い気がします。





DSC04448.jpg
深緑のトランク。女の子が黄色いAラインのコートを着てこのトランクを持つと可愛いと思う・・・なぁ。






DSC04455.jpg
電気ストーブ。トイレの足元など狭いところで大活躍。

DSC04456.jpg
ナショナル製。





DSC04458.jpg
モダーンな黄色いシェード。

DSC04457.jpg
同じく赤いシェード。色違いです。




DSC04459.jpg
紫のガラス小皿。

DSC04470.jpg
デッドストックです。





DSC04460.jpg
木目調が懐かしく可愛らしい置き時計。木目調って、プラスチックや金属素材なのにあえてウッディなかぶせ物をしてまで木の質感が恋しい、その心持が切なくて愛おしい。

DSC04461.jpg
リズム時計です。





DSC04464.jpg
時計のチョコレートフォンデュと見まごうばかりの、壁掛け時計。ぜひとも壁紙がピンクの部屋に掛けてほしい。

DSC04465.jpg
東京時計。見やすく実用的。






DSC04463.jpg
豪華脚付裁縫箱。





DSC04462.jpg
ベッドサイドにも。シェード付フロアランプ。





DSC04468.jpg
横幅広めですが奥行きが広すぎないので実用的なテーブル。ガラスケースも乗せられるし、作業台としても、もちろん机としても。

DSC04467.jpg
引き出し2個付き。シンプルな引き手です。
page top
アラジン入荷
朝の冷え込みがだんだんと厳しくなってきたせいか、ストーブをお探しのお客様が一気に増えてまいりました。続々と当店から巣立っていくストーブたちのなかでも、やはり人気はアラジンの39型。やはり操作が簡単なのが人気の理由でしょうか。というわけで追加で入荷。

DSC04443.jpg
アラジン39型のグリーン。

DSC04444.jpg
コンディション上々。
page top
商品入荷のお知らせ
昨日までに入荷分です。



DSC04387.jpg
赤と白のギンガムチェックが可愛らしい壁掛け時計。

DSC04388.jpg
意外にユンハンス製。キッチンが似合いそうな雰囲気です。デッドストック美品。






DSC04390.jpg
縦長ガラスケース。3段です。総ガラスで縦に長いタイプはあまり見かけませんね。お気に入りの腕時計を見せる収納にしても映えます。






DSC04392.jpg
デラックスな車の灰皿。

DSC04394.jpg
こんなタクシーなら乗ってみたい。






DSC04395.jpg
ガラス電傘、追加で3種入荷。

DSC04397.jpg
縦長タイプ。洗面所など狭い場所につけると洒落てます。

DSC04398.jpg
たった一本の赤いラインなのに、電気をつけるたび乙女心をくすぐります。






DSC04399.jpg
ベーシック本立て。

DSC04401.jpg
お部屋の和洋を問わないシンプルな作りです。






DSC04406.jpg
モケット張りの椅子、もう一脚追加で入荷。少し小さめサイズです。






DSC04408.jpg
薄くて軽い丸椅子。片手でヒョイと持ち運べるので動かす時のストレスがないです。





DSC04410.jpg
アラジン15型のアイボリー入荷してます。

DSC04411.jpg
全体に状態良好。もちろん分解清掃整備済み、芯は新品に交換済み。

DSC04412.jpg
やはりプラスチックでないツマミに愛着が湧きます。早く簡単に暖まるだけでは物足りなさを感じる今日この頃。生活の中のひと手間、を楽しみたいところです。ところどころに見える真鍮地も金蒔絵のようできれい。
page top
商品入荷のお知らせ
もろもろ入荷中。




DSC04334.jpg
カリタのコーヒーミル。豆の残量が見えるので便利。




DSC04356.jpg
ボウリングをする殿方、でしょうか。アゴの引き具合に緊張感が漂います。




DSC04342.jpg
おおらかな女性の灰皿。女性は常にのびやかにたおやかに。




DSC04357.jpg
JALバッグ。

DSC04358.jpg
揺れる飛行機が好きだ、というと皆変な顔をします。あのスリルがたまりません。





DSC04360.jpg
アルマイト弁当箱。幼稚園児の頃、冬のお昼にストーブの上において温めて食べたのを思い出します。





DSC04361.jpg
グッドデザインやかん。





DSC04362.jpg
世の女子が好きなこまごました物。お裁縫セットや小さな小さなトランプとか・・・






DSC04363.jpg
木の葉小皿。







DSC04364.jpg
プレスガラス小皿。





DSC04367.jpg
同じ色味の大鉢。透明ですが、若干グレーがかってます。





DSC04368.jpg
同じく中鉢。

DSC04369.jpg
かなりエッジが立っているので取扱いに気をつけねばなりません。





DSC04370.jpg
木の葉柄中皿。

DSC04371.jpg
ノリタケです。





DSC04372.jpg
ミシン缶。




DSC04373.jpg
紫の美しい花瓶。




DSC04375.jpg
木製お盆。





DSC04377.jpg
腕時計2種。

DSC04378.jpg
セイコークラウン。






DSC04376.jpg
栓抜きを持ったクロンボ人形。





DSC04379.jpg
シガレットケースでしょうか。

DSC04380.jpg
なんだか大人っぽいです。





DSC04382.jpg
台座の洒落た地球儀。




DSC04383.jpg
松岡の電気バリカン。

DSC04385.jpg
実働品です。






DSC04403.jpg
空色のトランク。乾燥したヨーロッパの街並みで持ち歩きたい雰囲気です。軽いので女性でも使えます。
page top
ガラス電傘入荷
ちょっと上質なぽってりした厚みの乳白色ガラスのランプシェード、4種入荷してます。秋のお部屋の模様替えにいかがでしょうか?

DSC04337.jpg
カルピスのようなとろりとした白色です。一番シンプルなタイプ。

DSC04338.jpg
点灯すると柄が浮き出て見えるタイプ。


DSC04336.jpg
これはガラスに少し黄色みが入っていて花びらのような姿が美しいです。


DSC04335.jpg
古典的な美濃菊の花弁のようなラインが美しいです。




電傘より上の部分(コードとソケット)も別売りしてます。コードの長さもお好みで調整できますのでご相談くださいませ。
page top
パーフェクションと東芝ストーブ入荷のお知らせ
朝晩はすっかり寒くなりました。去年に比べるとだいぶ灯油も安いので助かりますね。本日2種、ストーブ入荷してます。






DSC04354.jpg
まず、パーフェクションのハーベスト。パーフェクションの黄色です。

DSC04353.jpg
レギュラーな茶色のものと形は同じ、色違いです。

DSC04326_20091016151405.jpg
ほぼ傷なし、ピカピカです。

DSC04327_20091016151404.jpg
芯ももちろん新品に交換済み。ボディの明るい黄色のおかげで、点火してなくてもお部屋全体が明るい雰囲気に。

DSC04325_20091016151405.jpg
点火時。







DSC04351.jpg
そしてもう一台は、ニッセン・・・・と同じ形の東芝のストーブ。経緯はよくわからないのですが、ニッセンの茶タンクと同じものです。日本船燈製じゃなくて東芝製。

DSC04352.jpg
大容量タンクで、熱量は一般的なストーブの約2倍。暖かさを優先するならダントツで、これです。

DSC04350.jpg
天板も傷なくピカピカ。

DSC04348.jpg
点火時。4畳半から24畳まで暖かさの調整ができる、細やかな配慮の日本製。








そして番外編。

DSC04332.jpg
デロンギオイルヒーター

DSC04333.jpg
なんだかボタンがいっぱいでわたしにはとても使いこなせそうにありません。おつとめ価格にて。
page top
商品入荷のお知らせ
久々に椅子、入荷してます。

DSC04322.jpg
モケット張りの椅子、3脚。2つはまったく同じものですが、ひとつだけほんのちょっと低いです。3人家族にもおすすめ。

DSC04324.jpg
背もたれ。

DSC04321.jpg
モケットはグリーンで張り替え済み。





DSC04328.jpg
家の中をうろうろするのにも最適な、持ち手つきの針箱バスケット。





DSC04329.jpg
革トランク、茶と黒。






DSC04331.jpg
チビ顕微鏡。






DSC04304.jpg
陶製のおろし。

DSC04305.jpg
おろしは金に限るなんていわずに。金気臭くないし意外と鋭く目が立っているので、ジャクジャクおろせます。





DSC04303.jpg
たぶん、イリオモテヤマネコ。

DSC04302.jpg
顔はクマみたいだけれど、野性味あふれる腰つきです。






DSC04307.jpg
かなりこなれた丸椅子。しりあたり良し。





page top
DATE: 2009/10/12(月)   CATEGORY: 雑文
こけし旅日記。3日目
3日目、朝起きたらやはり雨。いよいよ台風が接近中。

DSC04213_20091013000551.jpg
朝食の温泉粥、温泉卵いづれも口福。ここへきて和歌山県はかまぼこなどの練りものがおいしいことを確信。

DSC04221.jpg
お宿をチェックアウトし、バスの待ち時間を再び茶店で過ごす。お目当ては温泉コーヒー。のぼりが立っていたのでもちろん名物であろうと推測。何のためらいもなく、コーヒーください。と言って雑談。しばらくしてふと横にあるメニューに目を通すと、コーヒー350円、温泉コーヒー350円とある。あわててカウンターへ行きわたくしたちは温泉コーヒーが飲みたいのですが・・・というと、案の定ふつうのコーヒーをセットしてあったので、飲み比べをするために温泉コーヒーも所望する。するとおじさん、「え?、ほんまに温泉コーヒー飲むの?あんまりおいしないで。わしらはよう飲まんわ?。」と言いつつ温泉汲み場まで走って行った。

ちなみに左が普通のコーヒー。右が温泉コーヒー。その肝心のお味は、硫黄の香りだたよう不思議な味のコーヒーでした。





そして、新宮駅で今回の2人旅も無事終了。かおりちゃんとお互いに健闘をたたえ合い握手して解散。しかしこのまままっすぐは帰られぬのです。あのお方に会うまでは。








DSC04234.jpg
台風接近の影響でかなり太平洋も荒れていますが、恋心募らせ電車をのりかえ。

DSC04240.jpg
途中、ファンシーないちご電車を横目に突き進む。

DSC04242.jpg
目的地はここ。貴志駅。



DSC04245.jpg
そして会いたかったのは、たまスーパー駅長。

DSC04250.jpg
この日は帽子はかぶっておられませんでした。

DSC04258.jpg
ちび助役も貫禄堂々、ふたりとも予想以上のビッグサイズです。なにげなくいちごマットの上に寝ているのが可愛らし。

DSC04265.jpg
たまちゃんが、たま駅長からたまスーパー駅長になったのはこのガラス張りの駅長室ができてかららしいです。

DSC04263.jpg
立派である。

DSC04253.jpg
駅構内に張ってある児童からの手紙に心をうたれる。

DSC04260_20091013003951.jpg
たまスーパー駅長のアップ。おっとりした美人猫でした。合掌。





して、この廃線の危機にあったわかやま電鉄貴志川線は、もともと沿線の神社3社をお参りするための路線だったのだそうです。

DSC04280.jpg
伊太祈曽(いだきそ)神社。
DSC04281.jpg
広大な敷地に大きな池もあり、凛とした空気に気持の引き締まる素晴らしい神社です。ここでも胎内くぐりのできる大樹の切り株があります。


DSC04289.jpg
竈山(かまやま)神社。
DSC04290.jpg
ここも相当に敷地が広い。迷子になりそうです。苔むした石橋に時を忘れます。



DSC04295.jpg
そして最後の日前宮(にちぜんぐう)。下調べしてなかったので3社ともに由緒あるとても大きな神社だったのに驚きました。もし貴志川線が廃線になるとこうして3社参りをすることもかなわなくなってしまうわけで、貴志駅に車で乗り付け、たまスーパー駅長だけを見て帰る輩にはつよく乗車をすすめたい。





こうして無事にすべての旅程をこなし、飛行機も揺れつつちゃんと予定通り福岡へ。神様仏様和歌山県民のやさしい男性たちに助けられ教えられ感謝の旅でした。しかし「伊勢に7度熊野に3度、どちら欠けても片参り」です。まだまだ道のりは遠い。
DSC04130.jpg
和歌山、熊野の旅みなさまもいかがでしょうか。




DSC04313.jpg
おみやげにたまスーパー駅長のビニール袋を先着で配布。なくなり次第終了です。ニャンコ!
page top
DATE: 2009/10/11(日)   CATEGORY: 雑文
こけし旅日記。2日目
勝浦で宿泊したのは「かつうら御苑」です。夕べ到着した折にはすでに日が暮れていたのでまったくわかりませんでしたが、朝目覚めてみると

DSC04127.jpg
窓の外は絶景。一面海原。

朝食のバイキングも和食がメインでおかずが一品一品きちんと手作りされていておいしかったです。クジラの大和煮や太刀魚の干物など日ごろ食べられないものもあってうれしい。





DSC04129.jpg
朝食に時間をとりすぎたせいか、予定より一本遅れた電車で那智駅到着。ここは駅舎に丹敷の湯という温泉が併設されています。そして予定ではここから歩いて那智山の那智の大滝まで歩くつもり・・・でしたが、無人駅から出て絶句。案内も何もない。向こうに靄のかかった山が見えるだけ。どちらへ歩いていいものか見当もつかず。そんなときにふと横を見ると、駅舎のベンチに老齢の男性が一人座っておられる。いや、胡坐?座禅?不思議な格好でちょこんと腰かけているその男性は飄々とした様子でちょび髭をはやし、まさに仙人のようでした。

そこでわたくしども、仙人に尋ねましたところ。「エー、歩くの?無理無理。滝はあそこやで。(と言って、靄のかかった山のそのまた向こうの山のもやもやを指差す)大門坂までバスで行ったほうがええ。とりあえず、そこに日本書紀に載ってる古いお寺さんがあるからそこで聞いてみ」と教えてくださった。

DSC04132.jpg
素直なわたしたち、仙人にお礼を言って一路、熊野三所大神社へ。

DSC04134.jpg
清浄な空気ただよう本殿まえ。

そして、隣接した補陀洛山寺(ふだらくさんじ)へ。ご本尊は閉じてあるものの拝ませていただいて、係員の方に那智の大滝までの道のりをたずねる。ここの方も大変に親切でバスの時間まで克明にしらべてプランニングまでしてくださいました。とにかく大門坂まではバスに乗ることにして、おいとましようと思っていた時。係員の方の「あんた、何に感動してんの?」という声に、後ろを振り返ると・・・かおりちゃん号泣。どうやらここの素晴らしい仏像たちに参ってしまったらしい。なんでも取材で訪れた谷村新司も激しく号泣したそうだ。自宅に帰ってこの事の顛末を夫に話すと、おまえはニブイ女だ!と烙印を押された。





DSC04137.jpg
そんなこんなで大門坂。この赤い橋が俗界と霊界の境。

DSC04141.jpg
夫婦杉。子供杉になったつもりのこけし。

あとで那智の大滝へ行ったときに、年配の婦人が同じ格好で記念撮影をしているのを見かけた。どうやら熊野には大の字になりたくなる魔力があるらしい。

DSC04142.jpg
雨のそぼ降る中、靄立ち込める熊野古道。

DSC04143.jpg
熊野古道、3つの約束。しっかり和歌山弁なのがたのしい。

DSC04146.jpg
約640m歩くと「神社お寺前バス停」につく。メアリーポピンズなかおりちゃん。

DSC04153.jpg
観光バスでここまで来て参拝する人が多いようです。表参道にはお土産屋さんがびっしりと。密かにシーズーが居ます。さて、どこでしょう?

DSC04155.jpg
そしていよいよ、那智大社。

DSC04157.jpg
胎内くぐりができる大樹。中は静かで暖かく、お母さんの中にいるようです。ここから出るときには本当に生まれ変わったようなすがすがしい気分に。つい、突端から「最高ですかー!」と言ってしまったら、後ろからかおりちゃんが低い声で「サイコーデス!」と返してくれたのでうれしかったです。いつも夫に言うと返事がないので。

DSC04160.jpg
そしてすぐ横には青岸渡寺(せいがんとじ)があります。写経セットや白檀のお線香やら買いこんで・・・あそこに見える那智の大滝へ。

DSC04167.jpg
ここは那智大社の別宮の飛龍神社。ご神体は大滝です。

DSC04171.jpg
水しぶきがまるで本当に龍が下りてくるように見えます。

DSC04175.jpg
ご霊水。長生きできるとあっては飲まずにはいられない。さきの青岸渡寺にもあったので飲んできたが、ここでもガブ飲み。おかげで下りのバスに乗っている間トイレに行きたくてしようがなかった。欲張った罰である。





DSC04183.jpg
次の目的地、熊野本宮大社行きのバスに乗り換えるあいだに勝浦駅前の足湯につかる。至福のひととき。

DSC04193.jpg
新宮高校前でさらに乗り換え。山のほうに何か見えるなぁ、と思ったら。

DSC04191.jpg
昨日登った神倉神社。あんな高いところにあるとは・・・いまさら太ももの筋肉痛がよみがえる。

DSC04202.jpg
そして本宮大社前で下車。まずは、明治22年まで熊野本宮大社が鎮座した大斎原(おおゆのはら)へ。野っぱらにそびえたつ黒い大鳥居は圧巻です。金の八咫烏(やたがらす)マークもちょっと恐ろしい。モダンデザインだわー。

DSC04203.jpg
水害後に少し高台に建てられた、現在の熊野本宮大社の入り口。参拝者は非常に少ない。社務所では巫女さんがなぎの実をひとつづつ手で剥いていた。




無事に熊野の三社を参拝し終えて、あとは宿泊地の湯の峰温泉郷へ。揚々とバスに乗り込むも、いやな予感。ひとつ駅を通過したところで???もしかしてバスを乗り間違えた。運転手さんに確認するとやはり。次のバス停で降りて、宿に電話をすれば必ず迎えに来てくれるよ。という運転手の言葉を信用して請川というバス停でほっぽり出される。ところが、電話をしたところわたしたちの泊まる宿は送迎サービスなし。宿で教えてくれた番号でタクシーを呼ぶも実家に帰っているから迎えに行けないとの返事。なぜ?が頭にいっぱいになったが、別の龍神バスで20分後に湯の峰行きのバスがあることが判明。

DSC04205_20091011175936.jpg
まっている間にバスの運転手の悪口をいいながら、忘れ物の杖を持って弘法大師の物まねなどして遊んでいると・・・一台の車が停車して、「本宮までやったら乗せてったるで」との申し出。しかしわたくしどもの目的地は湯の峰温泉。ありがたく辞退したのですが、「まあええわ、乗せてったるわ」と。渡りに船とはまさにこのことぢゃ。と狂喜乱舞してのりこむ。

DSC04217.jpg
すったもんだの末、湯の峰温泉に到着。世界遺産のつぼ湯。台風の影響ですでに川は増水気味。お湯はいかにも薬効ありそうな白濁湯。かなり熱い。しかも底が見えないので怖い。

DSC04220.jpg
隣接した公衆浴場。こちらは無色透明の湯だが同じく熱い。

DSC04218.jpg
近くには90度の熱湯がわき出る湯筒があります。卵を買って温泉卵にしている間に、茶店で生ビール。

心のこもったおいしい手作りの夕食後、部屋でテレビを見る。こけしもかおりちゃんも自宅にテレビがないので久々のテレビに興奮する。なんだかルールの良く分からない格闘技をやっていたので鑑賞。すっかりミノワマンのファンになる。文字にすると嘘のような都合のよさで今日一日を過ごせたことに感謝して合掌。就寝。
page top
DATE: 2009/10/10(土)   CATEGORY: 雑文
こけし旅日記。1日目
過日、わたくし旅に出ておりました。去年の10月には伊勢に参りましたが、今年は熊野。目的はもちろん三社参り。御伴してくれたのは、またしても親友のかおりちゃんであります。

どこへ行くにしても事前に旅程を組むのですが、今回は手こずった。公共の交通手段が少なくふつうはレンタカーを借りるらしいが、車線変更ができないわたしには無理。バスを乗り継いで2泊3日で熊野三社を回ることにしました。確かにバスは本数が少ない。夫にはどうせ乗り遅れてタクシーもなく熊野古道で野宿に決まっている!とののしられながらプランニング。万が一遭難した場合に備えて氷砂糖をリュックに忍ばせて・・・



DSC04047.jpg
目指すは新宮、熊野速玉大社であります。

DSC04052.jpg
新大阪で乗り換えて、紀勢線のくろしお16号で太平洋岸をトコトコと。

DSC04115.jpg
和歌山県はパンダが有名。事前に知人に聞いてみたが誰一人としてそのことを知っている人がいなかった。繁殖して現在7頭もいるそうです。パンダを記念したパンダ列車の写真が展示してありました。が、

DSC04117.jpg
バンダ誕生って・・・一番大事なところで誤植。

DSC04114_20091010190652.jpg
くろしお26号にはパンダシートもあるそうです。可愛いのか可愛くないのか判断は微妙。

和歌山県観光局によると、和歌山県のキャッチフレーズは「わっ!が山ほど和歌山県」なのだそうです。たしかに面白いものがたくさん目にとまります。
DSC04064.jpg
イノブタダービーで有名なすさみ町。ちなみにすさみの道の駅の名前は「イノブータンランド・すさみ」です。ステキ。

DSC04072.jpg
和歌山第一猫発見。一瞬たま駅長かとおもったけど、駅にお迎えに来ていたネコちゃん。




DSC04075.jpg
そうこうするうち新宮駅到着。これまた事前情報で10人中10人が口にした、和歌山県の食べ物はまずい。という言葉におびえつつ、駅に併設してある立ち食いうどんにて第一食目。むせび泣くほどの美味。伊勢に近いこともあるのか、麺は伊勢うどんに似たやわらかい歯ごたえ。お出汁は絶品。博多のうどんは一口すすって、カツオと昆布が8:2!!!とすぐ分かる味に対し、一口では何が入っているのかわからないほどふくよかで豊満な味。サバ節も入っているようで、最後に鼻から抜ける香気にはしいたけのかおり。作ってくれたおばちゃんに、この出汁何が入ってるの?と聞いてみるも「いろいろやわ?」といなされる。めはり寿司ももれなく美味。


DSC04080.jpg
腹ごしらえもすんで、さっそく速玉大社めざして歩く。洋菓子店の看板猫、第2和歌山猫発見。

DSC04084.jpg
道中、古い建物が現役で商店として使われているので目を奪われる。古い金物屋。ショーウインドーには古いパーコレーターが転がっていた。

DSC04085.jpg
素敵な乾物屋。




DSC04089.jpg
寄り道しながらもやっと到着。速玉大社の鳥居。↑満面の笑顔のかおりちゃん。

DSC04091.jpg
境内には熊野信仰の象徴、「なぎの大樹」があります。神々しい。

二人の柏手がきちんと揃わなかったのに不満げなかおりちゃんであったが、無事参拝終了。次は近くの神倉山の霊石、ゴトビキ岩へ。この岩は日本書紀にある天の磐盾(あまのいわたて)です。観光局のお姉さんによると階段が538段あるので途中できつかったら手をついて登ってもいいですよー。ということでした。

DSC04101.jpg
が、昇り口まで来たら二人で口を揃えて、話がちがーう。

DSC04102.jpg
階段というよりも絶壁?な部分もあり、4本足の動物になった気分で登る。

DSC04107.jpg
神社からは絶景。そして厳かな巨石、ゴトビキ岩。下るころにはざんざんと雨が降り出しびしょぬれで下山。

DSC04121.jpg
急いで勝浦駅へ行き、宿へ急ぐ・・・と思ったら前の駅にかおりちゃん傘をわすれもの。すでに土砂降りで宿は近いけどタクシーに乗ろうと思って階段を降りようとすると、後ろから50代くらいの男性が。「傘もってへんのやったら、これ使いな」と傘を差し出すではありませんか。こちらを見ずに斜めに傘を差し出すその姿はジャージを着ていても、着流しの裾を端折った任侠映画の高倉健にしか見えない。去ってゆく後ろ姿を見ながら、驚きと喜びとカッコよさに2人とも放心。

土砂降りの中歩いて宿へ辿り着き、さっそく夕食。献立はもちろん↑県のさかな「まぐろ」。お運びのかわいいお姉さんとはなぜかUFOの話で盛り上がる。

DSC04298.jpg
きっかけは新宮駅にあった↑名物「UFOパイ」なのですが、仲居さん仲間全員が知らないというすごい名物でした。その日は休みの古参のお姉さんにわざわざ電話をかけて聞いてくれましたら、聞いたことはあるけど見たことはない!という隠れた名物。しかしわれわれがしつこく聞き込みをしたところ、何とその仲居さんはUFOらしきものを見たという。話を聞いてみると、それってUFOでないなら一体何なの?というくらい核心に迫った目撃情報である。大体が、UFOの目撃情報って友達の友達が見た!とか、信憑性に欠ける話が多いが、はじめて、見た!という本人から話を聞いて興奮する。

オーシャンビューの露天風呂で、ふたり興奮を鎮める。心の中で傘をくれた「勝浦の高倉健」に合掌しつつ就寝。
page top
DATE: 2009/10/09(金)   CATEGORY: お知らせ
「ちんどん」再来
ご無沙汰しております。ただいまをいう間もなく、お知らせ。


DSC04299.jpg
うちのおいなりさんもちらりと出演している映画「ちんどん」が全国巡業スタートです。






上映日時  11月7日土曜日 14時開演(13時開場)

入場料   前売り2000円 当日2500円

会場     嘉穂劇場








わたくしも嘉穂劇場には行ったことがなく、これを機会にぜひ行ってみようと画策中。みなさま、嘉穂劇場で逢いましょう。チケットはチケットぴあ、ローソンチケット等で販売中。当店では扱っていませんがチラシは置いているので持っていってね。

DSC04300.jpg
裏面にはおいなりさんも載ってます。


page top
アラジン15型入荷のおしらせ
今日の朝はひんやりとしました。そろそろ石油ストーブの出番です。すでにストーブをお持ちの方、保管中にホコリをかぶったりしていませんか?去年の灯油がタンクの中に残っていませんか?きちんと点検してから使いましょう。



先日お知らせしておりました、アラジンの15型入荷してます。

DSC04039.jpg
39型と並べてしまうと、にべもなく器量良し。

DSC04042.jpg
あちこちに日本語が書かれていないのですっきりしていますし、油量計も給油口もシンプルです。ところどころグリーンの塗装がはがれて地の真鍮色が出ているのも美しいです。グリーン自体も現行品よりも白っぽく上品な色です。


DSC04041.jpg
これが芯を上下させるつまみ。いつまでまわせばいいのかと不安になるくらいまわしたところでやっと芯が登場します。せっかちさんには39型のほうをお勧めします。

DSC04043.jpg
これまた39型とは違って背面にはのぞき窓なし。

DSC04040.jpg
たまにオークションなどで本体と天板の型が違うものをのせてあったりすることがあります。よく見ると形状も違うので気をつけて。


様々な点で39型とは違う良さがあります。どうぞ店頭にて見て、触って、その違いを体感してくださいませ。
page top
商品入荷のお知らせ
本日入荷分です。


DSC04024.jpg
長いローテーブル。踏み台やら机やら腰掛けやら・・・乱暴な扱いにも耐える丈夫な机です。

DSC04025.jpg
裁ち台と同じ構造ですが、裁ち台よりも高さがあります。正座して書き物するのにちょうどよい高さです。5,000円也。






DSC04028.jpg
まばゆいほど美しいポーズ人形。

DSC04027.jpg
頭の先からつま先までくまなく美しいです。私も明日から爪先立って歩こうと決意。






DSC04029.jpg
体重計のような形の壁掛け時計。非常にグッドデザインです。

DSC04031.jpg
黄緑の部分は陶器。ドイツ製。







DSC04030.jpg
おつとめ品、目ざまし時計。各1,000円也。
page top
バーラーの話

今日のストーブはバーラーです。実用性よりも見た目の良さを優先したい方にはパーフェクションと並んで人気のあるストーブです。

DSC04003.jpg
現在店頭にあるのは白バーラー。去年は黒バーラーもありました。

DSC04004.jpg
のぞき窓は同じく赤。

DSC04005.jpg
天板の琺瑯のはがれも少なくなかなかの美品です。




つるりとしたボディなのでホコリもたまりにくくお掃除も楽です。全体に小ぶりで持ち運びも楽ですし、サブのストーブとして狭い場所で使うのにも便利です。
page top
DATE: 2009/10/01(木)   CATEGORY: お知らせ
シティ情報ふくおか
現在書店に並んでいる「シティ情報ふくおか」に当店も掲載していただいてます。立ち読みしてね。


fukuoka-hyoushi.jpg
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ